【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

【動かない車を処分する3つの方法】費用をかけずに処分するなら廃車買取を利用しよう!

クルマの処分というと廃車処分が思いつくと思いますが、廃車買取専門業者を利用すると、動かないクルマもお金に変えることができます。廃車処分料には街のクルマ屋に依頼した場合は手数料として2万円ほど、廃車業車に依頼すれば1万円〜3万円ほどの費用がかかるのが通常ですが、廃車買取業車を利用すれば、この費用さえかかりません。

この記事では、動かないクルマを処分するのに費用が必要ない廃車買取専門業者とはどんな業者なのか、そして、動かないクルマを処分するにはどうすればよいのか正しい処分方法をご紹介します。

動かなくなったクルマの処分の方法には何がある?

クルマを購入するなら自動車販売店、故障すれば自動車修理工場に持ち込めばいいことは、広く知られているかと思いますが、動かなくなったクルマを処分するにはどこに相談すればよいか悩む方も多いでしょう。

車を処分する方法としては、主に以下の方法があります。

  • 自動車販売店に引き取りしてもらう
  • 廃車業者に処分を依頼する
  • 廃車買取に相談する

まずは、処分方法としての自動車事業種別に、その特徴をご紹介します。

①自動車販売店に引き取りしてもらう

クルマが動かなくなった時に、真っ先に相談する場所は、自動車販売店や自動車修理工場ではないでしょうか。常日頃から愛車のメンテナンスをお願いしているお店があれば、クルマが動かなくなった場合も、快く相談に乗ってもらえることでしょう。

しかし自動車販売店や自動車修理工場では、動かなくなったクルマで利益を上げる商売をおこなっていないので、イレギュラーとなる動かないクルマの相談は、他業種に依頼する形を取ります。

なので、自動車販売店や自動車修理工場では、動かなくなったクルマを処分する手数料を顧客から受け取ることで、動かなくなったクルマを引き受けます。手数料は、通常1万円〜ほどかかるのが一般的です。
また、販売店や修理業車まで運ぶレッカー費用がかかることも覚えておきましょう。

②廃車業者に処分を依頼

クルマが動かなくなったら、廃車業者に相談する人も少なからずいることでしょう。廃車業者は、昔からスクラップ工場や解体業者などと呼ばれており、廃車となったクルマを野積(のづみ)していることがほとんどです。

この廃車業者は、クルマをスクラップにすることが仕事なので、ある意味動かないクルマの専門業者といえます。しかし、廃車業者はクルマを完全にスクラップにしているので、スクラップ費用として約2万円ほどの処分料金がかかります

この、スクラップ料金とは、クルマを永久抹消登録する時に必要な書類作成料金がほとんどで、具体的には、解体にかかる移動報告番号及び解体報告日(リサイクル券に記載される。)の作成費用となります。(専用様式があるわけではなく手書きの場合がある)

そして、クルマを永久抹消登録するには、クルマが完全にスクラップにされた証明書が必要です。具体的には申請書(OCR申請書第3号様式の3)、手数料納付書(納付書は必要だが手数料はかからない)、所有者の印鑑証明書、解体証明書、使用者の実印、自動車検査証が必要です。これらを陸運局でナンバープレートとともに持参して永久抹消登録を行います。永久抹消登録には、廃車業者により価格が異なることがほとんどです。あえて相場観をいうとすれば、約1万円〜2万円となるでしょうか。この他に、廃車業者では、動かないクルマのレッカー料金も独自に定めていることが多く、業者によっては5万円以上の高額な処分費用を請求されるケースがあります。

必要以上の出費を避けたい方は、次に説明する廃車買取業車への売却を検討することがひとつ選択肢となります。

③廃車買取に相談

クルマの買取には、中古車買取がありますが、こちらは動くクルマの買取業者です。その反対に動かないクルマを買い取る業者が、廃車買取や事故車買取と呼ばれる業者です。

動かないクルマを買い取ってもらうなど、にわかに信じられない人もいるでしょう。しかし、実際に動かないクルマを専門に買い取る業者が今増えており、廃車買取を利用すれば動かないクルマに買取価格が付いてお金がもらえる可能性があります。「可能性がある」という表現にとどめたのは、お金を貰えない場合もあるからなのですが、その場合でも動かないクルマに処分費用が掛からないことで知られているのが廃車買取業者の特徴です。

なぜ動かないクルマが売れるのか?

動かないクルマを買い取ってもらえるのは、その後の活用方法に秘密があります。大きくは次の2点です。

  • リサイクルパーツとして販売しているから
  • 海外に部品として輸出しているから
A.リサイクルパーツとして販売しているから

動かないクルマは、そのままではクルマとして中古車流通できませんから、商品価値はゼロといえます。そんな商品価値のないクルマを買い取る理由は、クルマのパーツに魅力があるからです。

動かないクルマは、動かない原因となっている部品以外は、問題なく使えることがほとんどです。例えば、事故で破損した場合でも、破損していない部分はパーツとして販売することが可能ですし、機関が故障して動かなくなったクルマは、外装パーツや内装パーツなど、多くの部品をリサイクルパーツとして販売することができます。

特に人気のある車種は、中古パーツの需要も高くなるので、使える部品が多いほど買取価格は良い値段を提示してもらえることでしょう。

B.海外に部品として輸出しているから

国内で人気がなくても、海外では高い人気をほこる国産車は数多くあります。つまり、国内ではパーツとしての需要がなくても、海外にクルマを分解して輸出することで大きく利益が出せるクルマがあるということです。

また、海外で人気があるクルマであれば、複数の同じクルマから使えるパーツを持ち寄って再生させて走れるようにするような手法もあります。また、新興国などの人件費が安い場所では、クルマの修理費用も安く済むので海外のバイヤーが動かないクルマを大量に買い取って、輸出してから本国で修理して販売するようなビジネスも行われています。

このように、国内で古すぎて需要がないようなクルマでも、海外では現役で活躍していることが多く、廃車買取業者が買い取ることが可能となっています。

動かないクルマを廃車買取に出す2つのメリット

動かないクルマを廃車買取に出すメリットは、廃車となるクルマを専門に扱っているので手続きも滞りなく簡単に行うことができることです。そして、何と言っても通常であれば処分費用がかかるところを、むしろ現金化できる可能性があるということも大きなメリットとして考えられるでしょう。

A.廃車手続きが簡単になる

動かないクルマを廃車買取専門業者にお願いする大きなメリットは、手続きに慣れているので用意する書類も的確な指示があり簡単であることが挙げられます。

クルマの購入の場合は、ほとんどの自動車販売店ですぐ対応可能ですが、動かないクルマの手続きとなれば、手続き方法がクルマの持ち主の状況により大きく変わってくるので、手早く指示を出せないこともあるでしょう。

その点、廃車買取専門業者であれば、該当するタイプに合わせて必要書類のマニュアルがあるので、どんな場合でも支持された手順を踏めばクルマの処分が可能です。

また、スクラップ工場も廃車業務に慣れていると思われがちですが、必要書類を提示するマニュアルを用意しているスクラップ工場はほとんどないので、場当たり的な指示となることが多く、動かないクルマの処分は滞る可能性があります。

B.処分費用がかからなくなる

動かないクルマを廃車買取専門業者に依頼する最大のメリットは、どんなクルマも0円以上で買い取って貰えることです。ということは、マイナスとなりクルマの持ち主に請求されることはないという事です。

動かないクルマは、処分することが目的ですから、捨てるクルマです。その捨ててしまうクルマにお金を払ってくれるのが廃車買取専門業者であり、しかも見積もりは無料となっている業者がほとんどです。

動かないクルマを、お金を払って処分をお願いしようと思っていた人は、無料で相談できるので一度相談しても損はないでしょう。

\ 事故車・低年式車・訳あり車も買取可能 /
【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

動かないクルマを正しく処分するまでの流れ

クルマが動かなくなる時は突然やってきます。それは新しいクルマであっても全く確率はゼロではありません。

心の準備もなくクルマが動かなくなれば、途方に暮れるばかりかパニックに陥る人もいるでしょう。しかし、クルマが動かなくなった場合の正しい対処方法を知っておけば、突然の状況にも対応できます。クルマが動かなくなった場合の対処の仕方から、最終的に動かないクルマを処分する方法まで詳しく解説します。

走行中に動かなくなったらまずレッカーサービスを呼ぶ

動かなくなるクルマの多くは、走行中に突然走行できなくなります。そのトラブルにはクルマのドライブトレーン(エンジンやエンジンから動力を伝達する装置)が故障する場合や、衝突や水没で走行不能となる場合などに分かれるでしょう。

いずれも自走困難な場合となりますが、動かなくなった場合は、まずクルマを移動させることを考えなければなりませんから、レッカーサービスに連絡を入れてください。この時に、JAFの会員であれば作業料金は無料となることが多いですが、非会員の場合は高い作業料金が請求されます。任意保険に加入していれば無料のレッカーサービスを利用できることがありますが、多くは損保会社の指定修理工場へのレッカー移動となるでしょう。また、動かなくなった場所とレッカー先の工場までの距離により、数万円以上のレッカー費用が必要となる場合もあります。

この他に、日頃から付き合いのある自動車販売店や自動車修理工場にクルマのレッカーを依頼することも可能ですが、遠く離れた場所では知り合いの自動車修理工場はレッカー移動してもらえないことがほとんどで、近くの他の事業者を紹介されることになるでしょう。

このように、出先でクルマが動かなくなった場合は、特約サービスに加入していなければ、高いレッカーサービス料金がかかることも理解しておく必要があります。

処分するのか、廃車専門業者へ売却するのか決める

一般的に、走行中にクルマが動かなくなることが多く、その動かなくなったクルマは、自動車販売店や自動車修理工場に搬入されることになるでしょう。

そして、動かなくなったクルマは、自動車修理工場などで修理についての見積金額を提示されますが、修理金額がクルマの価値を上回るようなら、廃車手続きをとるほうが合理的です。自動車販売店や、自動車修理工場では、持ち主が修理しないことを決めた後には、次のクルマの提案と動かないクルマの処分について聞いてくるはずですので、そこで、動かないクルマの処分を任せるかどうか判断します。

金銭的合理性をとるなら、廃車専門業者への売却が有力か

もちろん、そのまま廃車処分を任せるという選択肢もありますが、処分費用をかけたくないと強く望んでいる場合は、やはり廃車買取専門業車への依頼が選択肢となるでしょう。廃車買取業者は、動かないクルマがどこに置いてあっても基本的に引き取りしてもらえます。そこで、廃車買取業者に、どこの自動車販売店や修理工場に置いてあるか伝えるようにしましょう。自動車販売店や修理工場では、廃車買取業者がクルマを取りに来ることを伝えておけば、特に問題ありません。

また、金銭的合理性をとるなら廃車買取業者に依頼する、ということは、不動者が自宅にある場合も同じです。この場合も、廃車買取業者に連絡すれば、直ぐに引き取りに来てくれます。

\ 事故車・低年式車・訳あり車も買取可能 /
【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

自宅に廃車買取業者を呼ぶ場合は、別途料金がかかる可能性に注意

ただし、廃車引き取り業者は、キャリアカーと呼ばれるクルマを運ぶトラックで引き取りに来ますので、自宅の動かないクルマが置いてある場所まで取りに来てもらわなければなりません。

トラックが入れないような狭い場所では、別途料金が発生することも考えられるほか、場合によっては引き取りを断られることがあります。自宅に動かないクルマを保管してある場合は、引き取りができるスペースがあるか確認して、引き取り困難な場合は、広い場所にクルマを搬出させることを考える必要があるでしょう。

動かないクルマは早く廃車にしたほうが良い理由

動かないクルマをどうするか思案して廃車にすることが決定したら、早めに廃車手続きを行ったほうが良いといわれます。

自分のクルマだから、いつ廃車にしても問題ないと思う人もいるでしょう。そして、少し知識のある人なら、自動車税の支払い義務が生じる4月1日までに動かないクルマの処分を行えばよいと考えます。

しかし動かなくなったクルマは、そのまま放置すると税金の面で大きく損をします。そこで、税金にはどのような種類があり、廃車が税金にどうかかわるのか詳しく解説します。

自動車税の還付が受けられる

毎年1年に1回、自動税の納付をクルマの使用者は行わなければなりません。この自動車税は、普通自動車は月割りで計算されるので、クルマ購入も月割りで納付します。という事は、廃車にすると月割りで自動車税の還付を受けることができます。

しかし、軽自動車税は、普通自動車とは異なり、月割りで請求されない代わりに、月割りで還付されることはありません。

そこで、普通車の場合は、動かないクルマを廃車にすると決めたら出来るだけ早く抹消手続きを行う事です。月をまたぐとそれだけ還付される税金が少なくなるからです。

また、3月には普通自動車も自動車税は還付される月がないので税金は戻ってきません。しかし、翌月になると課税されて1年分の税金を納める必要が出てくるので、3月は出来るだけ早く廃車手続きをしたほうが良いでしょう。

特に軽自動車は、自動車税の還付はないので注意が必要です。それは、普通車で4月に廃車となり自動車税を1年分納付しても、月割りで税金は戻ってきます。しかし、軽自動車は4月に廃車すると、税金は戻らないからです。

重量税や自賠責保険の還付が受けられる

動かなくなったクルマには、昨日まで問題なく動いていたクルマもあるでしょう。今まで問題なく動いていたのに、何らかの問題が発生したことで動かなくなったクルマは、車検が残っていることがほとんどです。

この車検が残っているクルマは、重量税と自賠責保険の還付を月割りで受けられる可能性があります。

重量税と自賠責保険は車検時に支払い、次の2年後の車検まで有効となっています。そこで、次の車検までの期間が長いほど重量税と自賠責保険は多く還付されます。

こちらの税金は、普通車も軽自動車も同じく月割りで還付を受けることが可能なので、クルマが動かなくなり、廃車を決めたのであれば、早急に抹消手続きをすれば多くの還付を受けることができます。

まとめ

動かなくなったクルマは、スクラップ工場に持ち込み処分するより、廃車買取業者を利用したほうがクルマをお金に変えることが可能なので、お得に処分することができます

また、廃車買取業者は、動かないクルマが保管してある場所がカーディーラーであっても引き取りしてもらえるので、余分な陸送費用も必要なく便利です。

このように動かないクルマは、お金に変えることができる可能性が高く、また、手数料もかからないことから早めに手続きを行って還付金も手にしましょう。