【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

日産セレナの買取価格相場と市場での人気(リセールバリュー)は?高く売却する方法と買取店の選び方

日産セレナは人気があるミニバンで、クルマの状態により買取価格相場も大きく変わってきます。中古車市場でもセレナは人気があるので、買取価格相場も高値で推移すると思われがちです。しかし、セレナは市場に多く出回っていることから、買取業者も程度の良いセレナを好んで買い取る特徴があり、逆に同じ年式やグレードでも程度が悪ければ買取価格はあまり期待できません。そこで、セレナの買取価格相場と高く買取してもらう方法について解説します。

セレナの買取価格相場は?

年式 参考買取価格
2017 1,810,000円
2015 1,140,000円
2013 230,000円

セレナの売却を考える人のなかには、今一体いくらで買い取って貰えるのかネットでサーチする人もいるでしょう。しかし、せっかく調べた買取相場が実際の買取査定とかけ離れた価格であることは、よくある話です。

買取相場を知るために、ネットに氾濫する相場情報からセレナの買取情報を見つけても、それがいつのものかを確認しなければ全くあてに出来ません。というのも、クルマは時間の経過とともに相場は下落する商品だからです。

また、同じグレードでもボディカラーや走行距離、クルマの状態などの違いで、買取相場は大きく変わってくるでしょう。そこで、セレナの買取相場を知るには一括査定を利用するのが便利といえるでしょう。

一括査定を使えば、複数の買取業者の査定額を知れるため、自分の車がおおよそどれぐらいで売れるのか把握できます。相場を知っていれば、買い叩かれる心配もなく、他社の査定額を交渉のカードに使うこともできます。クルマの売却額は時とともに下落するのが通常ですので、クルマを売りたいと思ったら、早めに売却手続きを始めましょう。

あなたのセレナを最高額で売却しよう!一括査定はこちら

セレナは買取市場でどれぐらい人気?

どのくらい人気があるのかをセレナの買取市場で知るには、中古車市場での人気を知ればわかってきます。

セレナは、5ナンバーサイズの大きさで取り回しがしやすいのに室内空間が広く、収納スペースが豊富にあることやシートアレンジが多彩であることから、幅広い人から新車・中古車ともに人気がある車種です。

ただし、全てのセレナが同じように買取市場で人気が出るとは限りません。そこで、どんなセレナが買取市場で人気が高いのか詳しく見ていきます。

買取市場の人気はグレードごとに大きく変わる

日産というメーカーは、昔からどの車種にも非常に多くのグレード構成を用意しており、購入者もカタログを見たときにどれを選べばよいかわからないほど悩むメーカーです。そのため、セレナも非常に多くのグレードが用意されているため、どのグレードの人気が高いのかわかりにくい人も多いでしょう。

しかし、セレナのカタログを見ると駆動方式が2WDと4WDに分かれ、パワーユニットがガソリンエンジンモデルとe-POWERのハイブリッドモデル、そして乗車定員が7人乗りと8人乗りに分かれることが大きく異なります。

これらのグレードには、エアロパーツで身を固めたハイウェイスターや特別仕様車も用意されますから、グレードの数は優に20を超える多さになります。

しかし、これだけ多くのグレード構成が用意されていますが、買取市場では人気のグレードは決まっています。それは、中古車で人気が高い特別仕様車やパワーユニットがe-POWERの車に人気が集中しています。

また、日産といえばプロパイロット(高速道路でハンズオフが可能なナビ連動ルート走行)が魅力と捉える人も多く、セレナに搭載されるプロパイロットを中古車にも求める人が多くいます。

グレード構成が多彩なので、セレナの買取相場はグレードによって価格にかなりの差が出ています

市場に多いセレナは買取業者も程度のよいセレナを探している

2018年・2019年と、新車販売台数でミニバンNo1を獲得したセレナは、中古車市場にも当然多く出回っています。

中古車市場にセレナが多く出回れば、中古車のセレナを求めるユーザーも程度のよいセレナを探すようになり、程度の悪いセレナは中古車として売れ残ってしまう現象が起きます

これは、需要と供給に関係があり、程度の良いセレナはユーザーも欲しがるので買取業者も少し高くしてでも買い取りたいと考えますが、程度が悪いセレナは欲しいユーザーが少ないため買取価格は安く叩かれる現象が起きます。

この現象は市場にセレナが多いことが原因で、買取業者が欲しがるセレナは人気グレードかつ程度の良いセレナで、価格交渉で思わぬ高値で売却できることもあるでしょう。

セレナの買取人気カラーは定番の白と黒だけではなかった

セレナの買取市場では、ボディカラーも買取価格に大きく関わります。

国内市場では、どのクルマも白系および黒系そしてシルバーが人気ですが、セレナの場合ツートーンカラーの人気が高まっています

1980年代にもツートーンカラーの人気が高くなりましたが、その後は衰退して、モノトーンカラーが暫く主流となっていました。しかし最近は、各メーカーから様々な車種にツートーンカラーが採用されるようになり、ツートーンカラーの人気が高まっています。

このほか、新車の購入時に有料カラーとなるボディカラーを選択していると、査定価格がアップします。というのも、有料カラーは標準カラーより中古車市場で人気が高いことが挙げられます。これは、クルマを鮮やかに見せることができることや、所有してからの愛着を高めることが、中古車としても人気があるからです。

ミニバントップセラーのセレナは下落も早い

ミニバントップセラーのセレナは、人気が高いためにクルマの状態の変化にも消費者は敏感に反応するため、下落幅も大きくなる傾向があります。

セレナの所有者は、お子さんのいる家族がほとんどで、車内の使用感が買取価格に大きく影響します。これは、エクステリアがキレイに保たれていても、車内のシートやカーペットにシミや汚れが多く付着していると、前のオーナーの使用感が敬遠されるからで、インテリアの汚れやキズには特に注意が必要です。

ネットで簡単、最大30社の一括査定! /
【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

値崩れしにくいセレナにはどんな特徴がある?

セレナは値崩れに大きな差が出ます。同じグレードで同じ年式でもクルマの状態によって値崩れに差がでるほか、装備品やグレードも値崩れに大きく関わります。

そこで、値崩れしにくいセレナにはどんな特徴があるのか解説します。

内外装をキレイに使用しているセレナは値崩れしない

セレナは新車販売台数が多いことから、中古車市場にも多くのセレナが流通しています。そこで、同じ年式で同じグレードのセレナによる値崩れを防ぐには、クルマの状態をキレイに保つことが重要です。

これは、自分が中古車で購入することを考えてもらえばよくわかることですが、同じグレードで同じ年式、同じボディカラーのセレナが2台売られていたとします。そして片方は内外装ともに非常に綺麗な状態が保たれていますが、もう片方は内外装ともにかなり汚れや傷が目立つ場合、当然購入対象はキレイなセレナを選ぶ人がほとんどでしょう。

もちろんキレイなセレナは、状態の悪いセレナに比べて中古車両の本体価格が高い設定になっています。しかし、中古車価格が高く設定されているということは、買取価格も当然高く買い取っています。

実際に、ネット上で同じ条件のセレナの中古車を検索すればわかると思いますが、状態の違いで車両価格に大きな差があるはずです。

セレナは、中古車の流通量が多いことから、なるべく手を掛けずに高く販売できる良質なセレナを買取する業者がほとんどです。そのため、内外装をキレイに保つことがセレナの値崩れを避ける大きな秘訣です。

人気グレードのe-POWERと定番のハイウェイスターは値崩れしにくい

日産といえば、e-POWERの人気が非常に高く、これはセレナにも当てはまります。現に新車もe-POWERが登場してから売り上げを大きく伸ばしました。

また、セレナにはエアロでエクステリアをカスタムした定番のハイウェイスターがグレードにラインナップされています。ハイウェイスターは、中古車市場でも高い人気を誇り、同じ年式でもハイウェイスターは高値で取引されます。

新車だけでなく、中古車市場でも高い人気を誇るe-POWERとハイウェイスターは、中古車市場に出回るとすぐに買い手がつくので、買い取り価格が値崩れしにくい特徴があります。

走行距離と使用年数の比率がセレナの値崩れに大きく響く

走行距離は、どんなクルマも値崩れに大きく影響を及ぼします。

セレナも走行距離が多くなれば、走行距離が少ないセレナより値崩れが激しく、買取相場より安い査定額しか提示してもらえません。

しかし、走行距離は年式と大きな関係があり、年式とのバランスも重要となります。

年式が古くなるより走行距離が伸びたほうが値崩れする

年式が新しければ、買取価格も安定して高値で買取を行ってもらえますが、走行距離によっては年式が新しくても高値で買い取って貰えないこともあります。

一般的にクルマ業界では、1年10,000kmが平均的な走行距離として基準にしています。この基準から大きく外れる過走行車は、思ったほどの高値が買取価格でつくことはありません

というのも、クルマは機械の集合体ですから、年式が新しくても走行距離が延びればそれだけ消耗する部品は多くなり、中古車として販売するにはリスクが大きくなります。

実際に、どこが消耗して交換する必要があるのかは、クルマを分解して点検しなければわかりません。しかし、査定の段階ではそれはできませんから、あらゆるリスクを想定して平均的走行距離のセレナより安い価格で査定額を提示しています。

年式が古くても走行距離が少なければ値崩れを抑えられる

ある程度の年式が経っているセレナの中には、走行距離がそれほど伸びていないことも少なくありません。そんなセレナは、中古車として価値があることから高値で取引される傾向が強いです。

これは、一般ユーザーが走行距離の少ない中古車を探す傾向が強いことによるものですが、走行距離が少なく大事に使用されてきたセレナとわかれば、同じ年式のセレナより値崩れを抑えることができます

セレナを買取に出すベストなタイミングとは

セレナの売却を考えたときに、いつがベストタイミングなのか悩む人も多いでしょう。クルマというものは、いつかは売却する時が訪れますから、いずれは売却する時期を考えなければなりません。

そこで、セレナを買取に出す時期はいつがベストタイミングなのか、その見極め方を解説します。

決算時期前の買取価格が高いと言われるがセレナは違う

クルマの売却には、決算時期の3月より2ヵ月程度前がおススメとよく言われます。しかし、セレナのような人気車種は、決算時期よりモデルチェンジの時期のほうが、大きく価格が変動します

セレナの人気は、新車で売られている現時点におけるモデルの人気を、中古車市場でも牽引しています。そのため、新車がモデルチェンジを行うと、当然中古車でも人気が大きく変わる可能性があります。

モデルチェンジが近付いたら買取に出すタイミング

セレナを買取に出すタイミングは、モデルチェンジの噂が出始めたらそろそろ買取を考える時期と思ったほうが良いでしょう。

ニューモデルの情報は、今ではネット上から多くの情報を掴むことができます。常にアンテナを張って日産から新しいセレナが出ないか把握していることが、ベストなタイミングで買取に出すカギです。

また、セレナはモデルチェンジだけでなく、マイナーチェンジでも買取価格に少なからず影響を及ぼします。特に先進技術を刷新して登場するようなマイナーチェンジが起きた場合、かなり値崩れが激しくなるでしょう。

セレナをベストなタイミングで買い取りに出すには、フェイクニュースに惑わされないようにして、多くの情報を取り入れて正確なモデルチェンジの時期を知ることが重要です。

セレナユーザーは自分の愛車のこまめな買取価格チェックがおすすめ

セレナを高値で買い取ってもらいたいと考えるなら、こまめに買取価格をチェックする習慣が大事です。

というのも、クルマの買取価格は常に変動しているからですが、クルマはある時期を境に急激に値崩れが始まることがあります。そこで自分のクルマの価格チェックは重要となるでしょう。

買取相場のチェックには、ネット上に掲載されている現在の相場情報を調べるほか、簡単な買取査定を実施しても良いでしょう。愛車のセレナをこまめにチェックすると同時に、自分の年式より1~2年ほど古いセレナの相場を追いかければ、値下がりが激しくなる時期を掴むことができます。そのため、愛車のベストな買取タイミングを見つけ出すことが簡単になります。

ライバル車がモデルチェンジしてもセレナの買取価格に影響

セレナの買取価格は、セレナのモデルチェンジが影響するだけではありません。同じミニバンのライバル車がモデルチェンジをしても買取価格に影響が出ます。

何故、セレナ以外のミニバンがモデルチェンジをしても買取価格に影響が出るのかというと、セレナから新しいミニバンに乗り換える傾向の増加が多くなり、セレナの供給量が一気に高まるからです。

当然のことですが、供給量が増えれば価格は下落しますから、セレナの買取価格は安くなります。
  

ライバル車のモデルチェンジを知ったら相場を確認しよう

セレナのライバル車は、他のメーカーから多く出ています。特にミニバンは国内において今でも高い人気を誇る車種なので、消費者もモデルチェンジには敏感に反応します。

セレナに乗っていれば、他のメーカーで同じミニバンが出てもセレナの買取価格には影響が出ないと思う人もいます。しかし、ライバル車に人気が集まると、セレナの買取価格にも影響が出るのです。そこで、ライバル車のモデルチェンジが行われたら、セレナの買取相場を注視する必要があります

ライバル車がモデルチェンジを行う情報や、他メーカーでミニバンの新型車の登場を知ることができたら、セレナの相場価格を調べて早めに売却をしたほうが良いでしょう。

ネットで簡単、最大30社の一括査定! /
【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

他のメーカーだけでなく日産からライバル車が出現しても買取価格に影響

他のメーカーからのライバル車の出現だけでなく、セレナと同じ日産から他のミニバンが登場する時も買取価格に影響することがあります。

現在における日産ミニバンのラインナップは、セレナの他にエルグランド・NV350キャラバン・NVバネットがありますが、セレナとは現在競合する車格ではありません。しかし今後、これらの車種にセレナと比較できるグレード設定や新型のミニバンが登場すると、セレナから乗り換えを行うユーザーが増えることが予想されます。

セレナからの乗り換えは、同じ日産車の場合は非常に簡単に行えることが多いです。そのため中古車市場にセレナが多く出回り、セレナの買取価格が大きく下落するでしょう。

セレナ以外に、同じような車種が日産からモデルチェンジや新型として出るときも、今乗っているセレナは早めに売却したほうが良いでしょう。

あなたのセレナを最高額で売却しよう!一括査定はこちら

少しでも車を高く売りたいあなたへのお役立ち情報

【クルマを少しでも高く売るための8つのコツ】車を売却する前に覚えておくべき基礎知識 クルマ買取店のおすすめの選び方と買取店を選ぶ前に覚えておきたいこと3つ 【クルマ売却前に覚えておきたい交渉術】下調べと本気度を見せることがカギ!高価売却のポイントも合わせて紹介

まとめ

セレナは、非常に販売台数が多い車種なので、中古車市場に多く出回っています。そのため、セレナは程度が良いほど高く買い取る傾向が強い車種となっています。

もちろん、人気のボディカラーやグレードは高く買取してもらえますが、セレナは実用性を重視する特徴が高いことから、内外装の汚れやキズには敏感です。セレナを高く買取してもらうには、グレードやボディカラーといった基本的なことも重要ですが、市場に出回っている数が多いセレナは、クルマの状態が買取価格に大きな影響を及ぼすということを覚えておきましょう。