【0120170001はビッグモーター】今すぐ電話を止める方法と着信拒否がNGな理由を解説!

【0120170001はビッグモーター】今すぐ電話を止める方法と着信拒否がNGな理由を解説!

0120170001の発信主はビッグモーターです。

あまりの着信の多さに、悪い評判や口コミがネット上で数多く書き込まれていますが、実際にはビッグモーターはガリバーと並ぶクルマ買取業界の二大巨頭の一社となっていて、買取台数や中古車販売の顧客満足度などで第1位を獲得するなど、世間一般的にはかなり高く評価されている部分もあります。

そこで今回、ビッグモーターの実態を把握すべく、悪い噂だけでなく、良い評判・良い口コミも合わせて確認するとともに、しつこい電話に遭遇した場合の対処法について解説してまいります。

この記事を執筆している私自身もクルマの一括査定を利用して、ビッグモーターにも査定してもらった経験がありますので、体験談も交えながら見解をまとめてまいります。

もくじ

0120170001の鬼電の主、ビッグモーターはどんな買取店?

畳みかけるように掛けてくる0120170001の鬼電の主がビッグモーターと判明して、目にするのは悪い評判や悪い口コミばかり。しかし、実際にはビッグモーターグループは4年連続買取台数No.1を誇り、中古車販売の顧客満足度と中古車買取価格の満足度でも1位を獲得しているという顔を持っています。いくら電話がしつこいからといって、これだけの業績を収めることができるでしょうか。

そこで、実際問題、ビッグモーターはどういう企業なのか、どういった特徴を武器に業績を伸ばしているのか、悪い評判や口コミだけでなく、良い評判や良い口コミについても紹介していきたいと思います。0120170001と検索したときの悪い噂だけを鵜呑みにする前に、今一度、ビッグモーターの実状について確認しておきましょう。

ビッグモーターグループはクルマの買取台数で業界No.1

ビッグモーターのクルマ買取台数は、年間約13万台でガリバーに次ぐ業界第2位となっていますが、2016年に完全子会社となったハナテンを合わせると、グループ全体では4年連続で買取台数業界No.1の実績を誇ります。俳優の佐藤隆太を起用したCMはお馴染みになりつつありますが、上場こそ果たしていないものの、全国300店舗超、売上高5,500億円超、従業員5,000名と急成長を成し遂げています。一回でもクルマ買取に関わったことがあるならば、もはや知らない人はいないでしょう。

オークションを通さない直接販売により高値買取を実現

ビッグモーターは、クルマの買取だけでなく、買取ったクルマを自社店舗内で中古車として販売を行っていることも大きな特徴です。それは何を意味するかと言いますと、買取ったクルマを中間マージンが発生するオークションを通さずに直接販売することで、余分なコストが掛からないといったメリットがあります。そのため、中古車販売を行っていない買取専門店よりも、高値でクルマを買取ることができるというわけです。

買取・中古車販売以外のサービスも充実

ビッグモーターは、買取や中古車販売だけでなく、車検や整備、板金修理に保険といった、クルマに関する全ての窓口を一本化し、全国を網羅したネットワークを活かしながら、ユーザーのあらゆる課題の解決をサポートしています。そういったことも相まってか、中古車販売の顧客満足度と中古車買取価格の満足度では1位を獲得(実査:楽天リサーチ)しており、ビッグモーターは高い評価を得ています。

ビッグモーターを利用した人の口コミや評判

ここまでは、会社や買取店としての概要について触れてまいりましたが、次からは、実際にビッグモーターを利用した人の評判や口コミについて確認していきたいと思います。焦点となっている電話に関する口コミはもちろん、査定価格に対する評判や売却に至るまでのトラブル等についてもまとめていますので、是非ご参考にしていただければ幸いです。

オリコン顧客満足度は11位と上々の評価

中古車販売における顧客満足度や買取価格の満足度は1位でしたが、オリコンの顧客満足度ランキングでは、クルマ買取会社の調査対象32社中11位にランクインしています。ビッグモーター発祥の地でもある山口県を含む中国・四国地方のランキングにおいては第1位を獲得しており、全体的に見ても上々の評価と言えるでしょう。

車買取会社|オリコン顧客満足度ランキング

良い評判・良い口コミ

最初にビッグモーターの良い評判と良い口コミについて確認しておきましょう。買取価格の高さと担当者の対応の良さといったコメントが非常に多いのが特徴となっています。

10社中、査定価格は最も高かったという賞賛の数々

中古車買取価格の満足度No.1だけあって、「買取価格が最も高額だった」という書き込みが多く見られるのがビッグモーターの特徴となっています。実際に私も、一括査定を利用して買取店10社の査定価格を比較して、最も高かったのがビッグモーターでした。ベテランの査定士だったということもあり、買取店の中で最もクルマの価値を理解してくれているのが伝わってきて、高値で査定してもらった経験があります。

とにかく担当者が良かったです。自分の車と実家の父の車と、2台お世話になりました。数社と比べ、いつもビックモーターが一番の高値を言ってくれました
ビッグモーターの評判・口コミ|オリコン 車買取会社満足度ランキング

何件かの見積もりの中で一番高い買取価格を提示してもらいました。査定の早さ、正確さは大変納得いくものでした。
ビッグモーターの評判・口コミ|オリコン 車買取会社満足度ランキング

担当者の対応がとても良かったという声も非常に多い

ビッグモーターでは、次のクルマが納車されるまでの代車サービスを行っており、こういったビッグモーターのサービスによる営業マンの対応を好ましく評価するコメントも目立ちます。対応も迅速という声も多く、そういったユーザーのコメントには、必ず高値で買取ってくれたことが書き込まれているのも大きな特徴です。

車を売ってから次の車が納車されるまで期間があったのですが、3週間程無料で代車を貸してくれた。担当の方も対応が大変良かった。
ビッグモーターの評判・口コミ|オリコン 車買取会社満足度ランキング

車の買取価格が高額であったこと。車の引取の手配(有料)も即時に行ってくれたこと。連絡すればすぐに訪問してくれたこと。
ビッグモーターの評判・口コミ|オリコン 車買取会社満足度ランキング

査定の内容も納得いくものだった。査定してもらった帰りに車をぶつけられるアクシデントがあったが迅速に対応してくれた。
ビッグモーターの評判・口コミ|オリコン 車買取会社満足度ランキング

悪い評判・悪い口コミ

今回の記事の最大のテーマでもある、ビッグモーターの営業電話に関する辛口なコメントは非常に多いです。その着信履歴の画像を証拠としてツイートされている事例も散見されます。また、電話以外によるトラブルも多く書き込みされていますが、実際の原因がビッグモーターの営業方針によるものなのか、また営業担当者個人の資質によるものなのか、あるいはユーザー側に原因があるのか、微妙な内容のものもあります。

申込直後の10分間20回以上の着信は当たり前

申込をした直後に、10分間で20回以上の着信があったという書き込みが多いのは事実です。店舗によっても差はあると思いますが、ちなみに私は、たまたま1回目の着信で応対したため、当然、ビッグモーターからの電話を煩わしく思ったことはありません。ただ、他の買取店では同じように電話ラッシュに辟易したことがあり、企業の資質を疑わざるを得ないと言われても仕方がないかもしれません。

出れないから切っても何度も続けてかけてくる。自分都合で相手のことを考えない
電話番号0120170001はビッグモーター|電話帳ナビ

買取一括査定サイトで登録したら、何回も着信あり。普通の企業じゃあ有り得ない着信数、8時から着信だらけ。
電話番号0120170001はビッグモーター|電話帳ナビ

運転中なので、伝言メモにしてあるのだけれど、伝言もなく、2分おきに着信がある。何事かと思って迷惑です。
電話番号0120170001はビッグモーター|電話帳ナビ

営業マンの対応の悪さは人によるところが大きい?

営業マンの対応を好ましく評価するコメントが多い一方で、辛口なコメントをする人も非常に多いです。ビッグモーターに限らず、クルマ買取の世界で起こりやすい執拗な営業に根負けしてサインしてしまうトラブル、査定をしてもらったにも関わらず、結局値が付かなったことに対する書き込み等々。ただ、内容によっては、ユーザー側に起因しているコメントも多く見られます。どちらに実際的な非があるのか微妙なコメントも散見しており、判断しにくいコメントもあります。

一番に査定に来たがり、実際すぐに査定に来ました。「他社の査定もあり、その結果を考慮して、後日返事をする。」と言っても執拗に契約を迫り、契約するまで帰りませんでした。執拗さに根負けした私も悪いのですが、二度と取引したくない業者です。非常に後味の悪い取引でした。廃車処分したほうが、はるかにスッキリした気持ちになれたと思います
車選びドットコム

査定額を提示され、次の日に確認の電話をもらう約束だったが、約束の日も次の日もいつまで待っても連絡が来なかった。担当者の携帯に電話しても出ないため、支店に連絡したところ、やっと電話が来た。あげくの果てに「やっぱり買えません」とのこと。詐欺にあった気分です。車選びドットコム

クルマの引き渡し前後のトラブルも目立つ

クルマの引き渡し前後に発生したトラブルに関する、悪い評判や悪い口コミも非常に目立ちます。ほんの一例ではありますが、売却決定後の手続きに関する書き込みを取り上げてみました。クルマの売却で最も大切なのはお金ですから、お金が振り込まれないといった状況は、是が非でも避けたいところです。

月末まで車に乗りたかったが、査定した日に車を置いていけば5日後に入金するという条件で即日売却したが、支払い期限を3日過ぎても連絡無し、入金無し。 電話で確認するとローン残債が残っているから手続きに時間が掛かっているとの回答。 契約違反なので車を返却してくれと言ったが難しいと言われて、売却日から20日後に入金。店員が手続きを分かっていない最悪の会社。
車選びドットコム

一括査定でビックモーターと最初に話すことになり、直ぐに実際の査定に来てもらいました。担当者の対応も良く、金額にも納得し売却を決めました。が、振り込み期限になっても振り込まれず。こちらから連絡すると、そもそも、日程を考えると契約の日取りでは無理だったとの説明。はい?契約結んでますが??その後のスタッフの対応も最低で、契約書を交わしている意味もわからないみたいです。 真摯な態度で謝罪することもできない。いや、それ以前に、契約を守ることができない最低な会社です。
車選びドットコム

0120170001からのしつこい電話は利用者側にも責任あり

ビッグモーターの口コミや評判について見てまいりましたが、今回の記事の最大のテーマでもある電話を頻繁に掛けてくる、そもそもの原因を辿ってみると、「電話に出られなかった」、または意図的に「電話に出なかった」のいずれかに該当するはずです。つまり、ビッグモーター側の行き過ぎた感のある営業方針や営業スタイルに疑問符がつく部分もありますが、一括査定や買取査定を利用した側にも責任があることは認識しておくべきです。

そもそも電話に応対しなかったことが電話ラッシュを誘発している

じつは私も、ビッグモーターとは別の買取店から、鬼のような着信の被害を受けた一人でもあります。無料という言葉に踊らされて、申込後に電話ラッシュがあるとは露知らず、安易な気持ちで一括査定に申し込んでしまったことが要因となって、こういった電話によるトラブルが起きやすくなっている事例が殆どです。

買取店の営業時間中に一括査定に申し込んだ場合は、おそらく申込んだ直後から畳みかけるように、複数の買取店から電話が掛かってきたものと思われます。通話中に別の買取店から着信があっても、キャッチを使用しない限り、別の電話に応対できるはずもありません。ただ、営業している側からすると、見知らぬ番号に折り返し電話を掛けてきてくれるとは到底思えず、電話に出てもらえるまで電話を掛け続けるのは至って普通の行動とも言えます。

ただ、数分の間に何十回も掛けてくるというのは非常識な感も否めませんが、しつこい電話が掛かってくる原因の発端が「電話に出られなかった」または「電話に出なかった」ことにある点は、疑いの余地がありません。

ちなみに私も、一括査定でビッグモーターから電話がありましたが、たまたま1回目の着信で応対したからか、ビッグモーターからのしつこい電話というのは皆無でした。

ビッグモーターの営業スタイルが大きな原因でもある

もちろん、常識から逸脱したような電話の回数の多さは、営業方針や営業スタイルによるものと考えられ、そこにも大いに問題があると思われます。ただ、電話に出られなかった場合に着信履歴が残ったとしても、果たして折り返し電話を掛けるでしょうか?おそらく、どこの買取店か判別できないため、電話を掛けない確率のほうが高いと思います。そうなれば、営業マンの立場から考えますと、少しでも早くアポイントを取るためにも、応対してもらえるまで電話を掛け続けざるを得ないというわけなのです。

クルマの買取店の1日のスケジュールは、午前中に1件、午後から2件の買取査定を行うのが一般的です。そのため、時間の調整なども考慮して、いち早くアポイントを取ろうとするのは極々自然なことです。ただ、ブランドイメージを損なうような鬼電対応には疑問を呈しますが、それはビッグモーターの営業方針または営業スタイルであって、営業マン自身の本意ではないのかもしれません。

0120170001からの電話がしつこいときのNG行動と対処法

それでは、0120170001の主であるビッグモーターからの電話ラッシュに遭遇したときのNGとなる行動パターンと、その対処法について解説してまいります。当然と言えば当然と言えるようなことも、意外とできていないケースが多いこともあり、敢えてここでは触れております。ただ、これらはビッグモーターに限らず、どの買取店にも当てはまることですので、参考の一つにしていただければ幸いです。

電話に出ない・着信拒否はNGである

相手が売上を獲得したいという営業マンである限り、電話に応対してもらえるまで何度も電話を掛け続けてくることは、至って普通のことです。ただ、あまりのしつこさに辟易して電話を無視したり、着信拒否をしたりするのはNGです。そんなことをしても、殆ど効果がありません。数十分の間に何十回も同じ番号からの着信があれば、電話に出たくなくなる気持ちも非常によく理解できますが、むしろ着信回数が増えるばかりで逆効果になるだけです。

対処法
  • まず電話に出る
  • 留守電に残してもらうよう依頼する
  • 売る予定はなく査定の依頼だけと事前に伝えておく
  • 査定価格に納得できなければきっぱりと断る
  • しつこい電話営業のないネット査定に切り替える

まず電話に出る

しつこい電話から逃れるための最善策は電話に出ること、これに尽きます。 そのため、電話を無視したり着信拒否したりせずに、電話に出られるときは速やかに応対することです。説明するまでもありませんが、これで、煩わしい電話の悩みは間違いなく解決できます。

留守電に残してもらうよう依頼する

ただ、しつこい営業電話は、一括査定を申し込んだときだけではありません。査定したその場で査定結果が出ず、改めて電話で提示してくるときにも、しつこく電話を掛けてくる可能性があります。こういったときは、「査定価格の結果の連絡は留守電に残しておいてください」と事前に伝えておくことで、電話ラッシュを回避することができますので、是非とも試してみましょう。

売る予定はなく査定の依頼だけと事前に伝えておく

査定を受ける前に、「クルマを売る予定はなく査定だけお願いします」と事前に伝えておくことは、しつこい営業電話を回避するための一つの方法です。そのように伝えておくことで、査定後に電話が掛かってくることは殆どなくなります。クルマの買取店は、査定を受けたからといって必ず売却しなければいけないといったルールはなく、査定だけでも快く引き受けてくれますので、是非お勧めです。

査定価格に納得できなければきっぱりと断る

査定価格を提示された後、営業マンによっては売却するか否かの結論を電話で執拗に迫ってくる場合があります。このような場合は、査定価格に納得できなければ、きっぱりと断ることです。

他社の査定価格が出揃っておらず回答できない場合もあるかもしれませんが、希望する査定価格に到達していないにも関わらず、「検討中です」といった曖昧な回答をしてしまうと、いつまでも電話を掛け続けてくることになります。

しつこい電話営業のないネット査定に切り替える

一括査定を申し込んだ後にはなりますが、改めて電話営業の少ないネット査定に切り替えるというのも一つの方法です。しつこい電話で悩むくらいなら、いっそのこと、査定の依頼をリスタートさせるのも良いでしょう。そういった電話ラッシュを避けたいユーザー向けに、「しつこい電話一切なし」を売り文句にしている買取サービスがいくつもあります。もし、未だクルマを売却していないなら、しつこい電話がない買取サービスがどういったものなのか確認して、再検討してみると良いでしょう。

しつこい営業電話がない代表的な査定サービス3選

ここでは、しつこい営業電話がない査定サービスを厳選して3つご紹介いたします。もし、現在利用されている一括査定で電話ラッシュに悩まされているなら、査定サービスそのものを変更してみるほうが賢明かもしれません。

しつこい営業電話がない査定サービス
  • ユーカーパック
  • MOTA
  • オートバックス

買取オークション型のユーカーパック

仲介業者を通じてオークションに出品してもらう買取オークション型の査定は、1回だけしか行われません。個人情報は査定してもらう仲介業者と、最も高い価格で入札をしてくれた買取店にしか行き渡らないため、しつこい電話営業に悩まされることはありません。その買取オークションの業界最大手となるユーカーパックは、5,000社以上が参加するオークションに出品されるのが最大の特徴で、できるだけ多くの買取店に自分のクルマを評価してもらいたいという場合は、ユーカーパックを利用してみるのも一つの方法です。

MOTAの一括査定は高額査定を提示した3社だけ

「MOTA(モータ)車買取」は、中古車買取サービスのオートックワンから名称変更したクルマ買取サービスです。高額査定を提示した上位3社(最大)と、お客様が指定された買取店のみといった、限定した範囲内において電話のやりとりが行われる仕組みになっています。「しつこい営業電話なし、交渉は高額査定店だけ」を広告のキャッチコピーにして、それを最大のウリとしている一括査定です。

オートバックスのあんしん持ち込み査定

クルマを持ち込んで一括査定をしてもらうオートバックスの「持ち込みあんしん査定」。希望日時にクルマをオートバックスに持ち込んだ後、提携している複数の買取店がオートバックスへ直接出向いて査定を行うことで、一括査定が可能になります。また、査定に出向くことができない買取店は、オートバックスによる査定書を基に入札をすることもできます。そのため、査定のやりとりはオートバックスとなり、煩わしい電話営業は皆無です。

まとめ

0120170001の着信の主は買取業界屈指のビッグモーター。常識を超えたしつこい電話に疑問を呈するも、営業熱心さが功を奏してか、ビッグモーターグループは4年連続で買取台数No.1に君臨。悪い評判や口コミが多いものの、買取価格の高さやサービスの良さの面で良い評判や良い口コミが多いのも事実です。

しつこい営業電話に悩まされるのは、ビッグモーターの営業方針や営業スタイルだけが原因だけでなく、そもそもは「電話に出られなかった」「電話に出なかった」ことが原因による可能性が非常に高く、「電話に出ること」で殆どの悩みは解消されます。

もし、どうしても査定をしてもらう業者を変えたいといった場合には、いっそのこと別のクルマ査定を利用してみることが、一番の最善策かもしれません。