【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

【クルマを売却する方法は5種類】それぞれのメリット・デメリットを知り、自分に合った方法を選ぼう!

クルマの売却方法として認知度の高い「下取り」や「一括査定」。それ以外にもクルマを売却する方法があります。クルマの売却方法は、それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分の状況やクルマの状態に合わせた売却方法を選びましょう。売却方法の選び方や特徴と併せて、スムーズに売却手続きを進めるための注意点をご紹介します。

もくじ

クルマを売却する方法は5種類

クルマの売却方法は、大きく分けて5種類あります。多くの方が利用される「下取り」や「一括査定」も売却方法の一つです。下取りや一括査定は利用しやすいので認知度も高いですが、それ以外の売り方も知っておくことで、自分のクルマを高く売却したり、大事にしてくれる人に引き継いだりといったことに役立てられます。売却方法ごとにメリットとデメリットがあり、どんな人に適しているかも異なります。売却方法の特徴を理解して、自分にとって、よりメリットの大きい売却方法を選びましょう

売却方法1:クルマを買い替えるお店で「下取り」してもらう

クルマの売却方法として広く認知されている「下取り」。自動車ディーラーや中古車販売店でクルマを購入するときに、今まで乗っていた車を買い取ってもらう、という方法です。原則として、新たなクルマの購入者に向けたサービスの一環として行われていることが多いので、買い替えの際にしか利用することができません。

クルマを購入する店舗と売却する店舗が同じなので、必要書類の提出やクルマの引き渡しなどの手続きがシンプルです。クルマの引き渡しも、次のクルマの納車日に店舗に行き、そのままクルマを交換するだけなので、クルマが無い期間が生じたり代車を用意する必要もありません。より簡単な手続きでクルマの買い替えを行いたいという方に適しています。

「下取り」のメリット

下取りのメリットは大きく2つです。クルマの買い替え時にシンプルな手続きでクルマを売却できる点が、売却方法の一つとして定着している理由と言えます。

手続きがシンプル

下取りの最大のメリットは「手続きがシンプルで簡単」という点です必要書類は一つの店舗にまとめて提出すれば良いので、あちこちに郵送するといった手間がありません。また、下取りの金額は購入車両の頭金などに充当されるため、金銭のやり取りが発生しないケースがほとんどです。車両の引き渡しも、原則は次のクルマの納車日に引き換えになるので、売却・購入・車両入替の一連の手続きが非常にスムーズに進みます。

価格交渉が不要

また、下取り価格のベースはすでに決められているので、価格交渉をする必要もありません。年式や走行距離によって算出された時価評価額をベースに査定額が提示され、そこから大幅に増減することは稀です。そのため、クルマを手放すことに労力を割きたくない方や、価格交渉などをできるだけ避けたい方には、買取金額がほぼ決まっていることはメリットだと言えるでしょう。

「下取り」のデメリット

下取りのデメリットは2つあります。他の売却方法が人気を集めている原因も、下取りのデメリットから来ています。

買取価格が安い

下取りの最大のデメリットは「買取価格が安い」という点です買取業者に売却する場合と比較して、数十万円の差が生じることもあります。ディーラーでの下取りの場合、他社メーカーの下取り価格が低めに設定されていることも少なくありません。メリットの一つであった「価格交渉が不要」である点も、買取価格が低いことに対してはデメリットになりえます。

オプション装備や社外品は加算されない

オプション装備や社外品の装着も評価されず、車種・年式・走行距離・ボディカラー等をベースとした下取り価格設定になります。交渉をしても買取価格の値上げにはつながりにくいです。

面倒な手続きや交渉を避けたい人は「下取り」がおすすめ

下取りの利用は、メリットとデメリットが裏返しのような部分が大きいです。下取り価格は高額とは言えず、交渉によって高額下取りをしてもらえる可能性も見込めません。そのため、下取りの利用は「できるだけシンプルな手続きで済ませたい人」や「とにかく交渉事を避けたい人」および「複数の企業に個人情報を提供したくない人」におすすめです。

売却方法2:「クルマ買取専門店」で査定後に買取してもらう

2つ目の売却方法は、TVCMなどでもよく見かける「ガリバー」や「ビッグモーター」をはじめとした「クルマ買取専門店」に売却する方法です。クルマ買取専門店では、買取したクルマを自社で販売することが多く、クルマの買取と販売に力を入れています

クルマ買取専門店での売却の場合は、実際にクルマを見せて査定をしてもらいます。査定の方法は、店舗にクルマを持ち込んで行う「店頭査定」と、自宅などに査定士に来てもらう「出張査定」の二通りです。買取に力を入れており、中古車市場での人気やオプション装備なども考慮した査定額設定になっているので、下取りとは違って高価買取につながりやすいことが最大の特徴です。買い取ったクルマのほとんどが自社在庫になり、そのまま整備等をして販売しているので、車検が切れていたり多少の故障や不具合があっても、下取りするより高い金額で売れることがあります。

「クルマ買取専門店」のメリット

クルマ買取専門店に売却をする場合も、メリットとデメリットがあります。メリットは5つあり、いずれも人気を集める理由につながっています。

下取り価格よりも査定額が高額になりやすい

クルマ買取専門店の多くは、買い取った車をそのまま自社で販売するため、買取価格がそのまま仕入れ値になります。そこに、必要な整備費用や販売利益を追加した金額で販売金額を決めることができるので、多少高く買い取っても採算をとることができます

次のクルマも同時に探してくれる

次のクルマの購入をすでに決めている場合は断れば良いでしょう。車種などは決めていても購入には至っていない場合、状態の良い車体を自社在庫から引き合わせてくれます。購入と同時の買取の場合は、買取価格に色を付けてくれるケースも多いです。下取りのように買い替えを1店舗で済ますことができながら、今のクルマを最大限の現金化につなげることもできます。

純正オプションや一部の社外品も評価してくれる

人気の高い純正オプションや、アルミホイールなどの社外品も評価して査定額を算出してくれます。下取りでは考慮されない部分なので、差額が大きくなる理由の一つが、この純正オプション等への評価加算です。

価格交渉ができる

提示額に納得がいかなければ断ることができるのはもちろんですが、あと数万円で想定金額に届くのであれば、交渉次第では実現することが可能なのも買取専門店の強みです。

ローンが残っているクルマも売却でき、返済のためのサービスプランがある

購入時に5年や7年などのローンを組んでいても、ローン返済中に環境や経済的な事情が変わることは少なくありません。ローンが残っているクルマは、ローンを完済しないと売却できないのが原則ですが、クルマ買取専門店ではそのような方へのサポートサービスも提供しています。買取金額をローンの返済に充てることができるので、ローンの残債に対して買取金額に余剰があれば入金されますし、相殺されるならローン契約は終了します。不足する場合には、不足金額の一括支払いもしくは残債分でローンを組みなおすなどの「残債返済ローン」の提供をしているので、急な環境の変化によってローンが残っているクルマを売却したい場合でも対応できるようになっています。

「クルマ買取専門店」のデメリット

メリットの多いクルマ買取専門店を利用してのクルマの売却ですが、デメリットも2つあります。しかし対処することも可能なので、対処法を知っておくと利用しやすくなるでしょう。

営業マンがしつこい

交渉事が苦手な方にとっては、ここが一番ネックな部分でもあるでしょう。営業マンは1台でも多く買取件数を上げたいので、多少強引な言い回しをしたり、あたかも売却が成立しているかのような話の進め方をしてくることがあります。しかし、そこで押しに負けてしまっては相手の思うつぼです。特に店頭査定の場合は、店内で交渉を行うので断りづらく、納得できなくても帰りづらいという状況に陥りやすくなってしまいます。

もし、営業マンの対応や査定額に納得がいかず売却を断りたい場合は、はっきりと断ることが重要です。はっきり言うのが難しいという方は、「いったん持ち帰ります」「今日中にお返事します」と伝えて、その場を離れましょう。出張査定で「決めるまで帰らない」といった強硬手段に出られた場合は、「迷惑なので警察に通報します」と言ってしまっても大丈夫です。しつこすぎる営業によってクレームになるほうが、業者側は避けたいはずなので、断る際は強気で行きましょう。

査定に時間がかかる

クルマの査定は、車検証などの書類の確認、車内外の使用感の確認、そしてエンジンをかけて走行機関や電装品に不具合がないかの確認が行われます。クルマそのものを見ている時間は15~20分程度です。その後、本部とのやり取りで査定額が提示されますが、その確認に5~10分かかります。つまり、査定額が提示されるには最短で30分前後かかり、価格の交渉やローン残債の確認、売却の申込書記入や引き渡しまでの流れの説明なども含めると1~2時間ほどです。店頭査定の場合は、本部とのやり取りがスムーズにいくことが多いので多少短縮されますが、出張査定では本部とのやり取りに時間がかかるので少し長めに時間がかかります。クルマ買取専門店で査定を依頼する場合は、時間に余裕をもって2~3時間ほど確保できるときに日程を組むと良いでしょう

スムーズな手続きで高く売りたい人は「買取専門店」がおすすめ

クルマ買取専門店での売却は、より多くの方におすすめできる売却方法です。「下取りより高く売りたい」「買い替えも買取専門店でお任せしたい」「査定や手続きを依頼する店舗は少なく済ませたい」という方におすすめ。また、「ローンが残っているクルマを売却したい」という方や、「売却時の手続きをサポートして欲しい」という方にも、おすすめの方法だと言えるでしょう。

売却方法3:様々な買取業者に「一括査定」を依頼して買取してもらう

一度の情報入力で、より多くの買取業者から査定をしてもらえる「一括査定」は、最高値で売却できる買取業者を見つけられるとして、昨今主流になっている売却方法です。全国各地、大小を問わずクルマの買取をしている業者と提携した一括査定サービスが多く、車両情報と個人情報を提供することで、様々な買取業者からクルマの査定をしてもらうことができます。

一括査定サイトに、クルマの車種や年式および走行距離と自分の連絡先を入力すると、居住地の近くに店舗を構える買取業者が4~10社ほど連絡をしてきてくれます。その中から査定をしてもらう業者を選び、査定額を比較して納得のいく業者へクルマを売却するので、「クルマを高く売りたい」と考える方に適しています。ただし、複数の買取業者から連絡が来たり、複数社の査定の対応に立ち会わなければならないので、時間と労力も必要になります。

「一括査定」のメリット

一括査定は、クルマ買取専門店に売却する際の5つのメリットに、2つのメリットが加わります。

複数社の査定額を知り比較することができる

一括査定では、複数社の査定額を比較することによって、自分のクルマをより高値で売却することができます。査定の金額以外にも、手続きへのサポート・ローン返済・クルマ購入に役立つサービスがあるか、安心して取引できる業者かを、実際にやり取りをするなかで比較して選ぶことができるので、自分に合った買取業者と出会える機会が増えます。

自分が知らない買取業者も提携している

TVCMや街中の店舗で見かけたことのある大手の買取業者はもちろんですが、地域密着型の中小の買取業者や、スポーツカーや旧車などのジャンルに特化した専門店なども提携しています。高額査定につながりやすいクルマは、高年式の人気車種であることが多く、「年式の古いクルマ」や「趣味や好みに特化したクルマ」の買取価格は、相場前後にしかならないということも少なくありません。しかし、古いクルマやスポーツカーおよびオフロード走行ができる車などは、一般ウケしなくとも需要があるジャンルです。そのようなジャンルに特化した買取専門店に売却することで、カスタム内容が評価されたり、年式の経過を感じさせないメンテナンス状況が評価されたりして、高価買取につながることがあります。また、地域によって需要が高まる4WD車やターボ車なども、その地域の買取店や販売店のほうが、大手よりも高額査定を付けるということもしばしばあります。このように一括査定を利用することで、大手とは違った需要に応えるために、自分のクルマに想像以上の高値を付けてくれる業者と出会える可能性が上がることも、一括査定のメリットと言えるでしょう。

「一括査定」のデメリット

一括査定のデメリットは、クルマ買取専門店に売却する場合のデメリット2つに加え、さらに2つ。しかし、対策ができるので、工夫をすることでデメリットに感じなくなるでしょう。

多数の買取業者から連絡が来る

一括査定の利用を踏みとどまっている方の多くは、この連絡面のデメリットを大きく感じているのではないでしょうか。実際、一括査定サイトに情報を入力し送信すると、1分と経たない間に大量の着信やメールが届きます。一社目の電話対応中に他の業者から着信が来ることも多く、「電話がいっぱい来て面倒だし怖い」といった印象が根付いてしまうのも無理はありません。しかし、昨今ではメールを中心とした連絡を選べるよう選択肢が広がっています。「カーセンサー」では、自分の居住地域に対応した買取業者の一覧から、連絡が来ても良い企業を選択できたり、「メール対応可能」な業者に絞り込むことも可能になっています。一括査定サイト側でも様々な工夫を取り入れているので、「電話連絡を減らす選択」や「メールのみの対応希望」などを取り入れて対策しましょう。

出張査定の日程調整が大変

一括査定は、より多くの買取業者に査定をしてもらうことで査定額を比較することができますが、原則として査定額の有効期限は当日もしくは翌日くらいまでです。査定額の有効期限が過ぎてしまうと再査定になり、前回の査定額よりも下がってしまう可能性が高くなります。つまり、査定額を比較するには1~2日のうちに複数の買取業者に査定をしてもらうことが必要です。ご自身の休日に、一日一社程度の対応をするだけでは、先週の買取業者が最高値でも再査定になり、また別の業者が最高値になり、・・・という流れの繰り返しで査定額が定まりません。ですので、出張査定を依頼する場合は、時間帯を少しずつずらしながら1~2日にまとめてしまうことがおすすめです。クルマの査定に丸一日取られてしまうこともありますが、確実にその日のうちに各社の査定額を揃えることができ、その中の最高値の買取業者への売却を決めることにつながります。複数社への査定を依頼する場合は、ぜひ参考にしてみてください。

短期間で高額査定してくれるお店を探したい人は「一括査定」がおすすめ

「一括査定」を利用したクルマの売却は「多少時間と手間がかかってもクルマを高く売りたい人」におすすめです。複数社の査定に立ち会ったり、査定額の交渉をしたりという過程には時間と労力を要しますが、そのぶん高額買取をつかみ取りやすい方法でもあります。

一括査定を申し込んでから売却できるまでの期間は、出張査定にかける期間によって変わるので、時間をかけて買取業者を選びたい方にも、急いで高く買い取ってくれる業者に売りたい方にも合わせることができます。複数社を比較して、ご自身に合った買取業者を選ぶことができるので一番人気の高い売却方法です。

売却方法4:自動車オークション代行業者に依頼して「業者オークションに出品」してもらう

買取されたクルマの一部は、オートオークションと呼ばれる業者向けのオークションに出品されます。買取の機能を持たない中古車販売店などでは、このオートオークションから商品となるクルマを購入し仕入れています。オートオークションは、立ち入りが許可された業者しか立ち入ることができず、私たちのような一個人が出向いて購入したり出品したりといったことはできません。しかし、オートオークションに出入りしている業者に代理出品を依頼することで、自分のクルマをオートオークションに出品し売却することができます

個人が利用しやすい業者向けオークションは、「ユーカーパック」です。ユーカーパックは、一括査定と同様にクルマと個人の情報を送信すると、クルマの査定などの対応をしてくれます。査定されたクルマ情報は提携する買取業者用のオークションに出品され、入札が入ったら連絡が来る仕組みになっているので、対応する業者はユーカーパックの一社のみです。ユーカーパック以外でも、オートオークションに出入りしている業者に代理出品を依頼する場合は、その業者が対応をしてくれるので、自分が相手をするのは依頼先の業者のみとなります。

「業者オークション出品」のメリット

業者オークションを利用した売却は、あまり浸透している方法ではないのでイメージがつきにくいかもしれません。そこで、メリットを4つご紹介します。

対応する業者が1社で済む

オークションの出品を代理してくれる業者にクルマの査定や写真の撮影などを委託し、入札者などの対応は全て代理業者に行ってもらいます。一括査定などと違い、複数社に個人情報を提供する必要もありません。複数の買取業者に査定を依頼すると、断りの連絡やその後どうなったかの問い合わせなど、いくつもの業者の相手をする必要があります。買取業者側は買い取りたい一心なので、売却を断っても忘れた頃に連絡をしてくることすらあります。業者オークションに出品してもらう場合は、やり取りを行うのは代理業者のみです。買取とは異なり、代理業者はあくまで一緒に売却を行うパートナーなので、営業をかけられるようなこともありません。あまり業者対応が得意でないという方には利用しやすいでしょう。

最低落札価格を決められる

これは代理業者のサービスや方針によって変わることもありますが、「50万円以下の場合は売りません」というような意思表示ができるということです。「希望額を上回る入札があれば即決しても良い」など、代理業者との間で売却金額の希望をすり合わせできるのも、業者オークションを利用する強みと言えます。

価格交渉の必要がない

メリットの一つ目と二つ目から判断できるように、自分なりの希望金額を伝えることができ、入札価格の交渉などは全て代理業者が行うので、自分は特に何かをする必要がありません。代理業者からの連絡を待つのみなので、交渉や応対が苦手な方には最大のメリットと言えます。

買取よりも高い金額で売れることがある

高年式車や人気車種はこの限りではありませんが、年式の古いクルマほどチャンスがあると言えます。プレミア価格で販売されている旧車やスポーツカーなど、希少価値の高いクルマの場合は、一般の買取業者では年式相応の価格で査定されてしまうことが多いです。しかし、業者オークションの場合は様々なクルマ販売店が出入りしています。極端な例として、愛用している20~30年落ちのセダンが、「漫画に出てくるようなスポーツカーばかり集めている車屋さん」や「80~90年代のクルマを専門に扱っている車屋さん」などの目に留まり、高値を出しても欲しがるようなクルマである可能性も考えられるのです。そのような需要に刺されば、買取専門店に売却するよりも高い入札が入ることも十分にあり得ます。

「業者オークション出品」のデメリット

業者オークションを利用するデメリットは3つあります。オークションという販売形態であり、業者に代行を依頼するからこそ発生するデメリットです。メリットとのバランスを考えて利用するか判断しましょう。

希望価格以上の入札がなければ売れない

オークションなので当然ではありますが、希望価格=出品価格を上回る入札がなければ、その車はオークションに出品され続けることになります。場合によっては希望額を下げざるを得ないこともあります。

希望する時期に売れるとは限らない

一つ目と同様に、そのクルマを「出品価格以上で買いたい」という業者が現れなければ、クルマは売れません。具体的に手放したい時期が決まっており、そのタイミングが差し迫っているときには業者オークションの利用はおすすめできません。売却するタイムリミットが近い場合は、買取専門店や一括査定の利用も視野に入れたほうが良いでしょう。

出品手数料や代理手数料がかかる場合がある

なかには手数料のかからないサービスや業者もありますが、一般的には代理出品や代行手続きに対する手数料が発生します。手数料は代理を依頼する業者によって異なり、一律5万円とする業者もあれば、落札価格に応じて変動する場合もあります。売却が成立しない場合でも、手数料が発生するケースもあるので注意が必要です。あらかじめ、代理を依頼する業者との契約内容をしっかり理解しておきましょう。

売却を急がない人や交渉事が苦手な人は「業者オークション出品」がおすすめ

業者オークションを利用したクルマの売却は、第一に「クルマを手放す期限が差し迫っていない人」が条件となります。「クルマの売却希望金額はあるが、交渉事は苦手な人」や「クルマの入札者対応は代理業者に任せたい人」におすすめです。

売却方法5:ネットオークションやフリマアプリで購入者を探し「個人間で売買」する

「クルマの個人売買」は、家族や親せき・友人・知人に安価でクルマを譲るといった方法が、最も身近で想像もしやすいでしょう。ここでご紹介する「個人売買」は、インターネットを利用して面識のない個人にクルマを売却する方法です。ネットオークションやフリマアプリおよびSNSなどを通じて購入者を探し、クルマの状態確認や金銭のやり取りから名義変更まで、全て自分たちで行います。この方法は、クルマそのもののメカ的な知識や取引、名義変更などの手続き関係への知識や経験、クルマの相場などを把握していなければならないため、クルマ売却初心者には難易度の高い売却方法だと言えます。

クルマをネットオークションなどに出品するにあたり、車種や年式、走行距離に加え、メンテナンスの状況や不具合の有無、修復歴の有無、社外パーツへの交換やカスタムをしている場合はその内容に至るまで、購入者にとって必要と思われる情報を全て書き出して公開します。そのため、クルマに関する最低限の知識が必要です。値付けも自分で行うので、ある程度の買取相場や中古車販売相場を理解していないと、明らかに損をしてしまうような低い価格を付けてしまったり、一向に売れるはずもない高値を付けてしまったり、ミスが生じないよう注意しなければなりません

購入者の対応、販売価格の交渉、各種手続きを個人間で行うので、トラブルに発展しやすい部分もあります。知人を介したやり取りであれば、第三者を交えて信頼感のある取引もできるでしょう。しかし、全く知らない方と取引する場合には、契約書・誓約書・領収書など公的な効力を持たせることができる書面を添え、きちんとした取引を心がけましょう

「個人売買」のメリット

トラブルにつながりやすく、難しいイメージの強い「個人売買」ですが、デメリットばかりではありません。個人売買のメリットは大きく3つあります。

自分で売値を決められる

個人売買はお店を通さないので、販売店で購入するときに発生する「諸費用」が掛かりません。そのぶん、購入者側にとっても、お店より少し安くクルマを購入できることがメリットになります。売る側の「買取業者に売るより高く売りたい」、買う側の「販売店で買うより安く買いたい」の両者のメリットを叶えられるのが個人売買の最大のメリットです。

売る相手を自分で選べる

個人売買を選択する人の中には、愛車への愛着が強く、「自分がしてきたように、次のオーナーにも大事にメンテナンスをしながら乗って欲しい」というような要望を抱く方も、少なくありません。買取業者に売却すると、売却後どこに行ってしまうのかはわかりません。近所の人が中古車販売店を通して購入しているかもしれないですし、遠くの都道府県で販売されているのか、はたまた海外に輸出されているのか、その後を追うことは困難です。「自分が大切にしてきた愛車を自分が選んだ人に乗って欲しい」という希望を叶えられるのも、個人売買の良いところです。

クルマのカスタム内容や希少価値を価格に反映できる

例えば、自分なりに完成させたカスタムカーを売却する場合。カーボンファイバーを使用した外装エアロパーツや、数十万円する電子システム付きの車高調、特殊なボディカラーへの全塗装、映画館のような迫力ある高音質空間を作り上げた音響システムなどなど、クルマのカスタムは様々なジャンルがあり、とてもお金がかかります。そのような手の込んだ車を手放すときは、やはりカスタム費用も売却費用の一部に反映させたいと思うものでしょう。しかし、一般的な買取業者では、純正の状態と比べてかけ離れたクルマは、高価買取が実現しにくい傾向にあります。そのような場合は、そのクルマを欲しいと思ってくれる人に、双方が納得のいく金額で直接売却するほうが、満足のいく取引になります

「個人売買」のデメリット

個人売買を利用するデメリットは4つ。自分たちで一連の手続きを行わなければならないからこそ、知識が必要で手間がかかります。一つ間違えば、弁護士を交えて争うような大きいトラブルにもなりかねません。そこで、デメリットをしっかり理解して、メリットが上回った場合に利用することをおすすめします。

クルマそのものの知識が必要

クルマを出品するにあたり、車検証に記載されている内容やクルマの状態などの情報を公開するため、基本的なクルマの知識が必要です。購入希望者から状態や不具合、メンテナンス状況などについて聞かれた場合に、きちんと答えられないと相手への不信感につながるだけでなく、理由をつけて必要以上に値下げを要求される恐れもあります。自分のクルマの状態、メンテナンスはどういった頻度でどのようなことをしてきたか、どんな不具合があるかなどを説明できるように、知識をつけておく必要があります。

希望の時期に希望の金額で売れるとは限らない

個人間のやり取りでは、ローンでの購入も難しいので、相手には現金一括支払いをお願いすることになることが多いです。そのため、金額が大きくなればなるほど、ネット上でのやり取りでは買い手が付きにくくなります。実際にクルマを確認してもらうために、待ち合わせ等を行う場合でも、両者の予定を合わせたりしなければならないので、お店とやり取りするよりも時間がかかってしまいます。売却時期が迫っている場合や、100万円を超える金額での売却を希望する場合は、売却方法を再考する必要も視野に入れましょう。

手続きは全て自分たちで行う

休日の自分の好きなタイミングで出品することができますが、購入希望者が出てくると、実車確認のための時間を双方で調整する必要があります。購入が決まった後は、支払方法を決め、口座振り込みや現金手渡しなどの方法で支払いをしてもらい、名義変更も自分たちで行います。名義変更に必要な書類は、市役所等での発行が必要なため、平日休みや土日開庁の行政センター等の利用が必要です。また、名義変更を行う陸運支局も平日しか受付していないので、平日に時間を確保する必要があります。書類不備があれば手続きが滞ってしまうので、双方が必要書類をしっかり把握しておかなければなりません。

トラブルに発展しやすい

個人売買における最大のデメリットと言っても過言ではありません。「クルマの名義変更を購入者に依頼したら、名義変更せずに乗り去られ、税金や違反金の請求書が自分に届いてしまった」というようなケースも実際に発生しています。このように、「入金されない」、「名義変更が完了されない」、「急に連絡がつかなくなった」というようなトラブルが発生しかねないのです。不安な場合は、契約書や誓約書を作成したり、手続きを行政書士に依頼するなどの対処もできますので、個人のみで完結させることに不安がある場合は、専門家の力を借りましょう。

愛車への愛着が強い方やカスタムを付加価値につなげたい人は「個人売買」がおすすめ

個人売買は、クルマ好きや中古車関係に知識のある方向けの売却方法です。「愛車への愛着やこだわりが強く、カスタム内容やメンテナンス履歴などをしっかり売却金額に反映したい人」や「次の乗り手は自分で選びたい人」におすすめです。また、「クルマの知識があり、個人間での取引にも知識や経験がある人」なら、相手と相談の上でスムーズに取引を進めることができるでしょう。

初めてクルマを売る方へ〜売却する前の見直しポイント

クルマを初めて売却するときは、何から始めれば良いのか、どんなことをすれば良いのかわからず、不安も多いのではないでしょうか。クルマを売却する方法を選んだら、査定時の対応方法や必要な書類の準備など、上手に立ち回ることができるよう事前に注意すべき点を把握しておきましょう。

こちらの記事では、査定時の対応の仕方や、査定・クルマの引き渡しに向けた準備内容、手続き内容に応じた注意事項をまとめています。あらかじめクルマの売却について知っておきたいという方は、併せて参考にしてみてください。

クルマを売却するときの注意点は?高額査定・トラブル回避・手続き・個人間売買で気を付けるべき点について

まとめ

クルマの売却方法を5つご紹介しました。それぞれにメリットやデメリットがあり、ご自身が避けたいことや乗っているクルマによって適した売却方法は異なります。売却方法を選択する際は、メリットやデメリットが自分にとって最も良いものを選びましょう。注意点なども事前に把握しておくことで、よりスムーズに手続きを進めることができます。クルマの売却は、書類の準備や査定での営業マンの対応など大変な面もありますが、満足のいく売却取引を行うために、ぜひ役立ててください。