【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

【クルマを出張査定してもらうならココ!】お勧めの業者5選と出張査定を使う利点を紹介

クルマの売却を検討するときに、真っ先に思い浮かぶのは出張査定という方も多いでしょう。ネットでも最近よく目にしますが、沢山ありすぎて、どれがお勧めなのかが判りません。巷でも、そういった戸惑いの声をよく耳にします。

また、ついつい無料だけに安易な気持ちで申し込みそうになりますが、そんなときは一呼吸おきましょう。

まずは、出張査定の特徴や申込から売却までの一連の流れを事前に把握し、準備を万端に整えて申し込みをしたいところです。

また、出張査定ではなく持ち込み査定の特徴も知っておくことで、出張査定のメリットやデメリットにも気づくことができるでしょう。

この記事では、お勧めの出張査定の依頼先のほか、出張査定の特徴や出張査定を利用する際に押さえておきたいポイントなどを詳しく解説しています。是非、出張査定を申し込む前の参考にしてみてください。

もくじ

出張査定を依頼するならここ!お勧めの業者を一挙公開

クルマの出張査定を依頼したくても、沢山ある業者のなかで、いったいどこがお勧めなのか判らなくて迷うこともあるでしょう。依頼先が定まらず困っている方のために、お勧めの業者ベスト5をピックアップしました。是非、参考にしてみてください。

【お勧めの業者ベスト5】

【おすすめサイト1】最大30社の比較ができるカーセンサー


カーセンサー公式サイトはこちら

できるだけ高い査定価格を引き出すためには、より多くの買取店に査定をしてもらい比較することがポイントになります。カーセンサーの提携業者数は1,000社以上と一括査定サイトでは最大級となっており、査定の依頼も最大30社に対して一括で出張査定の依頼をすることが可能です。

また、電話連絡ではなくメールのみで査定の依頼ができるのも人気の理由で、クルマ買取一括査定サービスのなかでも評価が高く、知名度もあり安心です。出張査定の依頼先に迷うようでしたら、まずはカーセンサーの一括査定を選択することをお勧めします

【おすすめサイト2】利用実績450万人突破のカービュー


カービュー一括査定公式サイトはこちら

カービューは、クルマの一括査定の生みの親でもあり、2000年5月に愛車無料一括査定サービスを開始してから、450万人以上の利用実績がある老舗中の老舗です。ヤフー株式会社の子会社でもあり、「みんカラ」という日本最大級のクルマの口コミサイトも運営しています。古くからのファン層を大きく抱えて安定していますので、実績や安心感を求めている方には特に人気があります。

長い歴史のなかで、常にユーザー視点に立ってサービスを運営してきた経験から、一括査定の申込フォームや買取相場を調べるためのコンテンツも非常に見やすいと評判を得ています。中古車情報にまつわる情報も充実しており、一括査定の申し込み以外にも色々と役に立つサイトです。

【おすすめサイト3】オークション型ネット査定の最大手ユーカーパック


ユーカーパック公式サイトはこちら

クルマの査定には、オークション型の一括査定という形態をしている業者もいます。査定をしてくれた業者を通じて、クルマをオークションに出品してもらうことにより入札者を決定するという買取サービスです。業界最大手のユーカーパックなら、1回の査定で最大8,000社以上が参加するオークションに出品されることになります

査定は1回だけしか行われないため、個人情報は査定してもらう業者と、最も高い入札をしてくれた買取店以外に行き渡ることがなく、煩わしい電話営業がないのも大きな特徴です。また、オークションという性質上、即日売却という訳にはいきませんが、中古車市場で流通することが少ないクラシカルなスポーツカーやヴィンテージカーの場合は、一般の査定よりも高値で売却されることもあります。

【おすすめサイト4】一括査定とオークションの2種類から選べる楽天Car

皆さまもご存知の楽天が運営するクルマの買取サービス楽天Car。最大の特徴は、一括査定とオークションの2種類から買取サービスを選べるという点です。最大10社の買取店に対して90秒で無料の査定依頼ができる一括査定と、複数社が競り合ってオークションに入札するクルマ買取オークションがあり、いずれも成約時に楽天ポイントが1,500ポイントもらえるというおまけつきです。

一括査定も利用してみたいし、オークション型のクルマ査定にも興味があるという場合は、この楽天Carを利用して、同時に申し込んでみるのも一つの方法です

楽天クルマ一括査定公式サイトはこちら
楽天クルマオークション公式サイトはこちら

【おすすめサイト5】業界最大手、店舗数No.1のガリバー


ガリバークルマ査定の公式サイトはこちら

言わずと知れた国内店舗数No.1の500店舗を誇る、買取店業界最大手のガリバー。店舗数だけでなく買取実績数もNo.1で、多くのお客様に支持されています。出張査定はもちろん、持ち込み査定も行っており、近くにガリバーの店舗があるから直接持ち込んだほうが早いという方がいるかもしれないほど、ロードサイドで店舗をよく見かけます。

ガリバーが人気の理由の一つに、走行距離が10万kmを超えるクルマや、年式が10年以上のクルマ、車検が切れているクルマや事故歴のあるクルマも買い取ってくれます。また、ローンが残っているクルマも、残債を相殺して買い取ってくれますし、売買契約を結んでから入金まで最短で二日と早いのも特徴で、クルマの売却を急がれている方にはお勧めです。

ただ、電話営業が熱心な傾向にあり、着信拒否などをすると絶え間なく電話をかけ続けてくることもありますので、一括査定の場合は、かかってきた電話には速やかに対応して、煩わしい電話に悩まされないように心掛けましょう。

クルマの出張査定とは?

クルマの売却をするときに、出張査定を利用する方がとても増えています。出張査定という言葉から、ある程度は何となくどういったものなのか想像がつく部分もあるでしょう。しかし、意外と知られていないこともあります。ここでは、クルマの出張査定の特徴について、改めて確認しておきましょう。

クルマの出張査定の特徴

とても便利なクルマの出張査定をスムーズに進行させるためにも、その特徴を事前に掴んで賢く利用しましょう

クルマの出張査定の特徴として、以下の4点が挙げられます。

【出張査定の特徴】
  • 無料で希望する場所へ査定に来てくれる
  • 店舗に出向く手間が省け時間とガソリン代の節約になる
  • 複数の買取店を利用することで見積競合が可能になる
  • 離島や田舎など遠隔地の場合には出張費用がかかる場合もある

無料で希望する場所へ査定に来てくれる

クルマの出張査定の最大の特徴は、その名の通り、希望する場所へ出張査定に来てくれることです。自宅に限らず、希望する場所でも対応してくれます。また、クルマの買取争いが激化するなか、ほとんどの買取店では、無料で出張査定を行ってくれますので利用しない手はありません。

店舗に出向く手間が省け時間とガソリン代の節約になる

店舗に出向く手間が省け、時間とガソリン代の節約につながるのも出張査定の特徴です。クルマの一括査定を上手く活用すれば、一日に10ヶ所の買取店に出張査定してもらうことも可能ですが、これらを全て店舗に出向いてクルマを持ち込むとなると、相当な時間とガソリン代を浪費することになります。

複数の買取店を利用することで見積競合が可能になる

クルマの出張査定といえば真っ先に思い浮かぶクルマの一括査定を利用すれば、複数の買取店から査定価格を提示してもらうことで、見積競合が可能になります。それぞれの買取店から提示された査定価格を比較して、最も高い査定価格を提示してくれた買取店に売却先を決められるのも、一括査定の大きな魅力です。出張査定を上手く活用して高値査定を獲得しましょう。

離島や田舎など遠隔地の場合には出張費用がかかる場合もある

基本的に、どの買取店も無料で対応してくれる出張査定ですが、依頼先の買取店から遠く離れた離島や田舎といった遠隔地の場合は、出張費用がかかる場合があります。買取店のウェブサイトに査定無料と記載されていても出張費用が別途となるケースもありますので、事前に確認してから申し込むようにしましょう。

出張査定の申込から売却までの流れ

ここでは、出張査定の申込から売却および入金までの一連の流れを、注意点を踏まえて解説しています。スムーズに査定が行われるためにも、事前に確認しておきましょう。

STEP.1
【ネットまたは電話で出張査定を依頼する】
STEP.2
【査定の日時や場所を決める】
STEP.3
【査定士による実査定をしてもらう】
STEP.4
【契約して売却手続きを行う】
STEP.5
【クルマの引き渡しから振込入金まで】

ネットまたは電話で出張査定を依頼する

出張査定の依頼は、ネットまたは電話で依頼することになります。しかし、念のために出張費用および査定費用ともに無料かどうかを確認してから、申し込むようにしましょう。

査定の日時や場所を決める

クルマの実査定をしてもらう日時と場所を決定します。複数の買取店に査定を依頼する場合は、タイミングが重ならないようにスケジュール調整を行いましょう。また、査定を行う場所については、ご自宅に限らず、基本的に希望する場所へ査定に来てくれますので、その旨を伝えましょう。

査定士による実査定をしてもらう

査定士による実査定は約30分程度を要します。口頭によって、修理歴や事故歴などの確認をされる可能性もありますが、把握している範囲で正直に申告するようにしましょう。また、査定に必要な車検証や定期点検整備記録簿などの必要書類は、助手席など判りやすい場所に置いておくようにしましょう。

契約して売却手続きを行う

査定が終了すると、ほとんどの査定士は、その場で口頭による査定価格の提示を行います後々のトラブルを防ぐためにも、できるかぎり見積書などの書面でもらうようにしましょう。また、満足のいく査定価格が提示され、その場で契約を取り交わしたい場合は、契約手続きの依頼を申し出ましょう。

クルマの引き渡しから振込入金まで

クルマの引き渡しが完了すると、あとは振込入金を待つのみとなります。振込入金は、売買契約が完了してから数日後となるケースがほとんどです。そのため、振込入金日も事前に確認しておくと安心です。

クルマの出張査定で押さえておきたいポイント

出張査定を依頼する最大の目的は、買取店から査定価格を提示してもらうことにあります。その提示された査定価格が、相場や他店に比べて高いのか安いのかを判断する基準を持ち合わせておくことも大切です。また、出張査定をしてもらったら、その場で契約まで至ったときの場合に備えて、確認しておきたい車検証のチェックポイントがあります。

出張査定を利用する際に押さえておきたい内容

ここでは、出張査定を利用する際に押さえておきたい内容として、以下の3点を取り上げましたので、事前に確認しておきましょう。

【出張査定に必要な事前確認】
  • 事前に相場の確認をしておこう
  • 複数の買取店に査定をしてもらって査定価格の比較を行う
  • 車検証の所有者がローン会社やディーラー名になっていないか確認

事前に相場の確認をしておこう

出張査定を行ってもらって、査定士から査定価格を提示されても、その価格が相場に対して高いのか安いのか判らなければ判断のしようがありません。そのため、出張査定を申し込む前には必ず、査定をしてもらうクルマの買取相場価格をネットで確認しておくようにしましょう。そうすることで、査定士に対して自信を持って価格交渉することもできますし、複数の買取店から提示された査定価格が納得できる数字か判断するための材料にもなります。

複数の買取店に査定をしてもらって査定価格の比較を行う

出張査定の特徴のところでも解説しましたが、査定価格を比較することによって見積競合が可能になります。クルマの出張査定を利用する際は一店舗だけでなく、できるだけ多くの買取店に査定をしてもらい、査定価格の比較検証を行うように心掛けましょう。便利な一括査定などを利用して、それぞれの買取店から査定価格を提示してもらうことで、納得できる価格に辿り着けるチャンスが増えることになります。

車検証の所有者がローン会社やディーラー名になっていないか確認

たんに査定価格を知りたいだけではなく、具体的にクルマの売却を検討して査定を依頼している場合は、車検証の所有者欄を確認しておく必要がありますクルマをローンで購入した場合に、所有者がローン会社やディーラーのままになっているケースが多く見受けられますその場合、基本的にクルマを売却することはできません。ローンが完済したあとは、名義変更を行い所有権を解除する必要があります。車検証の所有者がディーラー名やローン会社になっている、またはローンを返済中の場合には、まず買取店に手続き方法を相談してみると良いでしょう。

なお、車検証には「所有者」とは別に「使用者」という欄もありますので、注意が必要です。

クルマの出張査定をしてもらう際に必要となる書類関係

クルマの出張査定をしてもらう際に必要となる書類関係は以下の通りです。車検証は査定価格に直接関係するものではありませんが、定期点検整備記録簿やメーカー保証書のほか、取扱説明書は査定評価の対象になりますので、査定をしてもらう前に準備しておきましょう。

【出張査定で必要となる書類】
  • 自動車検査証(車検証)
  • 定期点検整備記録簿
  • メーカー保証書
  • 取扱説明書

査定をする際に車検証が必要なのは説明するまでもありませんが、定期点検整備記録簿は、これまでメンテナンスをどのように行ってきたかを確認するのに欠かせない書類で、クルマの状態を知る上での重要な資料となります。また、メーカー保証書はもちろん、取扱説明書も査定の評価対象となります。

その他に、これは書類ではありませんが、スペアキーも査定の対象となりますので、お持ちの場合は、必ずスペアキーも準備しておきましょう。スペアキーを紛失していても、査定や売却は可能です。

なお、クルマを売却することになった場合は、さらに以下の書類も必要になりますので、合わせて揃えておくようにしましょう。

【普通乗用車の場合】
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し(住所変更時)
  • 委任状(販売店用意)
  • 譲渡証明書(販売店用意)
  • 預託証明書(リサイクル券)
【軽自動車の場合】
  • 軽自動車納税証明書
  • 自賠責保険証
  • 印鑑
  • 自動車検査証記入申請書(販売店用意)
  • 住民票の写し
  • 預託証明書(リサイクル券)
【クルマの売却手続きに必要な書類まとめ】スムーズな売却手続きのポイントも解説〜便利なチェックシート付

クルマの出張査定と持ち込み査定の違いとは?

ここでは、クルマの出張査定と対極にある持ち込み査定のメリット・デメリットをまとめて、それぞれの特徴や違いを解説します。

持ち込み査定にはデメリットが多い!?

メリットが多い出張査定ではありますが、一方で持ち込み査定はデメリットばかりなのかというと、決してそういう訳ではありません。ここでは、出張査定とは真逆の持ち込み査定に関するデメリットのほか、メリットについても触れておきます。

【デメリット】
  • 複数の買取店へ行くのに時間がかかる
  • ガソリン代もかかる
  • 混雑時は待たされる
  • 査定の数が少ないと高値査定の期待値が下がる
  • 契約した場合には帰宅手段を考える必要がある
【メリット】
  • 持ち込んだその場で売却手続きまで完了できる
  • 代車をその場で用意してくれる
  • 買取店の雰囲気を確認できる
  • 査定価格そのものに差は生じない
  • 持ち込み査定なのに一括査定をしてくれる買取店もある

デメリット1:複数の買取店へ行くのに時間がかかる

クルマの査定は、できるかぎり複数の買取店に査定してもらって、査定価格を比較検討したいものです。そのため、持ち込み査定の場合は、査定してもらいたい買取店が多ければ多いほど、その数だけ買取店に出向く必要が生じます。そのため、買取店へ行くのには時間もかかりますし、同じ日に複数店舗に持ち込むとなれば、その移動に要する時間も相当なものになります。この点については、明らかに出張査定とは違うデメリットと言えるでしょう。

持ち込みで一括査定したい方はオートバックスの「持込あんしん査定」を使おう!

オートバックスの「持込あんしん査定」は、持ち込み査定なのに一括査定が行われるという、他にはないサービスを展開しています。

持ち込み査定なのに一括査定という、クルマ査定の世界ではあまり耳慣れないフレーズ。これは、カー用品最大手のオートバックスと一括査定サイト運営事業者大手のカービューがコラボレーションした事業です。オートバックスに持ち込まれたクルマをオートバックスが査定することに加えて、オートバックスと提携している買取店がオートバックスに来店して査定するという仕組みになっています。

買取を希望する買取店だけが新たに査定をすることになるため、事前に査定をしてくれる買取店の数は判りません。ただ、査定された結果をネット上で登録したマイページから確認できるため、とても便利です。また、来店できない買取店も、オートバックスが査定した情報を基に入札することも可能となっており、一括査定並みの買取店が査定価格を提示してくれることになります

もちろん、希望に沿った価格でなければ、クルマを売却する必要はないので安心です。さらに、一括査定でありがちな電話営業に悩まされることがないところも大きな魅力で、2年連続で「オリコン顧客満足度ランキング車買取会社 担当者の接客力第1位」を獲得しているのも、納得できるところです

デメリット2:ガソリン代もかかる

クルマを持ち込む場合は、当然のことながら移動に伴うガソリン代もかかります。仮に、一括査定に負けじと10店舗近い買取店へクルマを持ち込んだ場合、その分の移動距離もそれ相応に積み重なり、途中でガソリン代も気になってくることでしょう。この点についても、持ち込み査定のデメリットの一つになります。

デメリット3:混雑時は待たされる

持ち込み査定の場合、事前に予約した日時にクルマを持ち込むことになりますが、繁忙期などの混雑時には来店客が重なることによって査定を待たされることがあります。もちろん、査定が遅れれば、同じ日に複数の買取店で査定の予約をしていた場合など、別の予約に支障をきたすことにもなりかねません。そのため、同じ日に持ち込み査定を複数予約する場合は、ゆとりをもったスケジュールを組むことが大切になります。

デメリット4:査定の数が少ないと高値査定の期待値が下がる

持ち込み査定の場合、移動に要する時間などを考えると、依頼する数にも限界があります。そうなった場合、どうしても、10店舗近い査定が可能な一括査定に比べると、比較検討する材料が減ることにつながり、その分、高値査定の期待値も下がることになります。クルマの査定では、いかに複数の買取店から査定価格を引き出すかが大きな焦点になります。そこで、一括査定を利用することによって、できるだけ多くの査定価格を引き出し、比較検討されることを推奨します

デメリット5:契約した場合には帰宅手段を考える必要がある

持ち込み査定を行って満足のいく査定価格が提示され、その場でクルマ売却となった場合には、帰宅手段を考える必要があります。買取店によっては、次のクルマを購入するまでの一定期間、代車を用意してくれるところもあります。しかし、代車を手配してもらえない場合、場所によっては何十分もかけて最寄りの駅まで徒歩で帰らないといけないといったケースも出てきます。また、店舗が公共交通不便地域にある場合には、買取店が最寄り駅やバス停まで送ってくれることもあります。しかし、もしもの時に慌てることのないよう、事前に帰宅手段も想定しておくようにしましょう。

一方、持ち込み査定には出張査定にはないメリットもたくさん

メリット1:持ち込んだその場で売却手続きまで完了できる

もちろん、デメリットばかりではありません。持ち込み査定の最大のメリットは、提示された査定価格に満足できれば、査定後にそのままの流れで売却手続きまで完了できることです。一括査定の場合も査定当日に売却手続きまで完了することは可能ですが、複数社が競合しているため、買取先の決定から売却手続きまでに時間がかかります。ただ、売却手続きまで完了しても、売却代金の振込は後日になる可能性が高いので注意が必要です

メリット2:代車をその場で用意してくれる

事前に依頼をしておくことで、次のクルマを購入するまでの一定期間、代車を用意してくれる買取店もあります。クルマを持ち込んで売却手続きまで完了した場合、その場で代車を用意してくれるのも魅力の一つです。ただ、代車の数にも限りがあり、買取店によっては代車サービスをしていないところもありますので、代車が必要な場合は事前に買取店へ確認しておきましょう。

メリット3:買取店の雰囲気を確認できる

お店の雰囲気を自分の目で確かめられるのも、持ち込み査定のメリットの一つと言えるでしょう。大切な愛車を売却するとなれば、自分が気に入ったお店と取引をしたいものです。出張査定の場合には、営業を兼ねた査定士としか接点が持てません。その点、買取店に出向くことによって、査定士以外のスタッフやお店の雰囲気を感じ取ることができるため、売却を決める判断材料の一つにもなります。

メリット4:査定価格そのものに差は生じない

同じ買取店であれば、持ち込み査定をした場合と出張査定をしてもらった場合を比べても、査定価格そのものは基本的に差が生じることはありません。よって、クルマを売却する際の最大のテーマでもある愛車の査定価格を知りたいという場合は、ご都合に合わせて、持ち込み査定か出張査定を選択されると良いでしょう。

【完全版】車持込売却の完全マニュアル!選べる売却方法・メリットデメリット・お店の選び方・売却の流れを紹介

まとめ

クルマの売却を検討しているなら、是非とも利用しておきたい出張査定。無料だけに気楽に申し込んでしまいがちですが、出張査定の特徴や申込から売却までの一連の流れを事前に把握してから申し込みをしたいところです。

また、出張査定を受ける際に押さえてきたいポイントや準備しておきたい必要書類の確認に加えて、出張査定とは正反対の持ち込み査定の特徴も知っておくことで、どの査定が自分にとってプラスなのかも見えてくるでしょう。

そして、できるだけ複数の査定価格を引き出して、高値で売却できるよう上手に出張査定を活用してください。