【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

水没車も買取に出せるって本当?浸水度合いで見るおすすめの売却業者と少しでも高く売る方法を紹介

最近は日本を襲う豪雨被害が激しさを増しており、不運にも水害によりクルマが水没してしまうトラブルが多く発生しています。自宅の庭の駐車場や、月極駐車場で豪雨被害に合い、不幸にも水没してしまった場合、クルマの処分は廃車しかないと諦めている人は多いのではないでしょうか。しかし、水没車は売れるのです。しかも水没の程度によっては、中古車として再販されているのをご存じでしょうか。そこで、水没車を売却する方法や少しでも高く売る方法について詳しく解説しています。

水没車も売却可能!廃車に出さず、買取で現金化しよう

水没車は、売れないから廃車にするしかないと思っている人も多いでしょう。確かに水没車はクルマとしての機能を果たせないので、中古車として販売することが難しいことになるでしょう。

しかし、水没車でも喜んで買取をする業者があります。

そこで、水没車を廃車に出さずに現金化できる方法を詳しくご紹介します。

水没車の定義をまず整理しよう

水没車とは、水に浸かったクルマと理解している人は多いでしょう。しかし、同じ水に浸かったクルマには、冠水車や水害車といった呼び方があります。

基本的に、冠水車とは完全にクルマが水に浸かった状態を指し、水害車は水がフロアに少し入ってきた程度のことを指します

この呼び名の違いには、その状態によって意味に違いが出てくるのが通常です。ただし、クルマ業界では、水が少しでも車内に進入した水害車であれば水没車もしくは冠水車と呼び、また逆に少ししか水に浸水していなくても水害車と呼びます。

このように、クルマの場合は水害車や冠水車のことを全て水没車として呼ぶことが多くなっており、言葉からクルマがどの程度浸水したのかはわからないでしょう。また、業者によって水没車ではなく冠水車や水害車と呼ぶこともありますが、基本的に全て水没車扱いです。

軽微な水没車は中古車として普通に売れる

水没車であっても、車内に浸水した状態が軽くて走行に支障が無い程度のクルマもあります。そういったクルマは、水が引けばエンジンも掛けることができ、普通に走行できることも多く見受けられます。

このようなクルマは、そのまま所有者が乗り続けることもありますが、走行に支障が無いことから、そのまま中古車買取店で販売されることも珍しくありません。

これには、中古車の表示に水没車の表示義務が無いことが、水没車を中古車として販売する原因になっています。しかし逆に、走行に支障が無い水没車を売りたい人にとっては、かなり朗報と言えるでしょう。というのも、動けば一般の中古車買取で査定がしてもらえるからです。

エンジンが始動して内装もキレイなら中古車として商品価値がある

水没車で、フロアに少し浸水した程度であればエンジンも始動し、車内に泥汚れも付いていないことがほとんどです。仮に少し泥汚れがカーペットに付着しても、掃除すればすぐに綺麗になることでしょう。

このように軽微な水没車は、一般の中古車と見た目も機能も変わらないことが多く、中古車としての商品価値があるので買取も行われます。

ただし、後から電装系に故障等が発生してトラブルになりかねません。そこで売却時には、水没をどこまでしたのか査定士に正確に伝える義務があります。

\ 水没車は処分するより廃車買取がお得! /
【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

ひどい水没車でもパーツとして流通できるので売却が可能

クルマのルーフまで浸水し、全ての機能が故障している水没車なども、パーツとして流通させることができます。この場合には、たとえエンジンがかからなくても、あるいはクルマのスイッチが入らなくても、なんら問題ありません。

それは、クルマをリサイクルパーツとして販売できるからです。

人気車種はエンジンがかかれば海外に輸出して再販される

水没車の中には、かなり水没したクルマでもエンジンが始動することもあり、それほど珍しくありません。これは、実際に業者のオークション会場でよく見られる光景ですが、海外で人気の水没車の周りには、外国人バイヤーの姿を多く見かけます。

外国人バイヤーにとって、水没車であってもエンジンさえ始動してアクセルを踏んでエンジンが問題なく吹き上がれば、なんら問題ないと考える人が多くいます。そのため、水没車のエンジンを始動してアクセルを大きく吹かす外国人の姿を、オークション会場でよく見かけます。

外国では、品質の高さから日本車の人気が高く、日本ならジャンク品扱いとなるような水没車も、特に新興国では高値で販売することができます。

新興国で水没車が高値で販売される背景には、現地の安い工賃で修理が可能であるというメリットがあるからです。水没していたとしても、人気のある日本車がエンジン始動すれば、他の快適装備が故障していても問題ありません。大げさに言えば、ライトが点かなくても関係ないのが新興国です。

このように、水没車でも外国に輸出する販売経路が太く開かれているので、かなりの国産水没車は買い取られて海外に輸出されます。

ダメージが無いパーツはリサイクルパーツとして人気

水没車は、事故ダメージと異なりボディにキズが無いことがほとんどです。また、走行装置となるサスペンション(クルマの走行中の衝撃を緩和するパーツ)やドライブトレーン(エンジンの動力をタイヤに伝えるパーツ)なども、問題なく使えることがほとんどです。

このようなパーツは、丁寧にクルマから外されてキレイにしてからリサイクルパーツとして販売されます。よく、ネットオークションで中古パーツの販売を見かけますが、その中には水没車のパーツが多く含まれています。

水没車だから全く価値が無いのではなく、水没車だから価値を見出せる販売方法が今は確立されています。そのため、水没車だから売れないだろうと決めつけるのは早いということです。

\ 水没車は処分するより廃車買取がお得! /
【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

買取に出せば廃車処分費用がかからない

水没車は、買取に出せば廃車しかないと言われることがほとんどでしょう。そして挙句の果てに、廃車処分料が発生するとまで言われてしまいます。

しかし、水没車を専門に買い取る業者にとっては宝のクルマにしか見えません。その専門業者は廃車買取専門業者です。

廃車買取専門業者に相談すれば、水没車を適正に査定してもらえ、買取店で廃車手数料を取られるようなクルマに価値が生まれて、現金化することが可能となるでしょう。そして、仮に現金化が難しいクルマでも無料で引き取りを行ってもらえるほか、廃車手続きも全て廃車買取業者に無料で行ってもらえることが多くなっています。

水没車はどこの業者に売却すればいい?

ここまでの説明で、水没したクルマの状態によって、どこに売却するのが良いのか迷う人も多いでしょう。

水没車の売却先には、中古車買取店と廃車買取店の2種類の業者を選ぶことができるので、どちらが得なのかで悩んでしまう人も多いはずです。そこで、水没車を売却する2つの方法の見分け方をご紹介します。

水没の程度に応じた適する売却先
  • 床下浸水なら買取業者や中古車ディーラーへ査定申し込み
  • 床上浸水したら廃車買取に相談

【売却先1】床下浸水なら買取業者や中古車ディーラーへ査定申し込み

クルマの床下ギリギリまで浸水し、フロアカーペットが少し濡れた程度の場合なら、エンジンが問題なく始動することも多いでしょう。また、このように浸水が軽微な場合は、快適装備にも問題がない場合がほとんどなので、中古車として販売できます

そこで、フロアカーペットが少し濡れる程度までの浸水であれば、一度中古車買取店に査定を依頼してみると良いでしょう。

その査定時に、どこまで浸水したのかを正直に話しても問題なく、査定後に売却することができるのなら、中古車買取店に売却をするべきです。しかし、クルマの機能に問題がないのに、浸水の話をした途端に買い取れないと告げられて廃車手続きを勧められたら、直ぐに違う買取店に査定を依頼しましょう。

買取店の中には、水没車を中古車として流通させているのに、ユーザーがその知識が少ないことから、廃車を勧めることで大きな利益を生み出そうとする悪徳業者も少なからず存在します。水没車を中古車買取に査定依頼する時には、必ず複数の業者に依頼することが基本です。

\ ネットで簡単、最大30社の一括査定! /
【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

【売却先2】床上浸水したら廃車買取に相談

水没車には、フロアまで浸水してもエンジンが始動して普通に動くことができるクルマもあります。しかし、フロア内まで浸水したクルマは、電装品に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

車内のフロアカーペットを剥がすと、そこには多くの配線が張り巡らされています。また、助手席や運転席の足元の内装を剥がすと、そこにはエンジン・エアコン・エアバッグ・先進安全装備のコンピュータが設置されていることが多くあります。

電装品に水がかかると機能不調に陥る事はスマホと同じです。スマホも水没させると、電源が仮に入ってもエラーが頻発することはご存じでしょう。このようなことがクルマにも起こるので、床上まで浸水した水没車は基本的に中古車として流通させるにはリスクが大きく、中古車買取で断られることが普通です。

このような水没車を買い取ってもらうには、水没車や事故車を専門に買い取る廃車買取業者に相談すると良いでしょう。

廃車買取業者は、動かない水没車だけでなく、クルマの快適装備などが水没により故障したクルマの買取も行っています。

\ 事故車・低年式車・訳あり車も買取可能 /
【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

パーツ流通を見据えた買取を行うため、ひどい水没車でも買い取ってもらえる

廃車買取では、どんなにひどい水没車でも買取を行っています。例えば、泥水で車内が汚れていても問題ありません

廃車買取業者は、水没したクルマのパーツが市場でどれだけ価値があるのか、そして、そのクルマの中でリサイクルパーツとして流通できるパーツがどれだけ残っているかを査定して、買取を行います。

水没車を少しでも高く売るための方法2つ

水没したクルマが動くからと乗り続けることは、得策ではありません。というのは、現代のクルマは電装品を多く使用しているので、水没の影響でいつ故障するかわからないからです。

そこで、水没車を少しでも高く売るための方法を3つご紹介します。

水没車を少しでも高く売るための方法
  • 水没したら、できるだけ早く売却する手続きを
  • 中古車買取で水没車と知られて買取拒否されたら廃車買取へ
  • 廃車買取は複数の業者に査定依頼を

【方法1】水没したら、できるだけ早く売却する手続きを

水没した車両を高く売却したいのなら、出来るだけ早い売却をおすすめします。特に動く水没車を所有しているのなら、なおさら早く売却手続きに踏み切ったほうが良いでしょう。

動くからと、自分で乗り続けても問題ありませんが、水没したクルマはいつ故障してもおかしくありません。動くうちであれば、中古車買取で高く売却できますが、動かなくなれば廃車買取しか残されていません。確かに廃車買取もクルマを現金化できますが、動くクルマに比べたら、その金額は数十分の1の査定金額しか付かないこともほとんどです。

走行可能でも、水没したクルマの傷みは進んでいる


水没したクルマは、走行可能で快適装備が普通に使えたとしても、時間とともに傷みが進行していることが多く見られます。

まず、クルマは鉄で出来ていることを忘れてはいけません。フロアカーペットの下に水分が残っていれば、いずれ錆の発生につながるでしょうし、電装品の配線に水分が残っていれば、配線を腐食させ電気が流れなくなる恐れがあります。

そこで、水没したことによって問題が生じるクルマは、問題が発生する前に出来るだけ早く売却手続きすることが、高く売る秘訣です。

水没車が走行可能だからと乗り続けると様々な不具合が起きる可能性が

慣れ親しんだ愛車が水没しても、軽微な場合は問題なく使用できることがあります。その場合は、慣れ親しんだクルマなので手放すのをためらい、そのまま乗り続ける人もいることでしょう。

しかし、水没車はいつ故障するかわからない怖さがあります。また、その原因を突き止めるのにも非常に困難を極めることが多く、修理には多額の費用が必要になることも珍しくありません。

そのため、長く乗り続けているうちに、いろいろな箇所に不具合が発生する可能性があります。このように、水没車にはトラブルが付きものという認識によって、中古車買取では査定を行ってもらえません。慣れ親しんだ愛車でも長く乗ることはせず、出来るだけ早く中古車買取に出すことが、高く買い取ってもらえる方法です。

【方法2】中古車買取で水没車と知られて買取拒否されたら廃車買取へ

中古車買取に査定を依頼したら、水没車と指摘されて買取拒否されることも少なくありません。水没車は、中古車として販売するリスクが大きいことから、買取に消極的になる業者も多く見られます。

そこで、水没車で買取業者に断られたら、廃車買取専門業者に相談しましょう。廃車買取業者では、動く水没車はもちろん全く機能しない水没車でも買取しています。

また、廃車買取では、動く水没車は海外に販売する流通ルートがあります。そのため、中古車買取で水没車を買い取ってもらうより、高値を提示されることもあるでしょう。

中古車買取で断られた場合や、水没車だからと相場より大幅に安い査定額を提示された場合には、廃車買取に相談すると思わぬ高値で買い取ってもらえることもあります。

【方法3】廃車買取は複数の業者に査定依頼を

廃車買取業者は、中古車買取に査定依頼を出す時と同じく、複数の廃車買取専門店に査定依頼すると良いでしょう。

中古車買取では、査定額を見比べて互いに競争させることで値段を吊り上げる手法を用いて、高値売却する方法を取ります。しかし、廃車買取では少し方法が異なります。というのも、廃車買取では扱う廃車の流通経路に得意な分野が決まっているからです。

\ 事故車・低年式車・訳あり車も買取可能 /
【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

廃車買取では得意なパーツ流通経路がある

廃車買取は、どこも同じではありません。というのも、扱うクルマのパーツ販売に得意分野があるからです。

どういうことか説明しますと、クルマはエンジンパーツ、足回りパーツ、ボディパーツ、車内パーツなどに分かれますが、これらのパーツを中古として販売するのに得意な販売経路を、それぞれの廃車専門業者が持っているからです。

例えば、エンジンパーツを得意とする廃車買取専門業者に、エンジンが動かない水没車を査定依頼しても、その価値を見出すことができずに、安い金額で買い取られてしまうでしょう。

しかし、外装パーツを得意とする廃車買取専門店であれば、水没車の価値を知っているので、高値で買い取りしてもらうことが可能です。

このように、廃車買取専門店には得意な販売経路があるので、事前にどのようなパーツに強い廃車買取なのかを調べると良いでしょう。また、パーツについて知識がない人は、廃車買取業者の中から水没車を扱う業者を選定して査定を行うのも有効です。

まとめ

水没車は、売れないクルマではありません。クルマの状態にもよりますが、販売経路は一般の中古車買取を使えるほか、不動車などを扱う廃車買取専門業者も売却先として選ぶことができます。

しかし、水没車は走行できたとしても、傷む速度は通常より早いことが多いです。そこで、愛車が水没してしまったら、できるだけ早く売却することが高く売るための秘訣です。そして、多くの中古車買取店や廃車買取店で査定することで、高く売る買取店を見つけることができるでしょう。