ハイエースを廃車処分にするなんてもったいない!輸出業者が買取に積極的な裏事情を紹介

ハイエースを廃車処分にするなんてもったいない!輸出業者が買取に積極的な裏事情を紹介

ハイエースを廃車処分にしたいと思っていませんか?

ちょっと待ってください。ハイエースをタダで処分してしまうのは非常にもったいないこと。

ハイエースの需要は国内だけでなく海外で高い人気を誇ります。特に新興国では安い人件費により故障したハイエースを修理可能なので、廃車と考えていたハイエースを海外輸出することで高値売却することも可能です。

そこで、ハイエースを廃車処分するにはどのような方法が良いのか、そして廃車の基準にはどのようなことがあるのか詳しく解説します。

もくじ

ハイエースをはじめから廃車処分に出すのは損!高価買取される可能性あり

長年乗り続けたハイエースをそろそろ廃車処分したいと考えている人もいるでしょう。

ただ、ちょっと待ってください。ハイエースを廃車にするのは少し考えなおしたほうが良いことがあります。

それは、ハイエースというクルマが一般の乗用車とは異なった価値を持っているクルマであることが理由です。

ハイエースはたとえ廃車であっても高値で売れる特殊なクルマ

ハイエースは、たとえボロボロになっても高値で売ることができる特殊なクルマであることを知っている人もいるでしょう。

実際にその通りで、クルマ業界では、ハイエースはかなりヤレていても売れるクルマであるという考えが一般的です。そして、どんなハイエースでも買い取る業者が多数存在します。

海外で人気があるため輸出専門業者が高値で買い取っている

なぜボロボロになったハイエースでも買い取る業者が多いのかといえば、海外で高い人気を誇ることが理由の一つ。

海外で人気があるということは、業者側としてはその分、販売経路が多くなるということ。国内で再販できないハイエースも海外で販売できるという業社側にとってのメリットがあります。

このように、ハイエースは積極的に仕入れても(買い取っても)損しにくいクルマ(むしろ儲かるクルマ)として積極的な買取が行われているのです。

海外では日本で廃車レベルのハイエースも普通に販売されている

日本では車検制度が厳しく、多くの部品を保安基準に適合するように整備しなければなりません。

もちろんこれが安全に公道の安全を守る要因になっているのですが、保安基準に適合させる事に多額な修理資金が必要となることから、まだ使えるクルマも廃車にしている事例が多くみられるのも事実。

一方、海外に目を向けると日本で廃車にしなければならないようなハイエースも現役で使用していることも多く、特に東南アジアやアフリカ諸国などの新興国を中心に、ハイエースの人気が高くなっています。

しかも、国内では修理費用がかさみ敬遠されるようなハイエースも、海外では普通に販売されます。その理由は、新興国での修理費用の安さや、保安基準という厳しい法律がないことが挙げられます(実際は排ガス規制などを施行している国もありますが、表向きで現状は厳しくないのが実情)。

このように、日本では車検も通らないようなボロボロのハイエースでも、新興国であれば安価で修理できることから、海外専門に販路を持つ買取店であれば思わぬ高値で買取してもらえることが期待できるというわけです。

ハイエースバン・マニュアル車・ディーゼル車は特に高値が期待できる

ハイエースは、海外で高い人気があると紹介してきましたが、ハイエースの種類によってはさらに高値が期待できる車種があります。

その車種というのが、ハイエースバン。さらに、オートマ車よりマニュアル車の需要が高く、エンジンではディーゼル車が最も高く買取してもらえるでしょう。

日本では、オートマでガソリン車、そしてバンタイプではなく乗用タイプに人気がありますが、海外での人気は、ハイエースバン、そしてマニュアルのディーゼル車に人気が集まっています。

低年式・過走行・走行不能でも買い取ってもらえる可能性あり

通常、低年式・過走行・走行不能車は国内では廃車処分として廃車買取専門業者に依頼するしか売却する方法はありませんが、たとえ走行不能の状態であったとしてもハイエースであれば効果売却が実現できることも。

その理由は、海外では部品が安く手に入ることに加え、技術料が格段に安いことが挙げられます。

例えば、ハイエースが人気のフィリピンで、エンジン不調による修理を行い走行可能とするまでの修理費用は、概ね1万円~10万円程度。しかも部品代も含まれてこの価格です。

これが日本で、エンジン不調が原因で走行不可となったハイエースを修理するとなると、状態にもよりますが最悪エンジン載せ替えで数十万円の出費の覚悟は必須。

こうして比べてみると、フィリピンではかなり格安で修理することが可能であることがわかるかと思います。

このように、故障したハイエースを日本から格安で仕入れ、海外で再生させるというモデルが出来上がっているので、走行不能車でも買取を行っている業者が存在するというわけです。

国内では部品取車として個人売買でも人気

また、国内では部品取車としての価値もあるのがハイエースの特徴。

国内には、あえて故障したハイエースから安く部品を調達することを狙っている人もいます。こうした層に個人間売買でアプローチできれば、廃車を考えているハイエースも部品として買い取ってもらえる可能性も。

部品として販売するには、①使える部品のみを外してネットなどで販売する方法と、②部品取車として販売する方法の2種類あります。

どちらの方法も、メリットとデメリットがあるので、仮に個人間売買を考えているのであれば十分考えてから選ぶようにしましょう。

以下、そのメリット・デメリットの解説です。

部品として販売するメリット・デメリット
メリット:多売によって金額が膨らみやすい

まず、ハイエースを分解して個人売買で販売するメリットですが、数多く販売することができることから、かなりの金額を手に入れることが可能です。

デメリット:販売額が技術や知識がいること

デメリットは、ハイエースを分解するスペースの確保と、分解する技術、そして部品を梱包する手間などが考えられます。

ハイエースの使える部品を自分で販売するには、クルマにかなり詳しいことが前提となります。そして、工具も充実していなければハイエースを分解して部品として販売することはかなり難しいと言えます。

部品取車として販売するメリット・デメリット
メリット1:一般の中古車買取より高く買い取ってもらえる可能性があること

部品取車として売却するメリットは、ハイエースを廃車買取や中古車買取より高く売却できる可能性が高いことです。

メリット2:分解の知識が要らない

また部品取車なので、自分でハイエースを分解する必要がないことから、部品取車でもクルマの部品に詳しくなくても問題ありません。

デメリット1:売却は確約されない

次にデメリットですが、個人売買である以上いつ売れるかわからないことです。そして、売れるまでは不動車となったハイエースを保管できる場所が必要です。

デメリット2:名義変更されないリスクがある

そしてもう一つ、ハイエースの名義を変更するリスクも付きまといます。自分で抹消登録して購入者に渡すのであればそれほど問題ありませんが、部品取車を購入した人に抹消登録までお願いすることは、かなりハイリスクとなります。

というのも、ナンバー付きで売却して抹消登録が長引けば、最悪自動車税が課税されて自分の元に納付書が送られてしまうでしょう。

また、自分で抹消登録するのであればお金もそれほどかかりませんが、時間を取られるデメリットがあります。だからといって業者に抹消登録をお願いすれば、1万円程度の代行料が請求されることでしょう。

廃車処分にするのは査定に出してからでも遅くはない

これまで説明してきたように、どんなにボロボロになったハイエースでも買い取ってもらえる可能性は十分ありますから、廃車は査定に出してからでも遅くはありません。

本来であれば数万円、もしかすると数十万円で買い取ってもらえる可能性があったハイエースを、ただで処分してしまうのはもったいないこと。

査定を取るだけではあれば無料ですので、まずはどのぐらいの金額がつくのか実際に査定をとってみることが大切です。

もし売れれば廃車費用1万円〜3万円が浮くことに

ハイエースを廃車処分するために解体業者に依頼すると、廃車費用として1万円~3万円の費用がかかります。そして不動車であれば、レッカー費用などが加算され、10万円近い廃車費用となることも少なくありません。

一方、査定額が提示されれば、廃車費用を1円もかけずにハイエースを処分することが可能。しかも値段によってはかなりのプラスとなってお金が返ってきます。

特にハイエースは、廃車買取業者も高額査定を出す可能性が高い車種なので、廃車処分を解体業者に依頼して、処分料を支払うより大きな得となります。

まずは気軽に査定をとってみよう

少しでもハイエースを売却する気持ちがあるのなら、まずは気軽に査定の相談をしてみることです。

ここで、どこに査定相談をすれば良いかの一つの目安ですが、①走行できるなら中古車買取店、②故障が多く日常的な使用が困難な場合は海外輸出専門業者に相談してください。

走行に支障がないなら中古車買取でまず査定

低年式車で走行距離が数十万kmといった場合でも、現役で走行できるハイエースであれば、中古車買取店で査定してみてください。

ハイエースはたとえボロボロでも問題なく走行できる状態であれば、中古車買取店でも買取してもらえる可能性が非常に高いクルマです。

年式関係なく、走行に支障がなければ買取金額にはかなり期待が持てます。

少しでも高く売りたければ査定額を比較することが大事

ここでひとつ重要なのは、少しでも高く売りたいと思ったら、買取査定額は必ず比較すること。

査定で買取価格が付いたら、迷わず他の中古車買取業者に査定依頼するようにしましょう。

ここは、他の中古車と同じく、多くの中古車買取店で査定して比較することで、高額査定を引き出すことが可能です。

少しでも多くの買取店で査定を取りたい場合は一括査定などを活用し、効率的に査定をとってみてください。

\ ネットで簡単、最大30社の一括査定! /
【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!
故障ヵ所が多く日常使いに不便があるなら海外輸出専門業者へ

廃車処分を考えているハイエースの状態が、日々の使用に耐えられないほど故障して不便がある場合や、まともに走行できない不動車の場合、海外輸出を得意とする廃車買取業者に相談すると良いでしょう。

ハイエースは、先にも解説してきた通り、故障が多くても不動車でも海外では販売することが可能です。現在、海外に輸出している買取業者は、大手廃車買取業者であれば、ほとんど海外ルートに販路を持っています。

このほか、海外輸出を専門としている廃車買取業者もあります。ハイエースの場合は、国内より海外のほうが廃車処分となるハイエースの人気は高いので、海外輸出専門の買取業者に相談してみると良いでしょう。

ただし、海外専門業者は、国内に大きな販売ルートをもっていないので、国内での需要も見るためにも大手廃車買取で査定しておくことをお勧めします。

\ 事故車・低年式車・訳あり車も買取可能 /
【無料】廃車専門の買取査定はこちら!
たとえ0円査定でも無料で廃車処分してくれる可能性も

これほど人気のハイエースも残念ながら査定が0円になってしまうことも当然あります

この場合は、廃車買取店に相談するのがベター。というのも、廃車費用を丸々浮かせられる可能性があるからです。

廃車処分では解体料金、レッカー料金、書類作成料金などがかかりますが、廃車買取で0円査定でも何も支払うことなく廃車処分を希望するハイエースを引き取って貰えます

このからくりは、廃車処分にかかる費用以上に、廃車処分をするハイエースの部品に価値があるから。

例えば、廃車費用に5万円かかるとした場合でも、ハイエースを分解してパーツとして販売した場合、利益を出すことが可能です。

こうした理由から、廃車買取店では廃車買取専門業者ではハイエースの引き上げや書類手続きを無料で行って貰えることが多くなります。

特にハイエースは、パーツ販売した場合、国内需要だけでなく、海外には大きな需要があります。そのため、高い利益を出せる可能性があることから、0円査定より高い金額で買取してもらえることが多く見られます。

廃車にするなら覚えておきたい税金・保険処理のこと

ハイエースを廃車処分するなら、クルマにかかる税金の還付も忘れてはいけません。

クルマには、年に1度の自動車税、車検時に支払う重量税、そして自賠責保険料があります。また、任意保険で年払いしている場合も、保険代理店で相談することが重要です。

そこで、どのようにしてそれぞれの税金の還付を受ければ良いのか、そしていつ廃車にすれば税金的に得なのか詳しく解説します。

廃車にすると還付金が戻ってくる

廃車にすると廃車にしたクルマの税金が戻ってきます。

還付申請の方法は解体の連絡を受けた後に申請を行うこと。

例えば、ディーラーなどにハイエースを廃車処分を依頼した場合、ディーラーから解体業者に廃車処分するハイエースを引き渡します。その後、解体業者から解体が完了した連絡が入ると、税還付の申請が行えるようになります。

ちなみにこの税還付ですが、平成17年1月から使用済自動車の再資源化に関する法律施工と同時に開始されました。

適正に自動車が解体された後に、解体を理由とする永久抹消登録申請または、解体届出と一緒に還付申請したときに、車検残存期間に対する重量税が還付されるシステムです。

抹消登録の中で、一時抹消登録申請や海外に輸出するための輸出抹消登録だと重量税は還付されません。重量税還付が目的なら、必ず永久抹消登録申請が必要となりますのでご注意を。

自動車税がかかる4月1日より前に廃車処分したほうが合理的

ハイエースを廃車処分すると決めた場合、それまで使用していたハイエースであれば、自動車税を払っていますから、廃車処分する月に合わせて月割りで自動車税が還付されます。

自動車税の仕組みは、毎年4月1日時点の使用者に対して課税される税金であるため、4月1日を過ぎると1年分の税金を納める必要があります。その納める時期は各都道府県により多少のばらつきはありますが、概ね5月初旬に口座引き落とし、または納付書が自宅に郵送されます。

問題になるのが4月中に廃車にした場合です。このような場合でも、5月になると自動車税納付書が自宅に送付されます。ここには1年分の税金が記載されており、一度そこに記載の税金を納めなければなりません。そして、後から4月分を除いた11か月分が還付される仕組みです。

そのため、余計な税金を支払わないためにもハイエースを廃車処分しようと前々から決めているのであれば、3月31日までに書類上で廃車処分することをお勧めします。ここで書類上としたのは、廃車買取業者に3月31日にクルマを引き渡しても、書類上の廃車は4月以降になってしまうからです。

特に3月は、陸運事務所が混み合う時期でもあり、ギリギリまで廃車の手続きを遅らせていると、3月中の廃車に間に合わないことも有るため、年度末は余裕をもって廃車処分の依頼を行いましょう。

自賠責の還付手続きも忘れずに

ハイエースに限らず、車検を受けて公道を走る全てのクルマには、自賠責保険に加入しています。これは、車検の時に強制的に加入する保険なので、強制保険という呼び方をする人もいます。

この自賠責保険ですが、こちらも廃車処分すると還付を受けることができます。ただし、廃車にしても自動的に還付されないので、手続きを別途行う必要があります。

この自賠責保険の手続きは、クルマを購入したお店に廃車手続きを依頼するのであれば、自賠責保険の手続き代行も行ってもらえる可能性はあります。しかし、基本的に保険なので、自賠責保険に加入している保険会社に連絡して自分で解約手続きが必要となることが多いでしょう。

自賠責保険の解約手続きは、廃車買取業者では取り扱っていない事が多く、廃車と同時に手続きすることはできません。そこで、廃車買取業者から永久抹消登録の原本が送られてきたら、加入していた自賠責保険会社に連絡をします。

自賠責保険の加入保険会社は、それぞれ車検証と一緒に保管してある自賠責保険証書に保険会社名が記載されているので、その保険会社に問い合わせます。

自賠責保険の還付を受ける時に必要なモノは、一般的に抹消登録のコピー、自賠責保険証書の原本、所有者の認印と振込口座です。そして還付を受けられる場合は、自賠責保険の有効期間が1ヵ月以上ある場合のみです。

実はまだ走れるかも?ハイエースを廃車にして良い判断基準

ハイエースを廃車処分したいと考える場合、かなりくたびれているクルマであることに間違いないことでしょう。しかし、本当にそのハイエースを廃車にすべきか悩んでいる人も少なくないでしょう。

そこで、ハイエースを廃車にする判断基準を詳しく解説します。

ハイエースは頑丈なため、一般のクルマの廃車基準で廃車するのはもったいない

ハイエースは、意外なほど長持ちするクルマとして知られています。長持ちする理由は、頑丈なボディと単純な構造が主な理由です。

特に先代の100系ハイエースは100万km走行できるクルマとして、国外では確固たる地位を築いており、頑丈で長く乗れるクルマとして人気があります。また、30万km以上走行しているハイエースでも、新興国では100万円以上の高値で取引がされることもあるなど、国内での廃車という常識が通用しないクルマです。

走行装置が問題なければ廃車にしないほうが良い

特に海外で需要が高いハイエースは、古くて過走行であっても、走行装置に問題がないハイエースです。その逆に、年式が新しくて走行距離が短くても走行不能なハイエースは、高く売却することが難しいでしょう。

そこで、低年式で数十万kmといった過走行車であっても、問題なく走行出来れば廃車処分ではなく、中古車買取業者に相談したほうがお得なことが多いでしょう。特に、新興国などへの輸出を専門としている業者は、走れるハイエースであれば高く買い取って貰える可能性が上がります。

ハイエースを廃車として良い5つの判断基準

ハイエースが頑丈で長く乗れるとはいっても、廃車にする基準がどこにあるのか抑えなければ、実際売却することに躊躇してしまうでしょう。

しかし、基本的にハイエースは廃車という選択肢はほんの一握りしかないということを念頭に考えたほうが良いです。というのも、国内や他のクルマの基準ではハイエースの廃車を測ることができないからです。

そこで、廃車となる基準には、以下5つが挙げられるので参考にしてみると良いでしょう。

  • 走行装置に大きなトラブルを抱えている
  • ボディの腐食が激しく鈑金修理に高額な費用がかかる
  • フレームまで損傷する事故を起こし修正が難しい場合
  • 走行距離が50万km以上となった場合
  • 走行装置以外の多くの部分に不具合が出ている

廃車となる基準①:走行装置に大きなトラブルを抱えている場合

ハイエースを廃車処分する基準として、一番問題となるのが走行装置の大きなトラブルです。

確実にエンジンブロー(エンジンが何らかの原因により大きく損傷)と分かった場合や、トランスミッション(エンジンの動力をタイヤまで伝える装置)が修理できないほど故障した場合などは、国内での修理費用は高額となるので廃車処分を選択しても良いでしょう。

ただし、一般的に走行できないと思われる故障でも、意外と簡単に修理が可能なことも多いハイエースなので、一度、修理見積を出してもらうことも一つの選択肢です。

また、エンジンブローやトランスミッションの大きな故障でも、新興国にて修理が可能なことが多く、廃車処分業者に依頼するより、海外輸出業者に相談したほうが良い場合もあります。

要するに、エンジンやトランスミッション、そしてサスペンションといった部分が複合的に大きく故障したハイエースは、廃車処分を選択して、廃車買取業者に相談することをお勧めします。

廃車となる基準②:ボディの腐食が激しく鈑金修理に高額な費用がかかる場合

長くハイエースを使用していると、使用環境によってはボディにサビが多数発生して大きな穴が開いていることも珍しくありません。

多少のサビや小さなサビ穴程度であれば、自動車板金塗装業者で修理することも可能ですが、荷台に大きな穴が開いて地面が見えるような腐食では、修理すると高額な修理費用が発生するため、廃車を選択したほうが良いでしょう。

ボディの腐食は、見た目より深く進んでいることがほとんどですから、穴が少しでも開くような腐食が見られたら、どの程度の腐食が予想されるか専門業者に相談してみるのも一つの方法です。そこであまりにもひどい腐食と判断されたら、廃車買取に相談してみましょう。

廃車となる基準③:フレームまで損傷する事故を起こし修正が難しい場合

フレームが大きく損傷するほどの事故車では、修理は厳しいと言わざるを得ません。また、フレームまで大きく損傷したハイエースは、新興国では修理する技術がないので、海外輸出を専門とする業者でも敬遠されることになります。

ただ、ハイエースのボディが大きく損傷していても、ハイエースのフレームは問題ないことも少なくありません。これは、ハイエースのフレームがトラックやバスと同じラダーフレームと呼ばれる強固なハシゴ状のフレームを採用しているからです

どうしても修理が無理なのであれば、事故車買取業者への相談がお勧め。

事故車買取業者は、どのような事故でも使える部品を取り外して再販している企業なので、横転してクルマ全体がひしゃげたハイエースや火災で全焼したハイエース以外であれば相談する価値があります。

廃車となる基準④:走行距離が50万km以上となった場合

ハイエースがどんなに頑丈なクルマでも、50万kmを超える走行距離となった場合は、廃車処分を視野に入れても良いでしょう。

走行距離が多いという事は、それだけ各部にダメージが蓄積されているので、どんなに頑丈なハイエースでも、それ以上走行させるには整備費用などの維持費が大きくかかることが予想されます

しかしながら、ここでも中古車海外輸出業者に相談してみることも重要です。というのも、ハイエースは新興国で50万km以上走行していることも少なくないからです。

廃車となる基準⑤:走行装置以外に多くの部分に不具合が出ている場合

ハイエースは、走行装置以外にもエアコンやナビといった快適装備が用意されています。これらの部品が故障しても単体であれば、それほど高額な修理費用は掛かりません。しかし、多くの快適装備が同時に故障している場合は、修理するには多額の修理費用が掛かります。

また、意外とシートも長く使用しているとヤレてきます。このヤレはシートを交換すれば良いと考えがちですが、新品で購入するとかなり高額となります。それが全てのシートを交換するとなればグレードによっては数十万円の交換費用を覚悟しなければならないでしょう。

このように、快適装備の多くに修理が必要であれば、廃車処分として廃車買取業者に相談することや、海外輸出専門業者に査定依頼してみましょう。

まだ走れそうか確かめたい場合は専門業者に確認しよう

廃車処分を考える多くのハイエースは、何らかの問題を抱えていることが少なくありません。そこで自分で廃車と考えても、ハイエースは中古車として価値があることも少なくありません。

ハイエースが、他のクルマとは廃車基準が違う事を考えると、自分で廃車処分と決定するのはもったいないこともあります。そこで、ハイエースがそろそろ廃車かもしれないと感じたら、中古車買取業者や廃車買取業者に無料査定を依頼してみましょう。

ハイエースは、廃車と感じても実際は走れることが多いので、廃車買取だけでなく中古車買取にも相談するのが大きなポイントです。

まとめ

ハイエースの廃車を考えるなら、ハイエースがどのような状態なのかを見極めて業者選びすることが重要です。

ハイエースは、非常にタフなクルマなので一般のクルマの廃車基準は当てはまりません。そのため、走行距離が10万kmを超えたから廃車処分を考えるのは非常にもったいないことです。国内でも、30万kmを超えるハイエースが多く見られることから、中古車買取業者に相談するのも一つの方法です。

もし、自分でハイエースの処分方法がわからない時や迷ったときには、ハイエース専門業者や中古車買取店、そして廃車買取店など、多くの店舗で相談してみると良いでしょうハイエースに廃車処分というワードはありません