【クルマを5年で買い替えるメリット・デメリット】買い替えがお得かどうかを見極めるポイントを解説!

新車を購入してから5年目を迎える頃になると、このまま乗り続けるべきか、それとも買い替えるべきか、と非常に悩ましい問題に直面します。

実際、5年目という大きな節目は、クルマの買い替えを検討するにあたって大切なタイミングであると同時に、メリットもあればデメリットもあるため慎重に決断する必要があります。

そこで今回、5年目にクルマを買い替えるメリットやデメリットのほか、クルマを買い替えるべきか否かを見極めるためのポイントについて、たっぷり解説していきます。

また、買い替えを迷った場合や買い替えを決心した場合の次なるステップについても紹介してまいりますので、是非、最後まで読み進めいただければ幸いです。

もくじ

5年目にクルマを買い替えるメリット・デメリットは?

まず、5年目にクルマを買い替える場合のメリットとデメリットについて確認しておきましょう。

そうすることで、保有しているクルマを買い替えるべきか、それとも乗り続けるべきかを判断する際の一つの目安になるものと思います。

5年目にクルマを買い替えるメリット

5年目にクルマを買い替えるメリットとして、主に以下の4つが考えられます。

  • メーカー特別保証の有効期間内(5年)に買い替えられる
  • 2回目の車検費用を支払わずに済む
  • 5年目までは買取相場が高値傾向にある
  • 5年目にローンが完済する場合が多い

当然のごとく、いずれも金銭にまつわる内容となっていますが、いかに無駄な出費を減らし、いかに高く売却できるかがクルマを買い替えるときの最大の焦点になります。

メリット1:メーカー特別保証の有効期間内(5年)に買い替えられる

5年目であれば、メーカー特別保証の有効期間内に買い替えることができるため、対象となっている部品の修理費がかからないというメリットに繋がります。
新車を購入した場合、消耗品など一部の部品を除いて無料で修理を受けられるメーカー保証として「一般保証」と「特別保証」の2通りがあります。

新車登録日から3年間(走行距離が6万km未満)が対象となっている「一般保証」に対して、「特別保証」は新車登録日から5年間(走行距離が10万km未満)が対象となっているため、この「特別保証」期間内に買い替えるのが得策と言えます。

「特別保証」の対象となっているのは、ステアリング機構、サスペンション・アクセル機構、エンジン機構、電子制御機構など、走行性能や安全性能に関わる部品のうちメーカーが指定するもので、自腹で修理しようとすると高額な費用がかかるものばかりです。

以下に、国産車における特別保証対象内となるパーツのなかで、車種により異なりますが、高額な修理費(工賃込み)となるものをピックアップしております。なお、輸入車の場合は倍以上の費用になることがありますので注意が必要です。

例:特別保証対象内の高額な修理費となるパーツ
パーツ部品代+工賃
オートマチックトランスミッション20万円前後~
ターボチャージャー20万円前後~
シリンダーヘッド20万円前後~
エアコンプレッサー15万円前後~
トルクコンバーター15万円前後~

そのため、「特別保証」の有効期間である5年というタイミングがクルマを買い替えるときの一つの目安となっています。

メリット2:2回目の車検費用を支払わずに済む

新車購入後、5年目に迎える2回目の車検費用を払わずに済むのも、5年目に買い替えるメリットと言えます。

新車を購入した後の最初の車検は3年目ですが、2回目の車検は5年目にやってきます。

日頃からしっかりメンテナンスを行っていても、経年劣化などにより法定24ヶ月定期点検で何らかの不具合を指摘されるものです。

概ね5万kmが目安のタイヤやATフルード、2~3年で交換が必要なラジエター液やブレーキオイルなど、実際には交換などを行わなくても車検を通すことができる項目もありますが、消耗品の場合はメーカー保証の対象外となっているため、最初の車検のときと比べて修理や交換に伴う費用が高くなることは間違いありません

また、メーカー保証が受けられる5年目の車検まではディーラーで受けることが多く、もともと車検代の基本料が高いディーラーで車検を通す前に買い替えるのが一つのタイミングになります。

とくに輸入車となると想定もしていなかった高額な費用になる可能性があるため、車検の見積もりをとってから買い替えを判断するのが良いでしょう。

メリット3:5年目までは買取相場が高値傾向にある

車種やクルマのコンディションによって異なりますが、新車購入後の買取価格の相場が、概ね5年目までは高止まりの傾向にあることもメリットの一つになります。

その大きな理由としては、メーカー特別保証期間となっている点、走行距離が大台の5万km未満である点などが挙げられます。

後述いたしますが、いわゆるクルマの価値を表す残価率において、3年目や5年目と比べたときに7年目以降の残価率は殆どが30%を切っている傾向にあります。

それは、先ほどの話の裏返しで、メーカー特別保証期間が切れているクルマが多くなることや、走行距離が大台の5万kmを超えるクルマが多くなることに加えて、経年劣化などにより高額の修理費用が伴う不具合などが主な理由として考えられます。

例:主な人気車種の3年目・5年目・7年目の残価率
車種3年目の残価率5年目の残価率7年目の残価率
トヨタ ハイエース75%64%59%
トヨタ ヴォクシー68%59%32%
トヨタ プリウス53%30%21%
ダイハツ タント53%41%24%
ホンダ フィット42%27%15%
日産 セレナ63%39%22%

メリット4:5年目にローンが完済する場合が多い

ローンが完済する、あるいは既に完済している割合が多くなる5年目という節目にクルマを買い替えるのも一つのメリットと言えます。 

クルマを新車で購入する場合にローンを組まれる方も多いかと思いますが、なかでも5年ローンを組まれる割合が最も多くなっています。次いで多いのが3年ローンとなっており、両方を合わせると全体の5割を超えます。

もちろん、5年より長いローンを組まれている場合でも、ダブルローンやおまとめローンなどを利用してクルマを買い替えることは可能ですが、月々の支払負担が大きくなる可能性が高くなるため、ローンが完済してから新しいクルマに買い替えるのが賢明です。

5年目にクルマを買い替えるデメリット

次に、5年目にクルマを買い替える場合のデメリットについて見ていきましょう。

主な内容として、以下の4つが考えられます。

  • モデルチェンジ後の可能性が高い
  • 走行距離によっては高値買取が期待できない
  • ローンの返済が再び始まる
  • ライフスタイルの変化によって買い替えを迫られる可能性あり

モデルチェンジや走行距離といったクルマにまつわる内容と、ローンやライフスタイルの変化といった生活にまつわる内容の2通りが考えられます。それでは見ていきましょう。

デメリット1:すでにモデルチェンジ後で買取価格が下落している可能性が高い

クルマのモデルチェンジには、大きくフルモデルチェンジとマイナーチェンジがありますが、4年に1回のペースでフルモデルチェンジ、2年に1回のペースでマイナーチェンジが行われるのが一般的です。

もちろん、車種やメーカーによっては全く異なりますが、5年目を迎えた時点では、既にフルモデルチェンジとマイナーチェンジが行われている可能性が高く、そういったクルマの場合は、買取査定価格が大きく下落している可能性があります。

つまり、期待していたほどの買取査定価格を得ることができず、次のクルマの購入費に充てようと思っていた目論見が外れる場合があります。

そのため、5年目という節目に固執することなく、日頃から自分のクルマのモデルチェンジ情報にはアンテナを張っておく必要があります

デメリット2:走行距離によっては高値買取が期待できない

走行距離が多いクルマの場合は、高値買取があまり期待できないといった懸念があります
クルマの査定基準はいろいろありますが、使用経過月数よりも走行距離が多いクルマほどマイナス査定に与える影響が大きくなっているのが実状です。

ライフスタイルによっても大きく異なりますが、通勤にクルマを使用している人や遠出をする機会が多い人で、年間1万km、5年目にして既に5万kmを超えているような場合には、想定していたよりも買取価格が低く設定される可能性が否めません。

デメリット3:ローンの返済が再び始まる

クルマをローンで購入される方の半数は、3年ローンまたは5年ローンを組まれている訳ですが、ようやくローンが終ったと思った矢先に、クルマの買い替えに新たなローンを組めば、再びローン生活が始まることになります。

昨今は低金利のため長期ローンを組んでも影響は少ないかもしれませんが、再び3年や5年といったローンを組めば、その分の余計な金利を支払うことに変わりはなく、できるだけお得なタイミングで買い替えを図ったつもりが結局は損をすることにもなりかねません。

デメリット4:ライフスタイルの変化によって買い替えを迫られる可能性あり

今回のように5年目という節目を見計らって買い替えたにも関わらず、結婚や子育て、新しい家族の誕生といったライフスタイルの変化によって、すぐに買い替えを迫られる場合もあります。

例えば、スポーツ車好きだった人が新たなMT車に買い替えたところ、結婚した相手がAT限定免許だったため、急遽、AT車への買い替えを余儀なくされたといったケースがあります。

クルマを買い替えるタイミングには、年数や車検の時期といったクルマにまつわるタイミングで買い替える場合と、ライフスタイルの変化に伴って買い替える場合の大きく2通りがあります。

ただ、住まいと同じで、本来あるべき姿は、ライフスタイルの変化によってクルマを買い替えるのが自然であり、年数や車検のタイミングなどに執着してクルマを買い替えると、思いもよらぬ理由で再び買い替えを迫られる場面に直面する可能性があることは心に留めておきましょう。

クルマを5年目で買い替えるべきかを見極めるポイント

これまで5年目にクルマを買い替える場合のメリットとデメリットについて確認してきましたが、ここでは、5年目でクルマを買い替えるべきかを見極めるポイントについて解説していきたいと思います。

見極めるポイントして大きく2つ、「5年目に買い替えを検討すべきポイント」と「5年目の買い替えの見送りを検討すべきポイント」のそれぞれについて取り上げております。

5年目に買い替えを検討すべきポイント

5年目に買い替えを検討すべきポイントして、リセールバリューとも称される残価率、フルモデルチェンジの時期、2回目の車検時の修理費用、走行距離の4つが挙げられます。それぞれの項目がご自身のクルマに当てはまっているかどうか確認してみましょう。

車種によって異なるも残価率が3割を切る前に手放したい

査定申込の多い代表車種4台の新車価格から3年目、5年目、7年目の残価率の推移について紹介していきます。

これらのデータを見ると、7年目の残価率は30%を切っており、売却しても殆ど手元に残らないことが分かります。

そういった意味では、7年目よりも5年目のタイミングでクルマを買い替えて、次の新しいクルマの購入負担を軽減させることが望ましいと考えます。

トヨタ プリウスの残価率の推移
使用経過月数残価率走行距離新車価格買取相場価格
3年53%30,000キロ243万円128.8万円
5年30%50,000キロ243万円71.9万円
7年21%80,000キロ240万円49.4万円
ダイハツ タントの残価率の推移
使用経過月数残価率走行距離新車価格買取相場価格
3年53%30,000キロ125万円66.5万円
5年41%50,000キロ125万円50.7万円
7年24%70,000キロ123万円30.1万円
ホンダ フィットの残価率の推移
使用経過月数残価率走行距離新車価格買取相場価格
3年42%30,000キロ132万円54.9万円
5年27%50,000キロ131万円34.9万円
7年15%70,000キロ129万円19.2万円
日産 セレナの残価率の推移
使用経過月数残価率走行距離新車価格買取相場価格
3年63%30,000キロ248万円157.3万円
5年39%50,000キロ269万円104.8万円
7年22%70,000キロ269万円58.9万円

フルモデルチェンジ直前なら買い替えがおすすめ

ここまで残価率について解説してまいりましたが、もし、現在保有しているクルマがフルモデルチェンジを目前に控えているなら、年数に関わらず残価率の著しい低下が予測されることから、買い替えを前向きに検討するタイミングの一つと言えます。

なかには、フルモデルチェンジ後のデザインに馴染めず、新型車のほうが人気を落とすケースもありますが、旧型車の残価率の低下を避けることはできず、買取相場が大きく下落する前に手放してしまうほうが買い替えるタイミングとしては良さそうです。

車検の見積費用が高額なら買い替えを検討すべき

5年目でクルマを買い替えるメリットのパートでも解説しましたが、車検の見積費用が高額な場合も、買い替えを検討するに値するタイミングだと言えます。

車検の費用は、国産車と輸入車では大きく異なることもありますし、車種によってもかなり開きがあります。

また、走行距離や日頃のメンテナンスの程度などによっては、最初の車検時と殆ど変わらないケースもあります。

そのため、車検費用を払うくらいなら次のクルマの購入資金に充てたほうがマシ、と感じるような見積を提示されたなら、買い替えの検討をすべきだと考えます。

走行距離が大台の5万km目前なら買い替えを検討

査定評価の一つの節目となる走行距離5万kmが目前なら、買い替えを検討すべきと考えます。

中古車の走行距離における加減点の査定基準は、5千kmピッチで決められていますが、万単位の5万kmの大台に超える目前なら、査定評価を大きく下げられる前に買い替えを検討するほうが得策かもしれません。

もちろん、車種やクルマそのもののコンディションなど総合的に査定価格は決められるため一概には語ることができませんが、買い替えの検討材料になることは間違いありません。

5年目の買い替えの見送りを検討すべきポイント

ここまでは5年目の買い替えを検討すべきポイントについて解説してまいりましたが、ここからは買い替えの見送りを検討すべきポイントについて触れておきます。

クルマや人ぞれぞれの生活状況によっては、5年目のクルマであっても買い替えを見送ったほうが良い場合もありますので、いくつか例を取り上げて解説いたします。

リセールバリューが高いクルマは乗り続けるほうがお得!?

リセールバリューが高いクルマ、つまり年数を経ても残存率が高いクルマは5年目だからといって買い替えてしまうのは得策ではない場合があります。

前述した3年目、5年目、7年目の残存率の推移については一般的なクルマの事例ですが、車種によっては7年目を迎えても残存率があまり低下しない、つまり値落ちしにくいクルマも存在します。

人気の高いミニバンや販売台数の少ないスポーツ車など、たとえ10年経っても、また走行距離が10万kmを突破したとしても、高値で売却できるリセールバリューの高いクルマは、長いスパンで見たときに買い替えずに乗り続けるほうがお得と言えそうです。

メーカー保証期間が長期の場合は要検討

メーカー保証期間には一般保証の3年、特別保証の5年以外に、7年や10年といったメーカーが独自に設定している長期保証サービスがあります。

そういった長期保証には、新車購入時にそのための追加費用を支払うケースもあれば、追加費用がかからない場合もあります。

いずれにしても、メーカー保証期間が長期で設定されていて買い替えを急いでいなければ、引き続き、今のクルマを乗り続けることを検討してみる価値はありそうです。

大きなライフイベントの予定があればその時期に買い替えを

結婚や子供の成長、また新しい家族の誕生など大きなライフイベントの予定があれば、その時期にクルマを買い替えるほうがもちろん賢明でしょう。

5年目にクルマを買い替えるメリットは幾つもありますが、あまりに拘り過ぎて、その時々のライフシーンに合ったクルマに乗るという本来の在り方を見失ってしまっては本末転倒です。

あくまで5年目というのはクルマを買い替える一つのきっかけに過ぎず、日々の生活を優先すべきであることは説明するまでもありません。

欲しいクルマがあれば発売時期まで待つべき

5年目にクルマを買い替えることがベターとはいえ、欲しいクルマが無いのに無理に買い替えるのは得策ではありません。

また、近い将来に発売予定で欲しいクルマが決まっているのなら、たとえ6年目以降になっても、発売時期まで待って買い替えは手控えるべきでしょう。

もし、普段クルマに乗る機会が少なく、クルマを所有していない状況でも問題なく生活が送れるのであれば、極論、2回目の余計な車検代を支払う前に売却して、欲しいクルマの発売までクルマ無しの生活を送るという手もあります。

買い替えに迷ったら将来の買取相場をチェック

新車を購入してから5年目を迎え、今クルマを買い替えるべきか否か迷ったときの判断材料として、将来の買取相場をチェックしてみる方法があります。

あくまで推測値ではありますが、過去の買取相場、現在の買取相場、将来の買取相場を比較することで、今すぐに買い替えるべきか、数年後に買い替えるべきかの目安になると思いますので、ぜひ活用してみてください。

ナビクルの「買取・下取り相場」

ナビクル「買取・査定相場 簡易シミュレーション」画像引用:ナビクル

クルマ一括査定運営事業者の大手の一つ、株式会社エイチームライフスタイルが運営するナビクルの「買取・下取り相場」には、現在の買取相場だけでなく、約10か月前の買取相場、そして約半年後の買取相場も分かるコンテンツとなっているのが大きな特徴です。

個人情報の登録は不要で、メーカー名、車種名、年式、グレード、走行距離を入力するだけで、グラフ付きで一発表示されます。

車種にもよりますが、グレード別の相場ランキングなども掲載されており、将来の買取相場を確認するときに非常に役立ちますので、是非一度、利用してみてください。

ズバットの「中古車の査定相場」

ズバット「中古車の査定相場」画像引用:ズバット「中古車の査定相場」

続いて紹介する株式会社ウェブクルーが運営するズバットにも、将来の買取相場が分かる「中古車の査定相場」というコンテンツがあります。

こちらも、個人情報の登録は不要で、メーカー、車種、年式、走行距離、利用頻度、カラーを選択するだけで、半年先の買取相場を瞬時に確認できます。

先程のナビクルとズバットの両方のコンテンツを利用して将来の買取相場を確認することで、自分のクルマの価値がどのくらいのペースで下落していくのか、ある程度の目安が立てられます

買い替えに迷った時の参考にしていただければ幸いです。

買い替えを決心したら実査定を依頼して高値売却

クルマの買い替えを決心したら、実査定を依頼することになりますが、ここで注意しておきたいことがあります。

それは、ディーラーの下取り査定は買取査定に比べて査定価格が安くなる傾向にあるという点です。

ディーラーで査定をしてもらうこと自体は全く問題ありませんが、少しでもクルマを高値で売却するためには、買取店による買取査定を行って下取り価格と買取価格を比較検討することが不可欠になります。

ここでは、買い替えることが決定したあとの基本的な行動パターンについて解説してまいります。

ディーラー下取りは基本NGも査定だけ依頼しよう

一般的にディーラーの下取り査定は安いと言われており基本的にお勧めしておりませんが、同じメーカーのディーラーで新車に乗り替える場合は、登録後5年目のクルマであれば、車種によっては高値で査定される可能性があります

そのため、下取りしてもらうと決めてかからずに、一旦、見積を取るためのディーラー査定を依頼してみる価値はありそうです。

そして、ディーラーで提示された査定価格と、一般の買取店による査定価格を比較して、より高い業者に売却するように心掛ければ、後悔することは避けられるでしょう。

高値売却の基本、クルマ一括査定で査定価格を比較

今の時代、クルマを売却するときの基本とも言うべき一括査定を利用しない手はありません。

少しでも高くクルマを売却するためには、できるだけ多くの買取店に査定をしてもらって最も高い価格を提示してくれた買取店で売却することが肝心です。

地域にもよりますが、1回のネット申込だけで5社から10社程度の買取店が自宅まで無料で出張査定に来てくれるため、移動する手間が省けることで時間の節約にも繋がります。

これら一括査定による買取店から提示された査定価格とディーラーの下取り価格を比較して、最も高く評価してくれたところで売却することが基本となります。

ちなみに一括査定を運営している業者は複数あり、どこのサイトを利用したら良いのか迷われる方が非常に多いです。そこで、クルマの一括査定サイトをランキング形式で紹介し、サイトの選び方を徹底解説した以下の記事を是非、ご活用ください。

ズバット【2021年最新】クルマ一括査定サイトのおすすめランキング8社!あなたに合う選び方を徹底解説!

買取オークションの併用で納得売却

ディーラーの下取り価格と一括査定の買取価格だけでは飽き足らず、悔いを残さないために他の業者からも査定してもらいたいといった場合に推奨する売却手法が、買取オークションになります。

買取りオークションとは、売却したいクルマを仲介業者が査定を行い、オークション会場に出品してもらうことで、全国の買取店に入札を競い合わせ、最も高い価格で落札してくれた買取店に売却するサービスです。

一括査定とは異なり、査定は仲介業者による1回だけで、面倒な電話の応対や査定のスケジュールを調整するといったことに悩まされることはありません。

もちろん、オークションに出品したからといって納得のいく価格でなければ売却する必要はありませんので、どこまで自分のクルマが評価されるのかを確認するために利用するのも一つの方法です。

まとめ

新車購入後、5年目に買い替える主なメリットとして、①メーカー特別保証の有効期限内であること、②2回目の車検費用を払わずに済むこと、③5年目までは買取相場が高値傾向にあること④5年目にローンが完済する場合が多いこと、の4つが挙げられます。

一方で、リセールバリューの高いクルマや保証期間が長期のクルマの場合など、5年目にクルマを買い替えることがベストタイミングとは言い切れない場合もあります。

クルマを5年目に買い替えるべきかを見極めるポイントは幾つかありますが、もし、最終判断ができず買い替えに迷った場合は、将来の買取相場が分かるサイトを利用して、どのくらいまで価値が下がるのかを確認するのが良いでしょう。

そして、買い替えを決心したなら、ディーラーの下取り価格と一括査定による買取店の査定価格を徹底比較して、少しでも高い価格で愛車を売却するように心掛けましょう。