おすすめのクルマ一括査定サイトはこちら

【クルマの査定や売買契約後にぶつけた場合の正しい行動】減額を最小限に抑える方法と合わせて解説

クルマの査定後にぶつけてしまった場合、高額査定を提示されていても査定をやり直す羽目になります。

キズが付いたクルマを再査定すれば、当然査定額は下がり、オーナーとしてはやりきれない思いになるでしょう。だからといって、隠していても相手はプロですから、査定した時点とクルマの引き取りの時点で相違があれば、大きな問題に発展する恐れがあります。

そこで、査定後にクルマをぶつけた場合、どのような影響が出るのか、対策はどうすれば良いのか、具体的にお伝えします。

もくじ

クルマの査定後にぶつけた場合に取るべき方法とやってはならないこと

査定をしなければ、クルマの売却価格は決まりません。査定をすれば、現時点での査定額が提示され、その金額に納得すれば売買契約を結ぶことになります。

しかし、査定後に誤ってクルマをぶつけるといったトラブルがあるかもしれません。

その場合、査定しただけのこともあれば、契約を結んでいることもあり、それぞれのタイミングで対応は異なります。

クルマの査定をしただけで契約していなければ改めて査定を取り直す

クルマの査定後にぶつけてしまった場合、契約まで進んでいなければ、業者に対して連絡を入れる必要はありません

査定だけであれば、契約書にサインも捺印もしていないので、クルマの所有を手放す契約を取り交わしていないからです。

そのため、査定後にぶつけても、別の買取業者に査定依頼しても問題ありません。

査定後でも売買契約を結ばなければ査定をした買取店に連絡しなくて良い

提示額を比較検討中の段階であれば、クルマをどのように扱おうとオーナーに権利があるので、ぶつけてもなんら問題がありません。そのため、ぶつけたことを査定した業者に伝える必要もありません。しかし、ぶつけたことを黙ったままで契約を進めると、責任を問われる恐れがあります。

この責任とは、査定時と売買契約時でクルマの状態が異なっているのに、それを隠して相手に損害を与えたときに発生する責任です。ただし、査定依頼した買取店と契約を結ばないのであれば問題ありません

ぶつけた後に売買契約を結んでいなければ他の業者に査定依頼する

査定依頼しただけで、売買契約を結んでいなければ、クルマをどのようにしてもオーナーの自由です。査定後にぶつけてしまっても、売買契約を結んでいなければ、ぶつける前に査定した業者と売買契約する義務はありません

査定した後にぶつけてしまった場合は、最初に査定した業者と違う業者に査定依頼しても問題ありません

クルマにキズが付くと、ぶつける前に査定した業者は、その部分を査定基準に照らし合わせ減額計算します。すでに査定した業者は、クルマを隅々まで確認しているので、そのキズにだけ集中できますから、かなり正確に減額するでしょう。

しかし、一度も査定していない業者であれば、新たにぶつけたキズも含めてクルマ全体を査定しなければなりません。多くの部分をチェックするので、査定が甘くなるとは言いませんが、ぶつけたことで再査定する場合に比べて、減額が低い場合もあります。

これは、人間が査定しているので、どうしても査定方法に差が出ることと、一か所だけに焦点を合わせた査定より、広い部分を数多く査定しているときのほうが、正確さに差が出てくるからです。

売買契約をしていないのであれば、ぶつける前に査定した業者に連絡して再査定するだけでなく、一度も査定依頼していない業者にも査定依頼してみると良いでしょう。

クルマの査定額を高くしたいなら、多くの査定業者に依頼するのが便利です。以下の一括査定を利用すれば、一度に複数の査定依頼と買取価格の比較ができます。多くの買取店に査定依頼すれば、最も高く買い取る業者を探すことができます。

\ ネットで簡単、最大30社の一括査定! /
【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

売買契約後にぶつけた場合は契約したお店に連絡する

クルマの査定後、売却の意思が固まれば売買契約に進みます。契約書にサインしてしまうと、クルマを業者へ売り渡すことを約束したことになり、約款に記載されている事項を守る必要があります。

売買契約は業者との約束ですから、査定時と比べクルマに変化があれば速やかに業者に連絡する義務があります。それは、査定の状況を売り主であるオーナーと買主である業者の双方が納得してサインしているためであり、その内容に変化があれば契約と異なるからです。

状況確認の再査定では減額なしから契約破棄まで

査定後にぶつけた場合、クルマの損傷には様々な程度があります。

ぶつけた場合、些細な損傷でも再査定の対象なので、必ず業者に連絡しなければなりません。

見た目が大したことないからと、オーナー自らの判断で連絡を怠ることは、大きなトラブルに発展しますので、注意しましょう。

ぶつけた状況は、業者による再査定でどの程度減額されるか確認されます。減額の程度はぶつけたキズの大きさで、減額が全くない場合から最悪契約破棄までが想定されます。

そして、仮に契約破棄となれば、業者によってキャンセル料が発生する可能性があります。すでに業者が買取したクルマを再販するための準備を進めていると、損害賠償的な意味合いで請求される場合もあります。

ぶつけた後の減額ナシの場合

ぶつけてしまったといっても、本当に小さなキズの場合は減額ナシと再査定されることもあるでしょう。

再査定で、減額ナシになる基準は、1cm未満の小さなキズや爪で引っかかりがないごく浅いスリキズの場合です。

例えば、駐車場でドアを当てられた場合や、その反対にドアの角をぶつけて塗装が剥げたような程度なら減額対象にならないでしょう。

飛び石でバンパーやボンネットに小さいキズができた場合も、減額対象ではありませんが、査定後に新しくキズができたことを伝える必要があります。

減額対象にならないキズでも業者に伝える必要がある理由は、新しくできたキズが1cm未満であっても、1つの部品の中に小さいキズが増えると減額対象になる可能性が出てくるためです。

クルマの査定にキズや凹みはどれだけ影響する?査定基準を知って減額を最小限に抑えよう!クルマの査定にキズや凹みはどれだけ影響する?査定基準を知って減額を最小限に抑えよう! クルマを売る前に修理すべき?直さないほうがお得な理由3つをわかりやすく解説!クルマを売る前に修理すべき?直さないほうがお得な理由3つをわかりやすく解説!
ぶつけた後の減額は1万円から10万円以上も

売買契約後にぶつけてしまった場合、再査定における減額は、最低でも1万円程度、ひどい場合は10万円を超えてしまうでしょう。

ぶつけた後の再査定も、日本自動車査定協会が定めているキズの基準を元に判定されます。基準が新たに設定されているのではなく、一般的な査定基準で定められているキズの大きさを元に再査定されます。

ただし、買取査定を依頼した業者が中古車販売を主な業務としていた場合は、そのお店の判断基準を元に再査定されます。そのため、日本自動車査定協会で定めている判断基準を考慮しつつも、そのお店独自に定めた判断が下されることもあり、それほど大きな減額にならないことや、減額されない場合もあるでしょう。

ぶつけた後に契約破棄となる場合

査定後に大きな事故を起こした場合、売買契約自体が破棄されることがあります。これは、クルマの破損状況と本来の価値が大きく関わっているからです。

大きな事故を起こせば、事故車扱いになり大きく減額されます。元の価値が低いクルマの場合、骨格に損害が及ぶ事故を起こせば数十万円の減額になり、査定で出された価格以上の減額でクルマの価値が失われてしまうでしょう。

このように、クルマの価値が失われるほど損傷したクルマは、中古車買取が不可能になることがほとんどです。それは、中古車としての流通が難しいからであり、その場合は契約が破棄されキャンセル料も請求されることがあります。

【全損車からお得に買い替える方法3つ】保険を使う方法と買取に出す方法を徹底解説!【全損車からお得に買い替える方法3つ】保険を使う方法と買取に出す方法を徹底解説!

売買契約後にぶつけたクルマを勝手に修理してはいけない

売買契約後にぶつけてしまった場合、急いで自分で修理の手配をしてはいけません。というのも、売買契約後は、クルマを業者に査定時の状態で引き渡すことを約束しているので、ぶつけたからと勝手に修理するのは契約に反するからです。

それは、査定に修理跡の項目があり、修理した部分の状態により減額が設定されているため、修理してしまうとクルマの価値が変わるためです。

また、契約後に車の引き取り日時が決まりますが、それまでに車をぶつけてしまうと、仮に修理依頼したとしても引き取り日時までに修理が完了しないことが考えられ、引き取り時に大きな問題になるでしょう。

業者はプロなので修理しても見破られる

クルマの修理は、鈑金修理工場で行えばキレイに修理できます。また、鈑金修理業者によっては、腕の立つ業者も存在し、キズがあったことをプロが見ても見分けられないほどの技術を持つ業者もあるでしょう。

しかし、補修したばかりのキズは、プロが見ればその違いを見破ることができます。というのも、補修仕立ての場合は、塗装表面の状態が補修した場所とそうでない場所で大きな違いが生じるためです。

そのため、どんなに腕の良い業者に依頼して修理したとしても、塗装表面の古さを表現させることは不可能なので、査定のプロが見れば補修跡を見破られてしまうでしょう。

自分で修理すれば大きな減額になる

最近は、カー用品店やホームセンターで補修用品が数多く売られています。その用品を使えば、ある程度のキズなら見栄えを良くすることができる器用なオーナーもいらっしゃいます。

しかし、市販の補修用品でキズを自分で直すと、本人は納得できるレベルでも、プロが見れば素人が修理したことは簡単に見破られてしまうでしょう。

また、自分で補修した部分はさらにキズを広げる可能性があり、大きな減額に繋がる恐れがあるほか、一般の人が補修した部分のままでは商品として販売できないことも多いので、プロに改めて修理依頼しなければなりません。

一般の人が修理した部分をプロが補修する場合は、さらに広い部分まで修理を広げなければキレイに修復できないことから、減額は大きくなる可能性が高いでしょう。

売買契約後にぶつけたことを内緒にしても必ずばれる

クルマを査定後にぶつけてしまい、小さいキズだからと業者に黙って引き渡しても、必ずぶつけたことがバレてしまうでしょう。

小さいキズや、見えにくいクルマの下側にあるキズであれば発見されない、と考える人もいるかもしれません。

しかし、クルマの査定時には写真を撮り、クルマの状態をくまなく検査して、不具合場所をチェックシートに書きこんで残してあります

このことから、査定したときと引き取った後のクルマの状態に相違があれば、そのことを追求されます。

クルマは、買取店からオークション、そして新たな販売店に渡りますが、その過程でキズについての指摘が流通過程で指摘されると、クルマの売買契約から時間が経っていても問い合わせが行われ、その責任について追及されることになるでしょう。

クルマの故障は隠さず売ろう!故障車売却の注意点【クルマの故障を隠して売るのはNG!】故障は隠さず廃車専門の買取店に売却しよう!

契約不適合責任(旧瑕疵担保責任)に問われ損害賠償を請求される場合も

クルマの売買には、買主を保護するために民法上、契約不適合責任という、売り主が買主に負う責任が定められています

この契約不適合責任とは、以前は瑕疵担保責任と呼ばれていました。しかし、2020年4月1日に民法が大幅改正され、瑕疵(キズ)という言葉を使わずに、「契約の内容に適合しないもの」という言葉に替えられました。

これにより、今までは原始的瑕疵と呼ばれる、査定時までの瑕疵についての責任でしたが、今回の法改正で、契約が完了するまでの間で不具合が見つかったもの、つまり査定後に契約して、その後にキズを付けた場合も民法で買主が守られることになりました。

そのため、売買契約した後に車をぶつけてそれを隠していると、民法で定められた契約不適合責任に問われ、代金の減額請求や代替品の請求が求められます。また、契約解除するにも法的には追加請求が行われることが認められています。具体的には以下の要件が買主に認められました。

請求内容 内容
追完請求 引き渡されるクルマが契約時と異なる場合に、買主は売り主に修理を求められる
代金減額請求 引き渡されるクルマが契約と異なる場合、買主は売り主に減額請求できる
解除 不履行が軽微である場合は不可
損害賠償 履行利益まで可能

下取りと買取では査定後に事故を起こすと対応が異なる

クルマの査定には、下取り査定と買取査定の2種類があり、内容が異なります。同様に、事故を起こした後の扱いも、かなり異なっています。

下取りは、クルマを買い替えるときに新しいクルマを購入するための資金として充当され、売り主に現金は入りません。しかし買取では、クルマを買い替える場合でも現金を手にできます。

また、下取り査定ではクルマを購入する売買契約書に下取り車の情報があり、そこにサインします。そのため、クルマを売るための売買契約書にサインすることはほとんどありません。しかし買取店では、査定後にクルマの売却を決めれば、必ず売買契約書にサインします。

このように、書類上も大きく異なるのが下取りと買取です。

クルマの下取りと買取の違いは?【クルマの下取りと買取の違い】メリット・デメリットとお得な使い分け方を紹介!

下取りの場合はディーラーでキャンセル無料で対応してもらえることも

下取り車は、ディーラーなどで新車購入するときに、クルマ購入のための充当金なので、契約書には新車価格から下取り車の査定額が差し引かれた金額が、総支払額として記載されています。

そして、ディーラーでは根本的にクルマの買取が仕事ではなく、クルマの販売が仕事ですから、下取りがキャンセルとなっても国産ディーラーであれば、キャンセル料は発生しないのが普通です。

ディーラーでは新車購入の契約を結び、下取り車を車両販売価格から差し引いていますが、下取り車を実際に引き渡すとキャンセルできません。クルマをぶつけて引き渡しできない事情が出れば、ディーラーからお咎めがないのが通常です。

また、各地域のディーラーによって対応が異なりますが、一般的に下取り車の金額を用意できることを伝えれば、問題がありません。逆に、下取り車の金額を用意できない場合は、新車購入の売買契約書に対して、契約不適合責任に問われる恐れがありますから注意しましょう。

クルマの下取りってキャンセルできるの?クルマの下取りはキャンセルできる?違約金発生の条件やクーリングオフ制度の適用可否を徹底解説!

下取りが無料キャンセルできたら買取店で再査定

下取り予定のクルマをぶつけてしまった場合、ディーラーで無料キャンセルできたら買取店で査定しましょう。

下取りの利点は、クルマの購入に際して、購入から売却までの手間を一か所で済ませて便利なところです。その反面、下取査定額は一般の買取査定より安いことが挙げられます。

そこで、下取り車をぶつけて再査定で減額されることを考えると、少し面倒でも買取店に依頼したほうが、ぶつけたクルマを高く売却することができます。ぶつけたクルマでも、多くの買取店で査定することで買取金額の比較ができ、一番高い金額を提示した業者に売却が可能です。

下取りで納得できない金額なら、買取査定を利用してみましょう。買取業者は多くの業者に依頼するのがポイントですが、以下の一括査定を利用すれば一度に多くの業者を比較できます。できるだけ多くの買取店の査定額を見比べ、最も高く買い取ってくれる業者を見つけるようにしましょう。

\ ネットで簡単、最大30社の一括査定! /
【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

買取業者によってはキャンセルについて厳しく規定されている

買取業者に査定依頼して売買契約を結んでいた場合、ぶつけてしまいクルマの売却のキャンセルを申し出るとキャンセル料を請求されることが多いでしょう。

クルマの買取業者は、売買契約を交わした後に対象のクルマを流通させるための準備を始めています。そのため、契約後はすでにオーナーの手を離れているという解釈ですから、クルマを引き取りに来るまでオーナーの手元にあるとはいっても、そのクルマは買取業者の所有という考えです。

また、買取店によっては厳格にキャンセルを禁止している業者もあり、ぶつけたからといって簡単にキャンセルできないこともあるでしょう。

査定後にぶつけないために大事なこと

クルマを査定した後にぶつけてしまうと、買取業者と大きなトラブルに発展する可能性が高くなります。

そこで、クルマの売却のために査定して売買契約にサインした後は、クルマの取扱には細心の注意が必要です。

査定後に売買契約を結んだら自分のクルマではないことを理解する

たんに査定しただけなら問題ありませんが、売買契約書にサインした時点から、クルマは自分のものではないことを理解する必要があります。

たとえば、コンビニでジュース1本購入するのに売買契約書にサインはしませんが、現金を渡して商品を手にしたことで売買が成立します。

しかし、クルマのように高額商品の場合、実際にお金を支払う時点で合意した内容と異なるといったトラブルが多いことから、売買契約書を作成して、トラブルを回避又はトラブルを軽減できるようにしています。

そのため、クルマの売買契約書にサインした時点で、お金の収受が発生していなくてもクルマの売却に合意したことになります。よって、売買契約を結んだ時点で、対象のクルマは自分の手元から離れていることを理解しておかなければなりません。

契約後はクルマに乗らない

クルマの査定後に売買契約書にサインしたら、自分のクルマではないので運転しないことです。

クルマの引き取りまでは手元にあり、クルマの名義もオーナーのままです。しかし、売買契約を結んでいれば、自分の手元から離れたという意味なので、クルマの扱いには注意が必要です

公道を走行すれば、事故に巻き込まれる可能性があります。自分がどんなに注意して運転していても、相手の不注意で事故になる可能性も潜んでいることから、非常に高いリスクが伴います。

そのため、たとえ自分の近くに査定後のクルマが置いてあっても、乗らない勇気が必要です。

速やかにクルマを引き取ってもらう

売買契約後に、クルマに乗らないと決めていても、自宅に長く置いてあるようでは、ふとした気の緩みでクルマを使ってしまうこともあるでしょう。

そこで、クルマの査定後に売買契約を結んだら、できるだけ早く車の引き取りに来てもらうようにしましょう。

そのため、売買契約を交わした後は、いつクルマを引き取りに来るのかをしっかり確認し、できるだけ早めの引き取りを依頼しましょう。

どうしてもクルマが必要な場合は代車が用意できないか聞いてみる

クルマを売却する場合、乗り換える人がほとんどでしょう。その場合は、査定時にクルマを引き渡した後に、次のクルマが納車されるまで代車が用意できないか確認してみるのも一つの方法です。

一般的に、大手買取店であれば、代車を無料で貸し出すサービスを提供しています。ただし、貸し出す期間が明確に決まっていないので、個別に確認する必要があるでしょう。

また、クルマを買い替えるときディーラーへ下取りに出す場合は、クルマが納車されるまで無料で代車を用意しています。

いずれにしても、こちらからアクションを起こさなければ代車についての案内がないことと、希望通りに代車を借りられるとは限らないので、実際に契約を結ぶ前に代車についての確認をしておいたほうが良いでしょう。

レンタカーやカーシェアリングを利用する方法も

クルマの査定後に代車の用意について相談しても、タイミング的に用意できない場合や、クルマの必要がない地域に移転することになり、引っ越しまでのつなぎでクルマが欲しいこともあります。そんな場合に便利なのが、レンタカーやカーシェアリングを利用する方法です。

カーシェアリングは、会員同士でクルマを共有できるサービスで、短い時間であればレンタカーよりお得に借りることが可能です。

そして、どちらも好きなときに自分の都合でクルマを借りられるので、クルマを査定して売買契約を行った後、次のクルマが納車されるまでのつなぎとして、かなり重宝するシステムです。

売買契約までにクルマから荷物を降ろし、その後は触らない

査定後に契約を結べば、自分のクルマではなくなるので、正式に売買契約を結ぶまでにクルマから荷物を全て降ろしておくことが重要です。

実際は、売却を目的に査定を行うので、査定前には、いつでもクルマが引き取られても良い状態にまで準備しておくのが理想です。

そうすることで、査定も正確に行えますし、洗車や掃除もキレイにできるので査定にも有利に働くでしょう。

荷物を降ろすときに、余計なキズを作ってしまう恐れがあります。そういったマイナス面も、査定前であれば問題になりませんが、査定後に契約を結んだら、クルマに触らない心構えが大事です。

まとめ

クルマの査定には下取りと買取がありますが、どちらの場合も契約後にぶつけると減額されます。そこで、余計なキズを作らないためにも、売買契約後はクルマに乗らないことが一番です。

査定後に乗車して、ぶつけてキズを作ってしまった場合、そのことを業者に隠しても必ずばれてしまうでしょう。しかも、大きな問題に発展することがほとんどですから、売買契約後にキズを付けたら業者に正直に伝えることが重要です。