【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

高く売れる外車はコレ!外車は値崩れが激しく高く売るのは難しいって本当?

外車は、高く売れないとよく言われます。しかし、そんなことはなく、高く売れる外車も多くあります。その高く売れる外車とは、ドイツのBMW、メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、そしてアウディが販売する車種です。もちろん、この他にも高く売れる外車がありますから、どんな外車が高く売れるのか、そして高く売れないと言われるのは何故なのか、これらのことを詳しく解説します。

高く売れる外車の種類はこれだ!

外車は、高く売ることができないという話をよく聞きます。しかしそれは半分正解で半分間違いと言えるでしょう。

外車の中にも高く売れる車種は存在し、巷で噂されるほど低価格で買い取られることがないクルマがあります。そこで、どんな外車が高く売ることができるのか詳しく解説します。

高く売れる外車はドイツ車が独占

外車と聞いて出てくる社名は人それぞれでしょう。しかし、外車の中でもドイツ車は古くから日本で親しまれてきた外車なので、多くの人が知っています。

この、多くの人が知っている、そして多くの人に親しまれていることが、外車を高く買い取ってもらうためには重要です。

そして、高く買い取ってもらうことができる外車は、BMW、メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、アウディの4社が独占していますから、この4社のクルマについてご紹介します。

BMWは安定して高値買取

BMWは、多くの人から認知されているクルマで、ドイツ車の中で1位や2位を争う人気メーカーと言って良いでしょう。

しかし、BMWであればどんな車種でも高く買い取ってもらえるわけではなく、人気車種と不人気車種は両極端となっているのが特徴です。

BMWで人気があるのは、スポーティーな走りを楽しめるグレードや装備をされた車種です。グレードも装備もスポーティーであればかなり人気が高く、買取も良い値段を提示してもらえるでしょう。

BMWには、セダンからスポーツカーそしてSUVに至るまで、全てのお客さんが満足できるラインナップがあるのが特徴ですが、年式やグレード、そして走行距離によって買取価格は変わってきます。

BMWのラインナップの中で、安定して人気があり高く買い取ってもらえるのは、1シリーズから6シリーズまで及びSUVのXシリーズです。そしてMシリーズのスポーツモデルになると評価が高く、他のグレードより高く買取されるでしょう。

世界一消費者の目が厳しい日本でも人気のメルセデスベンツは買取も有利

メルセデスベンツの国内導入モデルは、35車種かつ162モデルにも及び、国産メーカー以上のラインナップを誇ります。

コンパクトカーからクロカン(クロスカントリービークルの略でオフロード用四輪駆動車)、SUVまで豊富なラインナップはどれも人気が高く、特にGクラスは年式を問わず高値で取引される人気グレードです。

メルセデスベンツは、以前はEクラスなどで下落が顕著でしたが、最近のモデルは相場の落ち込みは激しくなく、近年では国産高級車からメルセデスベンツへの乗り換えが多くなっており、安定した高値で取引されるようになりました。

また、メルセデスベンツには、ネオクラッシックカーと呼ばれる1980年代から1990年代の人気車種があり、オリジナルコンディションを保っているほど高値で取引されます。

日本人に最も馴染みの深いフォルクスワーゲンは買取も安定

フォルクスワーゲンは、新車価格と買取価格が大きく開く傾向が強いメーカーとして知られていますが、ラインナップのうちスポーツモデルであるGTIやR-ラインは中古車市場で高い人気があるため、高く売れるクルマとして知られています。

このほか、SUVなどのほか、コンパクトカーのポロ、高級車のパサートといった車種もありますが、ハッチバック車のゴルフに比べると、それほど人気はありません。

しかし、フォルクスワーゲンは歴史が古く、希少価値のある車種が多くあります。例えば、ゴルフタイプ1、タイプ2、タイプ3やカルマンギアといった固体は今もかなり多く流通しており、かなりの高値で取引されています。また、フォルクスワーゲンの初代ビートルであるカブトムシは、状態が良ければ、2オーナー以上でも高値で取引されるクルマとして知られており、フォルクスワーゲンは、車種により、高く売れるクルマが決まっている特徴があります。

ヤナセの努力から人気急上昇のアウディは買取も人気

アウディは、比較的安定した価格で取引されることで知られています。特に正規輸入車であれば、認定中古車として販売できるので一定の評価があります。

そして、アウディの中でも希少性の高いRSモデルは、かなりの高値で取り引きされる傾向が強いのが特徴で、アウディのモデルは付加価値が強く、査定に影響するモデルと言えます。

アウディは、当初はそれほど人気モデルではありませんでしたが、日本の販売代理店のヤナセがアウディの新車販売に乗り出すと宣伝を上手に使い、アウディは国内で高い人気を得るようになります。

特にアウディのクワトロシステムと呼ばれる4WDシステムは優秀で、悪路だけでなくオンロードを走るスポーツカーにまで搭載され、ラリーでの実績などから、多くのファンを持つようになりました。

アウディの人気は高くなっていますが、アウディを適正に査定する業者は少ないのが現状なので、本気で高くアウディを売りたいのであれば、アウディ専門店での買取がおすすめです。

[PR]あなたのクルマ、いくらで売れる?カーセンサーの一括査定サービスはこちら

マニアックな輸入車は専門業者で高値買取

輸入車は、国産車と異なりマニアックな車種が多く存在します。マニアックなクルマは買取店では査定することができないことも多く、仮に査定してもひどく安い価格を提示されることでしょう。

こういった特殊なクルマには、高級スポーツカーや、クロカンといった一部のマニアが喜ぶクルマが多くなります。

ランドローバーは本格SUVとして高い人気

ランドローバーは悪路走破性が高く、耐久性も兼ね備えたクルマで、とくにディフェンダーは高値で取引される車種として知られています。

年式により価格は変動しますが、ランドローバーは本格SUVを求める人から根強い人気があります。しかし、ランドローバーの買取は、ランドローバーの知識がある店舗でなければ、正確な査定は行ってもらえません

一般の買取店でも査定することはできますが、知識がないことから査定価格は低めに設定されてしまうでしょう。そこで、専門店を探すわけですが、ランドローバーの年式からグレードを全て網羅しているお店は限られているので、出来るだけ多くのランドローバーを扱っている買取店で査定すると良いでしょう。

ジープラングラーは高値で高止まりしていて人気

アメ車は高値で売れないことで知られていますが、ジープのラングラーは別格と言えます。その悪路走破性は、ジープと聞いただけで誰でも想像できると言って良いでしょう。このクロカンの代名詞と呼ばれる4駆が、マニアの間では高い人気を誇っています。

また、ラングラーの陰に埋まっていますがグランドチェロキーも2016年以降はプラットフォーム(クルマの基本骨格)を見直ししており、高値で取引されています。

超高級外車は別格扱い

高級スポーツカーと言えば、ランボルギーニやフェラーリといった名前が浮かぶ人が多いでしょう。この他にもポルシェ、マクラーレン、マセラティ、アストンマーティンといった高級スポーツカーがあります。また、BMWのMシリーズやメルセデスAMGといった特別モデルの中にも、さらに特殊な高級スポーツカーがあります。

こういった高級スポーツカーは、普通のクルマとは別格の扱いで、希少性の高さからクルマの価値は車種により新車より高いことも多々あります。

例えば、フェラーリは動く不動産とも呼ばれ、限定モデルになると億を超える金額で取引されるのも珍しくありません

一方、ポルシェも高級スポーツカーですが、ポルシェにも多くのラインナップがあり、ベースとなる911カレラ2辺りでは、新車から5年後の残価率は40%程度と、それほど価値が高くありません。

ただし、同じポルシェでもGT3といった特殊なスポーツモデルは、驚く価格で取引されるので、ポルシェは高級スポーツカーを扱うメーカーですが、クルマを売る時の価格は、車種やグレードで大きく差がつくと言って良いでしょう。

[PR]あなたのクルマ、いくらで売れる?カーセンサーの一括査定サービスはこちら

外車の値崩れは激しいことを知っておこう

外車は、新車購入してからすぐに大きく値崩れするのが当たり前です。というのも、クルマも資本主義原理の上に成り立っているので、購入する人がいなければ、当然のごとく値段は下がってしまいます。

また、日本国内で外車を購入する人は、中古車より新車を購入する人が多く、これが外車の中古車市場を低迷させています。

しかし、人気が有れば外車も高く売れて良いはずと思う人が多いでしょう。そこで、人気が有るにも関わらず、外車が値崩れを起こす理由を詳しく解説します。

外車は人気が有っても流通量がないことが値崩れに大きく影響

外車に一度は乗ってみたいと思う人は少なくないでしょう。日本車にはない高級感や乗り心地、そして操縦性能など、どれをとっても素晴らしいという話をよく耳にします。

これだけ多くの人が関心を寄せる外車ですが、中古外車と聞くとイメージが良くない人も多いのではないでしょうか。

外車は故障が付きものという先入観が値崩れを招いている

外車は古くから、よく壊れるクルマという認識が日本人の中に刷り込まれてきました。確かに国産車と比べると、故障がしやすいと言える部分があります。この故障しやすいという部分が、どうしても納得できずに中古外車の価格相場を押し下げています

特に、マイナーな外車は、故障したら修理にどれだけの日数がかかるのか、そしてその金額はいったいいくらになるのか見当もつきませんから、一般の人はどうしても中古車外車を敬遠しています。

このような考えが日本人に根付いてしまったことが、中古車外車のイメージを落としてしまい、クルマを高く買い取ってもらえないという悪循環を招いています。

人気が有っても購入する人がいなければ高くならない

外車にも人気がある車種は存在します。しかし国産車と違い、いくら人気が有ってもそのクルマを求める人の割合は少なくなっています

外車も、欲しい人がいなければ売れませんから、買取する時に人気がある車種と一般に言われていても、それはいつでも売れるという保証をしているものではないため高く買い取ることができません

もし、中古外車が、国産中古車のように頻繁に売れるような状況であれば、高値で買い取ってもらえることでしょう。しかし、現状の中古外車を悪いイメージと捉える人がまだ多く、外車は新車で買うものと思っている人が多い以上は、高く買い取ってもらうことは難しいでしょう。

外車の在庫は中古車業者にとってリスクが大きい

外車は、いつ売れるかわからないクルマなので、一般の中古車店ではほとんど取り扱いがありません。

また、専門で外車を扱う中古車店も、国産車のように回転良く売れるという商品ではないので、固定費として、かなり多くの金額を上乗せして売られていることがほとんどです。

外車は、不良在庫となってしまうリスクが大きく、中古車店も高い金額で買い取ってしまうと、その金額の回収が困難となり、回収不可能となる恐れがあります。そのため、外車は出来るだけ安く買い取りたいと考えるのが、一般的な買取店の考えです。

外車の流通は国産車と大きく異なることが高く買い取れない理由

外車は、国産車と販売方法が似ているようで、かなり異なります。

人気があるからと高値で買い取っても、そのクルマを欲しい人が現れる確率は国産車に比べると数分の1まで下がってしまうからです

このほか、外車のメンテナンスに関しても国産車と異なることが挙げられ、修理費が高額になることから、高値での買取が避けられています。

外車は仕入れてから売れるまでに時間がかかるため高く買い取れない

外車を欲しいという人がいたと仮定して、その人のためにクルマを探せば、すぐに売りさばくことができます。しかし、中古外車を探す人は、国産中古車を探す人より少ないので、仕入れてもすぐに売れることはほとんどありません

しかし、中古外車専門店では、安く仕入れて高く値段をつけることで、クルマの価値が下落しても対応できるようにしています。一般に、中古外車は高いのに買取が安いと思われるのは、ここに原因があります。

直ぐに売れるのであれば、薄利多売で国産中古車のように販売できますが、外車は本当に欲しい人が見つからなければ100%売れません

いつ売れるかわからない外車ですが、中古車価格はそれほど大きく下落しない特徴があります。しかしその反面、買取価格は月単位で大きく下落するのが外車の特徴です。これは、外車は意外に多くのメンテナンス費用が掛かることが多いからです。少しでも長く使用されたクルマは、それだけ多くのメンテンナンスが必要なクルマになるのが外車の特徴であり、これが国産車と大きく異なるところです。

外車の点検修理費用が高いことがコスト増につながり高く買い取れない

外車の整備の考え方は、国産車と大きく異なり、予防整備として多くの部品を交換するメーカーがほとんどです。国産車では購入してから一度も交換しない部品も、外車では当たり前のように交換しなければならない部品が多数あり、これが外車のコスト増につながっています。

例えば、外車を買い取ってからお客さんに販売するまでに点検整備するとなると、交換部品だけで数十万円を超えることも珍しくなく、高級外車では数百万円に上ることもあります

このように、点検修理費用が多くかかる外車は、どうしてもコスト増を抑えるために高く買い取ることができません。

まとめ

高く売れる外車は、ドイツ車のBMW、メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、アウディの4社が抜きん出ています。

しかし、高く売れる外車メーカーであっても、そのメーカーから販売される全ての車種が対象というわけではなく、その一部の車種に限定されます。

外車を高く売りたければ、マイナーな車種に手を出さないことや、同じ車種でもグレードが高い車種を選ぶことが重要なカギになります。