クラシックカー(旧車)を売るなら委託販売がおすすめ!希少価値を理解してくれる優良買取店の見極め方

クラシックカーのおすすめ売却法を徹底解説!

クラシックカーといっても、その捉え方は千差万別。日本ではクラシックカーという言葉そのものに明確な定義づけがされていないため、単なる旧年式の車をクラシックカーと同義に扱って集客をしている買取店も多数存在します。そのため、なかなか目的の買取店に辿り着けないといったユーザーが多いようです。

ただ、クラシックカーを売却するための最善策は買取ではなく、希望価格でクルマを売ることができる委託販売、個人売買という方法です。そこで今回、最も推奨する委託販売や個人売買の方法、また、良いクラシックカー専門買取店の見極め方など、クラシックカーを売却する際に役立つ情報についてまとめてみました。

この記事を読み進めていただければ、満足のいくクラシックカー売却が実現できるものと思いますので、是非参考にしてください。

もくじ

クラシックカーを買取に出す前に押さえておくべきポイント2つ

まず、クラシックカーを買取に出す前に押さえておくべきポイントについて確認しておきましょう。何よりも大切なことは、最もクルマの価値を理解している相手に売却すること、そして、自分が設定した希望価格で売る方法を試してみることです。

これら2つの方法を実践することで、高値売却のゴールへかなり近づくことができます。それでは見てまいりましょう。

①クルマの価値を一番理解してくれる相手に売却すること

クルマを少しでも高く売るための最善策。それは、売ろうとしているクルマの価値を一番よく理解してくれている相手に売却することです。これは、クラシックカーに限らず、どんなクルマの場合にも当てはまります。

その相手というのは買取店だけでなく、個人のケースもあります。例えば、メルセデスベンツのクラシックカーを売りたい場合は、そのクルマの価値の最大の理解者は、メルセデスベンツのクラシックカー専門店であり、エンドユーザーということになります。

クラシックカーは、根本的に個体数が少なく希少車であるゆえ、欲しい人にとっては宝物でもあり、お金に糸目をつけず大枚をはたいてでも手に入れたいといった存在にもなり得ます。そのため、個人であれ業者であれ、保有しているクルマの価値を最も理解してくれている相手に売却することが高値で買取ってもらうための最大のポイントになります。

これはクラシックカーに限らず、一般のクルマにも言えることですが、査定のマニュアル通りに査定したり、当該のクルマに詳しくない相手にいくら査定をしてもらったりしても、高く買取ってくれるはずはありません。これまで大切にしてきた愛車を手放すにしても、自分と同じくらい大事に乗り継いでいただける相手に譲りたいものです。

②後悔しないためにも、まず希望価格で売る方法を試してみること

クルマを売るときの最大の目的は、少しでも高く買取ってもらうことですが、もし、自分が設定した希望価格でクルマを売ることができたら理想的だと思いませんか?

クルマを売る方法は買取が全てではありません。相当なお金を投資してメンテナンスし続けてきたクラシックカーだからこそ、絶対に後悔しない方法で売却したいところです。

ですから、買取という方法で売却する前に試すべきこととして、まずは希望価格で売ろうと試してみることが大切です。

買取店での売却はあくまで最後の手段

次に詳しく紹介しますが、自分の希望価格で売る方法としては、委託販売や個人売買が考えられます。買取店での売却は、こうした方法で買い手が見つからなかった時点で考えればいいのです。

ただし、買取店といってもクラシックカーを専門に扱う買取店のことであって、クルマの一括査定はお勧めしません。もちろん、ディーラーでの下取りは論外です。

クラシックカーを売るならこの方法!おすすめの売却法3つ

では、クラシックカーを希望価格で売却できる方法として具体的に何があるのかというと、以下に掲げた3つの方法が考えられます。

  • 委託販売
  • 個人売買
  • イベント出品

①委託販売

クルマの委託販売というのをご存知でしょうか?平たく言えば、個人売買を業者(買取店兼販売店)に仲立ちしてもらうのが委託販売になります。クルマの売却と言えば、下取り、買取、オークション、個人売買と大きく4つに分類されますが、委託販売が5つ目の売却方法とも言えます。

この委託販売の最も大きな特徴は、販売価格を自分で設定できることです。ただ、設定できるとはいえ、販売してもらう店の看板を借りて売却してもらうことになるため、法外な価格を設定することは販売店のイメージを損なう恐れもあることから、価格設定のすり合わせが必要になります。

この記事を書いている小生も、この委託販売をクラシックカー専門の買取店に依頼して、希望通りの価格で販売してもらった経験があります。結果的に購入したときの価格よりも高く売ることができたので、とても満足しています。

クラシックカーの委託販売におすすめの専門店2選

それではここで、委託販売が可能なクラシックカー専門店を2つご紹介いたします。

委託販売可能な販売店
  • VINTAGE SHONAN
  • Classic House VINTAGE
「VINTAGE SHONAN」

良質なクラシックカーの販売を行っているヴィンテージ湘南は、販売車両の6割が委託販売という実績の持ち主。取り扱っているクラシックカーは欧州のメルセデスベンツやポルシェ、フェラーリといった名車ばかりで、販売中のクルマは、殆どがASK販売、つまり応相談による販売となっています。(ASKの読み方:あすく/価格はお尋ねくださいという意味で、あえて価格を表示しないときに用いられる表記です)

当然、在庫のクルマは屋内保管となっていて、信頼できるクラシックカー専門店の証でもあります。店の名の通り、場所は神奈川県の湘南となっておりますが、遠方の場合は出張買取などを相談してみるのも一つの方法です。

VINTAGE SHONAN公式サイトはこちら

「Classic House VINTAGE」

続いての紹介は、Classic House「VINTAGE」という、主に国産車のクラシックカーを専門に取り扱う買取店兼販売店になります。こちらの店でも委託販売を行っており、有料ですが出張査定も行っています。自社工場でメンテナンスのみならず、レストアをする機能を持ち合わせており、超本格的なクラシックカー専門店と言えます。

販売車両の殆どは価格応談となっており、年式の古いクルマにも関わらず1万kmにも満たない低走行車もストックしており、クラシックカーマニアにとっては生唾モノの個体が数多く常備されています。国産車のクラシックカーの委託販売を検討される場合は、お勧めの店です。

Classic House VINTAGE公式サイトはこちら

委託販売のメリット・デメリット

ここまで、クラシックカーを売るにあたって最もお勧めの方法として委託販売を紹介してまいりましたが、メリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。委託販売を利用する前にどのようなデメリットがあるのか、メリットと合わせて確認しておきましょう。

【メリット】販売店のお墨付きで委託販売してもらえる

クラシックカーの委託販売を引き受けてくれる買取店兼販売店の多くは、これまで委託販売で数々の実績を積まれているものと思われます。そういった実績を信頼して検討確度の高い上質な顧客が自然に集まり、あまり労力をかけずに販売できるといった特徴を併せ持っています。

そういった店が販売するクラシックカーには、信頼感と安心感のほか、コンディションの良いクルマに間違いないというお墨付きまでもらったような感覚が備わります。そのため、半分は個人売買でありながらも、販売店の力を借りることで、よりスムーズな売却へと繋げることができます。

【メリット】手続きによる手間がかからない

その他にも委託販売ならではのメリットとして、売買にあたっての手続きによる手間がかからないという点が挙げられます。個人売買の場合は、基本的に引き渡し時に売り手と買い手が立会いの元、必要書類の手続きも売主が用意することになります。一方、委託販売の場合は、売り手と買い手が顔を合わせることはなく、売買に必要な手続きは全て販売店が行ってくれます。

【デメリット】興味を持った顧客が現れたらクルマを持ち込む必要がある

デメリットとして挙げられる1点目は、クルマを見たいという顧客が現れた場合、その都度クルマを販売店に持ち込む必要があることです。もちろん、売却されるまで販売店にクルマを預けておくのであればその必要はありませんが、売却されるまでクルマを自宅に持ち帰っている場合は、興味を持った顧客の依頼があるたびに、実車を見てもらわなければなりません。特に自宅から販売店まで遠い場合は負担が大きくなる恐れがあります。

【デメリット】手数料が取られる

当然のことと言えば当然ですが、委託販売の場合は成約した際に仲介手数料が取られます。買取店にもよりますが、概ね成約した価格の10~12%程度が差し引かれます。ただ、戦略的にそういった手数料を見越して販売価格を設定すれば、大きな負担になることはありません

②個人売買できるプラットフォームを利用する方法

もし、保有しているクラシックカーを委託販売してくれる先が見当たらなかった場合は、個人売買を検討してみましょう。個人売買は業者の指示を仰ぐ必要もなく、まさに自身の希望価格で販売することができます。そういったクルマの個人売買をアシストしてくれるプラットフォームはいくつかありますが、今回はクラシックカーに特化したサイトをご紹介いたします。

クラシックカーに特化したおすすめの個人売買プラットフォーム

エンスーの杜

エンスーの杜は、2001年にスタートしたクルマを売りたい人と買いたい人をマッチングさせる、知る人ぞ知る個人売買の斡旋サイトです。ちなみに、エンスーとは「エンスージアスト(enthusiast)」の略で、熱狂的な支持者という意味です。クラシックカーの個人売買が多いことが最大の特徴です。

このサイトは、エンスーの杜のスタッフが、売りたい人のクルマを取材・撮影し、コンディションなどを嘘偽りなく赤裸々に動画で紹介していて、成約に至った場合に報酬を支払う成果報酬型を採用しているのが魅力でもあります。インターネットを利用して動画で紹介するといった手法を、20年も前から取り入れてきたことには恐れ入りますが、少しずつ実績を積みあげて、今では年間に約150台もの個人売買が取引されているので、安心して利用でき信頼感があります。

また、過去に取引された車種や売買金額を一覧できるだけでなく、現在販売中のクルマの情報が常時1,000台近く掲載されています。売ろうとしているクルマに該当する車種があれば、売価を設定する上での参考にもなります。もし、個人売買に挑戦してみたいという方は、是非一度、こちらのサイトを覗いてみてください。

エンスーの杜

Ancar

クラシックカー専門ではありませんが、クルマの個人売買をサポートしてくれるマッチングサイトもありますので、参考までにご覧ください。

Ancar

個人売買のメリット・デメリット

ちなみに、個人売買にもメリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。ここでは、個人売買における主なメリット・デメリットと注意点について触れておきます。

【メリット】希望価格で売れる

メリットは、これまでお伝えしてきた通り、なんと言っても希望価格でクルマを売ることができるという点です。ただ、値付けを失敗すると、いつまで経っても買い手が現れないという結果に陥ります。そのため、中古車市場でどのくらいの価格で取引されているのかを、ご自身の目で相場を確かめた上で価格設定をすることが重要になります。

【メリット】手数料が安い

個人売買には、これまでご紹介したマッチングサイトを利用する場合やプラットフォームを利用する場合があり、基本的に売買に伴う手数料が安いということもメリットとして挙げられます。もちろん、そういったサポートをしてくれるサービスを使わずに、純然たる個人売買であれば手数料は全くかかりません。希望価格で売れて、手数料がかからないとなれば、まさに願ったり叶ったりです。

【デメリット】買い手が見つかるまでに時間がかかる

個人売買のデメリットとして挙げられるのは、まず買い手が見つかりにくいという点です。基本的にマッチングサイトにしても個人売買のプラットフォームにしても、中古車販売店のような広告活動は行っていないため、人目に触れる機会が非常に少ないのが現状です。  

ただ、クラシックカーの購入を検討しているユーザーは、買いたいクルマがあらかじめ決まっているケースが殆どで、日々クルマの入庫情報を確認している可能性があり、車種によっては、すぐに買い手が見つかる場合もあります。いくら熱狂的なファンが多いクラシックカー市場とは言えども、売ろうとしているクルマそのものに人気がなければ、買い手が見つかるまでに相当な日数を要することも覚悟しておく必要があります。

【デメリット】トラブルの可能性もある

個人売買において最も注意しておく必要があるのが、クルマを引き渡した後のトラブルです。委託販売の場合は、店としてそのクルマを販売する責任が生じるため、しっかりクルマのコンディションを確かめた上で販売してくれます。故障や不具合については直すこともありますし、高額な修理費用が掛かる場合には、その旨を買い手に告知することでトラブルを未然に防いでくれます。

ところが、個人売買の場合は、正確なクルマのコンディションを把握しないまま取引が行われることがあり、引き渡しが終った後に気が付かなった故障や傷といった瑕疵を指摘されることで、トラブルに発展しやすいのが実状です。そのため、事前に知り得る不具合や傷・凹み、修復歴については漏れなく申告することが不可欠となります。

③クラシックカーイベントに出品して販売する方法

ここまで、委託販売と個人売買について紹介してまいりましたが、もう一つ、クラシックカーならではの独特の販売方法があります。それは、クラシックカー好きやヴィンテージカー好きといった愛好者が集うイベントに出品する方法です。こういったクラシックカーイベントは、年に何回か定期的に開催されているものもあれば、新たに企画される場合もあります。

ちなみに、2013年から開催されている「昭和レトロカー万博」では、毎年2万人近い来場者があり、国内最大級のクラシックカーイベントと言っても過言ではありません。出品されたクルマは、三井住友銀行グループがオフィシャルパートナーになっているBHオークションを通じて売買されることになります。詳しく知りたい方は、イベント概要をご参照ください。

昭和レトロカー万博2020

BHオークション

必読!誰もが認める良いクラシックカー買取店の見極め方5つ

クラシックカーを取り扱う買取店は、意外にも全国に沢山あります。ただ、地元だけで展開している小さな専門店も多く、広告を展開されていないことから一般的に知られていないケースが殆どです。また、残念なことに単なる年式の古い旧車とクラシックカーを同類に扱っている買取店もあり、信頼できる買取店か、また、クルマの価値を理解して高値で買取ってもらえるか、それらを見極める選択眼を養っておく必要があります。

そこで、クラシックカー専門の買取店へクルマを査定に出す前に、誰もが認める良いクラシックカー買取店の見極め方と題して、5つのポイントを確認しておきましょう。

  • ストックリストや販売実績で良し悪しを調べる
  • 屋根付き、屋内駐車場に保管しているかチェック
  • ASK販売や高値販売の多い買取店なら尚良し
  • 100万円未満のクルマを多数販売している買取店は避けるべし
  • 中古車情報サイトに広告を掲載していない店ほどGood!

①ストックリストや売買取引などWebサイトで良し悪しを判断

信頼のおける買取店かどうかを判断する材料の一つに、買取店のWebサイトをチェックする方法があります。まず一つ目のチェックポイントは、現在在庫しているストックカーがどれだけあるか、また、希少車をどのくらいの価格で販売しているかなどをチェックすることで、ある程度は良し悪しを判断することができます。

在庫車両が多いから良い、全くないから駄目という訳ではなく、その買取店でコンスタントに売買取引が行われているかを知るための指標になります。クルマを買取してもらった顧客がいれば、在庫車両ページに新たにリスト化されますし、在庫車両が売れれば当然、SOLD OUTに切り替わるはずです。

そのため、頻繁に売買取引が行われているか日頃からWebサイトをチェックしておく必要があります。また、ブログなどのコンテンツがあれば、こまめに更新されているかどうかを見るだけでも、その買取店の活動状況や良し悪しを確認することができます。

②屋根付き、屋内駐車場に保管しているかチェック

また、在庫車両の保管方法を知ることで、その買取店の良し悪しを判断することができます。それはズバリ、屋内で保管されているかどうかという点です。買取店によっては、広い敷地に何台もの車を青空駐車でストックしているケースがありますが、これは要注意事項です。盗難防止やイタズラ防止だけでなく、クラシックカーのように塗装やクリアの劣化、粉塵などによる傷の付着や摩耗を防ぐために、屋内保管が基本中の基本になります。徹底した買取店は、屋根付き駐車場に保管して、なおかつカバーを被せている買取店もあります

そのため、Webサイトなどで確認して、在庫車両を屋根付き、屋内駐車場で保管しているかどうかをチェックすることで、買取店の良し悪しを判断することができるという訳です。ただ、Webサイトでは車両の保管方法が掲載されていないため、確認できない場合もあります。その場合は、別のチェックポイントを鑑みて、総合的に判断すると良いでしょう。

③ASK販売や高値販売の多い買取店なら尚良し

クラシックカーや希少車の場合、値付けが難しいケースがあります。そのため、クラシックカーの販売価格が「ASK」や「応相談」といった表示をされているのをよく見かけます。実際には、販売価格が決定しているケースが殆どですが、興味のあるユーザーと相談しながら価格を決めるといった目的の他に、買い手を選ぶための手法でもあります。

良いクラシックカーの販売店は購入してくれる買い手を選ぶこともあり、転売目的のような顧客には販売せず、本当に大切に乗ってくれる人にしか譲らないといったスタンスを持っている買取店もあるくらいです。そのため、ASK販売や応相談で販売しているクルマを多く取り扱っている点も、良い買取店かどうかを見極めるための判断材料になります。

④100万円未満のクルマを多数販売している買取店は避けるべし

逆に、100万円未満のクルマを何台もクラシックカーとして販売しているような店も避けたほうが良いでしょう。それは、クラシックカーというよりも、単なる旧年式車の販売を生業としている買取店兼販売店であって、クラシックカー専門の買取店ではない可能性が高いです。安値で販売しているイコール、買取価格も安い証拠でもありますし、クラシックカーの価値を正当に評価してくれるようには思えません。

⑤中古車情報サイトに広告を掲載していない店ほどGood!

貴重なクラシックカーを取り扱っている専門店ほど、カーセンサーやカービューといった中古車情報サイトに広告を掲載していないといった事実もあります。ほぼクローズに近い販売手法になりますが、クラシックカークレクターのような何台ものクルマを所有するオーナーや上得意様向けに、先行販売することで買い手が見つかるからです。

つまり、高品質のクラシックカーを扱っている買取店は、広告を掲載しなくても買い手が見つかるというスキームが確立されているという裏付けでもあり、そういった買取店は売価も高い分、買取価格も高い傾向にあります。こういったことが理由で、誰もが認める真のクラシックカー専門店を見つけにくい理由にもなっているのです。

下取りは論外。一般中古車買取店での売却も損するだけ

ちなみに、クラシックカーを売却する際に、新しいクルマに買い替えるためにディーラーへ下取りに出すといった選択肢もありますが、無論NGです。新車を売るのが商売のディーラーにとっては、クラシックカーを下取りに持ち込まれても、クルマの価値を正しく理解しているはずもなく、値が付かない可能性さえあります。

また、クルマの一括査定などを展開している一般の中古車買取店による売却も避けるべきです。たとえクラシックカーを目利きするだけの査定力があったとしても、それを販売する力を備えていないため、安く買取られるのが目に見えています。もちろん、複数の買取店に査定してもらって、クラシックカー専門店の査定価格と比較するのが目的であれば大いにお勧めします。一括査定による査定価格と、クラシックカーを専門に扱う販売店の査定価格の差が歴然となることを実感できることでしょう。

クラシックカー買取専門店を厳選紹介

委託販売や個人売買が叶わなかった場合の補足として、業界最大手の専門店から、独自の観点で厳選したクラシックカー買取店をご案内いたします。

大手企業の旧車・クラシックカー専門店であれば、殆どのクルマを買取ってもらえると思いますが、最高クラスのクラシックカーだけを仕入れて販売している専門店は、車種やコンディションによっては買取してもらえない可能性もあります。ここでは、参考までにそういった買取店も合わせて紹介してまいります。

「旧車王」は20年以上の実績を誇る

大手業者によるクラシックカー買取専門店と言えば、旧車王が真っ先に挙げられます。名前こそ旧車王となっていますが、本当の意味でのクラシックカーも数多く取引しているだけでなく、上場会社という部分でも信頼のできる買取店としてお勧めいたします。

旧車買取に特化して20年の実績があり、日本全国どこでも無料出張査定に対応している点も心強い限りです。口コミにあるように評判も高く、ひとまず査定をしてもらうだけでも価値があります。

旧車王公式サイトはこちら

ヴィンテージカー・クラシックカー専門「DAIYA AUTO」

名古屋に店舗を構えるヴィンテージカー・クラシックカー専門の「DAIYA AUTO」(ダイヤ自動車)は、メルセデスベンツ・BMW・アルファロメオなど、欧州の輸入車をメインで取り扱っている買取店です。

1968年創業という歴史を刻み、上質なクルマだけを仕入れてきたというその実績は、Webサイトからも伺い知ることができます。良いクラシックカー買取店の条件とも言えるレストアをする機能を備えており、お勧めの一店です。

ヴィンテージカー・クラシックカー専門 DAIYA AUTO公式サイトはこちら

「BINGO SPORTS」

こちらも名古屋にあるクラシックカー専門店の「BINGO SPORTS」。歴史は浅いものの、クラシックカーの魅力を余すことなく捉えた撮影画像への拘りは、クラシックカー専門店の中でもトップクラスです。Webサイトに掲載された販売済車両や在庫車両リストのクルマを眺めているだけで、博物館にいるような感覚にさえ陥ります。

こういった買取店は、間違いなく高く売却できるノウハウを手に入れており、買取りする場合も高値で買取ってくれる可能性が非常に高いです。世界最高クラスのクルマを仕入れてきたという熱き経営理念から、コンディションによっては買取してもらえない可能性を感じるほど、気品に満ちています。

BINGO SPORTS公式サイトはこちら

まとめ

メンテナンスに多額の投資をして、大切に扱ってきた愛車のクラシックカーを手放すのは勇気がいるものです。そういったクルマを売る相手の候補には、その価値を自分と同じくらい理解して評価してくれる人を選びたいものです。

価値を理解してくれる、つまり、自分が思い描いた希望価格で売ることができれば、その目的は達成できたと言えるでしょう。それを叶えるための最善策は、委託販売であり、個人販売といった手法になります。

車種によっては買取店も限られるため、相応しい買取店を探し当てるのは至難の業ですが、誰もが認める良いクラシックカー専門店の見極め方を実践することで、きっと、目的のクラシックカー専門買取店に辿り着くことができるでしょう。

もし買い手が現れないとしても、大手の旧車・クラシックカー買取専門店の旧車王を利用すれば売却は可能です。希少なクルマを大事に乗り継いでもうらためにも、しっかり時間をかけて後悔しない価格で売却するように努めましょう。