【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

金融車を処分・買取してもらうことはできる?トラブルの起きない手放し方法を伝授!

金融車とは、所有者の何らかの事情によりローンが残っているにもかかわらず、販売されているクルマのことを指します。そのため、金融車は名義変更することができないことから、一般の中古車買取では査定を拒否されることがほとんどです。そこで、金融車を買取に出すには、金融車を専門に扱う業者に相談することが得策ですから、その方法と注意する点について詳しく解説していきます。

金融車を売却・処分するとしたら、金融車専門の買取業車へ

金融車の売買や処分について知りたい方は、すでに金融車とはどんな状態のクルマなのか調べていることでしょう。そして、金融車について調べれば調べるほど売却や処分はどうすれば良いか、わからなくなるのではないでしょうか。

そこで、金融車を売却または処分するにはどうすれば良いのか、そしてどのような方法があるのか詳しく解説します。

そもそも金融車は一般の買取店では取り扱えない

金融車の最大のデメリットは、売買に必要な書類が揃えられないことです。

普通自動車の売買には、必ず譲渡証明書が必要になります。この譲渡証明書とは、車検証に記載があるクルマの所有者から譲渡をしても良いという許可書のような扱いであり、所有者が譲渡証明書に実印を押印して、印鑑登録証明書とセットで必要となります。

金融車の中には、持ち主の権利をそのままに商品として流れたクルマがほとんどですから、クルマの所有権は元の持ち主のままです。そのため、金融車を手にしていた場合、売却するための書類を揃えることは全く不可能であることがほとんどでです。そのような理由から、一般の買取店では名義変更不可のクルマということで取り扱いできません。

金融車の買取を扱うお店が少ないのは名義変更不可だから

金融車は、売買に必要な書類を揃えることができないことから、買取を取り扱うお店がほとんどありません。

クルマというのは、クルマの所有者と使用者を明確にしなければなりません。そのため、クルマの所有者と使用者が変われば、法律で15日以内に移転登録を義務付けています。ただし、これを守らなくてもペナルティがないことから、金融車として販売され使用されるクルマもあります。しかし、名義変更ができないという事例は法律違反になることから、一般の買取店では取り扱いを断っています。

それではクルマのエキスパートであるクルマの買取店でも、書類を集めることができないのかというと、知識の有無に関係なく現実的ではないということになるでしょう。そもそも書類を集めたくても、非常に困難で実現性が低いのです。

どうしてもクルマには譲渡証明書が必要になります。ローンが残っているクルマのほとんどは、クルマの所有者がローン会社になっています。このローン会社から所有権を譲渡してもらうには、所有権の解除依頼をする必要がありますが、ローン会社に残債が残っていると100%所有権の解除に応じてもらえません。

そのため、金融車の名義変更は実質不可能であることから、一般の買取店では金融車の買取は行いません

ただし、クルマ業界の中には、金融車を専門に扱う業者があります。金融車専門店なので金融車のことは知り尽くしていますから、金融車を売却したいのなら、金融車を専門に扱う業者に相談することです。ただし、金融車を扱う店舗は一般の中古車買取業者より格段に少ないことを念頭に置いとかなければなりません。

同じ理由で処分も難しい

金融車の買取が難しいのなら処分してしまえば良いと考える人もいるでしょう。しかし、クルマを処分するにも、クルマをスクラップするだけではなく、書類上も処分した抹消登録が必要になります。

この抹消登録をするにも、金融車の名義人から所有権の解除をしてもらうことが必要です。スクラップ工場では、書類がそろわないクルマは後々トラブルに発展することを恐れて処分を行いません。

例えば、クルマが盗難車だった場合はどうでしょう。クルマをスクラップ工場に持ち込みスクラップにしてもらいたくても、クルマの所有者からの譲渡証明書や印鑑証明書をもらうことができません。

これと同じように金融車も書類が揃いませんから、処分を依頼した状況が盗難車とほとんど同じでは、スクラップ工場も敬遠して処分をすることはありません。

そのため、金融車を処分することは非常に難しいと覚えておいたほうが良いでしょう。

まずは金融車を販売しているお店に相談

金融車の売却を考えたら、一般の中古車買取では断られるので、金融車を専門に販売しているお店を探すことから始めます。

金融車を扱うお店はネット上にもホームページを開設しているので、現在はかなり探しやすくなっています。ただし、絶対数は少ないので、自分の居住する地域に金融車を扱うお店があるとは限らないことも念頭に置きましょう。

また、金融車を専門に扱うお店を一店舗見つけたからといって、それで終わりにするのではなく、何店舗かピックアップすることも重要です。

ただし、悪徳業者も多いので注意

金融車は、いわくつきのクルマが多いことから、どうしても詐欺や違法貸付を行う業者が存在します。

これだけインターネットが発達した現代においても、電信柱などに貼られた「クルマでお金貸します!」といった張り紙広告は後を絶ちません。

これらの業者は金融車を取り扱いますが、違法な金利での貸し付けを行う業者であることがほとんどであり、買取ではなく貸付であることを理解しておくべきです。

また、反社会勢力が昔から手を染めていたこともあり、少なからずそういったお店が存在するリスクを知っておかなければなりません。

購入したお店で買取してもらうのが一番安心

金融車を所有している人は、金融車を専門店から購入した人もいるでしょう。そういった金融車は、購入したお店に買取の相談をするのが一番安全で確実です。

また、金融車を販売しているお店で購入すれば、金融車を手放す時のレクチャーも受けているはずですから、今一度購入時のことを思い出してみましょう。

しかし、金融車を購入したお店がすでに金融車を取り扱っていないことも考えられます。そういった場合は、金融車をどこに買い取ってもらえば良いか、購入した店舗に相談することです。また、金融車を購入したお店がすでに営業していないこともあるでしょう。そういった場合は、金融車を専門に扱うお店を探して電話で相談してみることです。

金融車の買取業者を選ぶ場合は固定電話があるお店で

金融車の買取専門店を選ぶ一つの目安は固定電話です。まずは、固定電話を持っている業者なのかを確認します。

固定電話は維持費が少なからず必要になるので、悪徳業者は携帯電話のみで営業し、固定電話を引いていないことがほとんどです。

また、電話をかけてもつながらない業者も避けたほうが良いでしょう。一般に、着信履歴が残れば、折り返し連絡が24時間以内に入るはずです。数日たってから連絡が来るような業者は、基本的に怪しい業者と思ったほうが良いでしょう。

また、メールでの問い合わせも同じで、直ぐに返事が来るようであれば問題ありませんが、数日たっても音沙汰がない業者は要注意です。

最近では、ネットオークションで金融車の取扱が禁止されているので、安易に悪徳業者に引っかかる恐れは少なくなっていますが、必ず自身の手で連絡をして相手の対応を確認することが重要です。

買取してくれるところが少ないので、高く売ることはさらに難しい

金融車は、買取してくれるところが少ないので、高く売ることは難しいと考えたほうが良いでしょう。

ただでさえ、金融車は特殊な事情を抱えたクルマなので、高く売ることより買い取ってもらえたらラッキーといった程度に考えていたほうが無難です。

金融車の買取価格相場は一般相場の半値程度

一般的に、金融車を販売するには所有者を変更できないといった権利関係が不十分であることから、買取価格は一般相場の半額程度にしかなりません。

これは、クルマの状態がどんなに良くても変わりません。また、車種により高い相場で推移することもありません。その理由は、金融車の販売価格も一般に販売されるクルマの半額程度であることが多いので、買取も当然一般買取価格の半額程度に収まっています。

そこで、高い買取価格を目指すのであれば、通常の一般中古車買取で売却できる方法を目指すしかないでしょう。

一般の買取店のように多くの業者で査定を比較しても意味がない

金融車の買取に、金融車買取業者同士で査定比較するメリットは全くありません。というのも業者間で比較しようとしても、場所によっては非常に遠い業者同士を比較しなければならないことも普通にあります。

このため、金融車買取業者を何社も回って査定比較することは非常に困難であり現実的ではありません。ただし、電話での問い合わせで、概算の買取金額を比べることはできるでしょう。

概算の金額で一番高い買取額を提示したお店が、必ずしも査定後に一番高く買い取るといったことは保障できませんが、ある程度の目安となるはずです。

金融車はいわくつきなので個人売買などは利用しないほうが無難

金融車は、いわゆるローンが残っているにもかかわらず所有者が現金化してしまったクルマのことですが、この現金化の方法次第で個人売買では大きなトラブルに発展する可能性があります。

まず金融車は、ローンが残っているのに所有者の都合で売却しますが、この時にクルマのローンを払い続けていれば、それは特に大きな問題にはならないでしょう。しかし、クルマを現金化することを目的としてクルマを購入した場合は、クルマをローンで購入した後すぐに金融車買取業者で現金化して、お金だけ手にして連絡が取れない状態となる所有者もいます。

このような金融車を個人売買で売ってしまうと、購入した人が後にクルマの車検が取れないことや、最悪ローン会社からクルマを引き上げられ、金融車を売った人を訴えることもあり得ます。

このようなことからも、自分のクルマをローンが残っているにもかかわらず、金融車として個人売買で販売することは非常に危険です。これは、購入者が全て善人であるとは限らないからです。

というのも、金融車にする方法は、お金の受け渡しだけで良いと考えるのは早計で、自動車税の問題や車検のほか、自分のクルマを金融車として購入した個人が交通違反した場合、持ち主であるあなたのところにも連絡が来ます。

また、交通事故も同じで、金融車を運転していた人だけでなく、クルマの所有者にも責任が及びます。これは、自賠法(自動車損害賠償保障法)に規定されており、運行供用者責任が定められています。平たく言うと、金融車を運転していた人と所有者が全くの別人でも、所有者に事故の責任が出るということです。

金融車の売却・処分でトラブルに巻き込まれないためも、ローン残債は払い続けよう

金融車の売却や処分には、ローンを完済する必要があります。

ローンが残っているクルマを金融車として売却したあとも、ローン完済まで残債を払い続けなければ、後々大きなトラブルになる恐れがあります。

そこで、金融車のローンを払い続けなければどのようなトラブルが待っているのか、詳しく解説します。

金融車を販売した後にローンの残債を払い続けないと次に購入した人に迷惑になる

クルマを金融車として販売した場合、必ずクルマのローンは残ります。この残債は元の持ち主が払い続ける義務があります。しかし、もし支払いを滞るようなことがあると、ローン会社は督促を行うことはご存じの通りです。

そして、そのまま放置するとクルマの差し押さえにローン会社は動き出します。もしローン会社が、金融車の差し押さえに動き出すと、金融車を購入した人の元に出向き、関係ない第三者の人からクルマを取り上げてしまうことにもつながり、購入した人に多大な迷惑をかけることになります。

このように、せっかく購入してくれた人に迷惑をかけないためにも、ローンは完済するまで払い続ける義務があります。

金融車として販売後にローン支払いを止めるとローン会社とトラブルに

金融車としてクルマを売却した後にローンが払えなくなった場合は、ローン会社は最後の手段としてクルマの差し押さえに動き出すでしょう。しかし、クルマがすでに売却されて手元にないことをローン会社がわかると、契約不履行として訴えられる可能性が高くなります。

というのも、オートローンを使うとクルマの所有者はローン会社になりますが、ローンを完済するまでクルマの売却を認めないことが約款に記載されていることがほとんどです。

金融車としてクルマを手放したあとも、しっかりとローンの残債を支払い続けなければ、社会的制裁が待っているということを忘れないようにしましょう。

所有権が移転していない金融車は購入者の権利主張が難しい

金融車はクルマのローンが残っているので、ここまで説明してきた通り、名義変更ができません。そのため、金融車を購入した人の権利主張が難しくなっています。

そこで、金融車を購入して売却を考えた場合、仮に元の金融車の持ち主がクルマの権利を主張したとすると、金融車を購入した人は使用する権限しかないので、クルマの所有権に関することは一切口出しすることができません

もう少しわかりやすく説明すると、金融車を購入した人が売りたいと思っても、売る前に元の金融車の持ち主がクルマを引き上げることを決定したら、その意思には逆らえないということです。

金融車を購入してから売却するまで、金融車とはどういった商品なのかを理解して、そのリスクを容認しておくことが重要です。

まとめ

金融車は、ローンの残債があるので基本的に名義変更ができません。そのため、一般の中古車買取は利用できません。そこで、金融車を買い取ってもらうには、金融車を専門に扱う業者に依頼するしか方法はありません。

個人売買による売却も不可能ではありませんが、金融車を販売するには買う側と売る側の知識がなければ、後に大きなトラブルに発展する可能性があります。

金融車が高く売れないからと安易に個人売買を利用することなく、専門知識をもった金融車買取専門業者に相談しましょう。