【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

クルマの下取りと買取の違いは?メリット・デメリットと状況に合わせた使い分け方を紹介

クルマの下取りと買取は同じ売却ですが、その違いが理解できない人も多いでしょう。

下取りと買取は、全く異なるクルマの売却法で、下取りは新しいクルマの購入資金に充当され、買取は現金を手にできるという大きな違いがあります。この違いのほかに、クルマの売却金額が平均して買取のほうが高いことなどがありますが、全ての人が買取を利用すると得になるかといえばそうではありません。

この記事では、下取りと買取の違いに加え、それぞれの売却にはどんな人が向いているのか解説します。

クルマの下取りと買取、何が違う?

クルマの売却方法は、下取りと買取の2つに大きく分類されます。

この2つは売却の仕組み自体が違っており、メリット・デメリットの違いもありますので、以下で詳しくみていきましょう。

下取りと買取は、買い替えるかそれとも売却するかの違い

クルマの下取りと買取の大きな違いは、下取りは新しく購入するクルマの資金に充当されますが、買取では売却後に現金化が可能となることです。もう少し平たく説明すると、買取は現金化できますが、下取りは現金化ができないということです。

今乗っているクルマを売却して新しいクルマを購入する場合、下取りと買取の両方の売却方法を選べますが、買い替えではなく売却を目的とした場合は買取しか利用できません。これは、下取りが新しいクルマを購入することを前提としているからです。簡単にいうと、新しいクルマと引き換えに、今乗っているクルマをカーディーラーに引き渡すことで、新しいクルマの車両価格に充当することが目的です。

クルマの下取りと買取のメリット・デメリットを比較

下取りと買取のメリット・デメリットは表裏一体の面があります。

簡単に記すと以下の通り。

下取り 買取
高く売る(価格交渉)
×
現金化
×
手続きの簡略さ
×
過走行車の引き受け
×
納車まで乗り続けられる
×

下取りのメリット

クルマの下取りは、新車ディーラーと一部の中古車ディーラーで取り扱ってもらうことができます。しかし、下取りは現金化できないのでメリットがあるのか不安になる方も多いでしょう。

この下取りには、利用するとユーザーに大きなメリットとなる部分があります。そのメリットには以下3つのメリットが挙げられます。

  • 下取りから購入まで一本化が可能
  • 下取り車を新しいクルマが納車されるまで乗り続けられる
  • クルマの状況に関わらず下取りしてもらえる
メリット1:下取りから購入まで一本化が可能

下取りの大きなメリットは、クルマを購入する店舗で購入から売却まで手続きを一本化できるので、書類の用意など2度手間になることがありません。

クルマは一般的な商品と異なり、自分のものにする場合や、他人に売却する時には、書類上の手続きが欠かせません。そのため下取りをしてもらう事で、同じ担当者が購入するクルマに必要な書類と、下取りするクルマに必要な書類を一度に提示してもらえるので、何度も役所に足を運ぶ必要がありません。

また、お金の移動も書類上で行うことができるので、下取りしたクルマの売却金額の管理の必要もなく、すべて販売店に任せておけばクルマの売却と購入が滞りなく済ませられます

ですから、面倒な手続きを嫌う人は下取りが向いているかもしれません。このほか、毎日の生活が忙しい人も下取りに向いているでしょう。買取の場合は、2ヵ所の店舗と契約を進めなければなりませんが、下取りであれば1ヵ所で全ての手続きができるので、スケジュール調整も一度で済みます。

メリット2:下取り車を新しいクルマが納車されるまで乗り続けられる

クルマを購入する場合、特に新車では納車まで数ヵ月以上待たされることが少なくありません。下取りの場合のメリットは、納車されるまで下取り車を自分の手元に置いておくことが可能なことが多くなります。

一般に、クルマの売却が決まった時点で、自分の手元からクルマを手放す必要があると思っている人が多いですが、新車購入で下取りの場合では、下取り車の価格が下取り価格を下回るギリギリまで手元に置いておくことが許されます。

カーディーラーは、クルマの値動きをチェックしているので、納車まで乗り続けることを許されれば、それより前に下取り車をディーラーに納めるようにとは言ってこないでしょう。ただ、新車の納期に予期せぬ事態が起きて大きくズレてしまった場合は、下取り車の価格が大きく値下がりする前にディーラーが回収することもあります。

メリット3:クルマの状況に関わらず下取りしてもらえる

クルマは、問題なく走行してこそ価値がありますが、中には売却時に走行できても年式や走行距離の問題などで、値段が付かないこともあります。しかし、そんな年式が古く過走行のクルマでも下取りしてもらえることが多いでしょう。

特に、下取り車と同じメーカーの新車ディーラーでクルマの購入を検討する場合、下取り車が古くて走行距離が多くても、そして何らかの問題が有っても他のメーカーで下取りするよりお得な金額で下取りしてもらうことが多いでしょう。

ですから、買取店で値段がほとんどつかなかった人は一度下取りに出すことを考えてみましょう。買取店は、販路として次のオーナーに販売するための商品として仕入れますから、クルマに価値がなければ値段が付きません。しかし、下取りの場合には、販路に色んな繋がりを持っているので、よほどのことがない限り新車購入の値引きとして充当してもらえるでしょう。

下取りでは、走行距離や年式でも価格は大きく変わりますが、国内で販路が無いクルマも海外向けの業者に打診して、少しでも新車購入資金となるよう便宜をはかることが多くあります。買取店で価格が付かなくても下取りでは売却に有利に働くことがあるので、そういったクルマを所有している人には向いています。

ただし、下取り車といっても走行不可や水没車、事故車といったクルマ自体に大きな欠陥を持っている場合は、下取りでも期待はできません。下取りがクルマの状況に関わらず売却できる理由は、普通に動くことが最低条件となることを覚えておきましょう。

もし、動かないクルマを売却しようと考えているなら、廃車買取専門店で査定してもらう方法が無難です。廃車買取業者は買い取ったクルマをパーツに分解して販売するルートを持っていますので、動かないクルマでも買い取ってもらえる可能性があります。

※廃車買取専門業車についての詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。

動かない車も買い取ってもらえるって本当?不動車売却の方法比較と売りに出す際の注意点
事故車・低年式車・訳あり車も買取可能 /
【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

下取りのデメリット

クルマの下取りは、クルマの買い換え時に一本化できるなど、ユーザーにとって煩わしさがないクルマを買い替える大きなメリットがありましたが、全くデメリットがない訳ではありません。

そのデメリットは、以下の3つが挙げられます。

  • 価格交渉は不可
  • 買取店より安い価格になる
  • オプションが付いていてもプラス査定に左右されない
デメリット1:価格交渉は不可

下取りの場合、ディーラーで下取り車の価格が提示された後、その金額に満足ができないからと価格交渉を行っても取り合ってもらえないことがほとんどです。

ディーラーでの下取り価格は、ある程度余裕をもったディーラーに損がない価格設定が行われています。というのも、下取り車をその場でディーラーに渡してくる人はほとんどなく、新車が納車されるときに下取り車と入れ替えになることがほとんどです。このタイムラグの価格差を考慮した値段をディーラーで決めている事も一つの理由なので、値段交渉には応じてもらえません。

このほか、ディーラーで新車販売する時に値引きを行いますが、この値引き額に下取り車の価格を含ませる方法をディーラーでは取ってきます。例えば、300万円のクルマを購入検討する時に、値引き額が20万円とします。そして下取り車が50万円とした場合、トータルで70万円の値引きになります。

この価格の中に、ディーラーではトリックを仕込んできます。本来30万円の値引きを引き出せるクルマに20万円が一杯の値引きとユーザーに話、下取り車があたかも高く売却できるように見せる方法です。ここで、値引きは本来30万円で下取りは40万円になります。ここに下取り車には10万円の差が生まれますが、これが下取り車の安全マージンとなっています。

このように、下取り車は新車価格のトータル値引きに含まれるので、下取り車の金額だけの交渉は不可能であり、交渉するなら新車価格からの値引き交渉に切り替えて行う必要があります。

デメリット2:買取店より安い価格になる

下取りの最も大きなデメリットが、売却価格が買取店より劣ることです。

買取店より下取りが安くなる理由は、クルマを売却した後の流通経路の違いにあります。買取店では、中古車業者に大きなコネクションをもっているので、高値で買い取ってもすぐに他に売却して現金化できます。そのため、買取価格を高くしても、相場から大幅に乖離して損をすることはありません。

しかし下取りでは、ディーラーがそのまま下取りしたクルマを店頭で並べて販売することは極まれであり、ほとんどのディーラーは、販売経路をそれほど大きく持っておらず、オークションなどへの出品がおもな販路となります。そのため、下取り価格は買取価格より安くなる傾向が強くなります。

できる限り高く売りたいという希望を持っているのであれば、買取の方法を選ぶ方が向いていると言えるでしょう。

デメリット3:オプションが付いていてもプラス評価にならない

クルマを購入して便利に使用するには、オプション品を多くつけている人も多いでしょう。このオプション品は買取では高額査定となることがほとんどですが、下取りでは影響が出ないオプションがあります

オプションには、メーカーオプション、ディーラーオプション、そして社外オプションの3種類がありますが、ディーラーで取り付けるナビやエアロパーツといった商品は、社外オプションと同じで高く評価されません。

しかし、メーカーオプションはその限りではなく、高評価として下取りしてもらえることが多くなります。このメーカーオプションには、中古車業界の三種の神器と呼ばれる、ナビ・本革シート・サンルーフがあり、これらはオプションで高評価となります。その理由は、もともと新車オプションでも高額であることが大きな理由です。

また、車外パーツを取り付けている場合は、純正パーツは捨てずに持っていることが大事であることや、下取りに出す時に純正に戻しておくことも重要です。これが買取店であれば社外パーツがプラス査定されることと大きく異なるところでしょう。

買取のメリット

クルマの売却方法には下取りのほかに買取がありますが、この買取は下取りより有利な金額であることが広く知られています。

買取店には、買取専門店と中古車店で買い取る方法の2つが存在しますが、どちらの買取もメリットの内容としてはほとんど同じです。

そのメリットには以下の3つが挙げられます。

  • 高額で買い取ってもらえる
  • 現金化できるので車以外にお金を使える
  • 買取店を選らべるので一番高い場所に売却できる
メリット1:高額で買い取ってもらえる

買取のメリットは、何より下取りよりも高値での売却が期待できる、という点です。

なぜ高く売却できるのかを簡単に言うと、1社だけでなく複数の買取業者から査定を受けられるので、自分が目標とする金額で愛車を売却できる可能性が高いからです。

今は、自宅にいながらネットを使い無料で買取一括査定の依頼ができるので、買取店を自分の足で廻らなくても、一括査定なら買取店からコンタクトを取ってもらえ、向こうから査定に来てもらえます

あとは、その中で最も高額査定をした業者と交渉すれば、一番高い値段で売却することができます。

ですから、少しでも愛車を高く売りたい人は買取に向いていると言えるでしょう。

この高く売るという事は、下取りではほぼ不可能であり、買取を利用した人だけの特権でもあります。また、買取金額は業者と折り合いがつくまで交渉することも可能なので、駆け引きが得意な人にも向いているといえます。

そして、高く売ることに対し、時間や労力を惜しまない人も買取に向いていると言えるでしょう。

ネットで簡単、最大30社の一括査定! /
【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!
高価買取が狙える理由1:買取は価格の比較ができるから

買取店で高額で買い取ってもらえる理由の一つに、ライバル店が多いので競合して買取価格を吊り上げることがあります。交渉も可能なので無理のない金額を提示すればそれに近い金額で買い取ってもらう事も可能です。

ただし、こちらの要求する買取金額も相場にそった価格交渉をする必要があるので、ある程度自分のクルマの相場を把握しておくことも重要です。今はネットで手軽に愛車の買取相場を調べられますので、事前に買取相場を調べておきましょう。

買取は、高額で愛車を販売できることと引き換えに、自分が動かなければ達成できない部分があります。もちろん、1社だけ買取査定して終わりにしてもいいですが、しかしそれでは買取に出すうまみを大きく逃してしまいます。

ですから、愛車の相場を調べることには、ある程度入念なリサーチが必要です。このことが不満と感じない人は買取利用に向いているといえるでしょう。

高価買取が狙える理由2:車種に応じた専門買取店があるから

このほか買取店では、得意な車種があるので、自分のクルマを主に扱っている買取店で査定すれば他の買取店より高額を引き出すことも可能です。

例えば、トヨタ車を所有していれば、トヨタ車に強い買取店を選び、ミニバンに乗っていれば、メーカーに関係なくミニバンを専門に買取している店舗で査定することです。そして、買取店ではカスタム車を得意としている店舗もあるので、自分のクルマがカスタムしていれば、通常の買取店ではなくカスタム専門の買取店で査定することです。

このように、どのような車種やカスタム車でも、専門知識を持ち合わせた買取店を選ぶことで、他より高い金額を引き出すことができる魅力があります。

スポーツカーを売るなら専門買取がお勧め!専門店を利用するメリットと専門買取店を探す方法を解説
高価買取が狙える理由3:買取店は利益を出す仕組みを確立しているから

買取と下取りで価格に大きな差が出るのは、流通経路に業者がいくつ絡んでいるかの違いにも理由があります。

買取も下取りも、最終的には中古車店に車が並べられて販売されます。

そして、買取と下取りの流通経路を見ると、買取では一般的に買い取ったクルマはオークションに出品されます(買取店の中には、オークション会場直営の買取店も存在し、店舗に並ぶことなくそのままオークションに運ばれるものもあります)。

一方、下取りの場合は、おもに新車ディーラーでクルマの購入時に今乗っているクルマの売却として行う方法ですが、新車ディーラーは大手オークションに直接出品することはしていません。もちろんメーカー系のオークションはありますが、それでは下取り価格の幅が狭くなることから、より多くの販路で検討します。

この多くの販路とは、クルマ業界の横の繋がりです。この繋がりは、一般ユーザーにはあまり知られていませんが、大手買取店とも繋がりを持っており、カーディーラーが下取りしたクルマを買取店に持ち込むことも多くあります。

このように、下取りしたクルマも買取店を経てオークションに出品されるほか、中古車店との繋がりから、中古車店の店頭に並ぶなどの流通経路で下取り車は販売されます

買取店では、独自のルートでオークションに出品して利益を出すことができますから、高く買い取っても問題ありません。しかし、下取りでは多くの業者を経てオークションに出品されることもあるので、下取り車は安くなります。

例えば下取りの場合、下取りしたクルマを取り引きのある買取業者や中古車業者に打診します。そこで、下取り車を高く引き取る業者に売却を行います。もう一つは、新車を見積もりに来た時点で、下取り車のことを購入希望者から情報をもらい、そのクルマを欲しい業者がいないか取引のある業者全てに打診します。

そして、欲しい業者があれば、その業者への販売価格にマージンを乗せて下取り価格を決めます。そのため、下取りは販売ルートに他の業者を挟んでいることから買取業者に比べて安い価格になっています。

このように、買取店は下取りと比べ高く買い取っても損をしない仕組みを確立してるからこそ、高価買取が実現できるというわけです。

メリット2:現金化できるので車以外にお金を使える

買取店で売却するメリットは、手元に現金を貰うことができることです。クルマの売却資金を他に使いたいのであれば、もっとも適した売却方法です。

買取店では、査定を行い現在のクルマの金額を提示してきます。この時に査定員の提示した金額は、クルマと必要書類を買取店に渡してから買取店の決められた日数後に、指定された金融機関へ振り込まれます

基本的に、現金手渡しではなく振込となりますが、振込手数料を引かれることなく振り込まれることが一般的です。また、振込には数日から1週間程度が一般的ですが、休日を挟むと日数が伸びることも理解しておいたほうが良いでしょう。

買取のデメリット

クルマの買取は高額な査定となるので、金額ばかりに目が行くと買取のデメリットに目が向きません。

実は、買取の利用にもユーザーが売却するうえで不都合となるデメリットが存在し、ユーザーを時には悩ませることもあります。

そのデメリットには以下の3つが挙げられます。

  • 買取相場の変動が激しく売却時により価格が安くなる
  • 売却と購入がセットに出来ないので手続きが面倒
  • 一括査定を利用すると営業の電話がしつこい
デメリット1:買取相場の変動が激しく売却時期により価格が安くなる

クルマの価格には相場が存在し、常に価格は変動しています。時には大きく値が下がる時期やタイミングもあり、買取を利用するタイミングで大きく損することも考えられます。

買取価格は、常に需要と供給のバランスで成り立っています。当然、欲しい人がいればそのクルマの買取価格は上昇しますが、欲しい人がほとんどいないと下落が激しくなります。

この買取価格は、おもにオークションの相場と連動しており、オークションでの落札価格が高い時期では高額買取となるケースが多くなります。その反対に、相場が低い時期では買取価格に期待が持てません。

これがどういった意味をするのかというと、買取査定すると必ず有効期限を告げられます。この期限内であれば査定価格での買取を保証されますが、その時期を逃すと再査定となり、再査定の時期の価格相場により価格が決められます。一般に中古車は、時間とともに相場は下落するので、査定期限が過ぎた後に再査定すると大幅に値が下がることは珍しくありません。

デメリット2:売却と購入がセットに出来ないので手続きが面倒

買取を利用すると、クルマを新規で購入しようと思った場合、手続きを売却用と購入用の2つを進める必要があるので、時間と労力にかなりのロスが出てきます。

買取店では、クルマの売却を専門に扱っていることが多く、そこで新しいクルマを購入しようとしてもできない店舗が多くあります。また、中古車を扱っている買取店であればそこで新たに中古車を購入することも可能ですが、中古車選びは自分の気に入ったクルマの状態が見つからなければ購入に至らないので、中古車を扱う買取店で売却と購入をセットで行う事はなかなか難しいといえます。

また、新車を購入する場合は、買取をディーラーでは行っていないので、買取店を利用すると、書類や手続きは必ず2度手間となるほか、新車購入する資金を買取店から入金後に新車販売店に支払う手間も増えてきます

デメリット3:一括買取査定を利用すると営業の電話がしつこい

買取店を利用する場合、ネットなどで一括査定を利用することが多いでしょう。しかし、この一括査定は便利な反面、デメリットとなることも少なからずあります。

一括査定は、無料で多くの買取店に査定を申し込むことができます。しかし、一括査定のボタンをクリックして1分もたたないうちに、登録した電話に買取店から営業電話がかかってきます

これは、一括査定した利用者の近くにある登録された全ての買取業者に即座に連絡されます。これにより、買取業者は、一括査定したユーザーにアポイントメントを取ろうとします。

一括査定では、複数の業者に査定依頼を自動で発信するので、査定のスケジュールに関する電話は何回もかかってくるでしょう。これは忙しい時に利用すると、かなりうるさい電話に感じることから、一括査定を毛嫌いする人も多くデメリットと捉える人が少なくありません。
 

買取と下取りはどっちが得か?

売却方法に向き不向きがかかわる事に加え、売却金の使い道もかかわってくるため、クルマの買取と下取りは、一概にどっちが得とは言い切れません。

しかし、価値観を人それぞれ持っているので、時間を有効に使用したいと考える人には下取りが得に感じるでしょうし、少しでも高額査定が欲しい人には買取が得に感じることでしょう。

ただ、高額査定を狙い買取店を利用しても、下取りが有利に働くことも否定できません。それは、クルマの流通のところでも触れましたが、欲しい人がすぐいれば、売却先は決まっているので、相場より高い金額で下取りすることも可能です。

このように、状況により買取より下取りが価格で上回ることもありますが、ほとんどは買取のほうが高額で売却できます。

人は誰でも愛車は少しでも高く売れたほうが良いと考えるものです。時間と労力の節約は下取りでは優秀ですが、売却金額では買取には及びません。そのため、少しでも高く売却できる買取が得と考えるのが自然ではないかと考えられます。

もし少しでも高く売りたいと考えている方はこちらの記事も参考にしてみてください。

【クルマを少しでも高く売るための8つのコツ】車を売却する前に覚えておくべき基礎知識

まとめ

下取りと買取の違いは、どちらも同じように愛車を売却することですが、現金を手に出来るのが買取、新しいクルマの車両価格から値引きに使われるのが下取りと覚えておきましょう。

そして、買取と下取りにはメリットとデメリットが存在するので、自分にどちらが向いているのかライフスタイルも含めて検討し、利用するのが良いでしょう。