【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

【完全版】車持込売却の完全マニュアル!選べる売却方法・メリットデメリット・お店の選び方・売却の流れを紹介

持ち込み査定でクルマを売る前に、持ち込みで売却するメリットや売却の流れを知りたい方も多いと思います。持ち込み査定のメリットは、査定の予約をしなくても、いつでも時間が空いたときに査定をしてもらえるところです。仕事が休みの日などに、ディーラーや買取業者に来店すれば、その日のうちに査定をしてくれます。

一方で、売却当日は帰り道の交通手段が必要なことや、価格競合させたいときに移動が増えるというデメリットもあります。

この記事では、車売却初心者の方でも安心してクルマを売ることができるように、以下のことについて詳しく解説します。

  • 下取りと買取の違い
  • 持ち込み売却のメリットとデメリット
  • 持ち込み査定をしてもらえる店の種類
  • 持ち込み査定当日の流れ

この記事を読み、少しの知識をつけることで、安心して売却できるようになります。

もくじ

車の持ち込み売却には「下取り」と「買取」があることをまず理解しよう

クルマの持ち込み売却には「下取り」と「買取」の2つの方法があります。

下取りは、クルマを買い替えるときに使える売却方法です。売却したクルマについた値段を新しく買う予定のクルマの頭金に充当できる仕組みです。

一方、買取はクルマ購入の予定がなくても利用できる売却方法です。2つの違いを理解して、自分にとってベストなクルマの売却方法を選びましょう。

手続きの手間を省きたいなら「下取り」を選ぼう

下取りとは、新しいクルマを購入する場合に利用できる方法で、主にディーラーで利用される方法です。買取業者のうち、新車や中古車の販売も行っている店舗では、下取りを利用できるところもあります。

下取りの手続きは、クルマ購入と同時進行で対応してもらえます。売却する側の感覚としては、クルマ購入手続きの一部のような扱いで手続きが進むので、わかりやすい上に手間が省けます

手続きを一本化でき、手間が少ない点がメリット

クルマ購入の予定があり、手続きの手間を省きたい人は下取りがオススメです。下取りを選べば購入と売却で担当者が変わることがなく、クルマに関する用件や手続きを全て一本化して任せることができるからです。

新しいクルマを買うとき、何度か販売店に足を運んで数種類の書類にサインをしますが、下取りに関する書類も、この手続きの一部として扱われます。

もし購入先と売却先が異なった場合、クルマを売る人は売却先と購入先に逐一それぞれの状況を報告しながら連携を取る必要があります。売却と購入は、クルマの所有権や任意保険の切り替えと関係するため、完全に別々で手続きを進められるものではないからです。連絡する回数が増える上に、それぞれの手続きについてしっかり自分で把握しておく必要があるため、手間がかかります。

このような手続きの手間を省きたい人には下取りがおすすめです。仕事が忙しい方や、ややこしい手続きを省きたい人など、極力スムーズにクルマを売却したい方は下取りを選択しましょう

車を現金化したい人、高値で売却したい人には不向き

クルマを売却し現金を受け取りたい人は、下取りを選んではいけません。下取りはクルマ売却後、次に購入するクルマの頭金になってしまうので、売ったお金を現金で受け取ることできないからです。クルマを現金化したい方は、必ず買取を選択しましょう

できるだけ高値でクルマを売却したいと思っている方にも、下取りは不向きです。下取りの場合、購入予定のクルマの車種によって査定額が低くつく場合があるからです。また、下取りは他の業者と値段を競合させることができないので、交渉して高く値段をつけてもらうことが難しいからです。この場合も、下取りより買取を選択することをおすすめします。

車の現金化、高価売却を狙うなら「買取」を選ぼう

クルマを現金化したい方は、必ず買取を選びましょう。売却には下取りと買取の2つの方法がありますが、下取りを選んでしまうと現金を受け取ることができないからです。買取は、主に買取専門業者で行うことができます。また、販売店で買取をしてくれるところもあります。

また、少しでもクルマを高く売却したい人は買取を選択しましょう。買取は、複数の買取業者と見積もりを比較できるので、その中から最も高く売れる業者を選んで売却することができます。また、他の業者の見積もりを提示して値段交渉をすることもできるので、下取りよりも高く売れる可能性が高いです。

下取りに比べ、高値で売却できる可能性が高い

買取は複数の買取業者と値段を競合させることができるので、下取りよりも高値で売却できる可能性があります。複数の買取業者で査定を受け、相見積もりを取るのが高価売却のコツです。スタッフの対応や見積額をじっくり見極め、安心して高値で売却できるところを探しましょう。また、買取専門店でクルマを売却する場合は、買取そのものをメインのビジネスとしているため、販売店での下取りよりも高値で売却が狙えます

また、下取りでは同じ条件のクルマを売りに出しても、販売店が売りたいイチオシのクルマを買う人と比べて、査定額が低くつくことがあります。このように、査定金額で損をしたくない方は、買取を選択することをオススメします。

クルマの下取りと買取の違いは?メリット・デメリットと状況に合わせた使い分け方を紹介

持ち込み売却に向いている人は?メリットとデメリットを理解しよう

ディーラーで持ち込み査定をする場合、面倒な手続きを代行してもらえるというメリットがあります。また、予約不要で査定をしてもらえるので、スキマ時間を利用して効率よくクルマを売りたい方も、持ち込み査定に向いています

一方で、持ち込み査定は帰りの交通手段の手配が必要であることや、複数の業者の相見積もりを取りたいときに移動が増えるというデメリットもあります。持ち込み売却のメリットとデメリットを理解して、自分が持ち込み売却に向いているかどうか見極めましょう。

持ち込み査定のメリット3つ

持ち込み査定は、自ら来店してクルマを査定してもらう方法です。持ち込み査定のメリットは、手続きの楽さと気軽さです。

①ディーラーでの持ち込み査定は、面倒な手続きを代行してくれるので安心

ディーラーに持ち込んで査定をしてもらう場合、店側が様々な手続きを代行してくれます。クルマを売却するには、任意保険の切り替えや車両名義人の変更など、慣れていない方にとっては面倒に感じる手続きが多いです。このような手続きを極力省きたい場合は、近くのディーラーにクルマを持ち込みましょう。

買取業者は数が多く、対応もピンからキリまであるので、良い業者を探さなければなりません。メーカーから認定された正規ディーラーなら、悪徳な対応をされることがないので、業者を探す手間が省けます

ちなみに、持ち込み先のディーラーは、自分の乗っているメーカーの販売店でなくても大丈夫です。例えば、N社製のクルマをT社の販売店に持ち込んでも、査定および買取をしてくれます。新車は自社メーカーのクルマしか販売できませんが、中古車の場合はメーカーを問わず販売しているところが多いからです。

クルマ売却の他に優先することがある方や、手続きに自信のない方はディーラーで持ち込み査定をしましょう

②持ち込み査定は予約なしでOKなので気軽

持ち込み査定の場合は、予約をせずに店頭にクルマを持ち込んでも査定を受けられます。クルマ売却のためにわざわざ時間を割きたくない方は、買い物のついでや仕事帰りなどに、気軽に店によって査定をしてもらいましょう

土日祝日や、閉店まぎわなどは予約客で混み合っている場合もありますが、基本的にはその日のうちに対応してくれます。また、比較的大きくキレイな店では、テレビや漫画・雑誌などが設置されており、子供が遊べるスペースがある場合もあります。無料のドリンクを提供してくれるところも多いので、待ち時間も退屈せずに過ごせます。

このように、こちらの都合で思い立ったらすぐ査定をしてもらえることは、持ち込み査定のメリットです。

③店内で待っている間に査定が終了し、その後の手続きや交渉も店内でじっくり行える

クルマを持ち込み、担当者に受付をしてもらったあとは、待合スペースで待つことができます。フリーWi-Fiが飛んでいたり、アメニティが充実している店も多いので、査定中も快適に過ごせます。

査定が完了すると、担当者が席まで見積もりを持ってきてくれます。査定額が提示されたあとは、担当者との交渉です。買取に必要な書類の話や次のクルマの購入予定など、担当者とじっくり話をできます

持ち込み査定のデメリット2つ

持ち込み査定のデメリットは、帰り道の交通手段の手配が必要であることと、複数の場所に相見積もりを取りに行く際に移動が多いところです。

①帰り道の交通手段がないと困る

持ち込み査定でクルマを売却する際に忘れがちなのが、帰り道の交通手段の手配です。もし持ち込み査定に行った先でクルマを売却すると決めた場合、そこからの帰りの足がなくなります。

あらかじめ迎えを用意するか、電車やバスなどの交通手段が使えるかを調べておくと困りません。場合によってはタクシーを使うなど、店からクルマ以外の交通手段で帰ることを想定しておきましょう。

また、どうしても帰りの足が見つからない場合は、事前に買取先のお店に相談してみるのも一つの手です。必ずしも対応してもらえるとは限りませんが、買取先の担当者が見送りのクルマを出してくれることがあります。

条件の合う買取先が見つかったのに、帰りの交通手段がないために売却日がずれるのは手間なので、店に行く前に考えておきましょう

また、帰りの足の手配が難しい場合は出張買取もおすすめです。持ち込み売却と違って、買取業者が自宅や指定場所まで査定をしに来てくれるので、帰り道の交通手段が見つからない場合は、出張買取サービスの利用を検討してみてください

②価格を競合させたいときは移動が増える

価格を競合させて高価売却をしたい場合は、持ち込み査定は不向きです。できるだけ多くの業者の見積もりを取って比較をしたいとき、自分で移動をするのは時間も労力もかかります。また、来店した先で何度も同じ説明をしなければならないのもストレスに感じると思います。知り合いに買取業者がいる場合などの特別な事情がない限りは、出張買取も検討しましょう

出張買取の場合は、買取業者のスタッフが自宅まで査定にきてくれます。手軽に価格を競合させる方法としては、複数の買取業者に連絡をして同じ日の同じ時間にスタッフを呼び、同時に査定をしてもらう方法があります。どのスタッフも自分のところで買取したいと思っているので、金額で他社に負けないよう査定額を最大限に上げてくれます。

持ち込み査定を行っているお店の正しい選び方

持ち込み査定を行っている店には、ディーラーと買取業者があります。それぞれに違った特徴があります。

ディーラーの一番の特徴は、安心して買取手続きを任せられることです。査定額よりも安心を重視している方は、ディーラーを選択するのがおすすめです。

少しでも高く売りたいと思っている方は、買取業者を選びましょう。買取業者は買取そのものをメインビジネスとしているので、ディーラーに比べると高く買い取ってくれます。

安心を取るならディーラーに持ち込み

ディーラーに持ち込み査定を任せれば、契約手続きなどの際、きっちり対応してくれるので安心です。主力の業務が新車の販売であるという側面から、クルマに関する手続きには慎重に対応してくれる傾向にあります

一方で、高値での買取に関しては積極的ではありません。ディーラーは、あくまでも新車を売ることが第一優先なので、交渉をねばっても他の買取業者と比べて査定額が低く提示されることが多いです。もし安心を取ってディーラーを選択する場合は、ディーラーでは時々買取キャンペーンをしていることがあるので、そのタイミングを狙いましょう。キャンペーン期間中に売却すれば、普段と比べて高く売れたり、ノベルティグッズをもらえることがあります。

価格重視なら買取業者に持ち込み

価格重視でクルマを高く売りたい方は買取業者を選択しましょう。買取業務に特化しているため、ディーラーより高く売れる可能性があります。クルマの査定は「中古自動車査定士技能検定」という試験に合格した人が行うので、クルマの状態を査定して値段をつけたときの金額は、ディーラーとの金額差があまり変わりません。

しかし、買取業者はディーラーよりも買取業務に積極的であり、「他社に逃げられるくらいなら自社で買取をしたい」と考えている業者が多いです。そのため、純粋なクルマの価値で値段をつけるディーラーに比べると、高く売れる可能性があるのです

買取業者に持ち込む場合に注意したいのが、業者選びです。買取業者はCMなどで宣伝しているような大手買取店から、一人で会社を経営しているような小さな業者まで様々です。なかには、しっかりした契約書を交わしてくれない業者や、違法行為をしている業者も存在するので、誤って契約してしまわないように注意しましょう。

買取業者に知り合いがいる場合は紹介をしてもらったり、そうでない場合は大手買取店を利用するなど、安心できる業者を選ぶことが大切です。

持ち込み査定当日の流れは?

持ち込み査定の当日は、クルマを持ち込み、査定をしてもらいます。買取業者での売却を選択した場合は、複数の買取業者を訪問しながら、希望を満たす条件の売却先を選びましょう。

売却先が決まったら、いよいよ契約の手続きです。スムーズに契約手続きを進めるためには、事前に確認しておいたほうが良いことや、用意しておいた方が良い書類があります。これらの契約が完了し、数日するとお金が振り込まれます。

1.店に車を持ち込む

まずは気になる業者やディーラーにクルマを持ち込みます。事前の予約をせず訪問しても対応してくれるところがほとんどなので、時間が空いたときに行ってみましょう。

店に入ると、用件を聞きに来てくれる人がいるので、「乗ってきたクルマを売りたいので査定をして欲しい」と伝えます。その後の対応は担当のスタッフに引き継がれるので、担当者の指示に従いましょう。

2.査定してもらう

受付が終わったら実際にクルマの査定をしてもらいます。担当者にクルマのキーを渡し、実車を見ながら査定をしてもらいます。気になるところがある場合は、査定が始まる前に担当者に伝えておきましょう。アピールしたいポイントがある場合も、キーを渡す際に伝えておくと、査定をするスタッフ次第では有利に働く可能性があります。

査定をしている間は、ショールームなどの待合いスペースで終わるのを待ちます。自分のクルマを査定されているところが見たい人は、希望すれば立ち会わせてくれることもあるので、その場合は担当者に伝えれば問題ありません。

3.買取業者選び

次に、持ち込みから査定までの一連の流れを繰り返し、買取業者を比較しましょう。査定額を比較して高く買い取ってもらえる業者を調べます。また、買取業者選びで悪徳業者を選択しないためにも、査定額だけでなくスタッフの応対もチェックしておくと良いでしょう。

書類の説明を丁寧にしてくれたり、見積もりを紙ベースで提示してくれる業者は好印象です。ひとつひとつの対応の丁寧さから、良い業者かどうか見極めましょう

4.契約と手続き

売却する業者が決まったら、選んだ業者に連絡をして来店し、クルマを売る手続きをします。来店日の予約と、当日用意しておく書類などを確認しておきましょう。また、車両名義人や任意保険の手続き、ローンなど、事前に確認しておくとスムーズに手続きが進む項目があるので、事前連絡の際に確認しておくことがオススメです

契約当日までに事前確認しておきたいこと4つ

売却先によって細かく異なるところもありますが、基本的に契約当日までに事前確認しておくと良いこと4つを紹介します。

当日まで確認すべきこと
  • 車両名義
  • 任意保険の手続き
  • ローンの残債
  • スペアキーとメンテナンスノートの場所

どこで売却をするにしても必要な項目ばかりなので、契約当日までに確認しておきましょう。また、細かな準備物や確認事項に関しては、担当者に問い合わせることが確実です。心配なことがあるときは、電話で問い合わせると答えてもらえます。

車両名義人は本人か

売却するクルマの名義人が売却者本人でない場合は、まず名義変更が必要です。車両名義人は、車検証(自動車検査証)を見れば確認できます。車検証には「所有者」と「使用者」の2つの項目があり、それぞれに名前や会社の名前が記載されています。

名義変更が必要な場合は、2つのうち「所有者」の項目が売却者と異なる場合です。名義変更の手続きは、買取業者に相談すれば代行してもらえます。その場合、数千円程度の手数料がかかることがありますので、こちらも事前に料金を確認しておきましょう。

任意保険の手続き

クルマの売却時には任意保険の手続きも必要です。クルマにかけている保険なので、売却してそのクルマがなくなれば、同じ条件で継続することはできません。クルマを売却してそのままクルマを持たない状況になる場合は、損害保険の代理店に連絡し「中断証明書」を発行してもらう必要があります。

また、クルマを買い替える場合は「車両入替」という手続きが必要です。任意保険関係の手続きは、ディーラーであっても買取専門店であっても自分でしなければなりません。事前に代理店に連絡をして、クルマ売却の状況を伝え、必要な手続きをしてもらいましょう

ローンの支払いが残っていないかどうか

ローンの残債が残っている場合、クルマの売却方法が通常と異なる場合があります。ローンの支払いが残っている場合、ローンを組んでいる会社に返済を済ませてから売却する必要があります。

とはいえ、月々の支払いが完了するのを待つ必要はありません。売却価格を残りのローンに充当することで支払いが完了するのであれば、現金を用意する必要はありません売却価格を充当しても残債が残る場合は、その差額を買取先の業者に支払うと、一括返済をしてくれます。まずは自分のクルマのローンの残債を確認してみて、買取先の業者と相談し、手続きを進めましょう。

スペアキーとメンテナンスノートの場所

スペアキーとメンテナンスノートの場所も必ず確認しておきましょう。これらは査定に影響しますので、当日まで用意しておくようにしましょう。

紛失した場合は無理に用意する必要はありません。査定に影響が出る可能性はありますが、買取を拒否されることはないのでご安心ください。

5.入金を待つ

売却手続きが全て完了すれば、あとは入金を待つだけです。下取りの場合は、次に購入する予定のクルマの頭金となりますが、買取の場合は現金が振り込まれます。振込額に差異がないか確認するために、契約時に合意した金額が記載されている書類は必ず保管しておきましょう

従業員が小数人の業者でないかぎり、買取業務で接客を担当している人と、口座への振り込み業務をしている人は異なります。業者内の連携ミスで、振込額が間違われることもあるので、金額の確認は必須です。万が一にも間違っている場合は、遠慮せず売却先の担当者に連絡しなければなりません。そのためにも、振り込みが完了するまでは、契約時にもらった書類や名刺は残しておく方が良いです。

【完全版】クルマを売却する時の流れは?7つのステップと注意点、よくあるトラブルと対処法を徹底解説!

まとめ

クルマの売却方法には、下取りと買取があります。それぞれ「新たにクルマを買うかどうか」「手間の少なさと売却額の高さ」を基準に比較して、自分に合った売却方法を選びましょう。

また、持ち込み売却には、クルマ売却にあまり時間を使いたくない人でも手軽に売却できるというメリットと、クルマを手放したあとの帰宅手段の準備が必要なことや、相見積もりを取りたい場合に移動が増えるというデメリットがあります。自分が持ち込み売却に向いているかどうか、持ち込むならディーラーと買取業者のどちらが適しているかなどを判断して、納得のいくクルマ売却をしましょう