【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

希少車の高額買取を実現するポイントは?希少車の判断基準と買取店を探す方法も解説

「希少車」には明確な定義があるわけではありませんが、中古車市場・買取市場では基準や条件を満たすと、希少車として評価されます。希少車は中古車市場で高値で取引されているので、買取価格も高額になりやすいと言えますが、全ての車体が高額で売却できるわけではありません。希少車を買取に出す際は、希少性を評価されるための基準や条件、高く売るためのポイントを押さえ、正当に評価してくれる買取業者を選びましょう。

どんなクルマを希少車と呼ぶ?希少車の基準とは

希少なクルマと聞くと、「台数の少ないクルマ」「珍しいクルマ」などをイメージされる方が多いのではないでしょうか。希少車には明確な定義があるわけではありませんが、中古車市場では基準に近いものが設けられています。中古車市場で「希少車」として評価される基準は以下の4つです。

  • 生産・販売台数の少ない限定車
  • 生産が終了した人気車種
  • 年式が古く(おおむね20年以上で)整備・手入れが行き届いた状態の良いクルマ
  • 特殊な構造を採用したクルマ

「欲しい人がいるのに限られた台数しか出回っていないクルマ」や「人気だったクルマが年数を経て台数を減らしている状況」、「歴史的に評価される特殊なエンジンを搭載しているクルマ」などが希少車と判断する基準となっています。希少車に該当していても、状態の悪いクルマは希少車としてみなされない場合があります。希少車を所有している方は、リセールバリューを維持するためにもしっかりと手入れとメンテナンスを行いましょう。

希少車の基準1:生産・販売台数の少ない限定車

希少車と呼ばれるからには、「珍しい」ということが第一です。限定車や特別仕様車で、生産・販売台数が決まっているクルマは希少価値が付きやすくなります。年式に関わらず、台数が少ないほど価格が高騰する傾向にあり、抽選販売を行うような数百台の限定販売車などが代表的です。

具体的な車種を上げるとすれば、スバルのSTIコンプリートモデル「Sシリーズ」や「tSシリーズ」、マツダ「ロードスター」の30周年記念モデルなど。100~500台の限定販売で、抽選などで購入者が割り当てられます。このようなクルマは「欲しかったのに買えなかった人」が少なからず発生するので、中古車市場に出回れば、販売店には「限定車を在庫に持っている」という強みに、購入希望者には「定価以上の価格になるが購入できる可能性がある」という希望に繋がります。

単に人気が出ず、流通台数が少ないだけのクルマは、希少車ではなく不人気車として扱われることが多いので注意しましょう。

特別仕様車は希少車に含まれないことが多い

トヨタのミニバンなどでよく見かける「特別仕様車」。通常モデルの内外装に加飾を施し、より上質感のある雰囲気を演出したモデルが多いです。「特別」というからには希少なのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、特別仕様車には販売台数や販売期間の限りがないことが多いので、希少車には該当しません

限定仕様車でも、台数限定や期間限定があれば、希少車として扱われる可能性がありますが、原則として希少車にはならないと覚えておきましょう。

希少車の基準2:生産が終了した人気車種

販売時の人気が高く、現在では生産が終了したクルマは希少車として扱われることがあります。しかし、人気車種であってもミニバン・コンパクトカー・軽自動車などのファミリーカーは、燃費性能や環境性能、先進安全装備などの最新技術が評価される傾向にあるので、生産が終了しても希少車扱いはされないことが多いです。

生産終了後に希少車として扱われやすいクルマは、時代の変化に伴って数を減らしているスポーツカーやクーペ、オープンカーなど。例えば、三菱「ランサーエボリューション」のように、ナンバリングの続く車種の販売が終了し、新型車が発売されない車種などが該当します。人気と評される理由は、「販売台数が多い」「世界的に評価された名車」「走行性能が高い」「デザイン性が高い」「漫画や映画に登場する」など、それぞれの車種によって着目点は様々です。

希少車の基準3:年式が古く整備・手入れが行き届いた状態の良いクルマ

「旧車」「オールドカー」「クラシックカー」などと表現される年式の古いクルマ。1970~1980年代の昭和のクルマはもちろんですが、1990~2000年代までのクルマも「旧車」と呼べるでしょう。新車登録から20年ほど経過すると、中古車市場には「修復歴あり車」「故障車」「過走行車」「改造車」の割合が高くなってきます。クルマの各部品の寿命もおおよそ20年前後を想定されていることが多いため、20年以上たっても綺麗な状態を維持した車体には希少価値が生まれ、「希少車」と評価されるようになります

1970年代のオールドカーや1980~1990年代のスポーツカーは、現代の車にはない魅力が多く、国内はもちろん海外でも高い評価を得ており、人気があるクルマです。しかし、故障や事故による廃車、価値があるがゆえの盗難などによって、流通台数が大幅に減少しています。そのような人気や需要のあるクルマの中でも、整備が行き届いており走行に支障のないクルマは評価が高いです。内外装も綺麗に保たれ、塗装ハゲや傷・凹み、ボディや下回りのサビが少ないほど評価が高くなります。カスタムの有無は、買取業者や販売店の意向によって評価が変わるので、査定の際は複数業者の比較が必要でしょう。

希少車の基準4:特殊な構造を採用したクルマ

歴史に残る特殊な構造の部品(特にエンジン)を採用したクルマは希少車にあたります。最たる例は、マツダ「RX-7」、「RX-8」に搭載された「ロータリーエンジン」。通常のエンジンは、ピストンを往復運動させることで動力を発生させますが、ロータリーエンジンは三角形のローターを回転させることで動力を発生させます。同じ排気量でも通常のエンジンの2倍の出力を発生させることができ、コンパクトな構造となっています。しかし、消耗部品の劣化が激しいことやオイル交換の頻度が多いこと、熱効率が悪く大きな冷却装置が必要なことなどから、市販車向けの量産ロータリーエンジンを開発するメーカーが少なく、搭載車種が限られているのが現状です。

ロータリーエンジン以外にも、世界には様々なエンジンがありますが、今後ハイブリッド化やEV化が進んでいくと、3~4気筒のエンジンが主流となってくるとみられます。そうなると、6気筒以上の多気筒エンジンや3L以上の大排気量エンジンを搭載した車種も、希少車になっていく可能性が考えられるでしょう。

希少車の高額買取を希望するなら専門店での買取査定が必須

買取市場で高い評価を得ることができる希少車。希少車を少しでも高く売りたいと考えるなら、専門店で査定を受けることがお勧めです。専門店は希少車に対する知識や買取・整備の経験を持つため、正当な評価をしてもらえる可能性が高いと言えます。ただし、一店舗のみの査定額で判断するよりも、複数の買取業者の査定額を比較したほうが良いでしょう。大手の買取業者と希少車専門店を含んだ複数の店舗で査定をしてもらうと、高額買取の可能性も高くなりますので、お勧めです。

まずは希少車・絶版車専門の買取業者を探そう

希少車を正当な価値で売却したいと考えるなら、希少車のそのものの知識や買取、メンテナンスに対するノウハウを持った専門店への買取依頼がお勧めです。希少車や絶版車を扱う専門店は国内にも多く、国産・輸入車を問わずレアなクルマを揃えている店が多数あります。全国への出張査定に応じている店舗が殆どなので、地域に縛られることもありませんまずは、査定依頼の相談をしてみましょう

年式の古いオールドカーやクラシックカーの場合は、旧車専門店などがお勧めです。新品部品の調達方法や、古いクルマの整備・レストアのノウハウを持っているので、売却後のメンテナンスも丁寧に行ってもらえます。年式の新しいスポーツカー等の限定車は、スポーツカー専門店がお勧め。限定車の在庫を持つ店舗なら、なお良いでしょう。これらの専門店は自社HPを持っていることが多いので、インターネット検索で見つけることができます。買取実績の掲載情報や在庫車両の傾向を見て、自分のクルマに近い系統の車両が多い店を選ぶことが重要です。

査定額を比較することが重要!一括査定で複数店舗の査定額を比較しよう

希少車専門店であれば、本当に希少価値があると判断したクルマには正しい査定額を提示してくれると言えます。しかし、他店舗での査定額や相場金額などの比較対象がなければ、実際にその買取金額で良いのか判断が難しい場合もあるでしょう。複数の専門店や大手買取業者、中小の買取業者などへの査定も検討し、査定額を比較することが望ましいと言えます。

買取業者探しが面倒という方は、一括査定を利用すると良いでしょう。近隣店舗を中心に4~10店舗ほどの買取業者から査定を受けることができます。実際に査定を受けなくても、相場の金額を教えてくれる店舗もあります。正しい評価額は実際に査定を受けて状態などを考慮して決めるので変動がありますが、一店舗のみの査定額で判断するよりも愛車の市場価値を正しく把握することに繋がるでしょう。

買取金額だけでなく手放す愛車を大事にしてくれる店かどうかも重要

「希少車と呼ばれるようになるほど長い間メンテナンスをしながらクルマを大事にしてきた人」「相当な運を使って抽選販売に当選して限定車を購入した人」「憧れの希少車を大金を出してでも新古車や中古車で手に入れた人」など、希少車を手に入れてから売却するに至るまでには、様々なことがあったのではないでしょうか。希少車を売却した買取業者には、そのような貴重なクルマのその後を任せることになります。その店は「きちんと在庫・商品としてメンテナンスや手入れをしてくれるのか」「希少なクルマを今後も大事にしてくれる人に販売してくれるのか」など、その店舗の印象はもちろん知識や経験も、買取業者選びの条件として重要です。数ある買取業者や希少車専門店の中から、本当に自分のクルマを任せられると思える店を選ぶようにしましょう。

希少車をより高く売るために気を付けたいポイント

希少車に該当する車種であっても、状態によっては希少車の条件から外れてしまうこともあります。中古車市場では「修復歴あり/走行距離不明」であっても販売価格が高額になっている車体はありますが、その車体の買取価格も高額だったかというのは消費者側からは見えない部分です。希少車は年式や状態によって査定額が大きく変わってしまうので、できるだけ良い状態を維持しておくことが大切。そこで、希少車や限定車をより高く売るためのポイントを3つ紹介します。

  • 年式の新しい希少車はノーマルの状態をキープしよう
  • 年式の古い希少車はメンテナンスに力を入れよう
  • 年式に関わらず内外装を綺麗に維持しよう

ポイント1:年式の新しい希少車はノーマルの状態をキープしよう

現行車種の限定車のような年式の新しい希少車は、「現行モデルの純正とは違う特別な仕様」「台数限定」が希少価値となります。例えば、外装のボディカラーが純正ラインナップにないものであったり、エンジンやマフラー、サスペンションなどの走行機関がグレードアップされていることなどが多いです。そのため、限定車は限定モデルのフルノーマル状態が最も評価されると言えるでしょう。自分が乗っている間は社外パーツなどを取り入れてカスタムを楽しんでも良いですが、売却時は純正の状態に戻して査定を受けることがポイントです。

ポイント2:年式の古い希少車はメンテナンスに力を入れよう

年式が古くなり流通台数が減っている中でも、人気が衰えないことで希少車として扱われるようになったクルマは、消耗部品等のメンテナンスに、より一層の力を入れるべきだと言えます。流通台数が減っているということは、経年劣化やハードな使い方による不具合が増えているということ。そのような車体が大半を占める中で、クルマとしての良い状態を維持していることは希少価値として評価されます

クルマのエンジンなど走行に関わる部品は、車体の販売終了から8年ほどまで新品の部品が販売されます。その後は人気や需要に応じて取り扱う部品が減っていき、おおむね15~20年後まで取り扱われていることが多いです。販売終了から20年以上経過した車種や型式では、メーカーごとに部品の供給を行うかの判断が異なります。例えば、ホンダはEG型シビックの新品部品の供給が終了していますが、マツダはNA型ロードスターの部品を新品購入することができます。他メーカーでは、一定数の受注が集まるまで購入できないなど様々です。

新品での部品の入手が難しくなると、部品にも希少価値が生じます。故障や経年劣化で交換をしたいとなっても、部品の価格が高騰していたり、中古部品しか入手できないことも。あまり乗っていなくても、ブッシュなどのゴムや樹脂でできた部品の交換は、新品部品があるうちに徐々に行っていきましょう。当然ながら、エンジンオイルやフルードなどの交換も頻度を増やして、エンジン内部の保護に努めましょう。

ポイント3:年式に関わらず内外装を綺麗に維持しよう

年式に関わらず、内外装が綺麗に維持されているクルマは評価されやすい傾向にあります。これは希少車に限らず、全てのクルマに言えることです。年式が古くなると、内装の日焼けも目立ってくるようになり、樹脂や車内装用合皮の劣化も出てきますもちろん、外装にも塗膜のダメージが出てきやすくなります。日ごろの手入れを怠らず、時には費用の掛かるメンテナンスを行い、綺麗な車体を維持しましょう。

使用感の少ない内装は高評価

年式を問わず、使用感の少ない綺麗な状態の内装は評価に繋がります。個性的なカスタムを施すよりも、純正の状態を維持しているほうが望ましいでしょう。紫外線や熱などによってダッシュボードが変色・変形したり、革シートが硬くなってしまうことがあるので、保管方法や保管場所に工夫が必要です。サンシェードやボディカバーを使用したり、革シートの手入れを行い定期的にほこりや砂を掃除するようにして、綺麗な内装を維持するようにしましょう。

外装の塗装の傷みやサビは綺麗に直そう

クリアが剥げて色むらが目立つような年式の古いクルマの場合は、部分塗装や全塗装などをするとアピールポイントになることがあります。施工費用は高額になってしまいますが、年式が古い場合は査定額に反映されやすいです。

ドアなどの鉄板部分の深い傷や凹みを放置すると、ボディにサビが生じてしまうことがあります。ボディのサビは、年式が古くなるとボディの強度を下げてしまったり穴が開いてしまったりといった深刻なダメージに繋がりやすいです。塗装が傷んでいる場合は塗装面の修理を、ボディにサビ・キズ・凹みがある場合は修理をしておいたほうが良いでしょう。まだ綺麗な状態を保っているクルマは、ガレージや屋根付きの駐車場で保管したり、ボディカバーをかけるなどしてボディを紫外線などから保護するようにしてください。

下回りのサビにも気を遣おう

一見すると自分からは見えづらい部分なので、あまり気にしないかもしれませんが、下回りはサビが生じやすい部分です。サビにより腐食が進行して穴が開いてしまうと、本来の性能を発揮できない部品が多くあるのが下回りです。特にマフラーなどは、損傷の程度によっては排気音が大きくなってしまい、車検に通らないような不具合に繋がってしまうことがあります。融雪剤が撒かれる地域や海の近くに住んでいる方は、他の地域に比べると塩害によるサビが生じやすいです。そのような地域にお住まいの方と、年式が古くなってきているクルマに乗っている場合は、錆止めの塗装などを行い、サビにくいように工夫するのがお勧めです。

まとめ

希少車の買取は、旧車や絶版車、限定車に対する知識を有する専門店に依頼することがお勧めです。希少車に対する知識やメンテナンスの経験を持ち、愛車のその後を任せられる信頼できる店は、正当な評価をしてくれます。希少車を少しでも高く売却したい場合は、新車の状態を維持するような気持ちで内外装の手入れやメンテナンスを行いましょう。大事にしてきた希少なクルマだからこそ、ご自身で価値を維持し、その価値を評価してくれる店に売却することが大切です。