自家用車の売却先はどこが良い?ファミリーカーの買取相場事情と、少しでも高く売るためのポイントを紹介

自家用車の売却マニュアル 少しでも高く売るための心得

自家用車としてファミリーカーを使用しているときに、なにげなく売却を思い立ったなら、できるだけ早く下取りや買取店で査定してみましょう。クルマは生ものとも言われており、なるべく新しいほうが高く売れます。また、ファミリーカーは乗り換えで売却することが比較的多く見られますが、この場合は買取店だけでなく下取り査定も試してみましょう。多くの売却方法を試して値段を比べることができるのも、自家用車として使用していたファミリーカーの強みです。そして、一か所の店舗だけでなく複数の店舗で査定することが、高く売却するための基本中の基本です。

もくじ

自家用車を売るならココ!おすすめ買取業者5選

【おすすめサイト1】最大30社の比較ができるカーセンサー

カーセンサー画像引用:カーセンサー

カーセンサー公式サイトはこちら

できるだけ高い査定価格を引き出すためには、より多くの買取店に査定をしてもらい比較することがポイントになります。カーセンサーの提携業者数は1,000社以上と一括査定サイトでは最大級となっており、査定の依頼も最大30社に対して一括で出張査定の依頼をすることが可能です。

また、電話連絡ではなくメールのみで査定の依頼ができるのも人気の理由で、クルマ買取一括査定サービスのなかでも評価が高く、知名度もあり安心です。出張査定の依頼先に迷うようでしたら、まずはカーセンサーの一括査定を選択することをお勧めします

【おすすめサイト2】利用実績450万人突破のカービュー

カービュー画像引用:カービュー

カービュー一括査定公式サイトはこちら

カービューは、クルマの一括査定の生みの親でもあり、2000年5月に愛車無料一括査定サービスを開始してから、450万人以上の利用実績がある老舗中の老舗です。ヤフー株式会社の子会社でもあり、「みんカラ」という日本最大級のクルマの口コミサイトも運営しています。古くからのファン層を大きく抱えて安定していますので、実績や安心感を求めている方には特に人気があります。

長い歴史のなかで、常にユーザー視点に立ってサービスを運営してきた経験から、一括査定の申込フォームや買取相場を調べるためのコンテンツも非常に見やすいと評判を得ています。中古車情報にまつわる情報も充実しており、一括査定の申し込み以外にも色々と役に立つサイトです。

【おすすめサイト3】オークション型ネット査定の最大手ユーカーパック

ユーカーパック画像引用:ユーカーパック

ユーカーパック公式サイトはこちら

クルマの査定には、オークション型の一括査定という形態をしている業者もいます。査定をしてくれた業者を通じて、クルマをオークションに出品してもらうことにより入札者を決定するという買取サービスです。業界最大手のユーカーパックなら、1回の査定で最大8,000社以上が参加するオークションに出品されることになります

査定は1回だけしか行われないため、個人情報は査定してもらう業者と、最も高い入札をしてくれた買取店以外に行き渡ることがなく、煩わしい電話営業がないのも大きな特徴です。また、オークションという性質上、即日売却という訳にはいきませんが、中古車市場で流通することが少ないクラシカルなスポーツカーやヴィンテージカーの場合は、一般の査定よりも高値で売却されることもあります。

【おすすめサイト4】一括査定とオークションの2種類から選べる楽天Car

楽天オート画像引用:楽天オート

皆さまもご存知の楽天が運営するクルマの買取サービス楽天Car。最大の特徴は、一括査定とオークションの2種類から買取サービスを選べるという点です。最大10社の買取店に対して90秒で無料の査定依頼ができる一括査定と、複数社が競り合ってオークションに入札するクルマ買取オークションがあり、いずれも成約時に楽天ポイントが1,500ポイントもらえるというおまけつきです。

一括査定も利用してみたいし、オークション型のクルマ査定にも興味があるという場合は、この楽天Carを利用して、同時に申し込んでみるのも一つの方法です

楽天クルマ一括査定公式サイトはこちら
楽天クルマオークション公式サイトはこちら

【おすすめサイト5】業界最大手、店舗数No.1のガリバー

ガリバー画像引用:ガリバー

ガリバークルマ査定の公式サイトはこちら

言わずと知れた国内店舗数No.1の500店舗を誇る、買取店業界最大手のガリバー。店舗数だけでなく買取実績数もNo.1で、多くのお客様に支持されています。出張査定はもちろん、持ち込み査定も行っており、近くにガリバーの店舗があるから直接持ち込んだほうが早いという方がいるかもしれないほど、ロードサイドで店舗をよく見かけます。

ガリバーが人気の理由の一つに、走行距離が10万kmを超えるクルマや、年式が10年以上のクルマ、車検が切れているクルマや事故歴のあるクルマも買い取ってくれます。また、ローンが残っているクルマも、残債を相殺して買い取ってくれますし、売買契約を結んでから入金まで最短で二日と早いのも特徴で、クルマの売却を急がれている方にはお勧めです。

ただ、電話営業が熱心な傾向にあり、着信拒否などをすると絶え間なく電話をかけ続けてくることもありますので、一括査定の場合は、かかってきた電話には速やかに対応して、煩わしい電話に悩まされないように心掛けましょう。

自家用車を売却する3つの方法とお勧めの選び方

ミニバンやコンパクトカーなど小回りの利くクルマを、自家用車として使用している人は多いでしょう。ファミリーカーとして使用される自家用車は、その他のクルマに比べて、売却方法によっては価格に大きな差異を生じることが多く見られます。

自家用車を売却するには、主に以下の3つの方法があります。

  • 下取りとして売却する方法
  • 買取店を利用する方法
  • 個人売買を利用する方法

これら3つの売却方法について、それぞれの特徴を詳しく解説いたします。

売却方法1:下取り

下取りとは、新しいクルマを購入するときに、購入資金に充当する方法です。なので、現金化してお金を手にすることはできません。

一般に、自家用車をファミリーカーとして使用している場合、人員が増えたことで乗車スペースが手狭になったり、もっと荷室スペースを増やしたくなったり、様々な理由でクルマの乗り換えを検討する人も多いでしょう。そして、乗っているクルマの売却を検討している場合、新しいクルマの購入資金に充てようとするケースが主流を占めています。その場合、新しいクルマを購入する場所で下取り手続きをすることにより、面倒なこともなく簡単かつスムーズに、下取り金額を差し引いた新しいクルマを購入することが可能です。

下取りに出したほうが良い場合

下取りに出したほうが良いのは、以下のケースです。
下取りに出せば、少しでも安く新しいクルマに乗り換えることができる場合。

一般に、下取りは買取より売却金額で不利になることが多いと言われています。しかし、新しいクルマを購入する場合、買取より下取りのほうが、お得な条件を提示してくるカーディーラーもいます

例えば、新車を購入するときに、ディーラーなどで下取り強化キャンペーンを打ち出している場合があります。他にも、販売店が、その月の販売ノルマ達成のために下取り車に高い査定を出すことで、なんとかユーザーを引き留めようとする場合などです。

どちらも、常に高額査定を出してもらえるという条件ではありませんが、仮に自家用車の入れ替えとキャンペーンなどが重なると、思わぬ下取り価格を提示してもらえる可能性があります。

売却方法2:買取店への売却

自家用車の売却で、手を煩わすことなく高い査定額を得ることができるのは、クルマ買取店を利用する方法でしょう。

自家用車を少しでも高く、そして手軽に売りたい場合は、買取店への売却が最適です。しかも、買取店では現金を手にすることができるので、乗り換えを考えているわけではなく、自家用車を売却したいだけの場合にもマッチした売却方法と言えるでしょう。

買取店を利用する上で重要なことは、複数の店舗で買取査定を行うことです。買取価格は、一定の金額が決められているわけではなく、店舗ごとに買取価格は異なっているので、店舗の数だけ買取価格が存在します。そして、多くの買取店があるということは、高い査定額と低い査定額にも開きがあるのだと理解しておく必要があります。

買取に出したほうが良い場合

買取に出したほうが良いのは、以下のケースです。
買い換えだけでなく、売却して現金化を望む場合。

買取店を利用する最も大きなメリットは、現金化することができることです。下取りでは現金化することができないので、現金を手にしたい人は買取店を利用するのが得策です。

このメリット以外にも、買取店の利用は、下取り査定で満足いく査定額の提示がなかった場合にも利用したい売却方法です。一般に、買取店では下取りより高い査定となることが多いので、少しでも高く自家用車を売却したい人には向いていると言えるでしょう。

但し、自家用車の下取りは買取店より高い金額となることもあるので、下取り査定をしてから買取査定に依頼しても遅くありません。

ネットで簡単、最大30社の一括査定! /
【無料】愛車の買取価格を今すぐ調べる!

買取店で値段が付かないときは廃車買取を利用しよう

ファミリーカーとして自家用車を使用していると、走行距離も多くなり年式も10年経っていたなんてこともあるでしょう。

一般に、新車から10年経っていたり10万km以上走行していると、中古車市場では人気がない為、高値買取は期待できません。

そこで、古い自家用車などで買取価格が付かなかった場合は、廃車買取に相談してみることをお勧めします。この廃車買取は、古くても走行距離が多くても買い取ってもらえるので、その特徴について詳しく解説します。

廃車買取は不動車だけでなく現役で動くクルマも買取る

廃車買取と聞くと、動かないクルマや事故車を想像する人も多いでしょう。しかし、廃車買取では現役で動く自家用車の買取も行っています

車種により様々ですが、年式が古くなったり過走行車になったりすると、買取や下取りを断られることも少なくありません。このような場合は、迷わず廃車買取に相談してみましょう。

廃車買取では、中古車買取で査定が0円となったクルマの買取を喜んで行っています。また、通常下取りで値段が付かない場合は、廃車手数料を逆に請求されることが多いです。しかし、どんなに古くて走行距離が多くても、廃車買取では廃車手数料を請求されることは殆どありません。

動かないクルマでも売れるおすすめの買取業車を紹介不動車(動かないクルマ)も売れる!高く売る方法とオススメの廃車買取業者3社を紹介!
動く自家用車なら廃車買取で意外な高値も

中古車買取や下取りで0円査定となったとき、自家用車を廃車買取に相談する場合、クルマが現役で動いているというところがメリットになります。

国内では需要がない低年式車や過走行車でも、海外では人気がある車種が多く、海外流通に強い廃車買取業者を選べば、思いもよらない高値で買取してもらえることがあるでしょう。

しかし、動く自家用車であっても、クルマの様々なパーツに問題を抱えていることがあります。その場合にも、廃車買取業者はパーツとして流通させることで収益を得ることができるのです。現役で走行していたクルマは使えるパーツも多いことから、中古車買取査定で0円と言われたクルマであっても、パーツとしての価値が生まれ、殆どのケースで問題なく買取してもらえるでしょう。

複数の廃車買取業者に相談してみることが重要

廃車買取業者も一律一様というわけではなく、それぞれのパーツごとに得手不得手があります。当然、買い取る自家用車の種類によっては、得意な車種や苦手な車種が生じてくるのです。

そこで、できるだけ高い値段で廃車買取に売却したいのであれば、多くの廃車買取業者に相談してみましょう。

複数の廃車買取業者に相談してみることで、それぞれの業者の特徴に気が付くことができます。また、廃車手続きや税金の還付方法、そして買取価格に至るまで、店舗により対応が異なります。そこで、自分に合った業者を探す意味でも、多くの廃車買取店に相談しましょう。

事故車・低年式車・訳あり車も買取可能 /
【無料】廃車専門の買取査定はこちら!

売却方法3:個人売買

自家用車の売却には、下取りや買取店を利用する以外にも、古くから個人売買で売却する方法が多くありました。

個人売買は、売りたい人と買いたい人のマッチングで売買が成立するので、一般の売却相場より高く売却することができます。

自家用車を少しでも高く売却したい場合は、下取りでも買取でもなく個人売買を利用する方法があります。

自家用車を個人売買するメリットは、相場よりかなり高値で売却できることです。逆にデメリットとしては、いつ売れるかわからないことが一番大きな問題でしょう。

個人売買なので、売りたいクルマがあっても、欲しい人が見つかるまでは商談を開始することができません。そして、商談するにしても、全てのことを自分で行う必要があります。場合によっては、商談不成立となることもあり得るのです。さらに、売却が完了するまで、どのくらいの日数がかかるのかもわかりません。

その他にも、売価が決まった後は、書類変更などの事務手続きが待っています。ある程度クルマの売買に詳しくなければ、難しい売却方法と言えるでしょう。

但し、下取りも買取も思ったように期待した金額提示が得られないようであれば、個人売買を試してみる価値はあるでしょう。

個人売買で売却したほうが良い場合

個人売買が適しているケースは、以下の通りです。

  • 自家用車の買い換えではなく売却だけを考える場合
  • 煩雑な手続きを行ってでも高く売りたい場合
自家用車の買い換えではなく売却だけを考える場合

とにかく自家用車を高く売却したい場合、買取店を利用するのも良いですが、個人売買を利用することも捨てがたい方法です。

個人売買では、一般的に買取相場と中古車店頭価格の中間ぐらいの金額で売却できることが多いので、クルマの売買に詳しい場合や、詳しい人から助言を受けられるときには、個人売買を利用しても良いでしょう。

個人売買を利用するには、時間に余裕を持つことが重要です。上記でも説明しましたが、買いたい人が現れるまでは売ることができないからです。このことから、取り立てて売却を急ぐ必要がない人や、クルマ売却の知識がある人が自家用車を販売するなら、個人売買はメリットがあるでしょう。

煩雑な手続きを行ってでも高く売りたい場合

個人売買で問題となるのが、お金のやり取りやクルマの引き渡しをどうするのか、そして購入した人からのクレームの対処方法など、多くの問題があります。

特に、名義変更は買主に行ってもらう必要があり、自家用車を高値で売ることができても、いつまでも買主が名義変更しない事態になれば、税金などの問題が発生します。

個人売買は、このようなトラブルに上手く対処できる知識があれば、自家用車を高値で売ることができる有効な手段と言えるでしょう。

自家用車は車種により買取相場が大きく異なる

一口に自家用車といっても、クルマの種類は多岐に渡ります。自家用車をファミリーカーとして使える車種には、ミニバンやSUVだけでなく、コンパクトカーや軽自動車もファミリーカーとして使用されていることが多いでしょう。

そこで、自家用車として使われる車種について、それぞれ詳しく解説します。

ミニバンやSUVは人気ある自家用車なので高値買取が期待できる

ファミリーカーとして使用される自家用車の車種の中で、ダントツ人気なのがミニバンやSUVです。

ミニバンやSUVは、ファミリーでの行楽使用にジャストサイズな大きさが重宝されており、小さな子供がいるご家庭でも高い人気を得ています。

但し、ミニバンやSUVにも、グレードや年式そして走行距離などのクルマの状態が、売却価格に大きく影響することは言うまでもありません。

しかしながら、ミニバンやSUVは、ファミリーカーとして使用する自家用車の中では、中古車市場でも抜群の人気の高さを誇っているので、他の車種に比べて高値で売却できる可能性が極めて高いです。

高く売れる車種はコレ!買取市場で人気のクルマを紹介高く売れる車種はコレだ!買取市場で人気のクルマは資産価値が高いクルマの証

コンパクトカーにも人気のモデルがある

コンパクトカーも、ファミリーカーとして自家用車で使用する人が多くいます。また、コンパクトカーは、夫婦だけの場合や子供が一人といった場合において、ファミリーカーの中でも、より多くの需要を見込める車種です。

とはいえ、ファミリー層のみならず、一人で単独使用する人にも人気があります。ファミリーカーの自家用車として使用していることが前提であっても、特定層を選ばず多くの人から人気があるので、売却には有利な車種と言えるでしょう。

但し、グレードにも大きく左右されやすいところもコンパクトカーの特徴です。そこで、廉価グレードの場合は、同じ車種でも売却価格に大きな差が付くことは覚えておいたほうが良いでしょう。

軽自動車の中にも人気の車種がある

軽自動車をファミリーカーの自家用車として使用する家庭は、かなりの数に上ります。特に、都市部より田舎では軽自動車の人気が高いので、軽自動車も意外と高値で売却することができます。

特に、軽自動車を売却する場合は、全国展開することで買い手が多く見つかる可能性が高い買取チェーンで、買取査定することをお勧めします。

特に、軽自動車を売却する場合は、全国展開している買取チェーン店での買取査定をお勧めします。なぜならば、買い手が多く見つかる可能性が高まるからです。

というのも、地域密着型の小さな中古車買取店では、全国規模のオークションに出品していないことも多く、どうしても買い取ってからの販売ルートに限りがあります。そのため、全国チェーン店のほうが高値買取を期待できるというわけです。

自家用車でセダンを使っていたら売却価格はあまり期待できない

家族4人が十分に乗れて、長距離移動も難なくこなせるセダンタイプの自家用車をファミリーカーとして使っている場合は、残念ながら高値で売却することは非常に難しいと言えるでしょう。

現在、国内での需要はセダンタイプの人気は低迷しており、かのトヨタ・クラウンでさえ、次期型はセダンタイプからSUVタイプにスタイルを変更すると言われています。

しかし、全くセダンタイプが売れないというわけではなく、欲しい人は必ずいます。そこで、コアなファン層に向けた販売ルートを持っている業者を探すのも、高価売却を狙うためには必要な努力です。

また、国内で人気がないセダンも、海外では高い人気を誇っており、海外に販売ルートを持つ業者を探して相談することも一つの方法です。海外に強い業者であれば、一般の中古車買取では考えられない高値で買取してもらえることも、けっして夢ではありません。腰を据えて、じっくりと業者を探してみましょう。

自家用車を高く売却するための3つの心得

自家用車を高く売却するには、乗りっぱなしのままでは思ったような査定額は付かないと思ったほうが良いでしょう。

また、自家用車の売却で買取店を利用する方法や、売るときのタイミングも、高く売却するためには工夫や売り主の行動が大きく査定額に影響します。

自家用車を高く売却するためには、以下の3つの心得があります。

  • 自家用車の査定前にはクルマを綺麗にしておこう
  • 自家用車を買取店に売却するなら複数店で査定しよう
  • 自家用車を売ろうと思ったのならすぐに行動しよう

それでは、上記の3つの心得について詳しく解説します。

心得1:自家用車の査定前にはクルマを綺麗にしておこう

クルマの売却で、必ず欠かせない必要なことはクルマの洗車です。クルマを綺麗にしてから査定に出すことが必要な理由は、車内における私物の置忘れを無くすことに加え、綺麗にしていることで査定士の印象を変えることができるからです。

例えば、ご自身がクルマを査定することを考えてみましょう。綺麗な自家用車を査定する場合と、汚れた自家用車を査定する場合とでは、綺麗な自家用車のほうが査定もしやすく、そして自家用車のオーナーのクルマに対する思い入れも伝わってくるでしょう。

しかし、汚れた自家用車の場合は、いくら仕事とはいえ、クルマに触るのを躊躇してしまうことがあるかもしれません。これでは完璧な査定にならず、相場より安く見積もってしまうことになるでしょう。なによりも、オーナーがクルマを大事にしていないのではないかと、過小評価してしまう可能性も考えられます。

このように、プロの査定士も人の子ですから、査定する自家用車が汚れていては十分な査定ができずに、相場より低い査定額を提示することになるでしょう。

査定前には、自家用車への感謝の気持ちを抱きながら、綺麗に内外装を掃除してあげることが、査定時に高い価格を引き出す最低限の方法です。

【クルマを高く売るための11つのコツ】車を売却する前に覚えておくべき基礎知識【クルマを高く売るための11つのコツ】車を売却する前に覚えておくべき基礎知識

心得2:自家用車を買取店に売却するなら複数店で査定しよう

自家用車の売却先を買取店に決めた場合、一か所での査定額を鵜呑みにして、提示された金額に納得して売却するのは賢い選択ではありません。というのも、自家用車の査定額は買取店ごとで異なるからです。

買取店を選ぶ場合、どこで売却すれば良いのか悩むことが多いでしょう。そこで、お勧めなのが愛車買取一括査定を利用することです。

一括査定を利用すれば、一度に多くの買取業者に自家用車の買取依頼をすることができるので、わざわざ多くの買取店に足を運ぶ手間が省けます。

そして、一括査定であれば、自宅まで出張査定してもらえることが殆どなので、自分の希望の日時を伝えるだけで、買取査定を行ってもらえます。

ここで気をつけて欲しいのは、買取査定にやってくる全ての買取業者に、同じ日に時間をずらして査定してもらうことが重要です。さらに、その場で契約を結ぼうとしてくる査定士もいますが、そこはぐっとこらえて後ほど連絡することを伝えましょう。

買取業者全ての出張査定が終わったら、一番高い買取価格を提示した業者の価格を、二番目や三番目の業者に提示して査定交渉しましょう。そして、そこからさらに一番高い買取価格を提示してきた業者に売却意思を伝えるようにすれば、複数の買取業者の中で一番高い価格で売却することが可能になります。

但し、注意することとして、あまり深追いして価格を吊り上げないことです。査定士が最大限の価格を提示していることも考えられるので、あまり無茶な交渉をすると、かえって売れる自家用車が売れなくなることにもなりかねません。そこで、これ以上の金額アップは難しいという言葉を査定士が口に出したら、まずはいったん素直に引き下がり、再考してから連絡する旨を伝えると良いでしょう。

クルマのネット査定のメリット・デメリットを解説!クルマのネット査定ってどれだけ便利?メリット・デメリットを徹底解説!

心得3:自家用車を売ろうと思ったのならすぐに行動しよう

自家用車を売却しようと考えるシチュエーションは様々でしょう。買い換えの人もいれば、自家用車を必要としなくなり売却だけしたい人もいるでしょう。

しかし、自家用車を売却する理由はどうあれ、売りたいと思う気持ちには変わりがないはずです。そこで自家用車を高く売るには、売りたい理由に関係なく売りたいと思ったときに即行動を起こすことがポイントです。

自家用車も時間が経つほどに売却価格は下落しますから、売りたいと思った時期から一か月以上開いてしまうと、10万円以上も売却価格が値下がりしてしまうこともあります。こういった相場の変動は通常の現象であり、けっして珍しいことではありません。

そのため、自家用車の売却を決めたらズルズルと後回しにするのではなく、なるべく早く行動を起こすことが、自家用車を高く売る秘訣です。

クルマが高く売れやすい最適のタイミングを紹介!クルマを高く売却する最適のタイミングは?売り時と高額査定のポイントも紹介!

まとめ

売却方法は、基本的に下取りより買取のほうが高く売却することが可能です。しかし、乗り換えの場合は下取りも考慮に入れて検討したほうが良いでしょう。

自家用車は人気がある車種が多いので、比較的高値で取引されます。とはいえ、人気があるからと売却を後回しにするより、売却を思い立ったら、なるべく早く売却することが高く売る秘訣です。

そして、買取店も一店舗だけでなく複数店舗での買取査定をすることで、高値を引き出すことが可能になります。車買取一括査定などを上手に使って、自家用車を高く売りましょう。