【ネットで簡単査定】車一括査定はこちら

不要車は処分せず買取へ!状態別にみる適切な売却先と早めに売却すべき理由

クルマが不要になった場合、考えつくことはクルマの処分という方も多いと思います。

しかし、それはちょっと待ったほうが良いでしょう。なぜなら、不要車も高く売れる可能性があるからです。

ただ、不要車といっても今まで動いていたクルマが必要なくなった人もいれば、不動車として長く放置していたクルマを処分しようと思っている人まで様々なのではないでしょうか。

不要車を少しでも高く売るには、中古車買取店と廃車買取業車を上手に使い分けることが大切です。具体的には、クルマの状態に合わせて使い分けたほうが良いでしょう。

そこで、どのように使い分けたら良いのか、不要車の売却・処分についてお考えの方に向け、クルマの状態に合わせた買取店の使い分け方をご紹介します。

もくじ

クルマの状態に合わせ適する売却先を使い分けよう!覚えておきたい3パターン

不要車の状況や状態で、売却先は上手に使い分けましょう。というのも、買取店としても買取できる範囲や価格が大きく異なるためです。

そこで、不要車となったクルマのプロセスやステータスにより、どこに売却するのがベストなのか、その方法を以下のように分けてご紹介します。

不要車の状態等による売却先の使い分け
  1. 長く乗り続けているが、まだ動くクルマの売却先
  2. 長期保管で不要になり、エンジンが始動しないクルマの売却先
  3. 事故や故障で動かない、不要になったクルマの売却先

①長く乗り続けているが、まだ動くクルマの場合

不要車の種類には、今まで乗り続けてきたクルマもあることでしょう。そして、何らかの理由でクルマが不要となったことから、売却を検討することも考えられます。

今まで乗ってきたクルマの状態は、クルマそれぞれで異なりますから、動くクルマだからといって全て同じ売却先とは限りません。例えば、年式の問題や走行距離の問題もあります。また、クルマの状態もクルマによって大きく変わるでしょう。

年式10年以内、走行距離10万km以下なら買取業者に

不要車が、割と年式も新しく走行距離も短めなら中古車買取業者に査定依頼するのがベストです。

具体的には、年式が10年以内のクルマで走行距離も10万kmより少ない場合は、中古車買取店に査定に出すのが賢明です。

クルマ業界では、通常の走行で1年1万kmを平均走行距離としています。10年後には10万kmとなりますが、クルマは昔から10万km走行すると傷みが激しくなり修理費用がかかることから、10万kmもしくは10年という数字がキーワードとなってきました。

これがいつしか一般ユーザーにも知れ渡り、10年10万kmがクルマの寿命のように捉えるユーザーも増えてしまいました。このことから、10年10万kmを超えるようなクルマは、一般に中古車市場で価値が上がらないため、中古車買取ではあまり良い値段が提示されません。

そこで、この10年10万kmより少ない場合は中古車市場での反応も悪くないので、中古車買取も期待できます。これは、中古車を購入する時の自分に置き替えると判りやすいですが、同じ車種とグレードで同じ年式の同じ色のクルマがあったと仮定します。片方は走行距離が3万km、もう片方が10万kmの走行距離であった場合どちらを選ぶでしょうか。

ここで10万kmを選ぶ人はほとんどいないはずです。このことが中古車の需要と供給に影響しており、欲しい人が多いクルマは必然的に高く売られることになり、買取価格にもそれが反映されて高く買い取ってもらえるということです。

このことから、不要になったクルマでも、年式が新しくて走行距離が少ないほど中古車買取で高く買い取ってもらえるので、廃車買取業者に出すより断然ベストな方法と言えるでしょう。

ただし、クルマにも需要があるので、割と新しく走行距離が少なかったとしても、全て高価買取してもらえるとは限りません。

割と新しく走行距離が少ないのにも関わらず高価買取してもらえないクルマには、人気車種や人気グレードに当てはまらないクルマが多く含まれます。このほか、ボディカラーも重要です。メーカーが用意しているボディカラーの中で、個性が強いボディカラーは敬遠される恐れがあります。

またクルマの状態も重要です。割と新しい低走行の同じクルマで、汚れやニオイがひどいクルマと、キレイに使われたクルマとでは、状態が良くてキレイなクルマのほうが人気なのは誰でもわかると思います。

このように、新しくて走行距離が少ないからといって高く売れるとは限らず、その時の中古車市場での人気度やクルマがキレイに扱われたかどうかも大きなポイントになります。

ただ高価買取にこだわらなければ、中古車として流通できる年式が割と新しく、かつ走行距離が短ければ、中古車買取で買い取ってもらえるはずです。

【おすすめ】カーセンサーの中古車買取無料一括査定サービスはこちら

年式が古い不要になったクルマの選択肢は二つ

長く乗っていたクルマで、年式も10年以上経過したような古いクルマの売却には、二つの選択肢があります。

年式が古い不要車の選択肢
  • 年式が古い不要車は、走行距離が短ければ中古車買取に査定依頼
  • 年式が古く走行距離が長い不要車は廃車買取に相談
年式が古い不要車は、走行距離が短ければ中古車買取に査定依頼

年式が10年以上経過したクルマでも、走行距離が10万km以下のようなクルマは、意外に中古車買取で高価査定となるケースがあります。もちろん車種やグレード、そしてボディカラーやクルマの状態にもよりますが、年式が古くても走行距離が短いなら、かなり納得できるであろう現金を手にすることが可能でしょう。

また、年式が古いクルマの中で20年や30年以上前のクルマの場合、ネオクラッシックカーとして予想外の高額査定を引き出すこともできるでしょう。この場合は、走行距離が10万km以上走っていても問題ありません。

ネオクラッシックカーとは、1980年代後半に日本で発売された主にスポーツカーのことを指します。一括りにスポーツカーといっても、スカイラインGT-RやS15シルビア、MAZDA RX7、シビックタイプRといった、当時の人気を博した国産スポーツカーたちです。映画『ワイルドスピード』をきっかけに日本車ブームが巻き起こり、海外ではJDM(Japan domestic market)と呼ばれて人気が高いです。このJDMは日本国内市場のことを指し、日本国内でしか販売されなかった魅力的なクルマを、海外の若者が買い求めています。

中古車買取では、無料で査定を行っている業者が多いので、古いクルマも走行可能なら中古車買取査定に一度依頼してみることを、お勧めします。

【おすすめ】カーセンサーの中古車買取無料一括査定サービスはこちら

年式が古く走行距離が長い不要車は廃車買取に相談

年式が古く、走行距離が20万km以上走行しているような超過走行車となる不要車は、中古車買取はあまり期待ができないので廃車買取業者に相談すると良いでしょう。

中古車買取では、中古車店でクルマを再販することが目的です。例えば、自分が中古車を購入することを思い浮かべてみると判りやすいですが、欲しいクルマを中古車店で見つけたときに、走行距離が20万kmを超えていれば、購入対象にならないはずです。

このように、走行距離が多いと中古車としての商品価値が無いことから、中古車買取では査定が0円になるケースがほとんどです。しかし、中古車店とは異なり、廃車買取におけるクルマの流通経路は、リサイクルパーツとして販売することが主な目的です。そのため、走行距離や年式に関係なく廃車買取では買取してもらえるでしょう。

廃車本舗で古いクルマ・事故車をネット査定【無料】

エンジンが始動するなら一度中古車買取業車で査定するのがベター

ただし、年式が古くても不要車を自宅に保管してあり、エンジンが問題なく始動するクルマであれば、中古車買取業者に査定依頼してみましょう。

もちろん車種やグレード、そして年式なども関係しますが、たとえ車検が切れていてもエンジンが始動すれば、クルマとしての価値が少なからずあるので、中古車として流通できる可能性があります。

そこで、車検が切れて放置してあるエンジンが始動する不要車は、廃車買取に相談する前に中古車買取で相談しましょう。意外に高額査定となるケースもあるので、不要車だからといって廃車することばかり考えて、クルマの処分方法の選択に偏ってしまわないことが重要です。

②長期保管で不要になり、エンジンが始動しないクルマの場合

長期保管してあるクルマが不要車となった場合には、エンジンが始動しないことも多々あるでしょう。

クルマの長期保管方法にも様々な状況がありますから、クルマの状況も千差万別と言えます。そこで、不要車を長期保管してエンジンが始動しないようであれば、保管状況に応じて売却先を決めることです。

ワンポイント
エンジンが始動しない理由には、簡単なバッテリー上がりから、致命的なエンジン故障まで様々な要因が考えられるので、一度エンジンが始動しない理由を調べてみてから、クルマの処分方法を決めると良いでしょう

修理工場では、簡単な故障診断なら無料で行ってもらえることが多いので、エンジンが始動しない理由を調べてみるようにします。しかし、ディーラーなどでは、故障診断に専用のコンピューターにクルマを繋いで行うこともあり、この故障診断を行うと5,000円程度の診断料が発生するので注意してください。

不要車のエンジンがかからない理由が、バッテリー上がりなどの軽微なものであれば、修理費用は安く済むので修理してから中古車買取業者に査定依頼してみましょう。しかし、故障修理に多額の修理費用がかかりそうなら、そのまま廃車買取業者に相談するのがベストです。

廃車本舗で古いクルマ・事故車をネット査定【無料】

屋根付き長期保管の不動車なら中古車買取業者と廃車買取業者の両方で査定

長期保管してあるクルマの中には、屋根付き車庫で長期保管されている場合もあるでしょう。

クルマの塗装や外装に使われている樹脂は、太陽からの紫外線に弱いので、屋根付き車庫で保管してあるクルマは外装の状態が良いことがほとんどです。

特に、屋根付き保管してあるクルマは、元々高価なクルマであることが多いので、年式は古くてもクルマの価値が高いことがあります。また、屋根付き車庫で長期保管してあるクルマは、エンジンが始動しないこともありますが、クルマの状態が極めて良好であることも多いので、一度中古車買取業者に査定依頼してみましょう。

この時に、エンジン始動しない場合で買取がいくらなのか、そしてエンジンが始動すると買取がいくらまで上がるのかを確認し、自動車修理工場にエンジンがかるように修理した場合の見積もりを取得してみます。

そして、修理費用を加味して現状で買取に出したほうが良いか、それとも修理したほうが残る現金が多いのか計算して、売却方法を決めましょう。

屋外放置で不動車となった不要車は廃車買取行者に相談

不要となったクルマを、屋外に長期放置してあることも少なくありません。当然、屋外で長期放置なので、外装にはかなりの傷みが見られるはずです。

もし、さほど傷み具合がひどくなければ中古車買取に査定依頼をしても良いですが、屋外長期保管は、意外とクルマに大きなダメージを与えていることが少なくありません。それは、太陽の紫外線のほか、最近の酸性雨によりボディ全体を大きく蝕んでいるからです。

中古車買取査定はクルマの再販を目的としていますから、どんなに魅力的なクルマでも、クルマの状態を元に戻す作業が困難と査定士が判断すれば、中古車買取では0円となるでしょう。

屋外長期保管の不要車を廃車買取業者に相談する目安
  • 塗装に艶が無くなり、樹脂パーツも白っぽくなっている
  • クルマの下の方に腐食穴が開きそうで、かなり外装が厳しい状況
  • エンジンが始動しない

このほか、長期屋外放置してあったクルマには、外装がサビにより朽ち果てていることも少なくありません。タイヤもパンクして、その場から転がして動かすことも不可能な不要車もあるでしょう。

また、ドアが開いて内装を確認しても、内装も傷みが激しく再利用が難しいと感じることもあるでしょう。このようなクルマは、廃車買取業者もスクラップを勧めてくる可能性があります。しかし、廃車買取業者によっては、スクラップ工場を兼用で事業を行っていることもあるので、一つの廃車買取業者で断られても、何件か廃車買取業者に聞いてみましょう

廃車本舗で古いクルマ・事故車をネット査定【無料】

③事故や故障で動かない、不要になったクルマの場合

事故を起こして修理せずに放置してあるクルマや、クルマが故障したために乗るのを諦めて放置している人もいるでしょう。

不要車は場所を占領するだけで何の得にもなりませんから、事故車や故障車として動かない不要車は、基本的に廃車買取業者に相談しましょう。

事故車や故障車は廃車買取業者へ

事故を起こしたクルマにも、事故の程度によって、そのまま走行できる場合と走行することが不可能な場合の二種類があります。しかし、クルマが壊れた状態で走行することは、日本人として許せない部分があるので、ほとんどの人は修理して乗り続けるのが普通です。しかし、事故を起こしたクルマの修理費は、年々使用するクルマのパーツが高くなり、ちょっとした事故でも数十万円の修理費になることも珍しくありません

車両保険に加入していれば、壊れたクルマを修理することは比較的可能ですが、車両保険に加入していなければ、修理費は自己負担となります。そのことから、事故を起こしたクルマの修理費用を払うことができずに、しばらく放置している不要車もあります。

このような不要車は、修理さえすれば乗れることが多く、廃車買取では海外に輸出したり、損傷の無い部品を外して売ることができることから、事故車の買取を歓迎しています。

また、クルマの走行装置が故障して走行不能となった不要車も、廃車買取業者は事故車と同じく流通できるので、故障車の買取にも積極的です。

廃車本舗で古いクルマ・事故車をネット査定【無料】

修復歴車で中古車買取を断られ放置したクルマも廃車買取業者へ

中古車を購入したあと、何らかの事情により不要になることもあるでしょう。そして、まだ使えるクルマだからと中古車査定に依頼したら修復歴が見つかり、査定が0円になることも少なくありません。

修復歴と知らずに中古車を購入して乗っていたことに落胆する人や怒りを覚える人もいるでしょう。しかし、すでに購入して乗っていたので、そこは気持ちを切り替える必要があります。

まず、中古車査定で修復歴が0円になるということは、修復歴が無い場合だったとしても、それほど査定額は高くないことが考えられます。そこで、中古車買取で断られた修復歴車は、廃車買取業者に相談しましょう。

修復歴車はクルマの骨格部分に損傷があり、その部分を修復しているクルマなので、そのほかの外せるパーツは問題なく使えることが多いので買取してもらえます。

廃車本舗で古いクルマ・事故車をネット査定【無料】

不要車は処分するよりも廃車買取に出すほうがお得

ここまで古いクルマも廃車買取に出すことをお勧めしてきましたが、ご自身のクルマはもう売れないと思っている方も多いのではないでしょうか。

不要になったクルマを、ゴミ同然にスクラップ工場に依頼して処分する人も、いまだに多く見られます。しかし、不要になったクルマとはいえ、まだ使える可能性があれば現金化することが可能です。

そこで、不要車を廃車買取に出せば、なぜお得なのか解説します。

不要になったクルマの処分はお金がかかる

不要になったクルマをスクラップ工場などの処分業者に依頼すると、スクラップ料金などのお金が必要になります。

また、クルマが自走できなければレッカー移動もしなければならず、不要車のスクラップ料金だけでは済みません。

クルマの処分料金はクルマのスクラップのほかに書類の手続きもある

不要車を、自走できる状態でスクラップ工場に持ち込めたとしても、スクラップ料金のほかに書類上の手続きをしなければ、完全に処分したことにはなりません。

この処分料金ですが、クルマの解体料金として1万5,000円程度、これに書類手続きの事務手数料として3,000円程度かかります。

不要車が走行不能の場合は、これにレッカー費用が換算されます。しかし、これはクルマを置いてある場所と解体工場までの距離によりレッカー費用が異なるので、一概に言えません。ただし、概算で申し上げれば、だいたい2万円程度は必要になるでしょう。

このように、不要車を処分するには解体料金だけでなく他にも料金が発生して、かなりの出費になることを理解しておく必要があるでしょう。

不要になったクルマは廃車買取に相談すれば最悪でも0円で処分できる

不要になったクルマを処分するなら、廃車買取に相談すれば値段がクルマにつかなくても処分料や事務手数料などを支払う必要がなく、0円で引き取ってもらうことができるでしょう。

なぜ、スクラップ工場で処分するとお金が取られるのに、廃車買取業者ではお金が取られないのかというと、それはクルマを他の方法で商品として流通させるからです。

持ち主が不要でもパーツとして販路を持つ廃車買取業者なら販売できる

クルマが不要となるのは持ち主であって、そのクルマを欲しい人は世の中には意外といるものです。

特にパーツとして販売すれば、欲しい人の数はウナギ上りに多くなりますので、持ち主が不要と思ったクルマも宝のクルマのように感じる業者がいます。

その業者は廃車買取業者です。廃車買取業者は、クルマを使える部品ごとに分解して全国ネットでリサイクルパーツとして販売します。

クルマの部品は意外と高いことを知らない人が多いですが、例えば最近主流のLEDヘッドライトなどは、軽自動車でも片側7万円から8万円もします。これが高級車だと数十万円するのが当たり前ですから、中古パーツの需要は非常に高くなっています。

このように、クルマの新品パーツが高いことから、クルマの修理費用を抑えたいと考えるユーザーのためにリサイクルパーツは流通しています。そして、このリサイクルパーツを流通させるのが廃車買取業者ということです。

廃車本舗で古いクルマ・事故車をネット査定【無料】

廃車買取業者の中には海外に販路を持つ業者もあるので買取できる

廃車買取業者は、買い取った不要車をリサイクルパーツとして販売するだけではありません。故障の程度というより、海外で人気がある車種は率先して買取に強化を入れています。

日本車は海外で高い人気を誇りますが、その中で日本車を少しでも安く購入したいと考えているのは新興国の人々です。

新興国でも日本車ディーラー各社が営業していますが、新車は日本で購入するよりはるかに高額です。例えば日本でも人気があるハイエースのスーパーGLなどは、新車の車両本体価格が364万円で購入できますが、新興国では500万円を超える金額で販売されます。

これが、日本で不要となったハイエースであれば、150万円から200万円程度で中古車として販売されています。

このように、不要車でも少し修理すれば動くようになるクルマを廃車買取業者に相談すれば、意外な値段で買い取ってもらうことができるでしょう。

廃車買取業者なら書類手続きや引き取りが無料の場合も

廃車買取業者を利用するメリットは、書類上の手続きが簡単であることが挙げられます。

廃車買取業者は、クルマを文字通り廃車にすることが仕事なので、書類上の抹消登録についてのノウハウが非常に高いです。

一般に、クルマを購入する時にも書類手続きの事務手数料が取られますが、同じように廃車にするときも事務手数料が取られるのが今までの一般常識でした。ここで、中古車買取の場合は、書類手続きの事務手数料が取られないという方もいるでしょう。

たしかに、クルマを手放すことには変わりありませんが、中古車買取では次に乗る人から事務手数料を徴収できるので、売却する人からは事務手数料の徴収はしません。しかし、廃車処分の場合は、次にクルマのオーナーになる人がいないので、そのクルマの事務手数料はクルマの名義人から徴収してきました。

しかし、廃車買取専門業者は事務手数料を取らない仕組みを取っているので、不要車を手放す時に、お金がかかることはないのが一般的になっていきました。

不要車の状況によっては税金の還付手続きも行ってもらえる

不要車は、クルマに車検が残っていれば、当然のことながら税金の還付を受ける権利が発生します。

この税金には、自動車税・自動車重量税・自賠責保険料があります。

これらの還付は、自動車税であれば毎年3月までに何か月残っているかで計算して還付されますし、重量税や自賠責保険も車検の残り期間に合わせて還付されます。

しかも、これらの還付方法は、廃車買取専門業者が親切丁寧に解説してくれます。また自賠責保険は、自分のクルマの自賠責保険に加入している損害保険会社に連絡する必要がありますが、その方法も教えてくれるでしょう。

クルマの処分と違い廃車買取なら書類手続き代行してもらえるので時間の節約も

クルマを処分する時に、スクラップ工場では書類の用意は自分で行うように言われることがあります。そうなると、書類集めに時間がかかり、普段の生活に支障をきたす恐れがある人もいるでしょう。

しかし、廃車買取専門業者では、事前に入手して欲しい必要な書類を伝えてくるので、一度だけ役所に出向けば事足りることがほとんどです。あとの書類上の手続きは、全て廃車買取業者で代行して行ってもらえるので、時間の節約にもつながります。

廃車本舗で古いクルマ・事故車をネット査定【無料】

不要になった車は早めに売却したほうが良い理由3つ

不要になったクルマは、早めに売却をお勧めします。というのも、不要になったクルマも時間が経てば、買取価格が下落します。そのほかにも、還付が受けられるはずの税金も少なくなる、もしくは全くもらえなくなるからです。

早期に売却しなかった場合に考えられる問題点
  • ナンバーが付いていると毎年自動車税の納付義務がある
  • 不要になったクルマを長期保存していても買取価格は下落する一方
  • 不要になったクルマからオイル漏れなどを起こすと環境汚染の問題も

理由1:ナンバーが付いていると毎年自動車税の納付義務があるから

今まで使用していたクルマが不要車となった場合でも、ナンバープレートが付いたままであれば、自動車税の納付義務が毎年発生します。

このナンバープレートを外すには、クルマの使用をやめる届出を陸運局や税事務所に届け出る必要があります

そのため、必要が無いクルマをいつまでも手元に置いておくことは、税金を無駄に払うことになりますから、早めに不要車は売却処分したほうが良いでしょう。

理由2:不要になったクルマを長期保存していても買取価格は下落する一方

不要車となったクルマでも、いずれクルマの買取価格が上昇すると考え、手元に置いておこうと考える人も少なくありません。

しかし、今不要となったクルマが、数十年後に高値になることは誰にもわかりません。これは株と全く同じであり、将来必ず値段が上がることを約束されていないからです。

そのため、不要となったクルマの価格が将来には上昇するかもしれないという淡い気持ちで手元に置いているより、直ぐに売りに出したほうが高値で売却できることが多いでしょう。

クルマは、長期保存していても値上がりする可能性は極めて低いことを理解して、不要となったクルマは、できるだけ早く売却することを考えましょう。

理由3:不要になったクルマからオイル漏れなどを起こすと環境汚染の問題も

不要になったクルマを屋外に放置していると、長い年月で予想もしないことが起きる可能性があります。

クルマには、色んな部品にオイルやグリスが注入されているほか、エンジンを冷却するための冷却水が何リットルも入っています。

長期放置で、これらの液体類が漏れ出さないとは言い切れません。これらの有害物質が経年劣化により漏れだすと、環境汚染の問題に発展しかねません。

特に、土壌汚染の問題として周りの住民から苦情が寄せられると、自治体から撤去命令が出される可能性もあります。

昨今は、環境問題に非常に厳しくなってきているので、不要車をいつまでも放置することなく早めに中古車買取店や廃車買取業者に売却しましょう。

まとめ

不要車は、どんな状態で不要車になったかによって、クルマの売却先が異なります。今まで使用していたクルマが不要となったなら、中古車買取に依頼しましょう。また、不動車となったクルマは廃車買取に相談するのがベストです。

ただし、不要車となった場合は、使わないからと手続きを後回しにすると、クルマの価値が下がってしまい手にするお金が少なくなるほか、ナンバーをそのままにしていると翌年も自動車税を支払う必要が出てきます。

不要となったクルマは、なるべく高く販売するためにも、そして余計な税金を払わないためにも、できるだけ早く売却しましょう