【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

ローンが残っているクルマも売却できる!ローン購入車を売却する手順と売却前に覚えておきたいこと

クルマを購入する際には、金額が大きいことからローンを組まれる方も多いでしょう。しかし、様々な事情によって、ローンが残っているクルマを売らなければならないといった場面に遭遇することがあるかもしれません。そのような場合には、真っ先に「ローンが残っているクルマでも売却できるの?」という疑問が浮かんでくるのではないでしょうか。先に結論を申し上げますと、ローンが残っていても基本的にクルマを売却することは可能です。

この記事では、ローンが残っているクルマの売却方法や、できるだけクルマを高く売却するための手順のほか、ローンで購入したクルマを売却する際に知っておきたいことについて、詳しく解説いたします。もしローンが残っているクルマを手放すようなことになっても、この記事を最後まで読み進めていただければ、安心して売却することができるようになります。

もくじ

結論!ローンが残っていてもクルマは売却できる

改めて結論を申し上げますと、ローンが残っていてもクルマを売却することは可能です。ただ、クルマの所有者が誰なのかによって手続きが異なるため、注意が必要です。ここでは、クルマの所有者が「本人名義の場合」「家族名義の場合」「ローン会社等の場合」の3つのパターンに分けて解説いたします。

  • クルマの所有者が本人名義であれば自由に売却できる
  • クルマの所有者が家族名義の場合は必要書類を揃えれば売却できる
  • クルマの所有者がローン会社等なら売却代金で残債を相殺する

クルマの所有者が「本人名義」であれば自由に売却できる

クルマの所有者が本人名義になっている場合は、ローンが残っていても自由に売却することができます。ちなみに、クルマの所有者とは、クルマの所有権を保持している人のことで、車検証の所有者欄に記載されている人がそれに該当します。ただ、人といっても個人の場合もあれば、法人の場合もあります。もし、所有者が誰か分からない場合は、お手持ちの車検証を確認してみましょう。

ちなみに、車検証には「所有者」とよく似た言葉で「使用者」という欄がありますが、クルマの売却に影響するのは「所有者」ですので、その違いについても把握しておきましょう。

※ 車検証の使用者と所有者の違いについては、こちらをご参照ください。
車検証の使用者と所有者の違いについて

クルマの所有者が「家族」の場合は必要書類を揃えれば売却できる

クルマの所有者が自分以外の家族名義になっている場合でも、ローンが残っているクルマを売却することは可能です。但し、所有者の同意を口頭で得るだけでは不十分で、所有者の実印が押された「委任状」と「譲渡証明書」のほか「印鑑証明書」が必要になりますので、所有者になっているご家族の方に用意してもらいましょう。

クルマの所有者が「ローン会社等」なら売却代金で残債を相殺する

クルマの所有者がローン会社やディーラー等の場合は、ローンの残債をクルマの売却代金によって相殺することで売却が可能になります。但し、売却価格がローンの残債を上回る場合もあれば下回る場合もありますので、その両方について解説いたします。

売却価格がローンの残債を上回った場合は相殺することで売却できる

クルマの売却価格がローンの残債を上回った場合は、残債を相殺することでローンが完済となり売却が可能になります。本来であれば、クルマの名義変更には管轄の陸運局に出向くなどの面倒な手続きが必要になりますが、買取店に委託すれば必要書類を準備するだけで売却手続きが完了します。

買取店に依頼する場合に必要な書類はこちら
  • 自動車検査証(車検証)
  • 委任状(ご本人)
  • 印鑑証明書(ご本人)
  • 車庫証明書 ※車検証の住所と現住所が異なる場合

売却価格がローンの残債を下回った場合は一括返済するか新たにローンを組み直す

クルマの売却価格がローンの残債を下回った場合は、残りのローンを一括返済することで売却できます。しかし、必ずしも一括返済が可能というわけではなく、なかには、残ったローンを一括返済できない場合もあります。その場合は、買取店が代わりに一括返済をしてくれる「ローン返済サービス」を利用することで、一旦買取店に残りのローンを全額支払ってもらい、その買取店と新たにローンを組み直すことで売却することが可能になります。    

また、クルマを買い替える場合には、残ったローンを新たに購入するクルマのローンに上乗せする「残債上乗せサービス」を利用することで売却することが可能です。ただ、ローン返済サービスを利用するにしても残債上乗せサービスを利用するにしても、いずれにも審査がありますので、必ずローンが組めるとは限らない点に注意しましょう

ローンが残っているクルマを売却する手順「3setp」

クルマをできるだけ高く売却するためには、査定を依頼する前に買取相場をしっかり把握して、自分の中で売却してもOKという売却価格を設定することと、できるだけ多くの買取店に実査定をしてもらって査定価格を競合させることがポイントになります。それは、ローンが残っているクルマを売却するときも同じです。

ここでは、ローンが残っているクルマをできるだけ高く売却するための手順として、3つのステップに分けて解説いたします。

  • ネット査定を利用して買取相場をしっかり把握しよう
  • クルマの一括査定を利用して査定価格を比較しよう
  • 買取店が決まったらローンの相殺を依頼しよう

step1:ネット査定を利用して買取相場をしっかり把握しよう

まず、クルマをできるだけ高く売却するための最初の手順として、売却したいクルマの買取相場価格を把握することから始めましょう。売却したいクルマの買取相場を把握することで、実際にクルマを査定してもらった時の査定価格が妥当なものかどうかを、自分なりに判断できる材料にもなります。ちなみに、買取相場を調べられるウェブサイトは沢山ありますが、ここでは特にお勧めする代表的なサイトを3つご紹介いたします。

おすすめサイト1:ナビクルの「買取・下取り相場」

クルマ一括査定の運営事業者大手ナビクルの「買取・下取り相場」では、メーカー・車種・年式・グレード・走行距離を入力すれば、その場で買取相場を確認することができます。現在の買取相場だけでなく、半年前の相場や半年後の将来の相場まで予測して表示されますので、売却するタイミングを知るのに非常に有効です。そのほか、実際に一括査定を利用したユーザーの査定価格や口コミも掲載されていたり、グレード別の買取相場ランキングも掲載されていたり、とても参考になります。是非一度、活用してみてください。

おすすめサイト2:ズバットの「中古車の査定相場」

同じく、クルマ一括査定の運営事業者大手のズバットでも、「中古車の査定相場」というコンテンツがあり、メーカー・車種・年式・走行距離・利用頻度・カラーを選択するだけで、査定相場がその場で確認できます。グラフを使った査定相場予測は視認性が良く、とても使いやすいと好評を博しているほか、買取店が実際に査定した査定価格の比較レポートや、車種によっては査定士による詳しいポイント解説もあり、非常に参考になります。

おすすめサイト3:ガリバーの「中古車買取相場」

中古車買取最大手のガリバーのサイトにも、「中古車買取相場」という買取相場を確認できるコンテンツがあり、情報量が非常に豊富です。過去にガリバーで買取された査定価格が一覧できるため、売却したいクルマの車種や年式、走行距離、カラーに加えて、お住まいの都道府県などが合致すれば、かなり精度の高い相場価格を知ることができます。中古車買取台数がNo.1のガリバーのサイトだけに、きっと売却したいクルマの査定価格も見つかることでしょう。

step2:クルマの一括査定を利用して査定価格を比較しよう

買取相場の把握が終わったら、査定依頼のステップに進みましょう。できるだけクルマを高く売却するためには、できるだけ多くの買取店にクルマを査定してもらうことが不可欠です。そのための最善策として、複数の買取店を競合させて高い査定価格を引き出すことが可能になる、クルマの一括査定の活用を推奨いたします。査定をしてもらう買取店の数が多ければ多いほど、比較できる査定価格の提示も増えるため、そのぶん高値を引き出すチャンスが増えるという仕組みです。

ここでは、クルマの一括査定の中で特にお勧めしたい代表的なサイトを3つご紹介いたします。

おすすめサイト1:最大30社まで査定価格の比較ができるカーセンサー

クルマを所有している人なら、おそらく誰もが知っているカーセンサー。提携している買取店の数が1,000社以上と、一括査定サイトを運営する事業者の中では最大級となっています。地域によって差はありますが、査定を依頼できる数が最大30社までという点が何よりもの魅力です。できるだけ多くの買取店で査定してもらうことが、クルマを高く売却するための必須条件ですから、もし、クルマの一括査定の申し込み先に迷った場合は、まずはカーセンサーを利用されることをお勧めいたします。
         

おすすめサイト2:カービューは450万人以上の利用実績を誇る最古参

今でこそ、クルマの一括査定は有名なサービスになっていますが、その歴史を辿るとクルマの一括査定の発祥は、2000年5月に愛車無料一括査定サービスとして事業を開始したカービューがその原点になります。すでに20年近い歴史を刻み、これまでに450万人以上の利用実績があるクルマ一括査定の最古参になります。また、一括査定のサービスだけでなく、中古車情報や新車情報なども充実しており、クルマのポータルサイトとしても非常に人気があります。

おすすめサイト3:一括査定とオークションの両方を試したいなら楽天Car

楽天グループが運営するクルマの買取サービス楽天Carは、一括査定とオークションの2種類の買取サービスを選択できるというところが、他のサイトにはない大きな特徴です。最大10社の買取店に対して査定依頼ができる一括査定と、複数の買取店が入札を繰り返すオークションの2種類から、いずれか一つを申し込むこともできますし、その両方に依頼することも可能です。いずれにしても、成約時に楽天ポイントをもらえるという点が嬉しいですね。一括査定とオークションのいずれにも興味があるという場合は、この楽天Carがお勧めです。

step3:買取店が決まったらローンの相殺を依頼しよう

複数の買取店から提示された査定価格を比較して、最も高い価格を提示してくれた買取店が決まったら、ローン残債の相殺を依頼しましょう。もし、査定価格がローンの残債を下回って一括返済することができない場合は、買取店に「ローン返済サービス」、または、買い替えの場合の「残債上乗せサービス」の利用について相談しましょう。

ガリバーの買い替え専用「プラスローン」をご紹介

ガリバーでは、ローンが残っているクルマを売却して、新しいクルマの購入を検討しているお客様向けに、ローンの残債がある今までのクルマのローンと、新しいクルマのローンを一本化できる「プラスローン」という自動車ローンを展開しています。クルマを乗り換える人専用のローンで、今までのローンの残債をまとめられるのが特徴です。前のクルマを売却したものの、査定価格がローンの残債を下回ったことで完済が出来ずに、新しいクルマが購入できないのでは?と心配されている方にとっては便利なローンと言えます。

ローンで購入したクルマを売却する際に知っておきたいこと

ここでは、ローンで購入したクルマを売却する際に知っておきたいことついてまとめています。面倒に感じるかもしれませんが、一度目を通しておくだけで、クルマを売却するときの精神的負担がグッと減ることになります。是非、参考にしてみてください。

車検証の使用者と所有者の違いについて

車検証には、「使用者」と「所有者」の2つの欄がありますが、ローンで購入したクルマを売却する時は、とくに重要なワードになります。ここで、「使用者」と「所有者」の違いについて、しっかり把握しておきましょう。

使用者とは車を管理する責任のある人

使用者とは、クルマを使用する権限とクルマを管理する責任を持つ人のことで、所有権は持っていません。つまり、クルマを売却する権利がないということになります。そのため、使用者というだけでは名義変更や廃車にする際の抹消登録を行うことができません。

使用者はクルマを管理する責任を持つということからも分かるように、ナンバープレートの管轄地域については、所有者ではなく、車検証に記載されている使用者の本拠地の位置で決定されます。

所有者とは法的に所有権を有している人

一方、所有者とは法的に所有権を有している人のことで、クルマを自由に売却できるほか、名義変更や抹消登録といった手続きも可能になります。そのため、ローンでクルマを購入した場合は、実際にクルマの代金を支払ったローン会社が所有者となります。よって、ローンでクルマを購入した人は、ローンを完済して名義変更をしない限り所有者にはなれず、クルマを売却することができないということになります。

但し、ローンでクルマを購入すると、必ずしも所有者になれない訳ではありません。この点については、次のパートで確認しておきましょう。

ローンで買うと必ずしも所有者になれない訳ではない

ローンでクルマを購入すると、必ずしも購入者本人が所有者になれない訳ではありません。クルマのローンは資金を借り入れる先によって、自動車メーカーや信販会社などで組む「ディーラーローン」と、銀行や信用金庫などで組む「マイカーローン」の大きく2つに分けることができます。

一般的に、ローンでクルマを購入した場合に所有者がローン会社名義になるケースというのは、自動車メーカーや信販会社などで「ディーラーローン」を組んだときが殆どです。ただ、この「ディーラーローン」でクルマを購入した場合でも、ローンが少額であれば最初から所有者になれるケースもありますので、どうしても気になる方は、契約する際にローン会社に確認してもらうのも一つの方法です。

一方で、銀行や信用金庫などの「マイカーローン」でクルマを購入した場合は、基本的にクルマの所有者は本人名義になります。この点は「ディーラーローン」と全く異なり、ローンの返済中でも、クルマを自由に売却できるという大きなメリットがありますので、覚えておきましょう。

所有者が他人名義になっていると、ローンが完済した後でも、とにかく色々と手続きが煩雑になります。ローンを組んでも本人名義になる場合もあるということを知っておけば、新たにクルマを購入するときや売却するときに手続きがスムーズになり、安心して取引できることでしょう。

ローンで購入したクルマの所有者が他人名義になる理由

ここでは、ローンでクルマを購入した場合に、なぜ所有者が自分ではなく、信販会社やディーラーになるのかという理由について触れておきます。あらかじめ理解を深めておくことで、クルマの売買をする際に慌てることも少なくなります。是非、参考にしていただければ幸いです。

ローンの支払いが滞った場合の担保にするため

ローンで購入したクルマの所有者がディーラーや信販会社などの他人名義になる理由は、万が一、ローンの支払いが滞ったり回収不能になったりした場合のリスクに備え、クルマを担保にして所有権を留保しているためです。もし、債権回収不能になった場合に、ローン会社はクルマを売却することによって損害を最小限に抑えることができます。

つまり、ローンでクルマを購入するということは、クルマを担保に資金を借り入れているということになります。基本的には、ローンを完済して名義変更をしない限りは所有者になれず、クルマを売却することができない、ということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

所有権留保について

先ほど解説したなかで出てきた所有権留保とは、ローンが完済されるまで所有権を一時的に差し控えることです。ただ、ローンが完済しても名義変更をしない限り、いつまでもディーラーや信販会社が所有者となったままになり、クルマを自由に売却できなくなります。

クルマを売却する際に、買取店に手続きをしてもらえば済む話ではありますが、ローンが完済したのに、他人名義のクルマになっているというのは気持ちの良いものではありません。また、クルマを売却する際に出来るだけスムーズな取引を行うためにも、ローンが完済したら、速やかに所有権留保解除(以下、名義変更)の手続きを行いましょう

ローン完済後は、すぐに名義変更をしておこう

クルマのローンが完済したら、 すぐにはクルマを売却する予定がなくても、いざクルマを売却するとなった時に備えて、できるだけ速やかに名義変更をしておきましょう。これを怠ると、非常に面倒なことになる場合があります。

参考までに一例を挙げますと、ある人が東京で30歳の時にローンで購入したクルマを、ローンが完済したあとも名義変更をせずに、実家の北海道に戻って20年間そのクルマを乗り続けたとします。その後、クルマが不動車となり、廃車の手続きをしようとしても、所有者がローン会社になっているため廃車(抹消登録)の手続きができません。さらに、使用者の住所が東京のままになっていると、管轄の陸運局まで出向かなければならないといった事態にもなりかねません。ローン会社の連絡先の確認に始まり、必要書類の手配、陸運局への手続きなど、場合によっては東京と北海道間を往復する必要も出てきます。

これは極端な例ではありますが、実によくある話なのです。繰り返しになりますが、こういったことを避けるためにも、ローンが完済したらすぐに名義変更を行いましょう。

名義変更の手続きについて

ここでは、ローンが完済した後の名義変更の手続きについて、主な流れをまとめています。当事者の状況によっては手続きが変わる場合がありますので、必ず管轄の警察署や陸運局に確認した上で手続きを進めてください。

ディーラーやローン会社など所有者への連絡
  • 必要書類の提出を依頼
主な必要書類(普通自動車の場合)
  • 自動車検査証(車検証)
  • 車庫証明書
  • 完済証明書(ローン会社の完済証明書)
  • 譲渡証明書
  • ローン会社の印鑑証明書
  • 新所有者の印鑑証明書
  • ローン会社の委任状
  • 新所有者の委任状
陸運支局で手続きを行う
  • 自動車登録
  • 自動車税申告
  • 使用者の本拠地の位置(現住所と陸運局の管轄が異なる場合)

まとめ

ローンが残っているクルマでも、売却代金と相殺することで売却は可能です。売却価格がローンの残債を下回った場合でも、一括返済するか新たにローンを組むことで対処できます。

本来、ローンが残っているクルマは、ディーラーや信販会社が所有者となっているケースが多く、売却をする際は面倒な手続きが必要になります。ただ、クルマの一括査定を利用して最も高い査定価格を提示してくれた買取店に、ローンが残っているクルマを売却することで、その負担を軽減することが可能になります。

将来、再びローンが残っているクルマを売却するときに備え、ローンでクルマを購入する際のポイントや注意点に関する知識を身に付けておき、極力、面倒な手続きを減らしてクルマの売却が出来るように心掛けましょう。