査定0円だったクルマも正しい売却先を選べば売れる!値段がつかない原因別におすすめの買取業社を紹介

査定0円だったクルマも正しい売却先を選べば売れる!値段がつかない原因別におすすめの買取業社を紹介

クルマの査定が0円だった・・・。車種や年式、走行距離、クルマのコンディションによっては当然ありえる話です。ただ、だからといってすぐにクルマを手放したり諦める必要はありません。原則、どんなクルマでも必ず値段がつきます。

査定が0円となってしまった理由としては主に4つ考えられます。本来、値段がつくはずのクルマでも、ディーラーに下取り査定を依頼したために値段がつかなかったケースや、低年式・過走行車、要修理車・修復歴あり・事故車、あるいは不動車といった場合です。

そして、それぞれに適した売却先を選べば、少なからず値段がついた形で売却できるはずです。

この記事では、査定が0円となってしまった理由と、その理由に適した売却先について紹介します。ぜひ、この記事で紹介する方法を実践し、少しでも高くクルマを引き取ってもらいましょう。

もくじ

クルマの査定額が0円になる原因4つとその対処法

査定結果を提示された際に査定士から値段がつかなかった理由を聞かれていることと思いますが、買取店の営業方針やサービス体制によっては、値段がつくはずのクルマも0円査定を提示してくる場合があり、どこの買取店で査定しても同じ結果になるとは限りません。

ここでは、査定0円となってしまった4つの理由と、それぞれに合った対処法と注意点についてまとめています。もし、推奨している対処法をまだ実践されていない場合は、ぜひ一度、実践してみてください。

結論からいうと、クルマの査定が0円になってしまった主な理由は以下4つが考えられます

  • ディーラーの下取り査定に出したから
  • 低年式車または過走行車だから
  • 要修理車、修復歴あり車、事故車だから
  • 不動車だから

原因①:ディーラーの下取り査定に出したから

査定0円になった理由の一つとして考えられるのが、ディーラーの下取り査定に出したから、という点がまずひとつ。もし、ディーラーの下取りで査定0円を言い渡されたのなら、まだまだ諦める必要はありません。

ディーラーの下取り査定は買取査定とは異なり、査定価格が低くなる傾向にあります。新車の販売を生業としているディーラーは、買取のプロでもなければ、下取りをしたクルマを再販することを生業としている訳でもありません。

新車の値引きに充当するための下取りであって、積極的に高値で買取ることをしていないため、買取店では値段がつくのに、ディーラーの下取り査定に出したために値段がつかなかったという可能性が考えられます。

よって、ディーラーの下取りで査定0円と提示されたのであれば、まず買取店で査定をしてもらうようにしましょう。

対処法:一括査定やオークション査定に出してみる

査定0円だった理由がディーラーの下取り査定だった場合は、まず、クルマの一括査定を利用して、複数の買取店から入手した査定価格を比較してみましょう。そうすることで、本当に自分のクルマが査定0円という評価にしかならないのか、あらためて確認することができます。

ズバット【2021年最新】クルマ一括査定サイトのおすすめランキング8社!あなたに合う選び方を徹底解説!

また、クルマの一括査定でも値段がつかなかった場合は、オークションにクルマを出品してもらう買取オークションも利用してみるのも一つの手段です。

実際に使ってみよう!代表的なクルマ一括査定サイト3選

本当に自分のクルマの価値を確かめたいのであれば、複数業社から査定をとってもらうことは欠かせません。1社のみから査定をとっても、その査定額が妥当なのかどうか客観的に判断できないからです。そういう意味でも、一括査定を積極的に利用して下さい。

一括査定ではとても便利です。無料で出張査定してくれるだけでなく、一回の情報入力で複数の買取店の査定価格が引き出せるため、どこの買取店が最も高く評価してくれたのか比較することが出来るのが最大の特徴。

ここでは、クルマ一括査定を行っている代表的なサイトを3つ紹介いたします。

一括査定の代表的サイト1:ナビクル

ナビクル画像引用:ナビクル

ナビクルは、東証一部上場会社エイチームの子会社エイチームライフスタイルが運営するクルマ一括査定サイトの大手の一つです。クルマの一括査定を申込する際の入力項目が少ないのが人気の秘訣で、今では利用者実績が460万人を超え、ナビクルは一括査定でシェアNo.1となっており、お勧めのサイトです。

一括査定の申込のしやすさだけでなく、買取相場を調べることができる「買取・下取り相場」のコンテンツも人気を博しています。メーカー名、車種名、年式、グレード、走行距離の5つの項目を入力するだけで、現在を起点として約10か月前の過去の相場と、現在の相場、さらには約半年後の未来の相場までが分かる優れた機能を持ち合わせています。是非一度、覗いてみてください。

一括査定の代表的サイト2:カーセンサー

カーセンサー画像引用:カーセンサー

クルマの一括査定で業界最大手のカーセンサーは、最大30社まで一度に査定依頼ができるのが特徴で、提携している買取店の数が業界最大級の1,000社を超えていることからも、その理由が分かります。クルマ売却の基本でもある、出来るだけ多くの買取店から査定価格を引き出して比較するためには、このカーセンサーの一括査定を利用するのが最も効率的とも言えます。

一括査定の代表的サイト3:カービュー

カービュー画像引用:カービュー

クルマの一括査定の生みの親でもあるカービューは、2000年5月に愛車無料一括査定サービスを開始して以来、実に450万人以上の利用実績を誇ります。Yahoo!の検索エンジンの自動車カテゴリがカービューとなっていることから認知度も高く、古くから利用者が多いのが特徴です。これまで、ユーザーファーストでコンテンツ運営をしてきただけあって、一括査定の申込フォームはもちろん、買取相場や新車および中古車情報、そのほかクルマに関するあらゆるトピックスをまとめたポータルサイトは、ユーザビリティに優れており非常に見やすいと高い評価を得ています。

意外と簡単!オークション査定に出品してみよう

もし、クルマの一括査定で値段がつかなかった場合の次の手として、クルマ買取オークションを利用するという方法があります。オークションという名の通り、業者を通じてクルマをオークションに出品してもらい、全国から入札者を競い合わせて落札者を決定するという仕組みになっています。

最寄りの買取店だけが査定する一括査定とは異なり、オークション業者に登録している何千という全国の買取店に情報が行き渡るため、一括査定で値段がつかなかったクルマでも、買い手が現れる可能性があります

そして、出品方法も意外と簡単。ここで紹介するのは「ユーカーパック」というオークション査定サービスですが、仕組みは一括査定サイトと全く同じです。クルマの情報を入力して、あとは待つだけ。その後、最低査定額をつけてくれた業者とマッチングできるので、あとは本当に取引をするかどうか直接話を聞いてみるという流れです。

オークションと聞き、ハードルの高さを感じていた方も多いと思いますが、意外と簡単に出品できるので、一度試してみることをお勧めします。

買取オークションの代表的サイト:ユーカーパック

ユーカーパック画像引用:ユーカーパック

クルマ買取オークションで最大手のユーカーパック。査定は一度だけで、そのクルマの情報を基に最大5,000社以上が参加するオークションに出品されます。全国からクルマに関心のある買取店が現れれば入札が繰り返さることになり、最終的に最も高値で入札された価格が落札価格なります。また、出品から成約に至るまでの手数料などは一切かからず、無料で利用できるのも魅力です。

また、オークション出品時に「売切金額(お客さま希望売却価格)」を設定できるため、売切金額を超えた金額で落札された場合は売却義務が発生しますが、下回った場合は必ずしも売却する必要がないのも安心です。煩わしい営業電話もなく、一括査定で査定0円だったのであれば、試しに一度、利用されてみてはいかがでしょうか。

原因②:低年式車または過走行車だから

年式が古い、または走行距離が長い場合も査定額がつかない代表的な原因のひとつ。年式が13年を超えるクルマ、10万キロを超えるクルマは査定が厳しい傾向にあります。

しかし、低年式車でも過走行車でも、大きな修理の必要や修復歴がなかったり、事故車や不動車でない限りは、メンテナンスが行き届いていれば少額ながらも値段がつくもの。

このような場合は廃車買取専門店に査定してもらうか、個人売買を利用するかの2通りを考えてみましょう。

対処法1:廃車専門店で売却する

一括査定でもオークションでも値段がつかなかった場合は、廃車専門店に査定してもらうのが有効な方法です。

愛車を廃車専門店に出すというのは寂しい気もしますが、必ずしもスクラップになるわけでなく、海外へ輸出されたり、部品やパーツの販売に一役買ったりと新たな形で愛車が活躍してくれることになります。

廃車専門店では、大きな故障を抱えたクルマや事故車、不動車といった、まさに廃車処分に値するようなクルマが持ち込まれるケースが多いのも事実ですが、近年は、一般の買取査定で値段がつかなかったクルマを直接廃車専門店へ持ち込む利用者が増えてきているのも事実。ここでは代表的なサイトを2つ紹介しますので、実際に査定をとってみましょう。

廃車買取の代表的サイト1:廃車本舗

廃車本舗画像引用:廃車本舗

廃車本舗は20年以上の歴史がある廃車買取専門店。低年式車、過走行車はもちろん、事故車や水没車、長年放置していて動かなくなった不動車まで、どんなクルマも値段をつけてくれます。そんなクルマを買取ってくれる理由は、クルマを解体して部品やパーツを再販するほか、国内外の提携先への販売、またスクラップにして資源として販売することが出来るルートを持っているからに他なりません。

そういった強みを持っている専門店だけに、たとえ一括査定や買取オークションで値段がつかなかったとしても、値段をつけて買取ってくれます。是非、最後の売却先の候補の一つとしてリストに入れておきましょう。

廃車買取の代表的サイト2:廃車王

廃車王画像引用:廃車王

廃車王は、国内で唯一の経済産業大臣の認可を受けた廃車買取専門店で安心して取引ができます。全国に150店舗のネットワークがあるのが強みで、北海道から沖縄まで網羅しており、最寄りの店舗に連絡すれば、クルマの引取りから査定までを無料で対応してくれます。

また、査定はLINEにも対応しており、クルマの情報をスマホから送信するだけで査定価格も提示してくれますので、取り急ぎ、査定価格を知りたいといった方にとっては、とても便利です。

対処法2:クルマの個人売買を試してみる

一括査定やオークションで値がつかなかったケースで、廃車専門店で売却する前に個人売買を試してみるのも一つの方法です。

クルマの個人売買と聞くと、なんとなく面倒なイメージが湧いてきますが、最近はクルマの個人売買をサポートしてくれるプラットフォームが複数立ち上げられ、利用者も徐々に増えてきています

具体的には、取引を仲介することで出品者と落札者の直接のトラブルを防止したり、落札者からのクレームがはいらないようプラットフォーム側でコンディションチェックを行なったりしてくれることも。

廃車専門店で売却してスズメの涙ほどの値段しかつかないのであれば、一度、個人売買にチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

個人売買の代表的サイト3選

以下、個人売買を行える代表的なプラットフォームを3つ紹介します。

個人売買の代表的サイト1:ガリバーフリマ

ガリバー ロゴ画像引用:ガリバー

クルマの個人売買も大手企業がサポートしてくれたら安心です。買取業界最大手のガリバーが運営するガリバーフリマは、個人売買の仲介役を担うかたちでサービスを開始。買取査定で値段がつかなかった売主が希望価格でクルマ売ることができ、少しでも安くクルマを買いたいという買主をマッチングさせるサービスは、双方にとってメリットがあり、益々利用者が増えるものと思われます。

クルマの個人売買にトラブルがつきものですが、業界大手のガリバーのサービスだけに、出品から売却までスムーズに行われるための取引ガイドも詳しく解説されており、安心して取引することができます。

個人売買の代表的サイト2:Ancar

ancar画像引用:ancar

クルマの個人売買を安心、安全に取引を行ってもらうために誕生したAncar。とくにクルマのコンディションについては、購入者だけでなく売却する側にとっても不安なところです。そういったクルマの個人売買で最も多いクレームでもある引き渡し後の傷や不具合(瑕疵)によるトラブルを避けるために、Ancarでは、購入者がクルマを購入する前に点検サービスを無料で提供しているのが大きな特徴です。そうすることで、個人出品でも詳細なクルマの情報を購入前に確認できるため、安心して売買を行うことができます

個人売買の代表的サイト3:ヤフオク

画像引用:ヤフオク!

ヤフオクを利用したクルマの売買は、中古車販売店だけでなく、個人間での利用も非常に増えてきています。思うような値段がつかなかったクルマを自分が設定した希望価格で販売することができ、購入する側にとっては中古車販売店で購入するよりも安く手に入れることが出来るといった双方にメリットがあるのが特徴です。

ただ、クルマの個人売買は、身の回りの不用品を出品するのとは異なり、事前準備を怠って安易な気持ちで出品すると大きなトラブルに発展しかねないため注意が必要です。

ヤフオクでクルマを安全に売るためのコツは?【ヤフオクでクルマを売ろう!】安全に取引するコツと注意点を徹底解説!
個人売買の場合はクレームに要注意

クルマの個人売買において最も注意しておく必要があるのが、クルマを引き渡した後のトラブルです。その代表例として2つあります。

細かい傷や故障も告知していなければクレームの原因になる

1つ目は傷や故障など、引き渡し時に告知されなかった瑕疵を指摘されるといった点です。

クルマの引き渡しは、売主と買主双方が立会いのもと、傷のチェックなどを行ったうえで引き渡すのが基本ですが、遠方の場合は陸送を余儀なくされる場合もあります。そういった場合に傷のチェックが行えず、後になってクレームを言われるケースといったトラブルが非常に多いです。そのため、極力、立ち合いのうえで引き渡しをするか、念書を交わして引き渡しを行うことが必要になります。

落札者には確実に名義変更してもらうことがとても重要

2つ目は、引き渡した後に名義変更が行われず、身に覚えのない反則切符が届いたり、警察から連絡が来るといったケースです。

名義変更が行われないことで、所有者である自分あてに、身に覚えのない反則切符や警察から違反に関する連絡が届く場合も同じです。この場合も、クルマの引き渡しの際に期日を決めて、名義変更を行う旨の念書を交わしたうえで引き渡す必要があります。

個人売買を行う場合はこの点に十分注意した上で行うようにしてください。

原因③:要修理車、修復歴あり車、事故車だから

査定が0円となった3つ目の理由として、査定してもらったクルマが、中古車として販売するには多額の修理費を必要とするようなクルマか、あるいは修復歴があるクルマ、または大きな事故の経歴があるクルマといった可能性が考えられます。

このように、中古車として販売するまでに多額の修理費が必要とする場合や、買い手がつく見込みがないといった判断を下されれば、値段がつかない可能性は十分考えられます。しかし、廃車処分にするには早く、まだまだ走れる事故歴のあるクルマを買取ってくれる事故車専門の買取店も存在し、利用してみる価値は大いにありそうです。

対処法:事故車専門店で売却する

もし、売却しようとしているクルマが、修理の必要なクルマや修復歴のあるクルマ、または事故歴のあるクルマなら、事故車専門の買取店で査定してもらうことをお勧めいたします。一般の買取店では0円査定でも、事故車専門店なら思わぬ高値をつけてくれる可能性があります。ここでは、代表的な事故車専門のサイトを紹介いたします。

事故車専門店の代表的サイト1:事故車買取のタウ

廃車買取タウ画像引用:事故車買取のタウ

事故車ばかりを取り扱っている買取専門店のタウは、年間10万台以上の取引があり、事故車の取り扱いでシェアNo.1の実績を誇ります。なぜ事故車を買取って商売が成り立つのか不思議に思うところもありますが、国内では買い手が見つかりそうもない事故車でも、120カ国以上ある海外への販売ネットワークを持ち合わせていることで高値買取を可能にしています。

タウのサイトでは、WEBサイト上で事故車の買取相場を調べることができる「オンライン事故査定」のサービスがあり、把握しているクルマのコンディションや車種、年式、走行距離などの基本情報を入力すれば、自動で査定価格の見積を確認することができますので、一度、試されてみるとよいでしょう。

原因④不動車だから

査定0円だった4つ目の理由として、不動車ということが考えられます。不動車であれば査定0円もやむなしと、引き取り料や廃車手数料がかからないことを持ちかけられて、クルマを引き渡してしまってはいけません。不動車の場合こそ、迷わず廃車専門店に連絡して、値段をつけてもらったうえで売却するようにいたしましょう。

対処法:廃車専門店で売却する

原因②で解説したときと同じように、不動車の場合は廃車専門の買取店で売却しましょう。必ず値段をつけて買取ってくれるはずです。不動車ですので、もちろんクルマを引き取りに来てもらう必要がありますが、その費用も無料となっていますので、有難い限りです。

代表的な廃車買取専門店はこちら

廃車専門店へ売却する場合は還付金の受け取りも忘れずに

クルマを廃車処分にする場合、つまり登録を抹消する場合は、売却する時期によって1年分を先払いしている自動車税と自賠責保険の一部が還付される場合があります。そのため、還付金があるにも関わらず、その説明がなかった場合は、還付金の有無について確認する必要があります。

還付金について

ちなみに、自動車税は毎年4月1日時点の所有者に課せられる都道府県税ですが、普通車と異なり軽自動車の場合は還付がないので押さえておきましょう。また、自動車リサイクル法に基づいて、廃車処分するクルマが適正に解体され、永久抹消登録申請または解体届出と同時に還付申請が行われ車検の残存期間が1ヶ月以上ある場合は、納付済みの自動車重量税についても残りの月分が還付されます。こういった、買取価格のなかに、還付金に関する項目や説明がなかった場合は、しっかり確認するようにしましょう。

まとめ

クルマが査定0円と値段がつかなかった理由として、主に①ディーラーでの下取り、②低年式車・過走行車、③要修理車・修復歴あり車・事故車、④不動車の4つが考えられます。

少しでも値段をつけて買取ってもらうためには、それぞれの理由に合った買取店で査定してもらう必要があります。クルマのコンディションが良ければ個人売買も選択肢の一つになりますが、トラブルを未然に防ぐための事前の準備は欠かせません。

一括査定、買取オークション、個人売買、事故車専門店のいずれでも値段がつかなかった最後の砦として、廃車専門店を利用しましょう。