「車検付き」と「車検整備付き」の違いは?中古車購入時に損しない選び方を徹底解説!

「車検付き」と「車検整備付き」の違いは?

中古車販売店に足を運んで展示車両を眺めていると、クルマのプライスボードに「車検付き」と「車検整備付き」の2種類があることに気が付くことでしょう。この違いは、「車検付き」は車検が残っているクルマであり、「車検整備付き」は車検が切れていて車検を受けるための整備をする必要があるクルマです。そこで、これらの違いを詳しく解説し、中古車として購入するなら、どちらにメリットがあるのか解説します。

「車検付き」と「車検整備付き」の違いは?

中古車販売店に足を運んで展示車両を眺めていると、プライスボードに「車検付き」と表記されている車両と「車検整備付き」と表記されている車両を見かけます。また、ネット上の中古車販売サイトでも同様の表記を見かけます。

クルマによって、「車検付き」または「車検整備付き」と表記を変えているということから、それぞれに意味が異なるのだろうと解釈する人もいるでしょう。しかし、その違いの意味を詳しく説明できる人は少ないのではないでしょうか。

そこで、「車検付き」と「車検整備付き」の違いを誰にでも理解できるよう、わかりやすく解説します。

「車検付き」とは車検が残っているクルマのこと

店頭に並んでいるクルマのプライスボードに「車検付き」と表記があれば、その殆どは車検が付いているクルマの販売です。「車検付き」としか表記していないから整備は付かないと考える人もいますが、それは半分正解で半分間違っているといって良いでしょう。

基本的に、「車検付き」と謳って販売される中古車は、車検が付いた状態で販売されていますが、車検が2年付いているわけではありません。例えば、1年分の車検しか残っていなくても「車検付き」として販売されます。つまり、この「車検付き」とは、前のオーナーが車検を残したまま、中古車店や買取店などに売却したクルマという意味になります。

では、「車検付き」のクルマは整備が付かないのかというと、それは中古車販売店の方針により大きく異なります。中古車を購入するときに、「納車整備費用」という項目を目にしたことがある人もいるでしょう。この納車整備費用とは、納車前の簡単な整備(消耗品の点検やオイル交換、ワックスがけなど)にかかる費用のことです。中古車店がクルマを納車する前に、ユーザーが安心して購入後のクルマに乗ることができるよう、納車整備を行うお店もあります。また、中古車販売に際して、保証を付けるために納車整備を行う店舗もあるでしょう。

このように、「車検付き」と謳われている中古車にも、通常は整備が付いていることが殆どです。しかし、納車前に行う整備は、ユーザーとの売買契約の中でユーザーが断ることも可能です。そうすることで、購入する経費を浮かすことができます。

ただし、「車検付き」と謳われている中古車でも、プライスボードに「現状渡し」の記述がある場合には、納車整備は行われません。

この他に、「車検付き」で販売される中古車には、車検がほとんど残っていないこともあります(例えば1年未満など)。この場合は、車検を付けてから販売されるクルマであり、基本的に車検が通るように整備されてから納車となります。しかし、行われる整備は保安基準を満たすようにするものだけであり、2年後の車検まで消耗品の交換や故障が起きないような整備は、行われないことが普通です。

「車検整備付き」とは車検切れのクルマやナンバーがないクルマ

「車検整備付き」として売られている中古車は、基本的に車検が無いクルマです。この「車検整備付き」とは、車検を取って整備を行ってから納車するという意味として、一般的に使われています。

「車検整備付き」で販売されている車両を購入するときには、必ず整備されてから納車されることが約束されています。しかしながら、必ずしも全ての業者で整備内容が同じというわけではありません。なぜならば、中古車販売店の方針で整備する項目が決められているので、それぞれの中古車店によって整備内容は異なってくるのです。

「車検整備付き」と謳われている中古車は、車検を通すための保安基準に満たす整備が必ず行われます。そのため、「車検整備付き」と謳われているからといって、その中古車の整備が万全になるというのは間違いであることも少なくありません。

中古車店にも様々なタイプがあります。例えば、整備工場を併設している大きな中古車店もあれば、小さな個人経営の中古車店もあります。どちらも同じように「車検整備付き」として販売されている中古車は、小さい個人経営の中古車店より整備工場も併設している中古車店のほうが、整備内容が充実していることが多いでしょう。

というのも、小さい中古車店では、自社で整備できないことが殆どなので外注に出しています。そのため、中古車販売価格を抑えるためには整備を極力小さくしたいと考えています。このことから、必然的に整備内容は車検に合格するための必要最低限の整備になることが殆どなので、大手中古車店と小さな中古車店では整備内容に差が生まれることが多いでしょう。なお、全ての小さい中古車店が当てはまるわけではありません。

この他、「車検整備付き」とプライスボードに記述されているからといって、購入後に故障しないという保障がされているわけではありません。というのも、中古車という商品は新車とは異なり、クルマの全ての部品が同じように使用されてきています。そのため、消耗品の交換や予防整備が行われたとしても、想定外の部分で故障が発生する可能性があります。

ただし、中古車販売店によっては、「車検整備付き」として売られているクルマの購入時に、整備方法を選ぶプランを用意していることがあります。例えば、標準的な整備やしっかり整備などといった具合です。とはえ、これもしっかり整備をしたから故障しないという保障を付けてもらうのではなく、一般的な中古車購入より、故障リスクを下げる整備という理解のほうが良いでしょう。

車検付きと車検整備付の購入に迷ったときに見極める3つのポイント

例えば、自分の欲しいクルマが、同じ装備内容かつ同じ車両状態で売られていたとします。片方が車検付き、もう片方が車検整備付で売られていたとすると、どちらを購入したら良いかかなり悩むことでしょう。

実際に車検付きと車検整備付きとで迷った場合は、以下の方法を実践すればスムーズに選ぶことができます。

  • 車検付きと車検整備付で迷ったら乗り出し価格で比べよう
  • 車検付きと車検整備付で価格が変わらないなら迷わず車検整備付を選ぼう
  • 最終的には好みで選んでもOK

ポイント1:車検付きと車検整備付で迷ったら乗り出し価格で比べよう

「車検付き」と「車検整備付き」とでは、乗り出しまでの諸費用に大きな違いがあります。そのため、同一条件の中古車があった場合、一般的に「車検整備付き」となっている中古車のほうが、中古車車両本体価格が安く設定されていることが多いでしょう。

※「乗り出し価格」・・・車体本体以外の税金など、かかる諸費用を全て含めた価格のこと。

とはいっても、実際に乗り出し価格を比べるまでは、どちらが安くお得に購入できるかわからないでしょう。そこで実際に、「車検付き」のクルマと「車検整備付き」のクルマの両方の乗りだしまでの総支払額を見積もってもらい、比べてみることが重要です。

車検付きと車検整備付ではクルマの乗り出し価格も異なる

「車検付き」のクルマは、車検が残っているので名義変更を行えば乗り出すことができます。しかし、「車検整備付き」のクルマの場合は、ナンバーが外されて車検が付いていないクルマなので、中古車新規登録を行わなければ乗り出すことができません。

そこで、中古車を購入する時に、車検付き車の諸費用と車検整備付き車の諸費用とでは、どの程度の差が出るのか、以下の表にまとめてみました。一例として、ミニバンのトヨタヴォクシーや日産セレナクラスを基準にしています。

車検付き車検整備付き
重量税0円32,800円
自賠責保険0円21,550円
検査手数料0円1,100円
登録料移転登録500円中古新規登録700円
法定費用合計500円55,450円

このように、法定費用だけを比べても5万円を超える諸費用の差が生まれてきます

それでは次に、整備費用の差がどれほどになるのか、一般的な納車整備費用と車検整備費用とで比較してみました。今回の事例では、一般的な平均的費用を同一店舗で見積もった場合どうなるのかを算出して、その結果を表にしています。

車検付き車検整備付き
車両点検費用15,000円15,000円
納車整備費用40,000円40,000円
車検基本整備費用0円15,000円
合計55,000円70,000円

このように、「車検付き」と「車検整備付き」とでは、整備する内容に、かなりの差が出ていることがわかります。これは基本料金なので、ここに取り換えなければならない部品が出れば、価格はもっと異なるのは言うまでもありません。

車検基本整備費用には、一般的に部品交換費用やそれに伴う交換工賃は含まれません。含まれるのは、車検に合格するために必要な各部分の調整費用です。交換部品が出た場合は、別途請求されます。また、車検付きの整備費用に伴い発生する交換部品と、車検基本整備費用により発生する交換部品とでは、異なることがあります。

通常、車検に合格させるためには、保安基準を満たさない部品を交換しなければ、いつまでたっても車検に合格できません。しかし、車検付きの場合は、よほどのことがない限り、車検に合格させるための部品交換をするようなことはないでしょう。

ここまでで説明してきたように、「車検付き」より「車検整備付き」のほうが、多くの諸費用がかかることになりますから、車両本体価格が仮に「車検整備費用付き」のほうが安くても、乗り出しで「車検付き」を上回る支払金額となることが多いでしょう。

ポイント2:車検付きと車検整備付で価格が変わらないなら迷わず車検整備付を選ぼう

「車検付き」と「車検整備費用付き」で悩んだ時に、総支払額が殆ど変わらなければ、迷わず「車検整備費用付き」を選んだほうが得になるでしょう。

「車検付き」の場合は車検が残っていますが、2年丸々残っていることはありません。よって、同じ総支払額なら「車検整備付き」で2年の車検が付いていたほうが、次回の車検までの期間が長いので、結果的に得になります。

ただし、「車検整備付き」の中古車の場合、クルマの状態によっては見積もりが概算でしか提示されないことがあります。というのも、実際に整備するためにクルマを分解して点検しなければ、本来の金額は算出できない場合があるからです。そのため、概算見積もりだけでの比較はかなり危険ですので、本見積を依頼して比較するようにしましょう。

ポイント3:最終的には好みで選んでもOK

中古車購入に際して気に入ったクルマがあれば、「車検付き」「車検整備付き」に関わらず、欲しいという気持ちが膨らむのは当然のことです。そのため、最終的には自分が欲しいと思ったなら、「車検付き」や「車検整備付き」にこだわる必要がないとも‪言えます。

しかし、最終支払金額の違いや、次回までの車検の残存期間を気にするのであれば、「車検付き」と「車検整備付き」で総額の支払金額や所有してからの維持費を計算することをお勧めします。

車検付きにメリットを感じるユーザーの特徴

車検付きのクルマをメリットが高いと感じるユーザーの特徴は、クルマの状態が維持されていることにこだわりを持っている人が多いでしょう。どういうことかというと、ナンバーが付いていない状態や車検が切れている状態であるということは、そのクルマは長く使われいてなかった可能性があるからです。

一般的に、車検付きで売られているクルマは、ナンバー付きで売られていることが殆どです。前のオーナーが取得していた車検が残っているので、つい最近まで使用されていたクルマである可能性が高くなります。

クルマは、動かしていたほうが調子も良く故障も少ないです。長く保管されていたクルマは、継続して使用されていたクルマよりも、調子が悪くなっている可能性が否定できません。

特に古いクルマを購入しようと考えている場合は、直近まで使用されていたクルマなのか気にする必要が高くなります。というのも、最近のクルマは性能が良くなり、長期保管されていたとしても、エンジンや各部の性能が本調子に戻るまで、それほど時間はかかりません。しかし、長期保管によって古くなったクルマの場合は、調子を戻すために多くの部品を交換しなければならないことが、大いに考えられるのです。

車検整備付にメリットを感じるユーザーの特徴

中古車購入で一番悩むのが、購入後から次回までの車検残存期間がどれだけあるかでしょう。当然のことながら、車検が長いほうが、クルマ購入から次に大きな出費がくるまでの期間が開くので、金銭的に楽になります。

店頭に並んでいる時点で既に車検が付いていれば、日を追うごとに車検残存期間は短くなります。しかし、「車検整備付き」の中古車を選べば、車検残存期間は丸々2年付いて納車されるので、お得感が大きいと言えるでしょう。

この他に、「車検整備付き」であれば、車検を取るための整備をしてから納車されることが約束されています。よって、消耗品や不具合の部分を調整または修理してもらってから納車されるので、安心感が高いと言えます。

このことから、「車検整備付き」を選ぶのに向いているユーザーは、購入後も次回の車検まで安心して乗り続けたい人や、購入後に余計な整備費用の発生を嫌う人に向いていると言えます。

まとめ

「車検付き」と「車検整備付き」の違いは、整備の付帯サービスが有るか無いかの違いではなく、クルマに車検が付いているか付いていないかの違いです。

中古車を購入する際に、「車検付き」を選ぶか「車検整備付き」を選ぶかで迷う人も多いですが、基本的に気に入ったクルマがあれば、この部分にこだわる必要はないとも言えます。

プライスボードに「整備」の二文字が記載されていないと、もしや整備されずに納車されてしまうのではないか、と心配になる人も多いでしょう。しかし実際には、「車検付き」という記載であっても、納車前に整備されることが殆どなので、整備だけにこだわって中古車選びをする必要はありません。ただし、「車検付き」であっても「車検整備付き」であっても、整備内容は店舗により大きく異なるので、どのような整備をするのか確認するようにしましょう。