【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

スポーツカーを売るなら専門買取がお勧め!専門店を利用するメリットと専門買取店を探す方法を解説

スポーツカーは、エコカーや軽自動車およびファミリーカーなどとは違い、買取相場の変動がしやすい傾向にあります。スポーツカーは、トレンドや市場での人気、希少価値などが年々移行していきます。流通台数も他のクルマと比較して少なめなので、多くの買取販売店では買取実績を積みにくく、1か月単位で相場が動きやすいです。スポーツカーの価値を正しく査定してもらって買取価格に反映させるには、専門店での買取がお勧めです。スポーツカーを専門に扱う買取業者の探し方も併せてご紹介します。

もくじ

スポーツカーを売るなら専門買取店を選ぼう!

クルマの買取を行う業者は様々です。広く知られている「ビッグモーター」や「ガリバー」などの大手をはじめ、町の中古車買取販売店、故障車や廃車を専門に買い取る業者、そしてスポーツカーやSUVなどジャンルに特化した専門店などがあります。スポーツカーを売却する際は、車種ごとの特徴や中古車市場での相場や需要を理解しているスポーツカー専門店を利用することがお勧めです。

スポーツカー専門店なら正しく査定してくれる

スポーツカー専門店は、スポーツカーやスポーティカーを専門に買取・販売しているので買取実績が多く、中古車市場での需要を判断しやすいことが最大の特徴です。専門店を利用するメリットは、きちんとスポーツカーを評価してくれること。そのジャンルのクルマの取り扱いに慣れており、車種ごとの強み・弱みや、グレードごとの市場での人気など細かい部分まで把握していることが多いです。一方のデメリットは、実績が多く扱いに慣れているからこそ、状態を厳しく見られることがある点です。スポーツカーはハードに使われることもあるため、状態は査定額を左右する大きなポイントとなります。

スポーツカーは需要が判りにくく相場が判断しづらい

スポーツカーの新型の開発・発売は年々減少傾向にあります。クルマ市場でスポーツカーの需要がどのくらいあるのかは、中古車買取店や中古車販売店では判断しづらい状況になってきています。大手買取業者ではエコカーやファミリーカーなどの流通台数の多い車種の買取が多いため、スポーツカーの買取実績が少なく買取相場が変動しやすい面があります。スポーツカー買取専門店では、お客様からの直接の要望をもとに買取を行っているケースもあり、スポーツカーの需要を把握しており、相場の判断がしやすいと言えます。

多くの買取業者はスポーツカーの買取に不慣れ

大手買取業者では、軽自動車やエコカーなど流通台数の多い車種の買取がメインになってしまうので、スポーツカーの買取実績が少なく不慣れであることは確かです。また、査定士の全員がクルマ好きとは限らず、クルマが好きでもスポーツカーが好きとは限りません。これだけ多くのクルマが世に出回っているなかで、スポーツカーへの専門的な知識は、業者・店舗・査定士ごとにバラつきが出てしまうことは、もはや避けられないでしょう。

スポーツカーの状態を判断して査定額を算出するには、自社での買取実績や販売実績を参考にすることもあります。しかし、参考情報が足らなければ、保守的な査定をせざるを得ないため、正当な評価額とは言えない金額を提示されてしまうことも考えられます。

専門店なら査定額を左右するグレードや過給機の情報も把握してくれている

スポーツカーは、車種はもちろんグレードやスペックで人気や需要が変動しやすいと言えます。特に重要視されやすい「駆動方式」・「過給機の有無」・「グレード」は、車検証を見ただけでは判りづらいこともあるので、査定に知識や経験が乏しい場合、自分からアピールしていかなくては正しい市場価値を見出してもらえません。

ターボやスーパーチャージャーの有無は、エンジンや車検証を見れば判りますが、見落とされてしまうことがないとは言い切れません。スポーツカーの過給機の有無は、中古販売価格に大きな差をつけることもあるので、買取の際にも大事な要素の一つです。また、グレードはモデル型式や車体番号などから判断することも可能ですが、カスタムが施されていると見分けが付きにくいこともあります。

専門店では、そのようなグレードの違いや、走行性能を左右するスペック面の違い、希少グレードや限定車も、しっかり査定額に反映してくれます。人気グレードや限定車を在庫として持っていることは、スポーツカー専門店にとっても店の強みや魅力につながるので、新車価格を上回る取引が行われることもあります。

スポーツカーや一つの車種に特化した専門店だからこそ需要に応えた買取が可能


スポーツカー専門店や車種専門店では、年式やグレード、社外パーツに至るまで、状態の良し悪しや中古車市場での需要をしっかり把握しています。需要に応えるためには仕入れである買取がとても重要です。専門店には、その車種を欲しい人が「指名買い」を依頼するケースもあるので、状態の良い車体に対して相場以上の買取価格を提示することもあります。

スポーツカーは年々新型の発売が少なくなっている

現在、新車で販売されている国産スポーツカーに分類される車種は、数えるほどしかありません。新車販売が減っているからこそ、古いスポーツカーに希少価値と需要が生まれ、プレミア価格のような状態が生じています。年式が比較的新しい5年落ち程度までのスポーツカーは、査定額が落ちにくい傾向にあり、すでに販売終了したモデルや限定車は新車価格以上の値が付くことも多いです。

新車の開発や発売が少ないと、そのぶん流通台数も少なめになってしまいます。新車の流通台数が少なければ買取実績や中古車販売台数にも限りが出てしまうので、エコカーや軽自動車およびミニバンと比較して需要や相場が判りづらいのは仕方のないことだと言えます。

スポーツカー専門店はスポーツカーの在庫が多く、年式を問わずスポーツカーを求めるお客様が集まります。どのような車種に人気があるのか、どの年代のクルマに人気があるのか、人気の傾向などをしっかりと把握しているので、大手買取業者よりも迷いのない査定額の提示が可能です。

スポーツカー専門店なら年式に関係なく希少性やクルマの価値を見てくれる

スポーツカーは、その年代の最新技術を採用し、走行性能やデザイン性、運転する楽しさに重きを置いているので、その時代を象徴するものとして見ることもできます。現代のクルマように先進安全装備や電子制御に頼らない走りを楽しみたい人には、年式の古い昔のクルマに高い価値を見出すこともできるでしょう。スポーツカー専門店では、そのようなニーズに応えられるように幅広い年代のスポーツカーを買取り、自社在庫として持っておくことで専門店ならではの品揃えを実現することにもつなげています。年式にとらわれず、現代の市場や需要、希少性からきちんと価値を見て、査定額に反映してくれると言えるでしょう。

大手買取業者や下取りは年式と走行距離が基準なので古いスポーツカーは値が付きにくい

大手買取業者の買取や販売店での下取りは、年式と走行距離、再販需要がベースとなることが多く、古いスポーツカーには値が付きにくい傾向にあります。クルマに対するコストを抑えたい人や、ファミリーカーとして利用したい人にはスポーツカーの需要は低いため、高額査定につながりにくいのは事実です。特に税金やガソリン代などの維持費が高くなり、修理などの懸念もある年式の古いスポーツカーには、ほとんど値が付かないことも少なくありません。

年式の古いスポーツカーは走行距離の面でも不利な状況になりやすい

走行距離も重要視される日本国内では、年式が古いほど走行距離の面でも不利になりやすいと言えるでしょう。走ることを楽しむためのクルマであるスポーツカーは走行距離も増えがちで、経過年数×1万kmの平均走行距離を超えてしまうことも考えられます。しかし、逆に走行距離が極端に少ない場合は、希少車として価値が見出され高額査定につながることがあります。ガレージで大事に保管されていた車や、メンテナンス重視であまり距離を走っていない低走行距離車は、年式が古くなっても相場以上の金額で買い取ってもらえることが少なくありません。

現役で活躍するスポーツカーの多くは1990~2000年代のクルマ

街でもよく見かける現行モデル以外のスポーツカーやスポーティカーの多くは、1990年代~2000年代に誕生したクルマです。ハイブリッドカーが普及する前はハイオクガソリンを使用する高出力エンジンも多くあり、AT限定免許が浸透するまでは様々な車種にマニュアルミッションが設定されていました。2020年現在からは「旧車」と呼ばれてもおかしくないクルマが、いまだに年代を問わず人気を集めており、当時のスポーツカーはいずれも中古販売価格が高騰し始めています

その車種の希少性や市場での人気を買取価格に反映してくれる

年式の古いスポーツカーが多いなかで、年式と状態のバランスを見て希少価値などを正しく査定し、買取価格に反映してくれるのがスポーツカー専門店です。スポーツカーは買い物や旅行、ドライブ以外にも、サーキットでのレースやタイムアタック、ドリフト競技などモータースポーツにも使われます。モータースポーツでは、シビアコンディションでの使用が続くため車両部品への負荷が大きく、クラッシュなどによって修復歴が付くような損傷を受けたり、廃車になってしまうことも少なくありません。そのような状況下で、中古車市場での流通台数が減って希少となった車種や、販売終了し新型が発売されなくなった車種では、プレミア価格のような査定も行われることがあります

アニメやゲームに登場するスポーツカーは年式が古くても市場での人気が高い

漫画やゲーム、映画に影響されてスポーツカーを好きになる人や興味を持つ人も多くいらっしゃいます。「頭文字D」・「湾岸ミッドナイト」・「ワイルドスピード」などが、その一例と言えるでしょう。作品の知名度に比例して、作中に登場する車種の人気も高まるので、年式が古くても査定額が高額になることがあります。年式の古いクルマは経年劣化や故障、事故による廃車で流通台数が減っていく一方なので、人気があるうちは値崩れが起こりにくいです。

人気車種は大手買取業者などでも高額査定が見込めますが、状態によっては修理などが必要になることもあります。古いクルマはメーカーの部品販売が終了していることも少なくないので、部品の調達に苦労します。そのようなケースでは買取業者も積極的な買取はしづらいので、専門店のほうが査定に力を入れてくれる可能性が高いでしょう。

日本のスポーツカーは海外でも人気があるので海外への販路がある買取業者もお勧め

海外のスポーツカーは、新車価格1,000万円以上のスーパーカーが多い傾向にあります。一方、日本のスポーツカーは、新車価格が250~600万円と比較的手の届きやすい価格帯で、さらに壊れにくいこともあって海外での人気も高く、日本国内同様に漫画や映画の影響で、年式を問わず日本のスポーツカーの知名度は高いです。

国内での再販が難しく、買取価格が低くなってしまうような故障車、不動車、過走行車でも、海外に販路を持つ買取業者では高く売れる可能性があります。海外では日本と比較して、走行距離やクルマの状態にこだわりを持っていない場合があり、日本では売れにくい状態のクルマでも売れる見込みがあります。スポーツカー専門店で満足のいく査定額が出なかった場合は、このような業者にも査定をしてもらい、比較するのがお勧めです。

スポーツカー専門店ならアフターパーツも評価対象

スポーツカーの楽しみ方の一つにカスタムやチューニングがあります。一般的な買取ではカスタムパーツは評価対象になりにくいので、売却前に純正に戻したり、カスタムしたクルマを妥協した金額で買取に出すケースもあるでしょう。スポーツカー専門店では、社外アフターパーツも査定時に評価対象に入れてくれることが多いです。スポーツカーはアフターパーツの展開も多いので、中古車市場では個性豊かなスポーツカーが販売されています。

一般的な買取ではアフターパーツよりも純正パーツのほうが高評価

大手買取業者などでの一般的な買取では、純正部品のほうが高評価につながり、フルノーマルの車体のほうが評価されやすいと言えます。エアロパーツやマフラー、ヘッドライトなど様々なカスタムパーツが各メーカーから展開されているスポーツカーでも、その傾向は変わりません。大手買取業者などで売却を考えている場合は、純正の状態に戻したり、純正部品を提出するなどの対処が必要です。

カスタムはスポーツカーの楽しみ方の一つなので専門店なら評価対象

すでにカスタムされて完成された車体は、次の購入者にとってカスタムの費用や手間が省けるので一定の需要があります。スポーツカー専門店では、そのようなニーズに応えるため、アフターパーツも評価対象とすることが多いです。なかには専門店がカスタムを施して再販するケースもあるほど。

ボディキットやオリジナルパーツを制作してもらうワンオフパーツなどを取り入れた、手の込んだ大規模なカスタムの場合は、スポーツカー専門店だけでなくカスタムカー専門店にも査定を依頼してみると良いでしょう。

アフターパーツの価値もスポーツカー専門店なら評価してくれる

アフターパーツには、人気メーカーのアルミホイールや品質に定評のあるメーカーの車高調など色々あります。スポーツカー専門店では、他の買取業者よりアフターパーツに関する知識が豊富だと言えます。スポーツカー専門店では、自社でスポーツカーのカスタムやメンテナンスを手掛けていることも多いので、部品やパーツに関しても前向きに評価してくれます。

スポーツカー専門店なら査定士もクルマ好きが多く愛車の良さが伝わりやすい

スポーツカー専門店で働く査定士は、スポーツカーを好きな人が比較的多く、専門知識も豊富な傾向が強いと言えます。車種ごとの強みや弱みも判ってもらいやすいので、クルマの良さや大事にしてきたことのアピールが伝わりやすいでしょう。

一方で、スポーツカーの査定に慣れているので、メンテナンスが行き届いていなかったり不具合が出ていたりといった状態の良し悪しは厳しく見られる傾向にあります。スポーツカーは街乗りからサーキット用まで幅広い使われ方をするので、知識を有する店ほど状態の査定が厳しいです。しかし、状態が悪くても自社で修理などを行って、売れる見込みがあれば相応の価格を提示してくれる専門店が多少なりともあるので、複数店舗での査定を比較することが大切です。

スポーツカーを専門に買取している業者は一括査定で見つかる


カーセンサー一括査定はこちら

スポーツカー専門店を探す方法は、一括査定とネット検索がお勧めです。店舗を構えていたり、一括査定ですぐに連絡をくれるのは大手買取業者が多いという点もあり、スポーツカー専門店を探すことに苦労してしまう方も少なくありません。しかし、様々な業者が提携する一括査定は、スポーツカー専門店を探すこと以外にもメリットがあります。

一括査定を利用すれば対象地域の専門買取業者がすぐに判る

一括査定は大手買取業者が中心となってしまいますが、地域密着型の店舗や全国出張が可能なスポーツカー専門店も提携していることが多いです。情報を提供する業者の候補がいくつか提示されるので、ご自身で指定することもできます。

一括査定を利用すると、手軽に複数店舗から査定を受けることができます。複数店舗の査定額を比較することで、相場の判りづらいスポーツカーが高く売れる店を見つけることが可能です。スポーツカー専門店なら必ず高価買取になるとは限らないので、比較できるように複数店舗に査定してもらうべきでしょう。

その時の受注状況や在庫状況、クルマの状態によっては、専門店以外の業者が高値を付けるケースも十分にあり得ます。スポーツカー専門店なら一店舗のみの査定で良いということはなく、専門店を含む複数店舗で査定をしてもらい、比較することがお勧めです。

\ ネットで簡単、最大30社の一括査定! /
【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

インターネット検索でスポーツカーの買取専門店を探すことも可能

インターネット検索で「スポーツカー 専門買取」で検索すると、スポーツカーの買取や販売を専門に扱う業者のホームページが閲覧できます。スポーツカー専門店は、全国出張査定に応じている店もあるので、遠方の業者に査定を依頼することが可能です。

スポーツカー専門店のなかには車種を限定した専門店もあるので、「車種名 専門買取」で検索するのもお勧めです。流通台数の多いトヨタ「86」、スバル「BRZ」、スバル「インプレッサWRX」、日産「GT-R」、スズキ「スイフトスポーツ」などは、在庫の多い店のほうが査定に慣れていると言えます。また、アフターパーツや修理に専門知識を要するオープンカー専門店、ドリフトやサーキット用の競技車両専門店など、様々な専門買取があります。

大手買取業者のなかにはプチ専門店があることも

手続きがスムーズに進みやすく、サポート等も充実している大手買取業者は売却時の安心感もあり、査定額に納得がいけば大手買取業者のほうが良いという方も少なくないでしょう。

大手買取業者のなかでも、「ガリバー」はフランチャイズ経営になっており、ガリバーの看板を掲げながらも買取で仕入れる車は店長の好みで選んでいるというケースもあります。大手買取業者でスポーツカーを高く売りたい場合は、店頭に並んでいるクルマやネット上の在庫を見てスポーツカーが多い店を選び、一括査定ではなく店頭持ち込みで査定してもらう方法がお勧めです。

国内での再販では値が付かない状態の場合は海外向けの買取業者に査定を依頼してみよう

売却を考えているからといって状態が良いものばかりとは限らず、「走行距離が極端に多い」・「修復歴があり走行に支障がある」・「ガレージで眠ったままの不動車でバッテリー交換などをする気がない」・「修理費が高いので故障したまま放置している」というようなスポーツカーを所有している方も、いらっしゃるのではないでしょうか。そのようなスポーツカーを売りたい場合は、大手買取業者や専門店だけでなく、廃車買取業者や海外輸出を行っている買取業者にも査定をしてもらうと良いでしょう。

買取業者は、買取後の修復に費用と期間がかかり販売で利益を出せるか判らないような車体には、査定額を低めに提示します。しかし、たとえ修復にお金がかかったとしても、それ以上の売値が見込める車体であれば、専門店で高く売れる可能性もあるでしょうそれすら難しい場合には、廃車買取や海外向け買取店が高値を付けてくれる場合がありますので、諦めないでください

日本では廃車寸前と評価されるようなクルマでも、海外では修理やカスタムのベース車としての需要があったり、メンテナンスをしながら20万km、30万kmと乗り続ける地域もあります。どんな状態だったとしても、世界には日本のスポーツカーに需要を見出す地域があるので、あきらめずに買取業者を探すことが大切です。

\ 事故車・低年式車・訳あり車も買取可能 /
【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

少しでも高く売りたい人は査定時のポイントやメンテナンス方法も抑えておこう

「スポーツカーを売却するなら少しでも高く売りたい」という方は、スポーツカーの査定時にチェックされやすいポイントや用途に合わせたメンテナンス方法を知っておきましょう。買取価格は、その時の時価評価額や相場に左右される面もありますが、スペックや状態によって加減されることが多いです。

査定でチェックされるポイントを知っておくことで有利な売却が可能に

スポーツカーの査定でチェックされるポイントは、車種やグレード、スペック、使用感などです。特に、車種やスペックはリセールバリューを大きく左右します。

スポーツカーの楽しみ方や、良しとするスペックは人それぞれです。パワフルな加速を体感できる「ターボなどのエンジン過給機」、クルマを操っている感覚が強い「マニュアルミッション」、素直な挙動の「FRレイアウト」、悪路でも高い走破性と高速走行の安定性を兼ね備えた「4WD」など、スポーツカーの魅力はスペックにも現れます。

高額査定につながりやすいスポーツカーの特徴を把握して、査定時の交渉に役立てましょう

査定時のチェックポイントや、高く売るための方法を知りたい方は以下の記事もご覧ください。

スポーツカーを高く売るためのポイントは?査定時に伝えるべき事と値崩れしにくいスポーツカーの特徴も知っておこう!

正しいメンテナンスを施すことでリセールバリューを保てる

スポーツカーは、エコカーやファミリーカーと比較して新型の発売が少ないと言えます。各メーカーで1~3車種程度しか展開されていません。それだけ絞られたジャンルではありますが、一定の需要は保たれているのが現実。年式が古くなっても、良い状態をキープしていれば「その時代のスポーツカーが欲しい」という需要に応えるため、査定額は保たれる傾向にあります。

買取の時に高く売りたいと考えるならば、日頃のメンテナンスはしっかりと行うべきです。用途や環境に合わせたメンテナンスを取り入れ、リセールバリューを保つために参考にしてみてください。

スポーツカーのリセールバリューを保つ方法について詳しく知りたい方はこちら

国産スポーツカーのリセールバリューはどのくらい?価値を落とさないためのメンテナンス方法も解説

まとめ

スポーツカーの売却は、知識を有した専門買取店に依頼する方法がお勧めです。しかし、スポーツカー専門店は相場や需要が判っており、査定にも慣れているので状態を厳しく見られ、必ずしも高価買取につながるとは限りません。スポーツカーは車種や年式、状態によって相場が安定しづらい場合があります。一括査定を利用して、スポーツカー専門店とそれ以外の買取業者で査定をしてもらい、複数店舗の査定額を比較するようにしましょう。