【0120221616はガリバー】今すぐ電話を止める方法と着信拒否がNGな理由を解説!

【0120221616はガリバー】今すぐ電話を止める方法と着信拒否がNGな理由を解説!

0120221616からの着信履歴。そのあまりにもの数の多さに苛立ちを通り越して、電話を取る気も失せてしまった。どこからの着信か検索すると、そのフリーダイヤルの正体がクルマ買取のガリバーだと分かって、心証を悪くする人が非常に沢山います。ちなみに私も、全く同じ経験をしています。

そこで今回、ガリバーとはいったいどういう買取業者なのか、良い評判や悪い評判の代表的なものを取り上げるとともに、しつこい電話の原因とその対処法について徹底解説いたします。

もくじ

0120221616の発信元はクルマ買取のガリバー

0120221616の発信元がクルマ買取のガリバーだと分かって、一体全体どんな企業なのか知りたい、同じような経験をしている人の声を聞きたい、そんな要望にお応えするべく、ガリバーの概要や評判、口コミについてまとめてみました。

買取台数の業界No.1はガリバーの指定席

ガリバーのクルマ年間買取台数23万台という数字は、2位のビッグモーターの13万台に大きな差をつけて、もはや指定席ともいえる堂々の業界No.1に君臨しています。それだけ買取台数が多いということは、査定価格に満足されたお客様が多いという裏付けでもありますし、熱心に電話営業を行った結果が数字になって表れているとも解釈できます。

全国500店舗超と最大級のネットワーク

おそらく誰もが目にしたことのあるガリバーの店舗。その数は全国で500店舗を超え、最大級のネットワークを誇ります。クルマの一括査定などを利用しなくても、近くにガリバーの店舗があれば、クルマを持ち込んで無料で査定をしてもらえるだけでなく、契約手続きもその場で出来ることから、より早くクルマの売却を行うことができます。

中古車販売も得意

ガリバーはクルマの買取だけでなく、中古車販売も得意としていることも大きな特徴です。中古車販売を手掛けていない買取店の場合は、仕入れたクルマをオークションを通じて売却するため中間コストが発生しますが、自社で中古車として販売できるために余分なコストが発生しない分だけ、より高くクルマを買取れるというメリットがあります。ただ、ガリバーの中古車は比較的安いという評判も多く、裏を返せば、買取価格も低いという見方もできます。

個人売買サポートのガリバーフリマも手掛ける

昨今、通信販売やインフラが整備されたおかげで、クルマの個人売買をインターネット上で行われるケースも増えてきました。ただ、クルマの個人売買はトラブルが多いため、その仲介役を買って出たガリバーの新たなプラットフォームとして、「ガリバーフリマ」が立ち上げられました。

買取査定で思うような値がつかず希望価格で売却したいユーザーと、よりクルマを安く購入したいというユーザーをマッチングさせるサービスとして一役買っており、クルマに関する様々なユーザーの要望に応えるといった、企業の姿勢を感じ取ることができます。

0120221616の発信元は千葉県浦安市にあるガリバーコンタクトセンター

0120221616の電話の源は、ガリバーのコールセンターの総合窓口(ガリバーコンタクトセンター)であり、千葉県浦安市にその拠点があります。ガリバーの無料査定申込、中古車探し、店舗案内に関する相談窓口としての機能を担っており、ガリバーとお客様の最初の接点を繋ぐ架け橋となる必要不可欠な存在となっています。ガリバーのWebサイトでは、そのコンタクトセンターの紹介ページがありますので、合わせてご参照ください。

ガリバーコンタクトセンター

もし、0120221616からの着信に関する問い合わせや要望があれば、直接相談してみると良いでしょう。

ガリバーを利用した人の口コミや評判

さて、この記事の最大のテーマでもある、ガリバーを利用した人の口コミや評判について紹介したいと思います。0120221616に着信のネタになりますと、どうしても悪い評判ばかりがフォーカスされますが、良い評判や良い口コミが多いのも事実です。

ここでは、ガリバーの実態を少しでも感じ取ってもらうために、ほんの一部ではありますが良い評判と悪い評判をそれぞれについて触れておきたいと思います。

買取台数第1位とは裏腹にオリコン顧客満足度は12位

買取台数こそ第1位のガリバーですが、オリコンの顧客満足度ランキングでは32社の中で12位。決して悪い方の順位ではありませんが、業界最大手の業者だけに物足りなさは感じるところです。

売却手続き、担当者の接客力、査定、売却サポートという4つの評価項目のなかでは、売却手続きが最も評価が高く、説明が分かりやすくスムーズに手続きが行えたとの声が多く寄せられています。

良い評判・良い口コミ

それでは最初に、ガリバーに対する評判や口コミのうち、良い評価をしているコメントについて、SNSやネット上に掲載されている事例をもとに紹介していきたいと思います。売却に至るまでの対応の早さや旧車でも引き取ってもらえたという喜びの声が多くなっています。

営業電話も早いが、それ以外の対応も早いと評判

ガリバーは営業電話のしつこさと反比例して、いの一番で電話を掛けてくることが良い評判の一つにもなっています。そういった電話ひとつをとっても、ガリバーの営業対応の速さが高く評価されているのも事実です。人によっては、クルマの売却を急がれているケースもあり、電話から査定、そして売却までの手続きがスピーディーに行われることが評価の対象になることも多くなっています。ここでは、そういったガリバーのスピード対応を評価している口コミを取り上げてみました。

急に転居することが決まったため、できるだけ早く見積もりを出してくれる業者さんを探していました。ガリバーさんは連絡した当日に来訪してくださり、すぐに見積もりを出してくれました。スピーディーな対応のうえ、見積もり額も満足できる金額でしたので、とてもよかったです。
出展:車選びドットコムの一括査定

急な依頼にも関わらずすぐに査定していただき、また、所有者と実際に使用している者が別居しているという条件でも適宜対応していただき助かりました。 ご担当者様も清潔感あり、親しみを感じる方で安心しました。 査定の際も手際よく丁寧に見ていただきました。 またなにかありましたら、ぜひ同じお店にお願いしようと思います。
出展:車選びドットコムの一括査定

旧車でも引き取ってもらえたという喜びの声が多い

対応の早さの次にガリバーの良い評判で目立つのが、低年式のクルマや走行距離の多いクルマでも買取ってくれたという喜びの声です。あまり値がつきそうもないクルマを買取ってくれるのは、中古車販売も展開していることですぐに店頭に並べることができる強味の表れでもあり、買取業界最大手ならではの懐の広さとも言えるでしょう。

軽自動車で、かなり走行距離がいっていたので、正直言って買い取ってもらえるとは思っていませんでした。しかし丁寧に査定していただき、期待した以上の買取額で大満足です。引越しに伴う車の処分で、他県の店舗で引き取ってほしい、というこちらの要望にも快く応じてくださり、引き取りは非常にスムーズでした。査定額・対応ともに非常に満足のいくものでした。
出展:車選びドットコムの一括査定

母が乗っていた車を査定に出しました。購入してから年数も経っており、走行距離も10万キロオーバーだったので難しいようでした。しかし、塗装等の状態が良かった事やその他の劣化の少なさからこの金額をつけて頂けました。
出展:車選びドットコムの一括査定

悪い評判・悪い口コミ

ガリバーの悪い評判や悪い口コミの代表例として、電話のしつこさは勿論ですが、査定価格が安すぎるというコメントも非常に目立ちます。買取る意思がないのかとも思えるような、明らかに他店と比較して大きく乖離した査定価格を提示する営業スタンスに理解しかねる部分もありますが、そういったユーザーの生の声をここで見ておきましょう。

電話のしつこさは折り紙付き

悪評高きガリバーの電話のしつこさは折り紙付きで、数多くの辛口コメントがTwitter上でも散見されます。ただ、電話のしつこさの裏には、ユーザー側が電話に出ないことが端を発していることが垣間見られ、着信拒否をするといったコメントをする人がいるように、電話が鳴りやまない原因を自分で作ってしまっているケースが多いコメントも目立ちます。

ガリバーまじで電話多い。2分近い留守電もなにも喋ってないからね。ガリバーに問い合わせるとき、余程本気で車買いたいと思わない限り電話番号入れない方がいい。
出展:Twitter

ガリバーの電話しつこすぎ。無視しても何回もかけてくるやん。今日だけでもう3回目。着信拒否しまーす!!^^
出展:Twitter

ガリバーの電話しつこい!!!忘れた頃にまた電話かかってくる!うざい!
出展:Twitter

査定価格が安すぎるというコメンが多い

ガリバーの悪い評判のなかで電話のしつこさの次に多いのが査定価格の安さです。私自身、クルマの一括査定を利用した際、10社中、最も安かったのがガリバーでした。最も高い買取店と比較して60万円も安かったこともあり、あまりにもの評価の低さに大変がっかりしたのを覚えています。

ここでは、そういった査定価格が安すぎるといったコメントを幾つかご紹介いたします。

電話対応ではこちらの希望価格を叶えるような期待を持たせた発言をして、いざ査定を依頼したところ約束の時間から1時間も遅刻。査定結果はマイナス評価がないにもかかわらず希望価格とかけ離れた金額。無駄な時間を費やした上に怒りしか生まなかった。二度と利用しない。
出展:車選びドットコムの一括査定

査定に来た担当が悪すぎる。他社とも比較しているという意見を一向に聞こうとしない。自分の評価が正しいとしか言わない。フロントバンパーのキズの修理だけで事故車扱い。ディーラーの下取り価格や他社買取業者のなかで抜群に安い査定でした。30万以上変わるのはどうゆうことでしょうか。
出展:車選びドットコムの一括査定

ガリバーの電話に出ないのはNG!回避するための正しい対処法

ガリバーからのしつこい電話を避けるための対処法について解説しておきたいと思いますが、最初にお伝えしておきたいことは、0120221616から着信があった場合に「電話に出ないのはNG」ということです。説明するまでもありませんが、電話が繋がらないから何度も電話をかけてくるのです。

タイミングが合わず電話に出られなかったことは止むを得ないとしても、畳みかけるような営業電話を回避するための対処法について解説いたします。

【対処法1】:まず電話に出る

しつこい営業電話を回避するための最適解は、「電話に出ること」です。まさに、これに尽きます。一括査定を申し込んだ場合であれば、買取店からの電話であることは大方察しがつくとは思いますが、それを躊躇して電話に出なかったことで、ひっきりなしに電話が鳴り続けることになります。

確かに着信の多さは異常なものを感じますが、そもそもの原因を作っているのは電話に出なかった、もしくは電話に出られなかった自分であることをまず認識しておくことが大切です。ガリバーはスピード対応を信条としている部分もあり、査定の依頼があったからこそ、少しでも早くその要望に応えようと電話を掛けてきてくれているのです。

【対処法2】:コンタクトセンターに連絡し電話番号情報の削除依頼

もし、着信の多さにうんざりして、今後ガリバーとのやり取りは一切したくないという場合は、ガリバーのコンタクトセンターに連絡をして、電話番号の情報削除を依頼しましょう。

ガリバーコンタクトセンターは、愛車の査定や中古車の在庫に関しての問い合わせなどを、インターネットなどから申込した際に電話をかけるため、利用する用事が済んでいる場合や利用する予定がない場合、またサービスを申し込んだ覚えのない場合は、コンタクトセンターのオペレーターに連絡して、電話番後の削除依頼を申し伝えることで電話がかからなくなるよう手配してくれます

なお、手続きが完了するまでに、数営業日かかる場合があるようですので心に留めておきましょう。

【対処法3】:売る予定はなく査定の依頼だけと事前に伝えておく

0120221616からの着信は一括査定の申込のときだけではありません。査定した時に査定価格をその場で提示されなかった場合や査定結果を提示されたあとに売却の回答を迫られるときにも電話がかかってきます。そういった場合に煩わしい電話から回避する方法として、「クルマを売る予定はなく、査定だけをお願いします」と、査定をしてもらう前にあらかじめ申し伝えておくことで、しつこい電話を回避することが出来ます。 

【対処法4】:査定価格に納得できなければきっぱりと断る

営業熱心なあまり、査定価格を提示された後に売却の結論を急かすように、何度も何度も電話をかけてくる場合があります。もちろん、査定価格に満足したのであれば売却手続きに進めばいいだけですが、査定価格に納得できなかったのであればきっぱりと断ることが肝心です。もし、他の買取店からの査定価格の提示が未だ出揃っていない場合は、売却をお願いするときはこちらから電話をかけます、事前に伝えておけば電話がかかってくることは殆どありません。

【対処法5】:電話営業のないネット査定に切り替える

しつこい電話営業に嫌気がさし、いっそのこと別のネット査定に切り替えてリスタートするのも一つの方法です。クルマの査定には色々あり、煩わしい電話営業のないネット査定も存在しますので、ここでは代表的なサイトをご紹介してまいります。

一方的な電話営業とは無縁のグーネット買取

「グーネット買取」の査定サービスの特徴は、査定申込をした後にリストアップされる買取店の候補から、査定を依頼したい買取店だけを絞ることができます。そのため、仮に10社の候補が挙がって3社だけに査定依頼先を絞れば、当然、電話の数は格段に減ります。

ちなみに、候補に挙がった買取店の情報には、過去に利用した人のレビューや評価が掲載されており、買取店を選択しやすくなっています。どうしても電話営業を避けたい方にはお勧めの査定サイトです

オートバックスのあんしん持ち込み査定

クルマの所有者なら誰もが知っているオートバックスにも、「あんしん持ち込み査定」という名の査定サービスがあります。クルマを最寄りのオートバックスに持ち込んで査定をしてもらう訳ですが、そこで査定された情報が提携している買取店が確認できるシステムとなっており、クルマに興味を持った買取店がオートバックスに出向いて新たに査定を行うといった、ある意味一括査定のような仕組みになっているのが大きな特徴です。

また、各買取店から提示された査定価格は申込時にネット登録したマイページから確認できるため、煩わしい電話がかかってくることもありません。オリコンの顧客満足度ランキングの「車買取会社担当者接客力」で第1位に輝くオートバックスを普段から利用している方には特にお勧めです。

0120221616から電話がかかってきた原因

0120221616から電話がかかってきた原因は一体何なのか?クルマの一括査定を申し込んだ人のように何となく身に覚えのある人もいれば、全く身に覚えのない人もいるようです。

そこで、0120221616から電話がかかってきた原因として考えられる要因を一通り洗い出してみたいと思います。インターネット上のサービスを利用したこと以外にも電話がかかってくる可能性はありますので、今一度、心当たりがないか確認しておきましょう。

①ガリバーの買取査定サイトを利用した

クルマの一括査定以外で0120221616から電話がかかってきた原因として最も可能性が高いのが、ガリバーの買取査定サイトを利用したことが考えられます。

ガリバーの営業時間中に査定申込をした場合はすぐに電話がかかってくるため、ガリバーからの着信ということがある程度は想像できますが、営業時間外に査定申込をした場合は翌日以降に電話がかかってくるため、不明なフリーダイヤルから着信があっても、どこからの電話か分からないため応対するのを躊躇してしまう人が少なくありません。

②ガリバーの中古車販売サイトを利用した

ガリバーはクルマ買取だけでなく、中古車販売も行っています。そのガリバーの中古車販売サイトには、お客様が希望するクルマのメーカー名と車種ならびに名前、電話番号またはメールアドレスを入力することで、該当する車についてガリバースタッフが電話でカウンセリングしてくれるというサービスがあります。

よって、過去にガリバーの中古車販売サイトを利用された方がご自身の電話番号を入力送信したために、0120221616からの着信があったとも考えられます。

③ガリバーを以前利用したことがある

インターネット上でガリバーの買取査定サイトや中古車販売サイトを利用したことがなくても、買取店や中古車店に直接出向いてガリバーを利用したことがあれば、0120221616から電話があっても不思議ではありません。ガリバーでは、「お客様からご提供いただいた個人情報は、お車の買取、販売など当社サービスのご案内(電話・メール等)及びご提供のために利用いたします。」と謳われており、どこかでガリバーに対して電話番号を提供したことがあれば、ある日突然、0120221616から電話がかかってくる可能性はあります。

④第三者が登録した可能性も

ここまで取り上げた電話がかかってきた原因のいずれにも該当しない場合は、もしかすると、第三者がガリバーに電話番号を登録した可能性も考えられます。それが見知らぬ誰かの単なる入力ミスによるものか、あるいは自分の電話番号を知っている者による悪意を持ったイタズラかを判断することはできませんが、可能性としては全くないとは言い切れません。

0120221616はなぜたくさんの電話をかけてくるのか?

そもそも、0120221616はなぜこんなにもたくさんの電話を掛けてくるのか?それは、ガリバーコンタクトセンターのコールスタッフのインセンティブが原因と考えられます。アポイントが取れる毎に1件当たり幾ばくかの報酬が加算されることで、躍起になって電話がかかってくるものと見られています。ここでは、その実態について触れておきたいと思います。

たくさん電話がくるのはコールスタッフのインセンティブが原因

0120221616からの着信が異常なほど多い理由は、ズバリ、ガリバーのコンタクトセンタースタッフの給与体系にあります。クルマの一括査定やガリバーの買取査定サイトなどに登録された電話番号をもとにお客様への連絡を行う訳ですが、月給とは別にインセンティブの報酬が支払われる仕組みとなっています。

この場合のインセンティブとは、買取査定であればアポイントを取れた方が実際に査定を行った数、また、中古車販売であれば来店日時を設定したお客様が実際に来店された数に応じた報酬ということになります。そのインセンティブは4ヶ月ごとに支給され、1回の平均支給額が約20万円で、中には60万円以上を貰える猛者もおり、スタッフの頑張り次第では青天井の報酬がもらえます。

この給与体系こそがコンタクトセンターのスタッフのモチベーションとなり、躍起となってアポイントが取れるまで電話をかけ続けてくることに違いありません

ガリバーコンタクトセンターのスタッフ募集要項がコレ

参考までに、ガリバーがお客様からの電話に対応する「コンタクトセンタースタッフ」の募集要項(一部抜粋)を確認してみましょう。

〈仕事内容〉
お客様からの電話に対応する【コンタクトセンタースタッフ】
理想のカーライフの実現を、お手伝いする仕事です。

<「クルマを売りたい・買いたい」とお考えのお客様からのお問い合わせ(ネット・電話)対応>
◎お客様のご要望をお伺いし、実際にご来店いただく日時の設定を行なうのが、あなたの仕事です。
◎社内研修も充実!未経験から始めたスタッフが大勢活躍しています。

〈勤務時間〉
9:00~21:30の間でシフト制
※実働8時間

〈給与〉
月給22万5000円以上(地域給含む)+インセンティブ年3回+賞与年2回
※インセンティブは、4ヶ月毎に支給。1回の平均支給額は約20万円。1回で60万円以上貰える人もいます。
※給与は、経験やスキルを考慮し決定します。
【インセンティブの仕組み】
あなたがご来店日時を設定したお客様の「ご来店数」に応じて設定されています。
年収例
406万円・2年目/月給24.3万円
483万円・5年目/月給28.6万円
627万円・SV2年目/月給39.2万円
※上記には、インセンティブと賞与が含まれています。
出展:エン転職

ちなみに勤務時間が9時から21時30分になっていることからも、21時30分以降にネット上で一括査定などを申し込んだ場合は、翌日の9時以降にしか電話がかかってこないのかと思いきや、朝の8時台に電話をかけてくることもあるので心得ておきましょう。

電話に出るまで掛け続けるのがスタッフの仕事

度が過ぎて迷惑とも思えるほどのしつこい電話ですが、お客様とのアポが取れるまで電話をかけ続けることが仕事のコンタクトセンタースタッフのことを思えば、致し方ないとも言えます。全国に500店舗以上を構えた巨大企業だからこそ、コンタクトセンターという専門部隊が確立しているのであり、お客様の要望にスピーディーに応えるためにあくせく電話をかけてきてくれているのだと捉えることが出来れば、迷惑ではなく感謝という気持ちに置き換えることが出来るかもしれません。

まとめ

0120221616の正体は、クルマ買取のガリバーです。そのしつこい電話の原因は、コンタクトセンターの給与体系にあります。ただ、電話のしつこさは折り紙付きで評判を悪くしている反面、いち早くお客様の査定依頼に対応しようとする表れでもあり、その接客に対するスピード対応が評価されている一面も合わせ持っています。

車買取台数では圧倒的な数でNo.1の座に君臨し、数多くのお客様から支持を得ているガリバー。査定価格が他の買取店よりも低いといった辛口コメントも多いものの、その判断基準はお客様によるもので満足してクルマ売却する人が多いからこそ、これまでの実績を積んできたことに間違いはありません。

とはいっても、行き過ぎた電話ラッシュに悩まされる人が多いのも事実。もし、取引をしたくなければコンタクトセンターに連絡をして電話番号の情報削除を依頼しましょう。そして、別の査定サービスを利用することも検討して、気持ちよくクルマを売却しましょう。