【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

カーセンサーの一括査定は安心できる?優良買取店に出会うコツと電話を止める方法を売却体験談をもとに伝授!

クルマの売却で査定の依頼先を調べていると、誰しもが辿り着く「カーセンサー」の一括査定。しかし、「有名なのは判るけど実際のところどうなの?他の一括査定と何が違うの?」と心配に感じたり、疑問に思ったりするのは、当然のこと。なおさらご自身の大切な愛車を手放すことになるだけに「きちんとした査定サービスを利用したい」と思うのではないでしょうか。

この記事では、カーセンサーとは信頼できるサービスなのか、そして他社サービスとの違いや、このサービスを使うメリットをお伝えします。また、実際に利用した時の体験談、申込から売却までの流れのほか、サービスを利用する前の予備知識についても詳しく解説してまいりますので、ぜひ最後までご覧ください。

もくじ

カーセンサーの一括査定を利用するメリットは?他社サービスと比べ何が違う?

まず「カーセンサーの一括査定が他と比較して何が違うのか?」という疑問を解消しておきましょう。

他のクルマ一括査定とは一線を画す、カーセンサーの大きな特徴として、次の4つが挙げられます。

【カーセンサーの大きな特徴】
  • 最大30社を同時に一括査定できる
  • 提携業者数1,000社以上と一括査定業界最大級
  • 電話営業なしでメール対応を希望できる
  • クルマ一括査定の運営事業者最大手という安心感

最大30社を同時に一括査定できる

カーセンサーのクルマ一括査定の最大の魅力は、ズバリ、最大30社まで同時に一括査定ができるという点です。同業他社の一括査定は概ね10社までが限度となっており、その差は歴然。一括査定の最大の目的は、クルマをできるだけ高値で買い取ってもらうことであり、そのためにはできるだけ多くの買取店に査定価格を提示してもらうことが大前提になります。その役割を果たしてくれるのが、カーセンサーの一括査定ということになります。

提携業者数1,000社以上と一括査定業界最大級

カーセンサーが提携する業者の数は1,000社以上あり、通常のクルマ一括査定の運営事業者のなかでは最大級を誇ります。提携する業者数が多いということは、それだけ査定をしてもらえる買取店が必然的に多くなり、出張査定をしてくれる地域も他社に比べて拡大するという証でもあります。

電話営業なしでメール対応を希望できる

クルマの一括査定につきものの電話営業。査定の日時や場所を決める際に必ず個人情報が必要になりますが、その電話営業を軽減する一つの方法として、メール対応を希望する旨を伝える方法があることもカーセンサーの特徴です。電話営業なしでメール対応を希望する方法は、この記事でも詳しく解説していますので、ご参照ください。

カーセンサーの電話を止める方法は?

クルマ一括査定の運営事業者最大手という安心感

中古車情報誌として名を馳せたカーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズによるクルマ一括査定サイトの運営事業者としても有名で業界最大手となります。また、会社の規模はもとより、中古車市場で安心した取引ができるよう業界の健全化を目指すJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟しているという点でも安心感があります。

カーセンサーの一括査定を利用したときの体験談

僭越ながら、この記事を書いている小生が4年前にカーセンサーの一括査定を実際に利用したときの体験談を交えながら、良かったことや失敗したことをお伝えしたいと思います。少しでも、皆様がこれからカーセンサーの一括査定を利用される際の参考になれば幸いです。

迂闊に申し込んだら電話ラッシュに悩まされた

ある仕事休みの土曜日に、クルマの査定を依頼するために一括査定サイトを検索していたところ、最初に辿り着いたのがカーセンサーでした。画面も見やすく申込フォームも扱いやすかったため、サクサクと入力したのを覚えています。カーセンサーという知名度から湧き出る安堵感や査定依頼先の多さに魅力を感じつつ、他の一括査定サイトとの比較もしないまま、躊躇することなく迂闊に申し込んだのが全ての始まりでした。

申込を完了させた直後、クルマの必要書類をチェックしておこうと携帯を部屋に置いたまま駐車場まで10分ほど往復して戻ってきたところ、鬼のような着信履歴が…30秒おきぐらいの間隔で20回以上もしかも、全て同じ番号でした。なんだか末恐ろしいものを感じ、この電話番号の着信に出るのは控えておこうという感情が芽生え放置していました。さらに数分ほどすると、査定依頼を申し込んだ他の買取店から次から次へと電話が鳴り続け、順次、査定の予約を入れていきましたが、通話中にも鬼電主からの着信は続きました。

査定予約のやり取りが落ち着き始めた頃に、ようやく最初に掛かってきた鬼電主からの着信に応対すると、その買取店がG社ということが判明しました。業界最大手というだけあって流石だなと思うと同時に、すっかり心証を悪くすることになりました。ただ、この一件については、電話に応対しなかった私に非があるところであり、着信拒否をせずに速やかに応対すべしという教訓を植え付けられる結果になりました。

結局、辟易とさせられた電話ラッシュのおかげで、一括査定を申し込んでから、全部で10社の買取店と査定のアポイントを取り終えるのに1時間ほどで完了するという早業でした。その頃、カーセンサーの一括査定申込フォームに、メール対応を希望できる入力欄があったかどうかは定かではありませんが、事前に一括査定がどういうものなのか、利用する際の注意点などを把握した上で申し込んでさえいれば、このような電話ラッシュに悩まされるようなこともなかったことを思うと、自身の未熟さを恥じるしかありませんでした。

【ポイント】
電話ラッシュが嫌な人は、必ず「メール対応希望欄」にチェックを入れよう!

査定士はクルマに詳しい人からそうでない人まで十人十色

当時、10年落ちだったにも関わらず、地下駐車場で保管していたため、まるで新車のような輝きを放っていた自慢のアルファロメオ159SW。クルマを大切にしてきたという思いと、査定の評価を下げさせてなるものかという思いから、ガラスコーティングまでして臨んだ実査定。しかし、その思いが伝わった査定士は、たったの独りだけでした

殆どの査定士は、マニュアルに沿って淡々と査定をこなすだけで、クルマについて語り合うことはありませんでした。

年齢的には20代から50代と買取店によって様々で、なかには査定士1年生で、いかにも自分の裁量で査定価格を決定する権限を持ち合わせていないような方もいれば、交渉すれば応じてくれそうな管理職クラスの方まで、まさに十人十色でした。そのなかで、唯一いかにもクルマ好きというオーラを出していた査定士の方に、クルマを大切にしていたという思いが伝わり、クルマの価値も理解してくれていました。

売却しようとしていた愛車は全国的にも個体が少なく、良く言えばレア車、悪く言えばマニアック車というポジションで、売りやすさと売りにくさが共存するクルマでした。ただ、自分の中での売却OK価格を達成するには、このクルマの価値や魅力を理解してくれる人でない限り、高い査定価格は提示されないものと確信していました。案の定、最も高い査定価格を提示してくれたのが、この理解ある査定士でした。

なんと、査定価格に60万円もの開きが!

10か所の買取店から提示された査定価格は、なんと、60万円から120万円と60万円もの開きがありました。予想していた通り、査定士1年生からの回答が60万円で最も低く、愛車の価値を理解してくれた査定士が120万円と最も高く評価してくれました。これだけ査定価格に差が生じるとは想定外でしたが、事前に買取相場価格を調べて、自分の中の売却OK価格を設定していただけに後悔することなく契約に至りました。

しかし、120万円で買い取ってもらえると想定していた価格に対して、60万円や70万円という評価をされたときは、正直ショックでした。買取店側のスタンスや利益確保という観点から差が生じるのは理解できますが、ここまで査定価格が乖離すると、査定の基準に疑問を感じる部分もあります。結局、高値で買い取ってくれる買取店は、そのクルマの価値を理解していて、高値で売る自信がある証拠でもあります。そのため、安い査定価格を提示された場合は、クルマの価値を理解していないものとして、軽く受け流すようにしていました。

ちなみに、最終的に10か所の買取店から査定価格の提示を受けましたが、全て口頭による回答だったことも印象に残っています。買取見積書など書面でもらうという発想は全くありませんでしたが、どこの買取店がいくらだったのかということを貰った名刺にでも書き込んでおかないと分からなくなる恐れがありました。査定価格が日々変動することを理由に、買取店からの査定価格の提示は口頭で行われるのが通例となっていますが、出来れば書面による提示にして欲しいものです。

10店舗に申し込み、休日は査定だけで終わったが得るものは多かった

クルマの一括査定を初めて利用した休日は、結局のところ査定の対応だけで終わってしまいました。安易に申し込んでしまったこともあり、朝から電話の応対に追われ、査定日時の調整から実査定と、休日らしい雰囲気を味わうこともなく、あっと言う間に1日が過ぎました。買取店を10か所全部選択したのがそもそもの発端ですが、全く後悔していません。むしろ、後悔せずにクルマを売却できた理由はここにあると思っています。

自分の価値基準で、買取店を選択して絞り込むのも否定はしませんが、選択から外した買取店の査定価格の結果は査定を受けてみないことには誰も分かりません。それは、ネット上で確認できる買取相場価格ではなく、生身の人間が査定するからであり、そのクルマを査定する査定士の価値基準に依存する部分が多いからです。

【一括査定の経験から学び取ったこと】
  • 自分の中の売却OK価格を設定するために買取相場価格を調べ上げる
  • 愛車を大切にしてきたという思いを伝えて査定士の心象を良くする
  • クルマの価値を理解してくれる査定士に、いかに巡り合えるかということが、高額査定を引き出すための最大の課題

とどのつまり、高額査定を引き出すための最大の課題をクリアするための近道は、いかに多くの買取店に査定をしてもらうか、ということに尽きます。

カーセンサーの一括査定/申込から売却までの流れを解説

ここでは、カーセンサーの一括査定を利用する際の申込フォーム入力から売却そして入金までの流れについて、詳しく解説いたします。

STEP.1
【一括査定申込スタート】
STEP.2
【クルマの情報を入力】
STEP.3
【詳細情報を入力】
STEP.4
【任意項目や車の型式などを確認】
STEP.5
【個人情報の入力後に買取店をチェック】
STEP.6
【任意項目の売却希望時期は最重要】
STEP.7
【電話またはメールで査定の日時を決定】
STEP.8
【査定士による実査定】
STEP.9
【査定価格に納得できなければ交渉】
STEP.10
【価格を比較して満足できる店舗と契約】
STEP.11
【クルマを引き渡したら入金を待つのみ】

一括査定申込スタート!

パソコンやタブレットをご利用の場合は、まずカーセンサーのウェブサイトのトップページにある「車買取」を選択して、一括査定の申し込みをスタートさせましょう。ちなみにスマホの場合でしたら、おそらく「車買取・車査定」と表示されています。

クルマの情報を入力

まず、トップページにある「90秒で終わるカンタン入力申し込みスタート」ボタンを押してください。次に、売却を検討しているクルマの情報「メーカー・車種・グレード」「年式」「走行距離」に関して該当するものを選択しましょう。なお、年式や走行距離が不明でも、おおよそでOKです。この段階では査定に影響することはありませんので、ひとまず入力して先に進みましょう。

詳細情報を入力して高額査定のチャンスを上げよう!

次のステップでは、「次回の車検時期」「本体色」「事故歴」「車の状態」を入力します。

「次回の車検時期」が不明の場合は、車検証の「車検期間の満了する日」を確認して入力しましょう。また車検が切れている場合は、「車検なし」にチェックしましょう。

「本体色」が不明の場合は、近い色でOKです。「事故歴」については、所有しているクルマが中古車や譲り受けた車で事故歴が分からない場合、ひとまず「なし」にチェックを入れておきましょう。ただ、事故歴があるにも関わらず、「なし」と虚偽の入力をすることは控えましょう。「車の状態」で該当するものにチェックを入れましょう。

ここまでは、全て必須項目になりますので、入力されていない項目があると次のステップに進めません

ここでチェック!「任意項目・車の型式など」を確認

先ほどチェックした「車の状態」欄の下に記載されている「任意項目・車の型式など」という文字を押してみましょう。そうすると、「型式」、「装備」、「その他」の入力欄が表示されます。あくまで任意項目ですので必須ではありませんが、伝え漏れを防ぎ、査定をスムーズに行うためにも、できるだけ入力しておきましょう。

「型式」は車検証に記載されていますので、確認の上で入力しましょう。「装備品」も査定に影響する部分になりますので、判る範囲で入力しておきましょう。「その他」の部分は、自由に入力できるようになっていますが、「装備」欄でチェック項目がなかったオプション装備品やアピールポイントを200文字以内で入力しておきましょう。

なお、欄外に「自動車リサイクル料金を預託済の場合は、その旨を明記ください」とありますが、不明の場合は入力しなくてもOKです。ちなみに、自動車リサイクル料金について詳しく知りたい方は、環境省のウェブサイトをご参照ください。

環境省(知っておきたい自動車リサイクル法)

個人情報を入力して、最寄りの買取店をチェック!

次に、「名前」「フリガナ」「お住まいの地域」「電話番号」「メールアドレス」といった個人情報を入力しましょう。全て必須項目となっていますので、入力されていない項目があると査定の申し込みが出来ません。ちなみに、郵便番号を入力すると、査定依頼可能な店舗が一覧で表示されます。表示された全ての買取店に査定を依頼することをお勧めしますが、もし、査定を依頼したい買取店を絞りたいときはチェックを外しましょう

ここで注目!「任意項目:売却希望時期」のボタンを見逃すな!!

カーセンサーの一括査定を申し込む際に、最も重要ともいえるのが今回のパートになります。「メールアドレス」入力欄の下に「任意項目:売却希望時期など」とありますが、カーセンサーの一括査定の大きな特徴でもあり、快適に査定依頼を進める上で重要な部分になります。

一括査定で特にクレームの多い電話営業を避けるための方法として、「連絡希望時間帯」の欄に、今後の連絡についてメール対応希望である旨をしっかり伝えておくことが鍵になります。電話不可、メールのみ希望と記載しても、買取店にうまく伝わらず電話がかかってくるケースもありますが、どうしても電話でのやり取りを避けたい方は、しっかりとメール対応を希望する旨を記載しておくことが肝心です。

電話またはメールで査定の日時を決めよう

依頼した買取店から、電話またはメールで連絡が入りますので、査定の日時を決めていきましょう。ここで押さえておきたいポイントは、査定の日時が重ならないように調整することです。同じ時間帯に来てもらって、同時に査定してもらうほうが効率的のようにも思えますが、顔見知り同士の査定士による談合を誘発する可能性もあるため、査定の日時は間隔をあけて調整するようにしましょう。

また、査定をしてもらう場所は、自宅だけでなく、臨機応変に対応してくれますので、希望する場所を伝えましょう。

査定士による実査定をしてもらおう

査定を受ける前に、車検証や定期点検整備記録簿などの必要書類は、直接手渡すか助手席など目に留まりやすい場所に置いておきましょう。査定士によって若干差はありますが、実査定に要する時間は約30分程度です。修理歴や事故歴の確認のほか、査定を申し込んだ際に入力した項目についても確認や質問をされる場合もあります。あとは特にすることもなく、只々査定の結果を待つだけとなります。

査定価格に納得できなければ交渉も

査定が終了すると、殆どの場合はその場で査定価格の提示があります。もし、納得のできる価格でなければ交渉してみるのも一つの方法です。なかには、あらためて電話による回答となる場合もありますが、トラブルを避けるためにも、可能な限り、買取見積書など書面で提出してもうらことをお勧めします。書面で提出してもらえない場合は、名刺などに査定価格を書き留めておくようにしましょう。

査定価格を比較して満足のいく価格なら契約へ

各買取店から提示された査定価格を比較して、満足のいく査定価格を提示してくれた買取店があれば、契約の手続きとクルマの引き渡し日時決定のステップへと進みましょう。もちろん、満足のいく査定価格が無ければ、クルマを売却する必要はありません。もし、しつこい電話営業があっても、キッパリと断りましょう。

クルマを引き渡したら、入金を待つのみ

クルマの引き渡しが完了したら、あとは振り込まれる入金を待つのみとなります。売却代金の入金日は、買取店によって異なりますので、いつ振り込んでもらえるのか、入金日の確認も忘れずに行いましょう。

カーセンサーの一括査定を利用する前の予備知識

ここでは、カーセンサーの一括査定を利用する前に知っておきたい予備知識についてまとめています。思いも寄らぬトラブルや失敗を未然に防ぐためのポイントとして、以下の6点が挙げられます。

【トラブルや失敗を未然に防ぐためのポイント】
  • 任意項目を入力すれば煩わしい電話は避けられる
  • 査定の対応に丸一日かかることも想定しておこう
  • 後悔しないためにもできるだけ多くの買取店に査定を依頼しよう
  • 査定をしたからといって必ずしもクルマを売却する必要はない
  • 一括査定依頼後でもキャンセルは可能
  • 契約後のキャンセルは買取店によって対応が異なる

任意項目を入力すれば煩わしい電話は避けられる

カーセンサーの一括査定を利用して、しつこい電話営業に悩まされる人の口コミが散見されますが、申し込みの際に任意項目の入力をスルーしている可能性が考えられます。電話ではなくメール対応希望と記載していても電話がかかってくるケースもありますが、少なくとも希望を記載しなかったときに比べて、煩わしい電話の数は軽減されるはずです。

査定の対応に丸一日かかることも想定しておこう

一回の査定に要する時間が約30分とはいえ、10店舗ほどの買取店に査定を依頼すると、丸一日を査定に費やすことにもなりかねません。そういったことも想定して、一括査定の申し込みをするタイミングや査定依頼の日時設定は慎重に行いましょう。

後悔しないためにもできるだけ多くの買取店に査定を依頼しよう

複数の買取店から査定価格を提示してもらうことで比較できることが、一括査定の最大のメリットです。仮に査定依頼先が10店舗あった場合に、とくに根拠もなく買取店の数を絞ってしまうのでは、あまり意味がありません。後悔しないためにも、できるだけ多くの買取店に査定の依頼をして、査定価格の比較ができるように心掛けましょう

査定をしたからといって必ずしもクルマを売却する必要はない

査定価格に納得できなければ、クルマを売却しなくても問題ありません。また、クルマを売却する予定がなくても、査定だけを依頼することも可能で、殆どの買取店では快く引き受けてくれます。便利な一括査定のメリットを事前に把握して、サービスを活用しましょう。

一括査定依頼後でもキャンセルは可能

一括査定を申し込んだ後や、実査定の日時を設定した後でもキャンセルは可能です。ただ、買取店側に迷惑が掛からないよう、キャンセルしたい場合は、速やかに連絡するようにしましょう。

契約後のキャンセルは買取店によって対応が異なる

諸事情により、クルマの売買契約を結んだ後、どうしてもキャンセルをしたいといったケースもあるかもしれません。買取店によって、キャンセルが発生した場合の対応が異なるため、まず売買契約書のキャンセルに関する規約を確認して、その上で買取店に連絡を入れましょう。もし、キャンセル不可という内容になっていたとしても、諦めずに相談してみましょう。

まとめ

カーセンサーは、クルマ一括査定の運営事業者最大手という安心感に加えて、提携している買取店が多いため、査定の依頼ができる数も多いのが最大の魅力です。そのため、できるだけ多くの買取店から提示された査定価格を比較検討して高値売却を図ることが、サービスを賢く利用するためのポイントになります。

また、一括査定の申込の際に任意項目をしっかり入力しておけば、煩わしい電話営業も回避できます。そういったカーセンサーの一括査定を利用する際に押さえておきたい予備知識を事前に知っておくことで、快適なサービスの利用に繋がります。

一括査定の王道と言っても過言ではないカーセンサー。もし、一括査定の申し込み先に迷っているなら、自信を持ってカーセンサーを推奨いたします。