車検代30万円は高すぎ?少しでも車検代を安くする方法とお得なクルマの乗り換え方を紹介!

車検代30万は高すぎ?乗り潰しと買い替えの判断基準を解説

車検代の見積が、まさかの30万円超え・・・。想定外の費用を目の当たりにして、思わず業者に対する不信感さえ抱いてしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、車検代が高いと感じたとしても、業者に騙し取られているというよりは、たいてい必ず何らかの理由があるはずです。車種や年式の違いによる「法定費用」、車検を受ける業者によって異なる「基本料金」、クルマのコンディションによって加算される「整備・修理費用」の3つが挙げられます。なかでも、「整備・修理費用」が最も主な要因として考えられます。

そこで今回は、車検代が高額になる要因として取り上げた3つの費用を洗い出し、30万円という見積が果たして妥当な数字なのかを検証するとともに、高額な車検代を提示されたときの対処法について、経験談も交えながら解説してまいります。

この記事を最後まで読み進めていただくことで、間近に迫った期日までに車検をこのまま通すべきか、それともクルマを手放して買い替えるべきか、きっとその答えが見つかるはずです。

車検代30万円超と高額になる3つの理由

車検代が30万円を超えるような高額な見積を提示される主な理由は、車種や年式によって異なる「法定費用」、車検を受ける業者によって開きがある「基本料金」、そして、車種と業者の両方の影響を受けやすい「修理&整備費用」の3つが考えられます。

提示された車検代の見積額が高いのか否かを語る上で、「法定費用」と業者によって異なる「基本料金」の相場について、まずは確認することが必要不可欠です。

初めて車検を迎えられる方や、過去に乗っていたクルマの車検代と比べて高いと思っている方も含めて、ご自身のクルマが最低限どのくらいの費用が掛かるものなのか、その目安について把握しておく必要があります。その上で、修理・整備費用についても詳しく見てまいりましょう。

車種や年式などによって差が出る法定費用

それでは最初に、車検を受ける場合に避けて通れない法定費用について解説いたします。

法定費用は次の3つに分けられます。

  • 自賠責保険
  • 自動車重量税
  • 印紙代

自賠責保険について

1つ目の自賠責保険は、全てのクルマの所有者に加入が義務付けられている強制保険で、加入していなければ車検を通すこともできず、もちろん公道を走行することもできません。この自賠責保険については、普通自動車の場合と軽自動車の場合の2種類に分かれており、一律で決められています。

12ヶ月13ヶ月24ヵ月25ヶ月36ヶ月37ヶ月
普通自動車15,520円16,380円25,830円26,680円35,950円36,780円
軽自動車15,310円15,960円25,070円25,880円34,820円35,610円

車検を受けるタイミングによって若干の差が生じますが、殆どの場合、普通自動車の場合で25,830円(24ヵ月)、軽自動車の場合で25,070円(24ヶ月)の費用が掛かることになります。

自動車重量税について

2つ目の自動車重量税は車種や年式によって費用に差があります。それでは確認しておきましょう。

以下の表をご覧の通り、車両重量が~3t以下のクルマ場合、免税のクルマと18年落ちのクルマとでは75,600円も差があります。今回の車検代が高いと感じる理由の一つが、この自動車重量税によるものではないか、念のため確認しておきましょう。

普通自動車の場合
車両重量2年自家用
エコカー減税適用エコカー減税適用なし
免税50%減エコカー右以外13年経過18年経過
0.5t以下0円2,500円5,000円8,200円11,400円12,600円
~1t0円5,000円10,000円16,400円22,800円25,200円
~1.5t0円7,500円15,000円24,600円34,200円37,800円
~2t0円10,000円20,000円32,800円45,600円50,400円
~2.5t0円12,500円25,000円41,000円57,000円63,000円
~3t0円15,000円30,000円49,200円68,400円75,600円
軽自動車の場合
車両重量2年自家用
エコカー減税適用エコカー減税適用なし
免税50%減エコカー右以外13年経過18年経過
2年自家用0円2,500円5,000円6,600円8,200円8,800円

印紙代について

3つ目の印紙代は、車検を受ける場所によって若干異なりますが、大きな差はありませんので、参考までに押さえておきましょう。ちなみに、表中に記載されている「指定工場」と「認定工場」の違いについては、こちらをご参照ください。

車検の依頼先車種費用
指定工場軽自動車1,100円
その他の車種1,200円
認定工場軽自動車1,400円
3ナンバー1,800円
4・5・6ナンバー1,700円

法定費用のまとめ

参考までに、これまで取り上げた「自賠責保険」、「自動車重量税」、「印紙代」の3つの法定費用において、最も安く済む場合と最も高くなる場合を比較すると、77,060円も差が生じることになります。

法定費用が最も安い場合の合計額(自賠責保険25,070円)+(自動車重量税0円)+(印紙代1,100円)=26,170円
法定費用が最も高い場合の合計額(自賠責保険25,830円)+(自動車重量税75,600円)+(印紙代1,800円)=103,230円
差額103,230円-26,170円=77,060円

ちなみに、欧州では旧車を所有することを文化的価値があると解釈し、「減税」の対象となる国があります。これに対し日本では、旧車を大切に扱っている者に対して「増税」という、ある意味信じがたい税制となっています。エコの本質を履き違えている自動車重量税について異を唱えたい、そんな気持ちを抱く人も少なくありません。

長年に渡ってクルマを大切にされてきたにも関わらず、増税になってしまうなんて許しがたいですよね。それに、税金の負担を極力減らしたいのは、誰しも当然のことと言えるでしょう。そういうときには、もういっそのこと、クルマの買い替えを検討したほうが良いかもしれません

業者によって差が出る車検の基本料金

次に、車検代が高いと感じる大きな要因の一つでもある、業者によって異なる車検の基本料金について解説いたします。

車検の基本料金には、主に点検費用、整備費用、代行手数料、事務手数料などがありますが、ディーラーをはじめ、整備工場、車検専門店、ガソリンスタンド、カー用品店といった、車検を受ける業者によって大きく異なります。

その基本料金に大きな差が生じる理由の一つに、自動車整備工場の証でもある認定工場と指定工場の違いが挙げられます。ここでは、その違いと各業者の特徴や基本料金の相場について解説いたします。

認定工場と指定工場の違いについて

車検を受けられる民間の自動車整備業者は沢山ありますが、認定工場と指定工場の2つに大別されます。

認定工場とは、クルマを分解して点検整備や修理は行えるものの、検査ラインを持っていないため、最終的な車検は陸運支局にクルマを持ち込む必要があります。そのため、車検を依頼してから日数がかかりやすいというデメリットがある反面、基本料金が安いというメリットがあります。

一方で指定工場は、認定工場の中から厳しい審査にパスし、最終検査が可能なラインを持っているのが大きな特徴です。工場内で車検を完了することができることから、「1日車検」と銘打って営業をしている業者も見受けられます。そのため、車検に要する日数は短く、検査内容が充実していて安心というメリットがある反面、料金が高いのがデメリットになります。

車検を受けようとしている業者が、認定工場または指定工場のいずれなのかについては、工場の見やすいところに設定が義務付けられている看板プレートで確認することができます。

ディーラー車検

誰もが口を揃えて一番高いと言うことは間違いなく、全員の意見が一致するであろうディーラー車検。それもそのはず、購入してもらった自社メーカーのクルマにおいて、故障や不具合が生じないよう徹底的に点検してくれるのです。少しでも経年劣化した部品があれば、これで万全とばかりに部品の交換を勧めてきます。これは、クルマのユーザーの安全を考えてのことですので感謝すべきことですが、即座に交換する必要がない予備整備による見積項目が含まれていることが多く、当然そのぶんだけ、車検代の見積総額は高くなる傾向にあります。

また、ディーラーの多くは指定工場となっており、基本料金が高いのが特徴です。しかし一部においては、提携している外部の整備工場へ車検を依頼しているディーラーもあります。そのため、店舗によっても開きはありますが、概ね基本料金の相場は4万円~10万円となっています。

車検専門店による車検

車検専門店の特徴は、自分で検査する最もコストの安い「ユーザー車検」から、ディーラーで専門家が検査するような「ディーラー車検」まで、希望の料金や内容に応じた形で車検を受けてくれるのが大きな特徴です。

車検専門店も指定工場のケースが多く、自社工場内で車検を完結できるため、あらかじめ予約を入れておくことで、1日で車検が完了します。また、早割といったサービスを展開しているところも、車検専門店のメリットと言えるでしょう。基本料金については若干開きがあり、1万5千円~7万円が相場となっています。

ガソリンスタンドによる車検

ガソリンスタンドでも車検を受け付けているところがありますが、指定工場もあれば認定工場の場合もあります。指定工場であれば、その日のうちに車検を終了しクルマを引き上げることが可能です。しかし、認定工場の場合は日数が掛かる上、代車も用意してもらえないケースが殆どといったデメリットがあります。その反面、「料金が比較的安い」「ガソリンやポイントの付与がある」といったメリットもあります。基本料金の相場は、概ね1万5千円~3万5千円程度となっています。

カー用品店による車検

カー用品店も、全国展開している大企業から地域密着型の身近なお店まで様々ですが、業界最大手のオートバックスの場合は、全国に指定工場の店舗もあれば認定工場の店舗もあり、お店によって異なります。24ヵ月点検や検査ライン使用料を含めての車検の基本料金は、店舗によって異なるものの、1万5千円前後とリーズナブルな設定になっています。カー用品店も車検専門店などと同じように、早割などのサービスを展開しているのが特徴です。基本料金は、1万5千円~3万5千円が相場となっています。

整備工場による車検

整備工場にも様々なタイプがありますが、ディーラーと提携している指定工場はお勧めです。稀に、メーカーと提携していることを宣伝文句にしている整備工場がありますが、腕は確かだと思います。ただ、隅々まで点検してくれることに比例して、部品交換などの項目が多くなりやすいといった特徴があります。工場によりけりなので一概には言えませんが、ディーラー車検よりは安いものの、基本料金は2万5千円~5万円と高い部類に属します。

基本料金のまとめ

車検代が高いと感じてしまう理由の一つの基本料金。整備工場に直接持ち込むケースは少ないかもしれませんが、車検代が30万円を超えるような場合は、ディーラー車検や整備工場による車検の可能性が高いです。ここはどうしても、費用を選ぶか、それとも安心を選ぶかという判断に委ねることになります。まずは指定工場であることを前提にして、そこからさらに基本料金の安い業者選びをする方法が賢明と言えるでしょう。

最も差が出るのは整備・修理費用

車検代で最も差が出るのは、ズバリ整備・修理費用です。輸入車のSUVともなると、法定費用と基本料金に整備・修理費用を含めた合計金額が50万円以上というのは、よく耳にする話です。輸入車に限らず、国産車の場合でも、新車で購入してから10年以内はメーカー保証期間になっているケースが多く、その期間内はディーラーで車検に出すことが多いのが現状です。

そのため、2年おきのルーティーンとしてディーラー車検に出したものの、クルマの至る所に不具合が生じ始める、5年落ち、7年落ち、9年落ちといったタイミングによる車検の見積は、前回の車検時よりも高くなる傾向にあります。

また、走行距離10万km以上の過走行車や、15年または20年といった低年式車の場合は、部品の経年劣化はやむを得ません。車検には影響しない不具合だからといって、指摘された交換や修理をせずに車検を通した場合、後々になって大きな故障を生じる可能性が高く、取り返しがつかないケースも考えられます。そのため、業者と相談して修理箇所を絞り込むのも一つの方法です。

整備・修理費用が高い理由①ディーラー車検だから

これまで、ディーラー車検が高いことについて触れてきましたが、その最たる理由は、予備整備による見積項目が多いという点です。今すぐに交換しなくても車検は通るといった内容の項目が多く、それを理解できずに全部交換しないと車検が通らないと勘違いしてしまうユーザーは多いようです。

また、それらの交換部品は全て純正の新品で、見積もり段階では値引きされることが殆どないため、どんどん見積額が吊り上がる傾向にあります。ただ、どこよりも点検整備の信頼度が高いのは間違いなく、安心を買うということであれば、安い買い物かもしれません

整備・修理費用が高い理由②:過走行車または低年式車だから

整備・修理費用が高い理由として2番目に挙げられるのが、走行距離が10万km以上の過走行車や年式の古いクルマである可能性が高いです。

走行距離が多いぶん、当然のごとく修理する箇所も年々増える傾向にあります。タイロッドやショックアブソーバーといった足回りの部品などは、左右および前後にあり、部分的に修理しても、次回の車検時には修理をしていない部位の修理が必要になる可能性が非常に高いです。また、樹脂でできた関節部分のブーツやマウントなどは、必ず経年劣化による交換時期がやってきます。

そのため、車検代が高い項目の中に、そういった部品やパーツがあれば、交換しておいたほうが無難だと思われます。もちろん、交換しなくても車検は通るといった項目も含まれている可能性もありますので、一度は業者と相談してみることをお勧めいたします。

整備・修理費用が高い理由③:輸入車だから

輸入車といっても、法定費用はもちろん変わりません。基本料金には差が出ますが、やはり、修理費用の高さが国産車に比べると驚くほど高いです。部品にもよりますが、国産車に比べて2倍~3倍というのは極々普通で、ディーラー車検ともなれば、値引きがないのは当たり前です。また、ディーラーの店内には、車検の見積費用を値切るといった行為を遠慮すべきといった独特の雰囲気があります。その空気間に圧倒されて交渉することを諦めてしまうこともあるでしょう。

特に、メーカー保証期間が過ぎた輸入車をディーラーに持ち込んだ場合の車検代は、20万円~30万円の見積がごく自然に提示されるものとして認識しておいたほうが良いかもしれません。

想定外の高額な車検代になったときの賢い対処法

今回の記事の肝でもある、想定外の高額な車検代を見積もられた時の車検業者に対する交渉の仕方や業者の選び方、どうしても高くて車検を通すことが難しい場合の賢い対処法について解説してまいります。

急を要しない修理や交換は項目から除外してもらう

安く車検を通したいのであれば、車検に影響しない整備・修理費用は全て見積から除外してもらうことです。私も30万円近い車検の見積を提示されたことがありますが、その8割は車検には影響しないものばかりでした。車検のタイミングで直しておくに越したことはありませんが、それは予算あっての話です。車検を通すことを優先したいという希望を伝えて、可能な限り除外してもらいました。

また、お金に余裕ができた段階で、徐々にメンテナンスしていくことも可能です。車検代が30万円ということは、法定費用と基本料金を差し引くと、整備・修理費用に20万円ほど掛かっている計算になります。国産車の場合で整備や修理費用に20万円が掛かるというのは、クルマのコンディションが相当悪いか、指定工場による車検業者で隅々まで点検整備を行った結果、交換したほうがお勧めですといった内容を列記している可能性が高いです。

繰り返しになりますが、車検を通すことが最優先であれば、車検に影響しない項目を外してもらうよう依頼してみましょう。

交換が必要なパーツを中古部品で対応してもらう

交換する部品というのは、必ずしも新品である必要はありません。新車を扱うディーラーの場合は対応してくれない可能性が高いですが、親切な整備工場であれば、中古部品や中古部品を再利用したリビルト品で修理を対応してくれるケースもあります。部品にもよりますが、新品の半額以下で済む場合も多々あります。

そのため、車検を通すのに欠かせない修理や部品の交換があった場合は、車検業者に中古品での対応ができないか相談してみましょう。そういった中古部品を扱う業者のルートを持っていない整備工場の場合は、手間が掛かることを理由に断られる可能性がありますが、実際に対応してくれる整備工場が存在しますので、是非一度、確認してみましょう。

別の業者で再見積もりしてみる

車検の都度お世話になっている業者であっても、予算ありきの話であれば、別の業者で見積を取ってみましょう。車検の見積は無料で実施している業者は沢山あります。車検の期日が間近に迫っているものと思われますが、カー用品店や車検専門店であれば、数日間の猶予があれば無料で見積を出してくれます。

しかし、特に陸運局まで出向かないといけないような認定工場の車検業者の場合は、予定が詰まっている可能性が高いため、指定工場の大手カー用品メーカーまたは全国展開しているような大手車検専門店へ依頼することをお勧めいたします。

ユーザー車検を依頼してみる

最も手っ取り早い方法は、ユーザー車検を依頼してみることです。通常、クルマの所有者が自ら陸運局にクルマを持ち込んで車検を通すことをユーザー車検と言いますが、必要最低限の項目をチェックして、ユーザー車検を行ってくれる車検専門業者もあります。絶対に修理や部品の交換をしないと車検が通らないといったこと以外は、お金を掛けることなく車検を行ってくれます。そのため、何も修理箇所がなければ、法定費用と基本料金だけで済みます。

新車で購入して3年目となる最初の車検や、5年目もしくは7年目あたりでも、大きな修理をすることがないのが今どきのクルマです。この辺りまでは、経年劣化などによる部品の交換などは殆どないため、ユーザー車検で十分ではないかとさえ思います。

車検を通さずに新しいクルマに乗り替える

ここまで取り上げた対処法を講じても、車検代が安くならない、でも車検代にそこまでお金を掛けられないといった場合は、新しいクルマに乗り替えることが最善策かもしれません。

私も実際に30万円近い車検代の見積を提示されたことがありますが、そのときは修理が絶対必須でした。ただ、散々迷った挙句に選んだのは「買い替え」という方法でした。最終的にそうした理由は、次の車検も同額か、またはそれ以上の見積が出てくることが容易に想像できたからです。

修理が必要になるような古いクルマは次の車検までまた不具合が生じる可能性もあります。そうなると、次の車検を待たなくても高額な修理費がかかる可能性もありますし、何より安全にクルマを運転できない不安もつきまといます。

もし、車検を通すべきか否か躊躇してしまうような高額な見積が提示され、整備や修理をしないかぎりは車検が通らないといった状況であれば、それはひょっとすると、「乗り替えるべき」と警鐘を鳴らしてくれているのかもしれません。車検代に掛かる30万円を次のクルマの購入費用に使ったことが賢明という可能性は十分考えられます。

※車検を通すか買い換えるかの判断基準については次の記事で詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧ください。

車検を通すのと買い替えるのはどっちがお得?ランニングコストからみた合理的な判断基準を紹介!車検を通すのと買い替えるのはどっちがお得?ランニングコストからみた合理的な判断基準を紹介!

新しいクルマに乗り替えるなら買取店で高値売却しよう

もし、車検を通さずにクルマを手放して新しいクルマに乗り替えると決心したならば、少しでもクルマを高値で売却する準備をしておく必要があります。

そこで、クルマを売却するにあたって重要なポイントとして、以下の2つが挙げられます。

  • ディーラーの下取りには出さないこと
  • できるだけ多くの買取店から査定価格を引き出して比較すること

ディーラーの下取りはNG

車検代30万円を提示された先がディーラーで、たとえそのディーラーでクルマを買い替えるとした場合でも、ディーラーで下取りに出すことは得策とは言えません。面倒な手続きをディーラーが代行してくれるというメリットもありますが、クルマ売却の最大の目的は、少しでも高値で売ることです。新車を売るのが本業のディーラーにとっては、クルマを買取るのではなく、あくまで値引きに充当するための下取りであって、査定価格が高くなりにくいということを心得ておきましょう。

王道のクルマ一括査定で複数の査定価格を比較

車検代30万円と提示されたクルマであっても、その評価は買取店によってまちまちです。大切にしてきたクルマを少しでも高値で買取ってもらうために不可欠なことは、できるだけ多くの買取店に査定をしてもらって査定価格を比較することです。中でも一番お勧めなのが、1回のネット申込だけで手間もかからず、複数の買取店に査定依頼ができるクルマの一括査定が特に便利です。自宅はもちろん、希望する場所まで無料で出張査定に来てくれますので、このサービスを利用しない手はありません。

もし値が付かなくても廃車専門店で買取ってくれる

車検を通すのに是が非でも30万円かかるといったクルマだとすると、一般の買取店では値が付かない可能性も否めません。そのため、もし一括査定で値が付かなかったときの代替案に、最終的な手段として廃車専門店での売却を、ご案内いたします。事故車や不動車など、どのようなクルマでも買取ってくれますので、クルマを売却するときの最後の砦と言える「クルマ売却の検討先」として、心の片隅に留めておきましょう。

まとめ

車検代が30万円と高額なのには必ず理由があります。法定費用や基本料金、そして車検代に最も影響を与える整備・修理費用の3つがあります。

車検の業者には、指定工場と認定工場の大きく2つがあり、ディーラーや車検専門店、カー用品店や整備工場など、全国に数多く点在します。そのため、見積が高いと思ったら別の業者で見積を取ったり、車検に通すのに必要最低限の整備や修理で済むように交渉してみるのも、一つの方法です。

もし、あの手この手を使った結果、車検代30万円が微動だに変化しないという結果ならば、それはクルマを乗り替えるために警鐘を鳴らしてくれているのかもしれません。無駄なお金を出費することなく、新しいクルマの費用に充てるなど、賢い売却方法も検討しておく必要があるでしょう。